スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

いたずら

2008年05月20日(火)
毎年書いてることですが、やっぱり毎年若い子達の性質が悪くなっています。
『いたずら』と題名にしたのも、絢大のいたずらではなくその若者達のもの。

このところポプリの飛来でしばらく公園に行っていないので公園の方は分かりませんが、
今年の3月頃から週末に金・土になると、毎週よる10時~0時の間に
マンション中の呼び鈴を鳴らしまくるのです。

その呼び鈴が、日本のように『ピンポ~~~~~~~~ン♪』という感じなら、
「は~~~~~~い♪」てな感じで出る気になるのですが、
我が家の呼び鈴が「ブーーーーーーーーーーーーーーーーーーッッ!!」
となるタイプなので、生活音のある昼間ですら毎回ビックリして、
絢大も居間で遊んでるのに飛び上がってビックリするし、
ラッキーも飛び上がってビックリして一目散に逃げるほど。

『もう!誰よ!うるさいなっ』とブリブリ怒りながらインターホンをとるので、
「はい。どなた?」といつも不機嫌になってしまう。

このインターホンの音は各家共通なので、
お隣に耳が遠いテレザさんというおばあさんが住んでいた時、
毎回我が家の呼び鈴を自分の家と間違えて出てしまっていたくらいすごい音なんです。

そのくらいうるさいのに、真夜中に
「ブブブブブーーーーーーーーーーーーーっっ」と鳴らすんです。
一番最初に来たときに
他の家のことも呼んでいるみたいだけど、
我が家のネームプレートがだいぶ劣化していて、
いつも姑が来るたびに
「なんでちゃんと書かないの?間違えちゃったじゃない!」
と毎回言われていたので、「もしかしたら我が家にかも」と思い、
「こんな時間に誰だ?」と思いつつも、「どなた?」と出たら、
若い子達が「メ○ダ!(『くそ』という意味)」と叫んで、
けらけら笑っているのが聞こえた。

降りていくのも面倒だったのと、うるさいおじいがマンションの住人にいるので
その人に任せようと放置。
絢大と一緒に映画を見ている最中だったので、
放っておくとしばらく鳴り続けるブザー。
住人の誰かが降りて行くと、
若者たちが逃げていくバタバタという足音が響いていました。

絢大も週末は映画を見たりするので、夜遅くまで起きているし、
寝ていてもブザーくらいでは起きないので、
鳴っても「またか。」くらいで放っておいていました。
そんなこんなで、ある意味「週末恒例」状態になり、
『なんで出ないの?』と絢大に聞かれながらも、
『ああいうのにはあんまり関わらない方がいいから』答えつつ、
映画を見続けていました。

しばらく来なかった週が続き、そして先週末。
「ブブブッブブブブ~~~~~~っ
あまりに尋常じゃない鳴らし方に、久々に「イラッ」と来て、
ベランダから下を見てみるものの、若い子達の動く影と声だけ聞こえて姿が見えない。

見えたらビデオにとってカラビニエーリに突き出してやるんだけどなぁ~。
なんて思いながら、出てくるのを待っていると、
下のドアが開く音とともに、若い子達が一斉にバタバタと走って逃げ出した。

その後に続いて、
「こら~~~~~~~~~~~~!おんどりゃ~~~~~~~!
 ゆるさんぞ~~~~~~~~~~~~!!!!」
とすっごい剣幕のお兄ちゃん達が本当にすごい勢いで追っかけて行った。

そう。
最近お隣に引越してきたブラジル人の4人組みの男の子達だったのです。

引越してきた当時、イタリアのマンションの構造を知らないのか、
音楽ガンガン、笑い声や話し声が真夜中5時近くまで丸ぎこえ。

かなり近所の住人は迷惑していて、カラビニエーリを呼ぶくらい
引越してきた当時は煙たがられていたのですが、
最近はやっと分かってきたのか、随分静かになりました。

たまに裏から自転車で出るときに、トロピカルな音楽が聞こえてきて、
小春日和の気候とその音楽で、なんだか常夏の砂浜にいる気分になったり(笑)
どこから聞こえるのかと見ると、彼らのベランダからでした。
きっとこの件で彼らの株は上がったでしょう

『あの逃げっぷりなら、しばらく来ないだろうね。来たらかなりのアホだよね。』
とロンパが帰ってきてから話していると、
「いや~。もう来ないよ。この辺の悪ぶってる子達はヘナチョコだから。
 あんな野獣みたいなのにすごい剣幕で追いかけられて、
 びっくりしてウ○コもらさないで逃げられただけまだマシだよ」
と言っていました

私はいつも不思議に思っていたのですが、
この若者達は毎回呼び鈴を押して、
誰かが出てくるまで下のドアの前で喋ってるんです。
普通こういうことするなら、押したら逃げるでしょ?
・・・怒られるまでドアの前で待ってるんだから、確かにヘナチョコだと思う

しかし、こういうときはマンション住まいだと安心ですよね。
引っ越してからこういう点で不都合が出てこないことを祈るばかり。

新居の電気工事の際、
希望の場所に取り付けられないという理由と、少しでも節約するために
『インターホンはいらないよ』と私が言うと、
「誰か来たらどうするの?」とロンパが聞くので、
「窓から見りゃいいじゃん」と私。

『夜、雨戸が閉まってるときに『ピンポーンって来たら?』とロンパ。
「別に夜だろうと窓開けて見りゃいいじゃん」と言うと、
「泥棒や強盗に『いらっしゃ~~~~~~い♪』ってドアを開けてるようなもんだろう
と、怒られました。
そりゃそうか・・・。私もヘナチョコらしい・・・

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   06:42 |  [育児日記]2008年<5歳>  | TB(0) | CM(6) | Top↑

コメント

そのピンポン事件、むかしむかしのサザエさんを思い出しました。60年代のかなあ。ガキどもが、いたずらしてブザーを鳴らして、とっ捕まって耳を引っ張られて親の所に連れて行かれる話。
カツオはイタリアのガキよりもワルで、捕まっておじさんに連れられて行くが、親の所なんて案内しない。知らない家に案内して、その大人は、そのうちの人に
「何ですか、いい大人がそんなイタズラして!」
と怒られる内に、カツオはベロ出してすたこらさっさと逃げ出すのでした...
イタリアのガキはオリジナリティーに欠けるのう。
じゃじゃ |  2008.05.24(土) 05:34 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん

見覚えがあるようなないような。。。
しかしカツオ君はすごいですねぇ。
イタリアの小僧達よりも、
一枚も二枚どころか何枚もウワテですね~(笑)

>イタリアのガキはオリジナリティーに欠けるのう。

地域によって随分変わると思いますが、
この辺の人はもともと頭が固いので、
子供たちもそうなっちゃうのかなぁと妙に納得しちゃいます。
ろんま |  2008.05.25(日) 08:34 | URL |  【編集】
>「泥棒や強盗に『いらっしゃ~~~~~~い♪』
>ってドアを開けてるようなもんだろう」
>と、怒られました。
>そりゃそうか・・・。私もヘナチョコらしい・・・

うまい!
ちゃんと落ちつきだ!

おもろい夫婦。って言葉がぴったりね。
あなたたちって。

中学生くらいの子たち?
家の人達に、構ってもらえないのかな?
怒られたくてやってるみたい。

大根おろしの通っている中学でも
その手のいたずらが多いな~。

家にいろいろな事情があって
構ってほしくてやってる。って感じ。

冷めた目で見てるけんた、想像がつく!

ねね |  2008.06.03(火) 11:41 | URL |  【編集】
●悪ガキ
最近の悪ガキは根性無しが多いねぇ。
何が楽しくて、押して誰かに怒られるのを待ってるのかね?

イタリアって日本に比べて、陰険ないじめとか少ないと思うし、裏でこそこそやる子供も少ないな~とちょっと感心してただけに、こういうことを聞くと嫌気が指してしまうわ。


ブラジルのご近所さんも、「郷に入れば郷に従え」ということわざを知っていたようで良かったね。(笑)
ちょっぴりトロピカルな気分を味わえるものいいんじゃない?
(そのうち、トロピカル音に恋しくなるよ~、ろんまさん(笑))
ヴェルデ |  2008.06.04(水) 22:16 | URL |  【編集】
●ねね

>おもろい夫婦。って言葉がぴったりね。
>あなたたちって。

私がボケで、ロンパは突っ込みだからねぇ。。。


>中学生くらいの子たち?

さぁ・・どうだろう?
多分そのくらいだと思う。


>家の人達に、構ってもらえないのかな?
>怒られたくてやってるみたい。

どうだろうね。
これくらいのことなら、誰でも経験はあるだろうけど、
時間が時間なだけに、もうちょっと考えて欲しいけど。。


>大根おろしの通っている中学でも
>その手のいたずらが多いな~。

だ・・・大根おろし・・・・。


>家にいろいろな事情があって
>構ってほしくてやってる。って感じ。

日本には多そうだよね。
そういう子が。
こっちもおんなじなのかもね。
最近はイタリアも、共働き夫婦が当たり前になってきてるから。


>冷めた目で見てるけんた、想像がつく!

口ばっかりいっちょ前で、偉そうにしてるよ~。
ろんま |  2008.06.23(月) 09:10 | URL |  【編集】
●ヴェルデさん

返事が遅くなっちゃってごめんね~~~~~~~!

>最近の悪ガキは根性無しが多いねぇ。
>何が楽しくて、押して誰かに怒られるのを待ってるのかね?

どうなんだろうね?
手に入る物が溢れすぎて、脳みそが飽和状態になってるのかも。


>イタリアって日本に比べて、陰険ないじめとか少ないと思うし、裏でこそこそやる子供も少ないな~とちょっと感心してただけに、こういうことを聞くと嫌気が指してしまうわ。

ま~ね~。
でも、陰湿ないじめよりは、こういう分かりやすい方がいいけど(笑)
でも、ヴェネト地方は結構日本的な『表向き』と「裏向き」があるよね。
友達関係はどうか分からないけど。


>ブラジルのご近所さんも、「郷に入れば郷に従え」ということわざを知っていたようで良かったね。(笑)

ほんと。
このところ、とんと物音ひとつ聞こえなくなった。


>ちょっぴりトロピカルな気分を味わえるものいいんじゃない?
>(そのうち、トロピカル音に恋しくなるよ~、ろんまさん(笑))

そうなのよ~。でもね。
すでにもう注意されたのか、
最近、トロピカル音楽が聞こえなくなっちゃったの。
またいつもの静かなマンションに逆戻り。。。
ちょっとさびしいな~。
逆に新居の方は、ご近所の生活音が聞こえてくるから
向こうで作業してると、「人が近くにいる」ってホッとする部分がある。
マンションなのに不思議だよね。
ろんま |  2008.06.23(月) 09:18 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。