スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ヤマバナ3

2007年10月24日(水)
既に遠い記憶になりかけている、夏のバカンス(苦笑)
忘れないうちにUPします。


『山のバカンス2』の続き・・

・・というわけで、私達はZiaと一緒でない限り、
外へ買い物へも出られないバカンスが始まりました。


Ziaはすごい働き者。
足の指が曲がってしまって、うまく立ってられないにもかかわらず、
全然止まっていません
こっちとしても歩いてどこかへ行くと、気になるので着いていく・・。

「ちょっと座って休めば?」といって座っても、
ほんの1分くらいで「あぁ。そうそう。。。」と言いながら立ち上がり、
今年の野菜はほとんどリタが面倒を見ていた畑に野菜を取りに行ったり、
裏の物置に何かを取りに行ったけど、着いた時には忘れて戻って
戻ってくると思い出してまた取りに行ったり。。。

健康的に生い茂った野菜たち。
野菜畑



「私が取って来るから言ってよ」と言っても、
それまでひとりで生活していたからか、
自分でやるのが当然と思っているみたい。
こっちとしては、慣れないせいもあり
Ziaが動くたびにハラハラドキドキ。

家に帰ってきた次の朝は、Allegheの街でのメルカート(朝市)。
でもALLEGHEに戻った初日の朝は、
Ziaの旦那さんのお墓参りに行くことになっていたので、
私としては、早めにお墓参りにいって、
帰りにメルカートを覗いてみたかったけれど、
ZIAは相変わらず忙しそうに動き続けていました(笑)

メルカート行きを諦めた11時をまわった頃、いきなり
「今日は火曜日だからメルカートじゃない!」とZIA。
「さっきから言ってたのに聞いてなかったの?」と言いつつ、
早急に出かける準備を始めました。

山奥にある墓地に行き、Zio Guidoに挨拶。
Zio Guidoは、若い頃病気で亡くなったそう。
私は写真でしか知りません。
Ziaは、何かをしながらいつもZioに向かって話しかけていました。
お墓でも
「Guido。私Allegheに帰ってきたのよ。ロンパたちが連れて帰ってきてくれたの。
 絢大も大きくなったわね。彼らたちを上から見守っててあげてちょうだい。 
 それにしても足が痛くてねぇ。そろそろ私もそっちに行くからね~」なんていいながら、お墓をきれいに掃除していました。

その後、ぎりぎりセーフでメルカートも見ることが出来ました。
Allegheのメルカートは湖沿いに露店が並びます。
Alleghe mercato2


私達が住んでいる町のメルカートと対した変化はないけれど、
土地にちなんだ露天も出ていました。
alleghe mercato


木細工やさん。
Alleghe mercato3

色も着いてない素朴な木のおもちゃが並んでいました。

お土産にも喜ばれそうな木が表紙のレシピブック。
山料理のレシピがたくさん載っていました。
Alleghe mercato4


私が一番気に入ったのは、これ。
Alleghe mercato5

押し花作り機?!
ねじと木の蓋(?)をはずし、紙の上にお花を並べ、
多分上にも紙を乗せて木の蓋をしてねじを締めて1週間ほど置いておくと
押し花が出来るそうです。



その後家へ帰り、お昼を食べ、やっと一息。
ここからバカンスの始まり。という感じがしました。

5日間のZiaとの生活が始まりました。
Ziaは相変わらず忙しそうに
あっち行ったりこっち行ったりしていましたが、
ロンパと絢大はと言えば、ずっと家にいるわけもなく、
外に買い物に行くと午前中いっぱい帰ってこない。。。とか、
それなりに二人で楽しんでいたみたい。

それでも、Ziaが家に帰っていた5日間はずっ~~~と雨続き。
もし、Ziaが一緒でなかったとしても、
この雨では山歩きも出来ないし、
ドライブに行っても景色のきれいさは半減以下だったので、
近所にドライブくらいしか出来なかったと思います。
「山歩きしたい!」と言う絢大には良い言い訳になりました(笑)



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   17:28 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | TB(0) | CM(4) | Top↑

コメント

ただいまブログ応援活動中!
応援ポチッ!
アシタカ |  2007.10.27(土) 14:31 | URL |  【編集】
おっ!第三弾!
すごいね、ZIA。自分で率先してっていうのはホント素晴らしい。イタリア人って結構薄情じゃない?子供たちも面倒みずバダンテとか雇う人多いし。。(子供たちがみんな仕事しているとかなら別だけどね)

義祖母も自分でやるのが基本よ、やっぱり。
その方がメンタル的にもいいとは思う。上げ膳据え膳になったらボケちゃうもんね


きっこ |  2007.10.27(土) 16:41 | URL |  【編集】
●アシタカさん

応援ありがとうございます♪
ろんま |  2007.10.29(月) 09:56 | URL |  【編集】
●きっこさん

>自分で率先してっていうのはホント素晴らしい。

だから、あの山奥でひとりで暮らしてこられたんだと思う。
普通だったら、助けてくれる人が側にいたら、
なるべく楽しようと思うもんね。


>イタリア人って結構薄情じゃない?
>子供たちも面倒みずバダンテとか雇う人多いし。。
>(子供たちがみんな仕事しているとかなら別だけどね)

ね。
でも実際5日間バダンテ生活してみて、かなり大変だなと痛感した。
何が大変て、夜寝られないから。。
そういうお年寄り、たくさんいるみたい。
まぁ、身内というだけで随分親身になって、いろんなことをやってあげたいと思うけど。

>義祖母も自分でやるのが基本よ、やっぱり。
>その方がメンタル的にもいいとは思う。上げ膳据え膳になったらボケちゃうもんね

そうだよね。
動かないと退化しちゃうもんね。
でもZiaの場合、なんでも一人でやるけど、
場所が場所なだけに、危険な場所がたくさんあるのよ。
ふと目を離すと転んじゃうから。。最後の方は、
「私のためにもお願いだからちょっとだけ休んでよ。」ってお願いしたくらい(笑)。
それでも、
「いいわよ。あなたは休んでなさい。」って。
それじゃ意味がない~~~~~!(笑)
ろんま |  2007.10.29(月) 10:12 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。