スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

公園のぼや騒ぎ その2

2005年09月09日(金)
先週ロンパが新聞を読んでいて、この間の公園のぼやに関する記事を見つけた。
そこには、私達が想像していたことと全く違うことが書いてあった。
私達はてっきり何か遊び半分で日が屋根に燃え移ったのかとばかり
思っていたが、実際そのボヤが起きたのは午前5時ごろ。
そんな時間に若者達はいない。
誰がやったかという事は書いていなかったけれど、
近所のマンションの住人が毎晩の若者達の騒ぎに嫌気がさし、
いつも溜まり場になっているその公園の中央の小屋を焼いたらしい。

思ったより深刻なことでびっくりした。
それなのに、記事は「青年達が役所のドアを叩いた・・・」
というところから始まり、ぬけぬけとその若者達は役所に直談判しにいき
「いつも仲間同士で楽しく話をしている小屋の修復を早くして欲しい」と言ったらしい。そして驚いたことに役所側も、
「この青年達の要望に早く応えたい」と締めくくってた。。。。。。。。。。

あれ?って感じじゃありません?なんで青年たちの要望に応えるんじゃーーーーーーーぼけ!
火を放つほど思いつめさせた原因は考えないのかーーーーーー!!!

「続きを読む」に続く。。。。


【More・・・】

うちは幸い公園からちょっと斜めに入ったところなので直接には
聞こえてこないけれど、やはりあほみたいな笑い声、
夜中のバレーボールもしくはサッカー。
法律すれすれのバイクの改造バイクの吹かし音、
たまにカーラジオでディスコ系の曲を、
家の中にいる私でさえ歌詞が聞き取れるくらいの音量で流している。
バイクが通るたびにテレビも聞こえない。
そんな状態なのに、公園に面しているマンション3方向、計4マンション。
その他の一面は一戸建てが並んでいる、正真正銘の住宅地。

そんな所で、夜中の1時2時までドンチャン騒ぎされてはたまらない。
しかも普通の時間帯で働いている人もいるし、そうでない人もいる。
朝早く起きなくてはいけない人たちにとっては苦痛以外の何者でもない。
大体学校は6月初めに終り、9月に入った今でもまだ学校は始まっていない。

しかも、日本みたいにある程度の年になったら学生でも
バイトをするということも無い。
ただ毎日毎日公園でたばこをふかし、ゴミをまき散らかし、喋ってるだけ。
しかも瓶を割ったり子供の遊び場には全くふさわしくない行動が
当たり前のようにされている。気がついた人間が注意しても
少しの期間だけしか持たずすぐに元どおり。常識の「じ」のじすら見えない。

私も一度だけある一人の子が蹴ったボールがわたしの足に直撃した時、
しばらく何も言ってこない。ボールを取りにすら来ない。
私が蛇のようにじーーーーっと「誰が蹴ったんじゃ」と見回していると、
近くにいた女の子達が蹴ったと思われる男の子の名前を呼んでいた。
しばらく経ってから、「ごめん。当たった?怪我したの?」と来た。
私は「おっせーな」と思いながら、
「あ。ちゃんとごめんなさいって言葉知ってるんだ。」というと、
彼は「は?」と。
私が「何も言ってこないから謝り方も知らないのかと思った」と
言ってやった。すべてにおいてこんな調子。

そういう大事なことは見ないで、「若者たちの憩いの場」はないと思う。
警察も見まわっているらしいが、全然効き目が無いのもおかしな話。
ある程度の決まりを作って、処分をすべきだと思う。
焼けた状態で放置せずに小屋を作り直してくれるのに関しては大賛成だけれど、その前に公園にいられる時間帯や、看板に「自転車・バイク乗り入れ禁止」と書いてあるだけで役に立っていないことをもう一度よく考えてもらいたい。
そういうお役所の人たちは、自分に身に起こっていないから他人事なのだ。

あまり堂々と写真を撮れなかったので、ロンを撮るフリをして撮ったため
角度が悪くて見えにくいが、結構大きな穴が屋根にあいている。
kouen


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:44 |  [育児日記]2005年<2歳>  | TB(0) | CM(5) | Top↑

コメント

●クソガキども
イタリアも同じですか。結局、みんな暇すぎるんですよね。だからろくなことを考えない。
親は何にも言わないんでしょうね。恵まれすぎるのも、考え物ですな。
じゃじゃ |  2005.09.10(土) 04:05 | URL |  【編集】
少し不思議に感じたのは、わいわい騒ぐ場所として公園が
必要なのは分からなくもないけど、小屋が必要ってのがちょっと
わかんない(^-^;)
見た感じ、柱と屋根だけで雨がしのげるくらいの小屋。
雨の時を考えてるんだろうか?
それとも何か特別な思いがあるのか?
役所へ直談判に行くほどのこととなると
なにか彼等にとってよっぽど都合の良いことがその場所にあるんだろうねぇ~
それを知ることが出来れば、何か良い対抗策が思いつきそう。
同じ小屋の改修にしても、出来上がりが彼等にとって都合の悪いものになれば
良いのだろうから。
ソラ♪ |  2005.09.10(土) 10:23 | URL |  【編集】
●ひょっとして
ヤクでも打ってるんじゃありませんか。こちらでも、似たようなことはありました。だから公園はトイレはありません。
もっとも、ドイツは寒いですからね。そんな小屋で夜中にくつろげるもんじゃないですよ。火をたいてるのはよく見ますが、やっぱり寒くて湿気の高いところに長時間はいられませんね。
じゃじゃ |  2005.09.10(土) 16:42 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん
じゃじゃさん
そう。全く。暇すぎるんですよ。やることがない。お金も無い。車も無い。だから公園でたむろして話している。ま、夜に関しては、車を乗る年代の子達もいて、何をしているのやら。
近所の人の話では、公園中のベンチが埋まっているくらいたくさんいるとのこと。
薬までやっているかは分からないけれど、
マリファナはロンパが目撃済み。
エフィーのマンマも「注射器が落ちてる可能性も無きにしもあらず」と言っていました。
今のところ見つけたという事はないようですが。
イタリアもずいぶん冷え込んできました。
もうすぐ彼らの遊びも終りの時期を迎えるでしょう。
ろんま |  2005.09.11(日) 10:01 | URL |  【編集】
●ソラさん。
多分イタリアは結構突然の雷雨が多いし、
雷に打たれて亡くなる人が毎年いるため、
雨と雷をしのぐためのものだと思います。

特別壁があるわけでもなく、外から丸見え。
中は周りを囲んだようにベンチがあるだけの
何の変哲も無い小屋です。

ただ単に話す場と考えているみたいですが、
それだったらそれでマナーを守るべきですよね。
日本みたいに、マクドナルドなどファーストフード店もある程度大きな街しかなく、
みんなでつるんで話す場が無いし、
バイトをしているわけでもないからお金も無い

だから公園で。。。というのは分かるんですがねー。
もう一つちょっと先にある公園は、時間制限があってある時間になると門が鍵で閉められるようです。

ロンの友達のエッフィーのママは、
「みんなああいう時期があるんだけどねー」
と彼女もそういう時期があったと言っていましたが、やはりこの若者たちのマナーの悪さには
口がふさがらない様です。
ろんま |  2005.09.11(日) 10:12 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。