スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Valdobbiadene

2005年09月05日(月)
昨日はValdobbiadeneという「プロセッコ」で有名な街で
プロセッコを紹介する催し物が街の中心の広場であったので行ってみた。

前にこの街のアグリツーリズモにRicciaさん夫婦たちに
連れていってもらった事があるのを、着いてから気がついた。
道を覚えるのはかなり達者な方な割に、カタカナの名前、
外人さんの顔を覚えるのがかなり苦手な典型的日本人の私。

地名を覚えるのに、同じ場所に3・4回行かないと絶対に覚えられない。
しかもこんなに長いの。。。仮に覚えてても舌をかんでしまう。
顔に関しても同じで、「見たことあるけど誰だっけ」がまず最初。
その次に「何処で見たのかなー。。」と一生懸命ヒントを思い出して、
誰なのか一致できたらかなりインパクトのある人。

前にスーパーで見たことがあるシニョーラ(奥さん・ご婦人)が、
ニコッと笑って「Buongiorno」と挨拶してくれた。
私はその時点で既に「この人かなり見た事あるけど、
挨拶をするべきなのか。。。。」と悩んでいた時だったので
私もすかさず「Buongiorno」といった後、ずーーーーーーーーーーーーっと何処であった人なのか考えていたのにどうしても思い出せない。

それから、毎日のように街の何処かしら必ず会うたびに挨拶してるけれども
誰だか思い出せない。

もういいや。とあきらめた最初の挨拶から1ヶ月以上過ぎたある日、
ロンがいつも遊んでいる公園の真ん前のマンションの窓から
その奥さんが顔を出して「Buongiorno」と言われやっと解決した。
私の記憶力に危機感を覚えた瞬間だった。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:43 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。