スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

絢大の好み

2008年04月18日(金)
月に一度だけ5日間、幼稚園から本の貸し出しがあります。

普段買う絵本は、私自身が絵本好きということもあって、
私の独断と偏見で決めていて、
絢大も楽しそうに読んでいたので、今のところはそれでOKと思っていました。

幼稚園での本の貸し出しの昨年までは、
普通のかわいらしい絵本を選んでいたのですが、
絢大が借りてくる最近の本は、
ちょっとドキュメンタリーチックなものに変わってきたようです。

前回借りてきたのは「鳥の本」
散歩をしているときなどに見かけた鳥を指差し、
「あれなんて名前?カラス?」
と聞くのですが、
鳥に詳しくない私が散歩中に教えてあげられるのは、
鶏とハト、アヒル、鴨くらいのもの。

「そうね~。なんだろう?帰ってから図鑑を調べてみよう♪」
なんていいつつ、結局図鑑すら手に取らずにいた日々。
そんなことが続いたある日、ママは当てにならないと思ったのか
この本を借りてきたのでした(笑)。

この近辺でもよく見かける鳥の種類がたくさん載っていて、
小さい本ながらとても凝縮していて、
子供にもとても分かりやすい内容でした。

細工本に慣れていない私が何より感動したのが、
透明のプラスチックを間に右側に木。左側にえさを待っているツバメの巣。
プラスチック部分には親鳥の絵があり、
右側にたおせば木の上の青虫がちょうど親鳥のくちばしのところにくる仕掛け。
左にたおせば親鳥が雛のところへえさを運んでいる絵になるんです!
(分かります?写真を撮理忘れたので分かりにくいデスネ。。。。)

この本は月曜日に借りてきてから、毎日2回以上づつ読まされたので、
木曜日には私が読む前に暗唱しているくらい気に入っていました。

その数日後、図書館に行く用事があったので帰り際に
絢大にいい本はないかと探していると、同じシリーズの猫版を見つけました。
早速借りて帰り、絢大に見せると大喜び

これは、まだ借りてるので写真を撮ってみました。
本

表紙部分。
このシリーズは全てこういう感じの絵になってます。

さっき説明した透明部分はこういう感じ↓。
本5


そして透明部分を右に置くと、木に飛び乗る瞬間。
ほん3


左にすると、高いところから落ちる時の着地方法が絵で説明されています。
本4


爪と獲物のとり方の説明ページ
本7

肉球がかわいい

本6


本


こんな感じで、リアルだけどとても親しみやすい絵です。
他にも猫の怒っている時や喜んでいる時、怖がっている時などの表情もあり、
説明する前に絢大がその絵を見つけて
「あ!ラッキーと同じ顔!なんでこの顔してるの?」
と絢大が指差した表情の説明を見ると、
「怖がってる顔
絢大にとっては怖がってる顔がラッキーの顔のようです(苦笑)

一瞬言おうか迷いましたが『これはいい機会』と思い、説明しました。
すると絢大は「ママにはいっつもこの顔してる・・・」と
喜んでる顔を指差しながら不満気(^^;
『驚かしたり無理なことをしないで、やさしくしてあげればこの顔をするようになるよ』
というと、
「うん!分かった~!」
・・・と読んだ直後はそう言っていたのに、全然変わってませんケド・・・・。

ちなみに、オリジナルの題名が『Le Chat』なので、フランス語が原本のようです。


そして、今月借りてきたのは・・・これ↓。
本8


最初は余り物を取ったのかと思いましたが、
「これを選んだの?」と聞くと、「うん♪Dr.Houseとおんなじ★」とうれしそう。

前日、我が家が一家揃って見ている唯一の米ドラマ「Dr.House」を
途中で寝てしまって見られなかったからなのか、こんな本を借りて来ました。

まぁいいか。。。。と、ぺラっとページをめくってみて絶句。

本9


初っ端から字が多い。。。。。


もう少しめくってみても同じ。
本10


・・・ていうか子供向けの割りに、どんどん専門的になっていく・・・・

「ねぇ。。。これほんとに読みたいの?」
と、もう一度念押しで確認してみると(私が読みたくないもんだから(^^;)、

「うん♪いいでしょ?すごいんだよ~!
 ムスコリ(筋肉)とストーマコ(胃)は、すっごい大事なんだよ!」

確かに食べることとスポーツが大好きな絢大にとって、
この二つは特に重要なものだと思う。(妙に納得)

気分は重かったけれど、毎日少しづつ読みましたよ。。。
読みながら「ちゃんと理解してるのかな?」と疑問に思いつつも、
たまに日本語で補足をつけてあげると、
ちゃんと理解していたりしたので、絢大のイタリア語力もずいぶん上達したのね。。
と、妙に感心してしまいました。

5歳児が読む(聞く)には、こんなことまで説明するの?的な部分もありましたが、
結果的に字は多かったものの(←根にもってる)、
重要な点が凝縮して分かりやすく説明されていたので、
「家に一冊あってもいいな」と思える本でした。


次は何を借りてくるやら。。。


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   07:34 |  [育児日記]2008年<5歳>  | TB(0) | CM(2) | Top↑

コメント

●すごい専門的…
ろんまちゃん、お久しぶり~。

絢大くん、しばらく会わないうちにまたまた成長したね。しかし、んな専門的な医学?の本、わかるんでしょうかね~。将来が楽しみだね。透明版のある絵本は何冊か持ってるけど、引きちぎられそうなのでまだゴン太には見せていません。なかなか良くできていると思います。

で、ろんまちゃんはイタリア語の本も読んであげてるんですか?私は今のところイタリア語を拒絶してパパやノンナに読んでもらえと言っています。だんだん大きくなり、小学校に入る頃には、私が徹底的にイタリア語を拒絶しない限り、日本語を使わなくなると思ったので。考えすぎかしらん?

Geometraに関しては、うちの舅も血管ぶちきれるような思い(心臓悪いからほんとに危険なんだけど)ずいぶんしてますよ。ろんまちゃんとこと同じ人ではないと思うけど。まず「客」っていう意識はゼロ。どうしてもと頭下げるから仕事引き受けてやってるんだ、てな態度ですよね。これは程度の差こそあれelettricistaやidraulicoも一緒。客とのアポは客の都合ではなく自分の都合だし。

ところで、ほんとに引越しするのね。家変るかも、ってとこでで交流途絶えてしまってたので、知りませんでした。同じ市内ですか?引越しうまくいくといいね。
とみぃ |  2008.04.18(金) 16:24 | URL |  【編集】
●とみぃさん

お久しぶりです★
お返事が遅くなってすみませんでした~e-330


>絢大くん、しばらく会わないうちにまたまた成長したね。

子供って普段はあんまり気づきませんけど、
ふとした瞬間に大きくなったな~と思いますよね。
今日の夕方もそう感じました(笑)
ゴンタ君も大きくなったでしょう。

>しかし、んな専門的な医学?の本、わかるんでしょうかね~。

どうなんでしょう?
でも一応大雑把には理解したみたいです(^^;


>将来が楽しみだね。

トンビが鷹を産む例は極めて少ないので、
全く期待はしてません(爆)


>透明版のある絵本は何冊か持ってるけど、引きちぎられそうなのでまだゴン太には見せていません。なかなか良くできていると思います。

ね。
良くまとまった内容で、読んでるこっちも
「へぇ~~~~~(@@)」と思ったり。
ちょうど4・5歳の子には、すごく分かりやすいですよね。


>で、ろんまちゃんはイタリア語の本も読んであげてるんですか?
私は今のところイタリア語を拒絶してパパやノンナに読んでもらえと言っています。だんだん大きくなり、小学校に入る頃には、私が徹底的にイタリア語を拒絶しない限り、日本語を使わなくなると思ったので。考えすぎかしらん?

いやいや。
家庭内での会話がイタリア語だったら、それくらいやらないと続かないと思いますよ。
家はロンパがほとんどいないので、普段の家での会話は普通に日本語ですが、それでも最近はイタリア語の単語が入ってくるようになりましたからね。

イタリア語の本を読むようになったのは最近ですよ。
絢大と私がイタリア語に接する時間は他の家庭に比べてすごく少ないと思うので、
私自身のためにも昨年あたりから、夜寝る前に日本語とイタリア語の本を一冊づつ読むことにしたんです。

もちろん出来れば、イタリア語の本はイタリア人に読んでもらうに越したことはないのですが、我が家はそれが出来ないので、私の発音の練習のためにも読むようになりました。
たまに絢大に発音を注意されますけど(^^;

今週はノンノが数日間泊まりに来るので、
「チャーーーーーーンスe-420」とばかりに、
その時のために明日また図書館で借りてこようと思います。


>Geometraに関しては、うちの舅も血管ぶちきれるような思い(心臓悪いからほんとに危険なんだけど)ずいぶんしてますよ。ろんまちゃんとこと同じ人ではないと思うけど。まず「客」っていう意識はゼロ。どうしてもと頭下げるから仕事引き受けてやってるんだ、てな態度ですよね。これは程度の差こそあれelettricistaやidraulicoも一緒。客とのアポは客の都合ではなく自分の都合だし。

やっぱりどこも一緒なんですねぇ。。。。。e-263
とりあえず早く終わらせて、追い出そうということになりました。
でも数日前に発覚したんですけど、このGeometraってこの近辺の「Geometra協会」の会長やってる人らしいんです。。。Cavariereまで持ってる。。。e-263
それを知ったとき、「キットどこに行っても同じだったね。。。彼は彼なりにいい仕事をしたのかも。。。」とロンパと話していました。
幸い今のところ、みんなの前でこのすごい振る舞いをしたGeometraのおかげか、
労働者組(Muratore,Idraurico)は、
一致団結して私達の味方で、とても良心的でプロ意識の強い人たちばかりなので助かりました。。


>ところで、ほんとに引越しするのね。家変るかも、ってとこでで交流途絶えてしまってたので、知りませんでした。

あれ?そうでしたっけ?
前回とみぃさんにおいしいご飯をお呼ばれした時、
話してませんでしたっけ?旦那さんとは結構話したと思うんだけど?



>同じ市内ですか?

またまた!ほんとに知らないんです?
あっれ~?
ま、じきじきに皆さんに公表するほどのことでもないと思ったし、まだまだいつ引越しになるかとか工事も始まらないと、どんなことが待ち受けてるか全く想像もつかない状態だったからかもしれませんね。

同じ市内ですよ。


>引越しうまくいくといいね。

早く終わってくれることを祈るのみです。。
ろんま |  2008.04.22(火) 05:56 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。