スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

子供って騒音?!

2007年10月04日(木)
YAHOO!ニュースを見ていたら、『おやっ?』と思う記事がありました。
子供の足音が騒音と認定された一件。

日本の家は、かなり防音効果があるにもかかわらず、
50~65デジベルの騒音て、かなりすごいかも。。。
しかし『建物の構造に文句を言え』というのも、すごい理屈。
なんだかイタリア人みたいですね(笑)


私も幼い頃はマンションの二階に住んでいて、
しかも下の人がかなりの神経質な方だったようで、
いつも母に怒られておりました。。。


イタリアの建物は、それはそれは響きます。
新しいマンションならなお、隣の話し声まで聞こえそうな勢い。

多分レンガが積み重なっているところの
レンガの間の空洞に反響するんでしょう。(憶測です)

その上最近はフローリングも増えてきたのですが、
ほとんどがタイル張り。

上の人がハイヒールで歩いていると、頭の上を歩いてる感覚なんです。
(たしか前~~~~~~にも書いたような。。。)


そんなイタリアの建物の構造で、
最近このニュースと同じようなことを近所で聞いたので
取り上げることにしました。

あるマンションに賃貸で借りているポーランド人一家。
子供2人で上のお姉ちゃんが3歳くらいで下が1歳半くらい。
かなり近所でも有名な騒音一家だそうで。。。

ある日、子供達のあまりにすごい騒ぎを耐え兼ねたご近所さんが
Carabinieri(警官)に電話。

数分後、2人の警官が来て厳重注意し、
もし次回同じようなことがあったら罰金を科すと言い残し、立ち去ったそうです。

たまたまそのマンションに知り合いがいて、
これまた偶然ばったりと道であったので、その時の様子を聞いてみると、
彼女の娘さんも最近は随分落ち着いたものの、ついこの間までは
かなりのハッチャケ振りだったのにもかかわらず、
「モノには限度があるわよ」と言っていたくらいなので、
かなりすごかったのでしょう(笑)


罰金で思い出したのが、今年の春ごろ、
我が家の目の前の公園でたむろっている若者達が、
今年から世代交代したらしく、新しい顔ぶれになっていました。

その性質の悪さったら、前年と比にならないほどで、
子供達を遊ばせにきている親達も
「年々酷くなるわね。。。」と口々に言うものの、
下手に何かを言うと、逆切れして何をしでかすか分からないので
何も言えずに放っておいた状態でした。

公園は日に日にゴミだらけ。
ガゼッボと呼ばれる小屋だけ占領してるだけだったのが、
でかい図体で滑り台やらブランコにまで占領し始め、
公園中聞こえるくらい大きな声で、『パロラッチャ』と呼ばれる
お母さんや神様を侮辱する汚い言葉を叫びまくっていて、
こっちとしては目が点。。。

『公園に幼い子供達を遊びに連れてきてる親たちが協力し合って、
 署名をし、Carabinieriに手紙を書こう!」
というところまで話がいったくらい。

そんなある日、ロンパと3人で公園に行くと、
若者達がMP3か携帯か何かでユーロビートのディスコ音楽を
ガンガンにかけていました。

「おいおい。。やりすぎだよこれ。。」
とぶつぶつ文句を言っていたら他のママさんが
「もう2時間くらいこの調子なのよ」とぶち切れてる。
「誰か注意しに行った人っていなかった?」と聞いても
「あんなの注意したって聞かないわよ」とプリプリ
「公共の場でああいった騒音公害をすると罰金を科せられるから、
 警察を呼んだほうがいいね」
などと話しながらも、しばらく絢大と遊んでいたけど、
一緒に聞かされているこっちは、頭がガンガンしてきた。
その上若者達は踊り始める始末だし。。。。

さっきのママさんが『もう耐えられない
と言って帰っていった。
そりゃそうだろう。たかが30分もいない私達ですら、
頭がガンガンしてくるというのに、彼女は2時間以上も聞いていたのだから。。

しばらくすると、Carabinieriのパトロールカーが通りかかった。
恐らくさっきのママさんが帰りがけに言いに行ったのでしょう。

私達は「あ♪来た」と羨望のまなざしで見守っていると、
一応若者達の方を見つつも、そのまま通り過ぎそうになった。
もしかしたら、車のエンジンで音楽が消されてるのかも。。
と思ったロンパは「お~~~~~~~~~い
と、どっかのおじいちゃんが近くにいる耳の遠い友達を呼ぶような
呼び方で警察を呼ぶもんだから、
「ちょっと!ちゃんと事情説明してきなよ!」
と言って急き立て、説明しに行くと、車から降りてきた男女2人の警官が
一歩一歩確実に若者達の方へ歩を進めている。

いつもの駐禁の取り締まりのときは、かなり憎たらしい存在だけど、
こういうときはとてもりりしくかっこよく見える。(何より制服がかっこいい)

その日は結局一人ひとり名前と署名を書かせただけで終わり。
(2時間以上かかってましたけど)

次の日からはすこ~~~~しマシになってましたが、
それでも記憶力がないのか、すぐに元の黙阿弥だったのですが、
我が家がこの春、体調を崩している間に確実に何かがあったらしく、
夏前に私達が公園へ舞い戻った時には、すっごく大人しくなってました。

何があったのか気になりつつも、静かな公園が戻ってめでたしめでたし♪

結局何が言いたいのかまとまらない記事になってしまいましたが、
イタリアの警察はたまにはいい仕事をしてくれます(笑)

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   06:32 |  [イタリア]イタリア事情  | TB(0) | CM(10) | Top↑

コメント

とっても久しぶりにお邪魔しま~す!!
うちは一軒家なので比較的子供のたてる音を気にせずに過ごせますが、近くに集合住宅があります。
娘のお友達もそこに住んでいるので遊びに行くことがありますが、子供達がうるさくすると迷惑になるのでは…とヒヤヒヤします。
そして我が家の近くには中学校もあります。
たまに今の中学生のマナーの悪さにびっくりします。
私が注意しようとすると旦那にとめられます(^-^;)
何をされるかわからないから…と。
何だか住みづらい世の中になってきていますねぇ。
ゆりこ |  2007.10.04(木) 13:03 | URL |  【編集】
ウチも、下の人ともめたので(笑)人事ではないですね~。
私達も、パドバの家で、上に住んでいた家族がものすごく騒がしかったので、騒がしい家族の下に住む住人の気持ちは重々承知でしたが、『子供の咳が聞こえる』とか、『子供をあやす時の声が聞こえる』とかまで言われだし、終いには『NE HO PAL○○ PIENE』と電話してきたので、こちらもキレました。(笑)
むこうの、腹立たしい気持ちは分かりますが、だからって無神経に暴言吐いて良いってわけではないですからね…

とりあえず事情を説明しましたし、夜も9時以降は厳重に気を付けている事も言いましたが、それでも『ウルサイ』を連発するので最終的にはほっぽらかし…(笑)

どうしよう、ウチも裁判所から呼び出しが掛かったら…罰金なんて払えましぇ~ん。
みつこ |  2007.10.04(木) 16:26 | URL |  【編集】
●ゆりこさん

お久しぶりで~~~~~~す♪


>うちは一軒家なので比較的子供のたてる音を気にせずに過ごせますが、近くに集合住宅があります。
娘のお友達もそこに住んでいるので遊びに行くことがありますが、子供達がうるさくすると迷惑になるのでは…とヒヤヒヤします。

マンションの一階や一軒家に住んでいると、
気にしなくていられる分、外ではヒヤヒヤしますよね。
私も子供の頃、一軒家住まいの友達が来ると普通に歩いていても足音がするので、下のオバちゃんの顔を思い出しながら、ヒヤヒヤしてました(笑)


>そして我が家の近くには中学校もあります。
>たまに今の中学生のマナーの悪さにびっくりします。

やっぱり日本もそうですか。。
10年位前からですよね。変わり始めたのって。
今のイタリアがまさにその時の状態です。


>私が注意しようとすると旦那にとめられます(^-^;)
>何をされるかわからないから…と。

たしかに何するか分かりませんよね。
実際にいろんな事件が起こってますもんね。。


>何だか住みづらい世の中になってきていますねぇ。

生活が便利になるほど、おかしくなっている気がします。
やっぱり人間は地道に働かなきゃいけないんですかね~。
ろんま |  2007.10.04(木) 17:06 | URL |  【編集】
●みつこさん

>ウチも、下の人ともめたので(笑)人事ではないですね~。

あれは下の人が神経質過ぎだって。
だってまだ歩いてもいない赤ちゃんに対して言うなんて、変だって(笑)


>私達も、パドバの家で、上に住んでいた家族がものすごく騒がしかったので、騒がしい家族の下に住む住人の気持ちは重々承知でしたが、『子供の咳が聞こえる』とか、『子供をあやす時の声が聞こえる』とかまで言われだし、終いには『NE HO PAL○○ PIENE』と電話してきたので、こちらもキレました。(笑)

完全におかしいって。
こういう人は、一軒家に住むべきだよね。
ぜ~~ったい!


>むこうの、腹立たしい気持ちは分かりますが、
>だからって無神経に暴言吐いて良いってわけではないですからね…

あのマンションのポーランド人一家と一日交代すれば?
みつこちゃん家の静けさが分かるよ。


>とりあえず事情を説明しましたし、夜も9時以降は厳重に気を付けている事も言いましたが、それでも『ウルサイ』を連発するので最終的にはほっぽらかし…(笑)

家もそうだった。
ある程度まで・・・っていうか、普通以上に気をつけてても言ってくるようなら、それ以上は放っておこうって(笑)


>どうしよう、ウチも裁判所から呼び出しが掛かったら…罰金なんて払えましぇ~ん。

大丈夫だよ。みつこちゃん家のは騒音とは違って
単なる「音」だから(笑)
数字にしたって3デジベルくらいなもんでしょ。
逆に3デシベルぐらいでここまで言って来るようなら、
みつこちゃんところが慰謝料もらえるでしょ。
ろんま |  2007.10.04(木) 17:17 | URL |  【編集】
●イタリアも
集合住宅の騒音、問題になりますか。イタリア人って、普段からものすごくやかましいから、もっと生活音には無頓着なんだと思ってました。しゃべる声からして、ドイツ人の二倍くらいやかましいわい。
私は練習で音を出すので、やはり少し気を使います。その点、古楽器は普通のピアノなんかよりもずうっと静かなので楽ですがね。
イタリアの警察はドイツ人には恐れられています。実際、なぜかイタリア警察は厳しいと思います。ドイツの警察官は、「話せばわかる」と言う所もあるのですが、イタリア警察官は有無を言わせぬすさまじさ、おフランスもそうですが、「ジャン・ヴァルジャン」(レ・ミゼラブルの題で有名なヤツ)に出てくる、ジャベール警部を思い出させます。なんでだろー
じゃじゃ |  2007.10.05(金) 01:28 | URL |  【編集】
みなさんもいろいろあるんですね。
うちもマンションでは苦労したなぁ。
まぁ、一番苦労した上のオバサンはウチのベランダにバケツ一杯の水をぶちまけるような人だったので、触らぬ神にたたりなしで無視してましたけどね。
騒音も期間限定と思えば我慢できたし。。


公園での一幕は困るねぇ。警察が対処してくれてよかったよね。この辺りは田舎なので子供たちも可愛げがあってこういうことはまだ起こってないけど、そのうち町が大きくなればこうなっていくのかも。。
きっこ |  2007.10.05(金) 20:16 | URL |  【編集】
●お返事が遅くなりましてごめんなさ~~~い!
●じゃじゃさん

しばらくの間、お返事できなくてスミマセンでした。

>集合住宅の騒音、問題になりますか。
>イタリア人って、普段からものすごくやかましいから、
>もっと生活音には無頓着なんだと思ってました。

すごいですよ~。
昼間に、簡易裁判のような番組がやってるのですが、
ほとんどがマンションの住人同士の争いごとですからね。 
統計的に、人の音にはうるさいようです(笑)


>しゃべる声からして、ドイツ人の二倍くらいやかましいわい。

たしかに。。
でも、うちの近所の人たちはすっごい静かなんですよ。
その分、余計気になりますけど、どうやってもやっぱり
我が家が一番騒がしいと思います(苦笑)


>私は練習で音を出すので、やはり少し気を使います。

楽器となるとやはり音を出さないことには、練習になりませんもんね。。。


>その点、古楽器は普通のピアノなんかよりもずうっと静かなので楽ですがね。

ほぉ~。なんか『古楽器』っていう呼び方だけでも
味がありますよねe-420


>イタリアの警察はドイツ人には恐れられています。実際、なぜかイタリア警察は厳しいと思います。ドイツの警察官は、「話せばわかる」と言う所もあるのですが、イタリア警察官は有無を言わせぬすさまじさ、おフランスもそうですが、「ジャン・ヴァルジャン」(レ・ミゼラブルの題で有名なヤツ)に出てくる、ジャベール警部を思い出させます。なんでだろー

あぁ~。あんな感じですね。
すっごいですよ。こっちもはなしかけてもほとんど無視。
道に迷うたびになぜか警察とすれ違うので、
「お巡りさんに聞こう!」と行こうとすると、
ロンパが慌てて「やめなさい!」って
私の首根っこ引っ張って止めますもん(笑)
『厳格』って言葉がピッタリですよね。

ろんま |  2007.10.09(火) 05:49 | URL |  【編集】
●お返事が遅くなりましてごめんなさ~い!
●きっこさん

遅くなりましてスミマセンでした~!

>うちもマンションでは苦労したなぁ。
>まぁ、一番苦労した上のオバサンはウチのベランダにバケツ一杯の水をぶちまけるような人だったので、触らぬ神にたたりなしで無視してましたけどね。
>騒音も期間限定と思えば我慢できたし。。

たしかに、きっこさんところのご近所さん話もすごかったですよね~。


>公園での一幕は困るねぇ。
>警察が対処してくれてよかったよね。

ほんと。
とりあえず警察の言うことはちゃんと聞くから、
まだマシかな~とも思ったり。。
それでもガラ悪いけどね。。

>この辺りは田舎なので子供たちも可愛げがあってこういうことはまだ起こってないけど、そのうち町が大きくなればこうなっていくのかも。。

そうね~。どうだろう?
結構ガラの悪い子達は、近くの大き目の街にたむろするんじゃない?
学校の帰りにみんなでしゃべるため。。。とか。
だから中途半端な大きさの街より、
かえって小さい街の方が安全かもね。

ろんま |  2007.10.09(火) 05:54 | URL |  【編集】
●久しぶり!
あの公園、そんなことになっていたのね。私も最近行かないからな…

騒音だけじゃなくって、ゴミのポイ捨ても私としては気になります。やっぱり、高校で、あのチンパンジーの御遣いDVDで、再教育してもらうのが一番?!
Riccia |  2007.10.26(金) 19:08 | URL |  【編集】
●ricciaさん

おかえり~♪

>私も最近行かないからな…

うちもこの夏の蚊の大襲撃を受けてから、
随分遠のいたな~。
今でもいるからね~。全く。


>騒音だけじゃなくって、ゴミのポイ捨ても私としては気になります。

そうね。
うちの絢大とエフィーが2・3歳の頃の公園遊びと言えば、ゴミ拾いだったんだけど(爆)


>やっぱり、高校で、あのチンパンジーの御遣いDVDで、再教育してもらうのが一番?!

イタリア人はどう受け止めるんだろうね~。
「動物にそんなことさせるなんて可哀想!それに動物と人間とは根本的に違う」とか何とか言いそう。
だって、子供を・・と言うより親をしつけなおす番組ですら、「うちのケースとまた違うから」って言って、全然理解しようとしないんだもん。
根本的な原因は同じなのに。。
ましてやチンパンジーがやってるのを見たら、「サルだから」って余裕で言いそうじゃない?
ろんま |  2007.10.27(土) 07:22 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。