スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

サザエさん

2007年10月18日(木)
またまたご無沙汰しておりました。。。
体調不良やらでサボっていたツケが、今になって押し寄せています

ヤマバナ(夏に行った山のバカンス話)も更新されないどころか、
連載を打ち切られたネット小説状態になってますねぇ。。
またちょろちょろ更新していきたいと思っておりますので、
お時間があるときにでも覗いて見てくださいまし。。。。


ところで、今回の題名は『サザエさん』。

絢大が風邪で家にいる間、
夕方から少しだけTVを見る時間を与えていたのですが、
随分調子を取り戻したある日の夕方のアニメの時間が終わってから
『DVDを見たい!』と言い出し、
「何見ようか~」と選んでいると、私の目に飛び込んできたのは
友人が録画してくれた1枚のサザエさんのDVD。
日本にいるときは、日曜日の6時半は見ていなくても
サザエさんがついていないと物足りなかったのでつけていましたが、
私は見てませんでしたが絢大は結構真剣に見ていたのを覚えています。


「あ!サザエさんだ~ 久しぶりに見たくなっちゃった♪
見てもいい?」
と絢大に聞いたところ、「うん。いいよ」と。
親子揃って見始めました(笑)
私がこのDVDをここまでちゃんと見たのは初めてでした。

この風邪をひくちょっと前から、絢大は反抗期が始まったのか、
もしくは反抗期の子のマネをしてるのか、
何をするにもスムーズに行かない日々が続いていました。
イタリアの子供の反抗期ほど恐ろしいものはないっす。。。
そんな毎日を送っていたせいか、
カツオくん、わかめちゃん、タラちゃんたちが
日本の純粋な子供達の姿と重なり、
日本の子はやっぱりかわいいな~。。。としみじみ感じました(笑)

だって、日本の親が子供に見せたくないNO1のクレヨンしんちゃんを
イタリア語で見てると、すっごい普通なんですよ。
「え?こういう子ってその辺にいるけど」ってな具合で。。
まぁ、お尻を出して踊ったりはしないけれど、
大人への口答えの仕方が全く違和感がないんです。。。
(もちろん見せてませんし

ちょうど録画してくれていた時期が9月10月だったらしく、
旬のたべものを扱ったり『お月見』や『運動会』など、
日本の季節に合わせた題材だったのも
日本に住んでいても、日本独特の慣習を忘れかけているけれど、
海外に住む日本の子供達にとっても、
日本の風習が自然に受け入れられるのでは。。と思いました。
サザエさんは数十年続いているだけあるアニメだと実感しましたよ。
ホント。

楽しそうに見ていた絢大が「ぶぶぶっ」と笑いながら
「ママみたい!」だって。。。
・・・・はぁ。よく言われるけど。

そこでふと思い出したのが、
作者の長谷川町子さんの家が近所だったこと。
私の地元は『サザエさんの町』と呼ばれていて、
駅前通り『サザエさん通り』と呼ばれ、駅前通りと長谷川美術館まで、
街灯のところにサザエさんの顔がはためいていたので、
電車を降りて地下から登ってくると、いつもサザエさんの旗に向かって
「サザエさんただいま~!」と言っていたものです。。(笑)
現在、家族は誰も住んでいませんが、
地元へ行く用事で駅を降りるたびにあの旗を見ると
「帰ってきた~♪」とホッとします。


も・・もしかして、あの町で生まれるとサザエさんのようになるとか、
小さい頃から身近にサザエさんがいたからこうなっちゃったのかも
・・・なんて思い、長谷川町子さんをWikipedia調べたら
東京出身ではないので、全然関係ないことが判明しました(笑)
まぁ考えてみたら、あの近辺の人たちがみんな
サザエさんみたいだったら楽しそうだけど大変ですよね(爆)

安心したので、再びのんびりと親子揃って楽しめるひと時を過ごしました。

それからというもの、
絢大の頭の中に回っているテーマ曲はサザエさんになったらしく、
タランタンタラ~タランタンタラ~タランタンタラ~タン!ポンッ!
とよく口ずさんでいます(笑)

実は私、いまだに長谷川美術館に行ったことがないんです。。。
今度日本に帰って地元を訪れた際は、絢大と一緒に行きたいと思います。

 








  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   17:59 |  [趣味]お気に入り  | TB(0) | CM(8) | Top↑

コメント

あ~、ろんまさんあちら出身だったのね。
よく行ったよ~、昔。友達が住んでいたんだよね。

サザエさんってほんとほのぼの、日本人の心だけど、
イタリアじゃ絶対に放送できないと思うわ。
カツオの名前もそうだけど(爆)あのメリハリのなさがイタリア人には絶対に理解できないと思う。
あ、でも案外、ナポリ的な気もするけどね

ところでまた風邪ひいちゃったのね?大丈夫??
ろんまさん、風邪引きやすいよね。けんちゃんが幼稚園でもらってきちゃうからなんだろうね。お大事に!
うちも今週始めは風邪ひいちゃいましたよ~、一家で。
きっこ |  2007.10.18(木) 20:37 | URL |  【編集】
●懐かしいな~
うーん、懐かしいね。
家も日曜夜6時半は、晩御飯を食べながら
これを見るのが嬉しくて。
(ホントはご飯中のテレビ、よくないと解っていながら。)

最近、サザエさんを見ていると毎週
4歳さくっと♪が

さ「ねぇ、タラちゃんって何歳?」

ね「えーと、3歳かな?」

さ「ふーん。。。変なの。」

ね「?なんで??」

さ「(考え中)・・・・・。
  ”~とかでちゅ~”とか、変やし。赤ちゃんみたい」

ね「(あ。さくっと♪は赤ちゃんを可愛い!と思ってるから、タラちゃんにライバル心を燃やしてる?と思い)
 だって、3歳じゃ未だ赤ちゃんじゃん。」

さ「ふ~ん。。。(悔しそう)へーんなのっ!!」

ね「(ちょっと、あおりすぎたかな?苦笑)
 でもね、4歳でもまだ赤ちゃんでも良いんだよ♪
 時々なら。(抱っこする様に手を広げたら)」

待ってました!とばかりに
さ「うふふ~♪」

と、抱きついてきました。

そんなさくっと♪、今隣の部屋で
テーブルをふいて
晩御飯の後片付けをしてくれてます。

子供って、面白い~、すぐむきになるんだもん。
ねね |  2007.10.20(土) 21:47 | URL |  【編集】
●サザエさんファン
懐かしいねぇ、「サザエさん」。子供の頃は、毎週日曜日は欠かさず見てたよ。

小学校高学年まで、「カツオ」と「ワカメちゃん」は「サザエさん」の子供だと思ってて、実は兄弟って判明した時はショックだったのを鮮明に覚えてるわ。(笑) 実の子だったら、「マスオさん」はあんなによそよそしく話さないよねぇ…。

今は殆どの家庭が核家族化して、「家族の絆」が薄れてる気がするけど、サザエさんこそ「絆の大切さ」(躾や思いやりなどね)を教えてくれるアニメはないなぁと思うわ。
そういった意味では、イタリアもちょっとサザエさんっぽい気がするのは私だけかなぁ?今でこそコンピュータゲームがかなり浸透してるけど、子供同士の遊びか方ってかなり素朴なものが多いし…。
躾がなってない子供が多いのも事実だけど、反面、思いやりの多い子も多い気がするのは、祖父母や家族と過ごす時間が多いことが影響してるのかなぁと思うんだけど…。

オープニングテーマの時に皆がくねくね踊りながら出てくるのが好きだったわ。(笑)
ヴェルデ |  2007.10.21(日) 05:46 | URL |  【編集】
●小学校高学年でショックを受けたヴェルデさん…爆!
ものすごいショックを受けるヴェルデさん、見たかったな~。 がはははは。

ろんまさんは、ホント、サザエさんに似てるよね~。
買い物行くのに財布忘れたりするしね。 (あっ!バラしちゃった…笑)

クレヨンしんちゃんが『普通の子』になってしまうイタリア(ぶふふ~。)でどう子育てをしていくかという大きな難問を抱えた日本人お母さんの心にあの、しみじみ感が心に響くのはやっぱりイタリアと日本の子育てのギャップを目の当たりにさせられるからなのかもね~。

風邪、お大事にね。
みつこ |  2007.10.23(火) 17:22 | URL |  【編集】
●きっこさん

お返事遅くなってごめんなさい~~~~~い!!
しかも連絡しなくちゃ~~~~って思いつつそのままになってるし。。。すみません。。e-330
絢大が熱をぶり返しちゃったりしてたもんで。。。(←言い訳?!)

>あ~、ろんまさんあちら出身だったのね。
>よく行ったよ~、昔。友達が住んでいたんだよね。

私もきっこさんち周辺によく行ってたよ~♪
私も友達が結構そっち方面に住んでるから。

>サザエさんってほんとほのぼの、日本人の心だけど、
イタリアじゃ絶対に放送できないと思うわ。

ね。ほんとの日本を伝える意味だったらイタリアでやって欲しいけど、サザエさんの良さを理解できないと思う(笑)

>カツオの名前もそうだけど(爆)

それだけ聞くために見てそうよね(笑)


>あのメリハリのなさがイタリア人には絶対に理解できないと思う。
あ、でも案外、ナポリ的な気もするけどね

うん。イタリア人にも通じるものは何かあると思うけど。
単調すぎるからね。


>ところでまた風邪ひいちゃったのね?大丈夫??
ろんまさん、風邪引きやすいよね。けんちゃんが幼稚園でもらってきちゃうからなんだろうね。お大事に!

ありがとうe-420
ほんと。私のほうは年中だから慣れっこだけど、
絢大がこの週末ぶり返しちゃってね。
今まで見たことないくらいの憔悴振りだったから
ちょっと焦った。。。
おかげさまで今日から幼稚園復帰しましたけど♪

>うちも今週始めは風邪ひいちゃいましたよ~、一家で。

あらら。。。急に寒くなったもんね。
ロミ君も?
絢大はロミ君と遊んで以来、
『ワンちゃん欲しい病』にかかってるんだけど(笑)
きっこさん一家もお大事にね!
ろんま |  2007.10.23(火) 17:40 | URL |  【編集】
●ねね

>うーん、懐かしいね。

ね。懐かしいよね。

>家も日曜夜6時半は、晩御飯を食べながら
>これを見るのが嬉しくて。
(ホントはご飯中のテレビ、よくないと解っていながら。)

普段はご飯中はニュースだったけど、日曜日のサザエさんは見せてくれたよね。火曜日のは駄目だったけど(笑)


>待ってました!とばかりに
>さ「うふふ~♪」と、抱きついてきました。

かわいいね~♪
絢大はタラちゃんとおんなじしゃべり方になった(笑)


>そんなさくっと♪、今隣の部屋でテーブルをふいて
>晩御飯の後片付けをしてくれてます。

お~偉いね~☆


>子供って、面白い~、すぐむきになるんだもん

それを言ったら絢大VSままりんでしょ(爆)
二人してムキになっておわりゃしない(笑)
ろんま |  2007.10.23(火) 17:45 | URL |  【編集】
●ヴェルデさん

>懐かしいねぇ、「サザエさん」。
>子供の頃は、毎週日曜日は欠かさず見てたよ。

やっぱりみんなそうなんだよね(笑)


>小学校高学年まで、「カツオ」と「ワカメちゃん」は「サザエさん」の子供だと思ってて、実は兄弟って判明した時はショックだったのを鮮明に覚えてるわ。(笑)

たしかに家族構成が分かりづらいよね。
私は最初、サザエさんからタラちゃんまでみんな姉弟なのかと思ってた(爆)
真実が判明した時、ショックは受けなかったけど(笑)

>実の子だったら、「マスオさん」はあんなによそよそしく話さないよねぇ…。

たしかに・・・・・。
。。っていうか、かつお君は「マスオ兄さん」って呼んでるじゃん(笑)


>今は殆どの家庭が核家族化して、「家族の絆」が薄れてる気がするけど、サザエさんこそ「絆の大切さ」(躾や思いやりなどね)を教えてくれるアニメはないなぁと思うわ。

日本に住んでても十五夜にお団子作ったりする家庭ってあんまりなくなっただろうしね。


>そういった意味では、イタリアもちょっとサザエさんっぽい気がするのは私だけかなぁ?

私もそう思った。


>今でこそコンピュータゲームがかなり浸透してるけど、子供同士の遊びか方ってかなり素朴なものが多いし…。
躾がなってない子供が多いのも事実だけど、反面、思いやりの多い子も多い気がするのは、祖父母や家族と過ごす時間が多いことが影響してるのかなぁと思うんだけど…。

世界的に見てもヨーロッパは家族の絆が深いけれど、
イタリア人の家族の絆って、ヨーロッパの中でも一番ポイントが高いらしいよ。
家族以外はどうなの?とは思うものの(笑)、
結局人間の一番根本となるものは家族だし、最後に残るのも家族だから、家族の絆が深いことに越したことないよね。


>オープニングテーマの時に皆がくねくね踊りながら出てくるのが好きだったわ。(笑)

私も~♪
でもやっぱり「フンガッフッフンe-282」はみんなやったよね~☆
ろんま |  2007.10.23(火) 17:59 | URL |  【編集】
●みつこさん

>ろんまさんは、ホント、サザエさんに似てるよね~。
買い物行くのに財布忘れたりするしね。 (あっ!バラしちゃった…笑)

やっぱりね。言われると思った(笑)
この記事かいてるとき、みつこさんの顔が浮かんだよ。


>クレヨンしんちゃんが『普通の子』になってしまうイタリア(ぶふふ~。)

納得でしょ?(笑)
最初はイタリア語に翻訳されてるせいかな~と思ってたけど、
口達者になってきた絢大を見てると、
イタリア語版クレヨンしんちゃんとダブるんだけど(笑)


でどう子育てをしていくかという大きな難問を抱えた日本人お母さんの心にあの、しみじみ感が心に響くのはやっぱりイタリアと日本の子育てのギャップを目の当たりにさせられるからなのかもね~。

>風邪、お大事にね。

ありがとう☆
ろんま |  2007.10.23(火) 18:07 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。