スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Mi ami?

2007年11月22日(木)
最近では普段絢大に「今日幼稚園で何したの?」と聞いても、
反抗期なのかなんなのか、「別に・・・」とか「覚えてない」
というつれない返事が彼の中で流行っているようで、
幼稚園で何をやっているのか知りません。(笑)

ま、そういいつつも、
「僕は黄色のゴルミータで~、トミーは赤のゴルミータで、エレンとフランはウインクス!」
なんて言ってるので、大体想像はつくのですが(笑)

が、今日はちょっと違いました。
機嫌よくお風呂に入っていた絢大の横で、洗濯物の整理をしていると
「ねぇママー!ちょっと聞いて!今日ねフランが・・・・」と言い掛けて止まりました。

「・・?フランがどうしたの?」

「うん。。フランが僕のことぶったの」

「あらら。。。。それで?」

「それでね。フランが僕に「Mi ami?(私のこと愛してる?)」ってきいてきたの。」

「は?」

「それでね。『「Ti amo」って言わなきゃ駄目』ってフランが言うから、
          「Ti amo(愛してるよ)」っていったら、
          『私のこと愛してるならぶったこと先生には内緒よ』って言うんだよ。」

「・・・・・・・・・・・・・・なんじゃそりゃ。。。
          それで先生には言わなかったの?」

「うん。。。だって約束しちゃったんだもん。。」

「うわ。。情けな・・・」

ここで、ふと考えちゃいました。
約束を守ることはいいことだし、
このところ、すごくフランと仲良くしているようなので、
あまり本人の前で友達について変なことを言って気にしちゃっても
可哀想だし。。・・なんて思いながら、

「しかし最近の4歳児ってこうなのかねぇ。。。
         ママはそういうの好きじゃないな~・・」

と、ボソッと独り言のように言ってみました。
すると、絢大はちゃんと聞いていたようで、

「うん。ぼくも・・・」

とつぶやく絢大。

「え?あぁ。そうなの?絢大もそう思うんだ。
          価値観が同じで良かったぁ。でも、そう思うんだったら、
          フランのためにも「僕そういうこと嫌い」ってはっきり言った方がいいよ。
 
「そうだいいこと考えた! 僕、もうフランと一緒に遊ばない! 」

「・・・・って言ってて、どうせ結局一緒に遊ぶんでしょ?そのセリフ何度聞いたことか。。」

「うーん・・・・

「一緒に遊ばないなら『こういうところが嫌だから一緒に遊ばない』
          って言った方がいいよ。フランは絢大のことが大好きなんだから、
          嫌われたくないと思うだろうし、そう言ったらやらなくなるかもよ。
          これからも仲良く一緒に遊ぶためには、そうした方がいいと思うけど」

「うーん。そうなんだけど~」

どうも煮え切らない絢大。
結局この話は、その後フランはエレンを突き飛ばし、絢大にもちょっかい出して、
痺れを切らしたエレンが先生に言いに行ったそうです。


「先生、怒ってた?なんて言ってたの?」


「うん。。『Vai a dormire!!!(寝に行きなさい!)』って怒ってた。」

「・・・・へ?なんで寝に行くの?」

「・・・しらない。。。」

寝ることって罰なんですかね?
前のクラスでも言うことを聞かなくなると昼寝させるようでしたけど。。

なんか微妙ですよね~。
間に挟まれて、イタリア人の女の子パワーに圧倒されている絢大。
前の担任の先生が「絢大が可哀想に思うときがある」と言っていた光景は
こういうことなのかなと思いました。

ある程度のことは、『成長の証』なので仕方がないのですが、
良い事も覚えてくる一方、
最近著しく好ましくないことをやるようになりました。

好ましくないからといって、全方向シャットアウトしても逆効果。
子供が体験した上でどうにか本人が『間違っていること』と理解して
行動できるようになって欲しいものです。

私のカウンセリングの先生に
「自分で気づくために親が出来ること」を尋ねたところ、
「子供は親の鏡。親が深い愛情を持って子供と接し、
ひとつづつ辛抱強く何度も教えること。絶対途中でさじを投げちゃ駄目よ」
と、アドバイスをしてくれました。
こうすることによって、親の価値観が子供へ伝わるそうです。

あまりに同じことを繰り返し言い続けなくてはいけない毎日に、
まさしくさじを投げかけてたところだったので、
この言葉は私の心の奥底に響きました(笑)
今でもさじを投げそうになると、この言葉が頭を駆け巡ります^^


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   23:36 |  [絢大の成長記] イタリア語  | TB(0) | CM(11) | Top↑

コメント

遊びとはいえ暴力はいかんねぇ
でもフラン「あたしのこと愛しているならぶったこと言わないでね」なんて(爆)
ちょっとした暴力亭主みたいですなぁ(爆)

先生の『Vai a dormire!!!(寝に行きなさい!)』って本当に寝かせるの?
ナポリではすっとんきょうな事を言う人には「va' te cocca'」っていうのよ、要は眠りに行けなんだけど、意味的には、オトトイキヤガレみたいな(爆)ゆっくり休んで考え直せみたいなね。
つかおとといきやがれ、なんて日本でも言わないけどさ(爆)ニュアンス的にそんな感じっていうことでね。
でも本当に寝かせるなら罰なんだろうね、幼稚園では。
 |  2007.11.23(金) 23:19 | URL |  【編集】
↑ごめん、ごめん。↑あたしです(爆)
なんか名前入ってなかったよ~~~、ごめんね
きっこ |  2007.11.23(金) 23:21 | URL |  【編集】
オンナはやはり、老いも若きも厚顔かつ狡猾である。
それにだまされるオトコって、かわいそう~
イタリアでは、そういうの、「Pollo」て言うんですってね。気を付けないと、けんた君は恐妻家への道まっしぐらになりますよ~

私も、毎週音楽学校で、生徒たちに口すっぱくして同じことを言ってます。イヤになりますよ。いつも「他人の子供だから、テキトーでいいや」と思うのですが、だまってられないです。先生の言うことの方が、親よりも聞くそうで、親からは「もっと言ってやってください」と言う注文がよくつきます。
じゃじゃ |  2007.11.24(土) 20:46 | URL |  【編集】
●きっこさん

>遊びとはいえ暴力はいかんねぇ

結構こういう子が多いみたい。。。e-263

>「あたしのこと愛しているならぶったこと言わないでね」なんて(爆)
>ちょっとした暴力亭主みたいですなぁ(爆)

ね。ちょっとしたメロドラマの一シーンみたい。
でも、これ聞いた時はちょっと止まったよ。


>先生の『Vai a dormire!!!(寝に行きなさい!)』って本当に寝かせるの?

前のクラスでは、本当に寝かせてたけど、
今のクラスではどうなんだろう?
前の先生に、『なんで寝かせるの?』って聞いた時は、
疲れてるとグズグズになる子がいるように、
他の子にちょっかい出すようになる子もいるから、
寝かせると落ち着くらしい(苦笑)

>ナポリではすっとんきょうな事を言う人には「va' te cocca'」っていうのよ、
>要は眠りに行けなんだけど、意味的には、オトトイキヤガレみたいな(爆)
>ゆっくり休んで考え直せみたいなね。

ふ~ん。そうなんだ~。
汚い言葉で言う「va' ca●●re!」みたいなもんかね?


>でも本当に寝かせるなら罰なんだろうね、幼稚園では。

ね。
子供にしてみれば、ご褒美に受取れそうなのに(笑)
みんなと遊べなくなるから、やっぱり罰なのかな?
ろんま |  2007.11.26(月) 08:49 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん

>オンナはやはり、老いも若きも厚顔かつ狡猾である。
>それにだまされるオトコって、かわいそう~

そうですね~。
どうやっても女性の方が一枚上手。


>イタリアでは、そういうの、「Pollo」て言うんですってね。
>気を付けないと、けんた君は恐妻家への道まっしぐらになりますよ~

もうまっしぐらですよ。
家で見てるからかな~と思ったり。。。(爆)
ロンパはPOLLOではないと思うけど(笑)、
かなり決定権を私に託してる部分が多いというか、
彼が決定したことに対して、私から文句を聞きたくないのが理由ですけど。
ロンパの師匠は、義父ですからね~。
(義父もPolloではなく、優しすぎる人なんです)
恐妻夫婦の元で育つと、
息子も嫁の下に敷かれるお嫁さんを
大事にするようになるようです。
我が家もほどほどにしないと。。。。


>私も、毎週音楽学校で、生徒たちに口すっぱくして同じことを言ってます。
>イヤになりますよ。いつも「他人の子供だから、テキトーでいいや」と思うのですが、だまってられないです。

ロンパも仕事でのことで、同じように言ってます(笑)
「とりかえっこしよう!」と提案をするのですが、
1日一緒にいるだけで、絢大にぶちきれてますけど(苦笑)。
要するに、どこでも一緒なんですねぇ。


>先生の言うことの方が、親よりも聞くそうで、
>親からは「もっと言ってやってください」と言う注文がよくつきます。

あー。
結構、ドイツも躾のことでは、あまりいいこと聞きませんもんね。
私もたまに『先生に言うから!』っていう手は使いますけど、
なるべく他の人を引っ張り込まないで、本人に理解させようと思うんですけどね~。
手っ取り早いから、結構やっちゃうんですよ。
ろんま |  2007.11.26(月) 09:00 | URL |  【編集】
みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
みんな の プロフィール |  2007.11.27(火) 11:12 | URL |  【編集】
フランちゃんの「Mi ami」(←かなり無理やり言わせた?)なら、先生には内緒ね。。。の一言、最近の幼稚園児らしいなぁ。。。とちょっと思ったわ。

絢大くんはちゃんと約束を守った点ではエライ!けど、やっぱり起こった出来事を先生に報告しないとね。
大袈裟だけど、これがイジメとかに繋がる第1歩だと思うし...。(フランちゃんと絢大くんの間にはありえそうにないけど。単にフランは絢大くんの気を引きたくてしょうがないって感じがするし。)

「姫」も最近、反抗期なのか知らないけど、幼稚園での出来事を「あ~ん?」「tutto bene」とかしか応えないことが多い...。
母親としては、幼稚園での様子を察するのには何気ないことでも聞きたいのにね。
ヴェルデ |  2007.11.30(金) 21:27 | URL |  【編集】
みんなのプロフィール様

お誘いありがとうございます。
日記ブログなので、
特別にアクセスアップって特に必要がないんですよぉ~。
いつの日か必要になったら、お邪魔します♪
ろんま |  2007.12.03(月) 19:59 | URL |  【編集】
●ヴェルデさん

>最近の幼稚園児らしいなぁ。。。とちょっと思ったわ。

やっぱり女の子のお母さんは、分かるんだね。


>絢大くんはちゃんと約束を守った点ではエライ!けど、
>やっぱり起こった出来事を先生に報告しないとね。

ちょっと情けないよね~e-263


>大袈裟だけど、これがイジメとかに繋がる第1歩だと思うし...。

そうそう。
イタリアでは日本みたいな虐めってほとんど聞かないけど、
弱いところを見せると、そこにつけ込んでくるからね~。



>「姫」も最近、反抗期なのか知らないけど、
>幼稚園での出来事を「あ~ん?」「tutto bene」
>とかしか応えないことが多い...。
>母親としては、幼稚園での様子を察するのには何気
>ないことでも聞きたいのにね。

そうなんだよね。
姫は今始まったんだ~。
うちはもう半年以上前から始まってて、
ようやく最近答えるようになってきた・・というか、
質問の仕方が分かってきたというか・・(笑)

「どうだった?」とか「何したの?」って漠然とした質問をすると、
そういう大雑把な答えが返ってくるけど、
「今日は何色のゴルミータになったの?」と聞くと、
「白!フランとエレンはウインクスのなんタラで~、ルカは・・・・・」と勢いに乗って話し始めるよ(爆)
ろんま |  2007.12.03(月) 20:45 | URL |  【編集】
突然のメール失礼いたします。
ローマ生活情報掲示板の管理人です。
ニューヨークで一番人気のサイトを運営しておりますが、このたび新しく、ローマにも生活情報掲示板を開設いたしました。
在住者のための無料ブログ登録もございます。ぜひ貴ブログをご登録いただけないかと思い、ご連絡させていただきました。
以下のページよりご登録いただけます。
http://romejapan.com/blogForm.jsf
お気軽にご利用いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

ローマ生活情報 |  2007.12.04(火) 10:28 | URL |  【編集】
●ローマ生活情報さま
●ローマ生活情報さま

お返事が遅くなりましてスミマセンでした!

お誘いありがとうございます。
サイトを拝見させていただきました。
ローマのみの情報のようなので少々残念ですが、
とても便利なサイトですね。
NY版もいつの日か行く機会があるときに活用させていただきます。

ゆくゆくはヴェネチア生活情報なんていうのも楽しみにしています *^^*
ろんま |  2007.12.13(木) 22:03 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。