スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

いろいろバタバタ 2

2008年03月07日(金)
そんなこんなで、とても気に入っていたマンションとは縁がなく、
昨日の記事ではロンパの勝手なジンクスの由来のみで終わってしまいましたが、
そのジンクスもそうそう当たっていなくもなかったのが、
ずっと内緒にしていた義兄姉たちに話したのは、今年の1月中旬。

こちらとしては普通のローンを組む期間よりも随分長く時間があったけれど、
念には念を入れて『試しにこの金額で借り入れを聞いてみよう』と
私達ができる最高限度で手続きを始めたというのに、
一週間で来るはずの向こうからの返事がきたのは、余裕で1ヶ月経ってからのこと。

それまで公証人探しやローンの審査などが途中まで、
イタリアのわりに珍しく滞りなくいっていたのに、
話した直後から、ローンの審査が止まってしまい、1月末に契約する予定だったのが、
ローンの返事待ちで予定が大幅に狂ってしまいました。

しかも、銀行から2度目の返事が必要だということを知ったのが、
前の家主さんのうちの一人がアルゼンチンに住んでいて、
この契約のためにアルゼンチンから来る飛行機チケットを取った後に判明
銀行からの返事は『6日以内』ということで、
契約を予定していた日までその時点であと10日。
普通に考えてたら余裕なのですが、何せここはイタリア。
その時点ですっごいいや~~~~~~~~な予感。

続きをどうぞ

【More・・・】

やっぱり案の定、当たり前のように6日が過ぎ、
電話なり私が問い合わせに行ったり、毎日状況を聞きに行っても
「私達も毎日問い合わせしながら返事を待ってるんです
とローン担当のオバちゃんは被害者面。
どっちが客なのか分かりゃしません。

そのうち売り側も痺れを切らしてプッシュしてきました。。。。

「こうなったら白紙に戻すことになるぞ」などと脅され、
こちらも銀行側にプッシュするしかない。

でも、脅したところで埒が明かないし担当者は
私達がこの町に引越して以来の付き合いの人。
彼がローン担当ではないけれど信頼できると、
無理にお願いしてやってもらったくらいなので、
彼の焦りようも察してこちらも伺い程度だけれど、
「ローンの承諾にこんなに時間が掛かるのなら、
物件を決める前にローンを申請しなくちゃいけないんじゃない?」
と辛口ジョークを交えながら聞くと、
「もうこうなったら最後の手段だ!」と。

「もし明日になっても返事が来なかったら、そのときにどうするべきかを言うから、
明日にはどんな形にせよ必ず決着がつきます。」
と、固い決心をしたような顔で私達に言いました。

帰り道、私達は
「何するんだろう?損害賠償とかなのかな~?
 やっぱり、最後の最後で気を許してRogitoまで待たずに
 兄姉に言っちゃったのがまずかったのかな~?
 これでローンが駄目になって、買えない状況になったとしても、
 私達の責任じゃないから、銀行側が全て賠償するんだろうね。
 ある意味それもいいかもね。
 そんなことになったらいくら私達のせいじゃなくてもイタリアにはいられないから、
 これこそ『イタリアから出ろ』って合図かも」
なんてのん気なことを話していました。

結局、担当者の彼が最後から二番目の切り札を出したおかげか、
次の日晴れて承諾が降りました。

私達は
「あ~。降りちゃったんだ~。あの「最後の切り札」は迷宮入りになっちゃったね」
とある意味残念。
でもやっとホッとできました~。

ここまで書いて気づいたのですが、
私達が物件を見に行ったときのことを書き忘れていました。

物件を見に行った日は、例のド貧血よりも軽い
ちょっとクラクラするめまいがあった日。

「こんな日に物件を見たところでちゃんと見られないから
後日あらためて見に行こう」とロンパ。

でもその時点で、既に一軒の不動産屋さんとの待ち合わせ場所だったのです。
「ここまできたからいいよ。逆にこういう状況だからこそ気づくものがあるかもしれないし」
と、不動産屋さんが来て一緒に見に行くと、
新しいタイプのビーファミリアーレと呼ばれる、
隣同士がくっついてるタイプの一軒屋。

一階部分が駐車場と洗濯場と玄関。二階がダイニングキッチンとリビング。
三階が2部屋半と洗面所。

新しいので一番大きいはずのリビングも小さくて
我が家の家具は全然入らないうえ、
この造りじゃ、一日中階段を登ったり降りたりしなくてはならない。
しかも、今住んでいる町の隣町で、交通にも不便。
家の中も外に出ても不便なのでは買うに値しないのは当然。

その後ハシゴ状態で別の不動産屋さんとの約束していた物件を見に。
一件目に見に行ったのがこの物件。
今で言うビーファミリアーレ式一軒屋。
言い換えれば、昔大きな一軒屋だったものを兄弟達で割り、
それぞれ売りに出したもの。
うちの部分はその家の半分を占めているけれど、
もう半分はもう半分にして一軒。後の半分を1階2階に分けて
計3件と隣合わせている状態の家。

前年より売り出したのにもかかわらず、
家の前どころか不動産屋さんの店先や広告にも出さずに、
ただ唯一インターネットのみ掲載したものを私達が見つけたらしい。
なので、ほとんど知られていない物件でした。

人の目に触れない分、かなりの時間が随分掛かったため、
最初に始めた価格よりもその時点で50,000ユーロも下がってました。
(・・・おいおい

一軒屋を買う予定はさらさらなかったのですが、
前回見たマンションと同じ値段で、土地つき(一応)一戸建て。
う~~ん。
いくら古いから修繕が必要とはいえ、結局築20年のマンションに入居する場合も
配管などある程度の修繕が必要なんで、
『一戸建て』と聞くとやっぱり考えちゃいますよね。
その週のうちに、家作りのプロであるロンパパパ(&ママ)を呼び寄せ、
「買い物件!」と判断をもらい、次の週不動産屋へいき、
「これ以上の値引きは無理は承知の上で何事は試してみるべき」
と薦められた値引き交渉にも成功し、
あれよあれよという間に、第一段階を突破したのでした。

イタリアには「予定通り」という言葉は存在しないかのごとく、
本当だったら、今頃引越しは終わってとっくに住んでるはずなのに、
今はまだ工事業者の見積もりを取っている段階。
しかも前の家主さんが引っ越し先のガスの開通が出来ずに
いまだに住んでいる状態

引越しはまだまだ先で、いつになるやら。。。
Restauroといえばかっこよく聞こえるけど、
気がなが~~~~~~~~~くなるほどの修繕工事。
アフロのカツラアフロでもかぶって、
クリスタルキングの『大都会』クリスタルキングの『大都会』を『自分エコー』バンバンで歌いながら待つしかないようです。
(世代の違いでご存じない方は視聴もできますよ~♪)

ちなみに一番最初に見に行った後の祖母の写真の顔はとても嬉しそうでした
古い家で入居前にやることが山のようにあるので、
かなり不安になるときもありますが、
何かの用事で家へ行くたびに「やっぱこの家好きだなぁ~
と思え、家に帰って祖母の写真に向かって「やっぱりいい家だね♪」というと、
よりいっそう嬉しそうな顔をするように見えます。

そしてもうひとつ。
Rogitoの時に公証人が書面を読み上げている時に気がついたこと。
L字型に2つの通りに面している家なのですが、
正式な住所には載らないもうひとつの通りの名前が、
イタリアでよく使われる月日の通り名。
その月日が、Rogitoをした前日であり、
ローンであたふたしていたのが終決した日でもあり、
祖父の命日だったんです。
単なる偶然かもしれませんが、
祖父母たちが見守ってくれているような気になり、
書面を読みながら不思議な感覚でした。


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   10:42 |  [育児日記]2008年<5歳>  | TB(0) | CM(6) | Top↑

コメント

よかったですねー。後は、気を抜かずに引越しの日までがんばってくださいね。イタリアって、いろいろとんでもないことが起こるようですから。
ところで、どんな家具を持ってるんです?その調子だと、骨董品だったりして...
引っ越したら、ラッキーはお外に行けるようになるのかな?
じゃじゃ |  2008.03.08(土) 05:33 | URL |  【編集】
ふー。1、2今読み終わった~
うーん、長っ。

とにもかくにも、よかったね。
お庭にラッキーのお部屋も作ってあげたら?

ペットドア、作るの?既製品は高い~
http://item.rakuten.co.jp/sanell/ch005/

網戸用のこんなのもあるみたい。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/myagency/pdy-01.html

家のさくっと♪がラッキーを見て以来
「家も猫、飼いたいな~」
とうるさくいから

「家には、ゴリラ(父、兄)と、
カニ(みろ。女の子なのに意外、毛深いので
父が毛ガニと名付けた。)、子豚(さくっと)も
茶々丸(愛犬)もいるから、これ以上いらないよ」

と言ったら、悔しそうな顔をしながら
「かまきりもな。(なぜだか、私の事)」
一言返されました。
日に日に憎たらしくなっていきます。。。
ねね |  2008.03.10(月) 10:30 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん

>よかったですねー。

ありがとうございます☆

>後は、気を抜かずに引越しの日までがんばってくださいね。

あんまり長すぎても、持続力が・・・・ (^^;
昨日もロンパと話していて、
「6月までに終わってくれないと、
 絢大の夏休みが始まって大変になる」と言ったら、
「6月~~?あったりまえだよ。5月中旬には引越しは終わってるよ」
と言ってましたけど、あまり期待しないで荷物の整理をし始めようと思う今日この頃です。。


>イタリアって、いろいろとんでもないことが起こるようですから。

ホントですよ。
予想してないことが平気でおこる。。。
ローンに関しても問題が生じるなんて
全く想像もしてなかったので、あれだけですっかり神経を消耗しちゃいました。。
とりあえず工事には測量士さんに間に入ってもらうので、少しは問題も回避できると思います。


>ところで、どんな家具を持ってるんです?その調子だと、骨董品だったりして...

残念ながら、家具は結構モダンなんです。
骨董品もすきなのですが、
手入れが大変だし価格も高いしで、
結局モダンな家具ばかりを買いました。


>引っ越したら、ラッキーはお外に行けるようになるのかな?

一応辛うじてラッキーの額よりもちょっと大きい庭があります。
テラスも今はひとつしかないのですが、大きめのをもうひとつ作る予定なので、夏は北のテラス、冬は南のテラスまたは庭で日向ぼっこすることになると思います。
ろんま |  2008.03.10(月) 22:20 | URL |  【編集】
●ねね

>ふー。1、2今読み終わった~
>うーん、長っ。

おつかれ~。
小出しに書けばこんなに長くならないんだけどね。


>とにもかくにも、よかったね。
>お庭にラッキーのお部屋も作ってあげたら?

絢大が「家を買った」って初めて聞いたとき、
真っ先に「じゃ、ラッキーはどこにねんねするの?
そうだ!お庭にお家作ってあげよう!」って張り切ってた(笑)

>ペットドア、作るの?既製品は高い~

高いね~。
一応つけるつもりだけど、どこにつけるかはまだ検討中。
雨戸があるから、夜トイレに行けないとなるとヤッカイだからね~。
こっちはガラスをくりぬいてドアガラスにはめ込めるみたいだから、とりあえずその方法で行く予定。



>網戸用のこんなのもあるみたい。

網戸用!!!!
さすが日本だねぇ。。。
網戸のことをすっかり忘れてたわ。
やっぱり猫ドアがつけられるのは、
一箇所しかないな~。


>家のさくっと♪がラッキーを見て以来
「家も猫、飼いたいな~」
とうるさくいから

あのスカイプの真っ黒な物体を見て以来欲しがってるの?!(爆)



>「家には、ゴリラ(父、兄)と、
>カニ(みろ。女の子なのに意外、毛深いので
>父が毛ガニと名付けた。)、子豚(さくっと)も
>茶々丸(愛犬)もいるから、これ以上いらないよ」

茶々丸だけ『愛犬』・・。
しかしみろの『カニ』って・・・。
そろそろ年頃だから気にするんじゃない?
最近の絢大ってよりいっそうミロに似てる。
不思議な行動というか、思いつきというか、動きと言うか。。。。(^^;


>と言ったら、悔しそうな顔をしながら
>「かまきりもな。(なぜだか、私の事)」 一言返されました。

なんでカマキリ?!(爆)


>日に日に憎たらしくなっていきます。。。

今絢大とさくを会わせたら、同盟作りそうだよね。
もちろん隊長はミロ。

ろんま |  2008.03.10(月) 22:30 | URL |  【編集】
よかったですね~!
で、結局、1軒屋なの?ビファミリアーレなの?
とにかく気に入る物件にめぐり合うというのだけでも大変な上、値段のこともありますしね。ほんと一生の買い物ですよね。
またお手伝いできることがあったらいってね~
きっこ |  2008.03.21(金) 04:48 | URL |  【編集】
●きっこさん

きっこさ~~~~~~ん!
ごめんなさい(泣)

こってり見落としてました~。
今何気なくコメント欄を見てビックリ!
失礼いたしました~。


>よかったですね~!

良かったのかどうなんだか。。。(笑)


>で、結局、1軒屋なの?ビファミリアーレなの?

一応今風に言えば「微ファミリアーレ」ってところでしょう(笑)
昔の一軒屋を兄弟で分割して個々に売りに出したうちの一角なんです。



>とにかく気に入る物件にめぐり合うというのだけでも大変な上、値段のこともありますしね。

ね~。
不安材料が大きい分、
今の家に戻ると心配やら計算やらで気が気でなくて
「本当に良かったのかなぁ」と思うけど、
あっちの家に行くたびに「やっぱりすきe-266」って思うんですよね。

>ほんと一生の買い物ですよね。

こんな買い物もう二度と嫌ですわ。
宝くじでも当たって現生払いでポーンと買えるならまだしも。


>またお手伝いできることがあったらいってね~

お世話になると思いますe-466
こちらこそよろしくお願いします♪
ろんま |  2008.04.01(火) 09:13 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。