スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

山のバカンツァ ②

2007年09月17日(月)
山のバカンツァ①の続きです。


リタがプリプリ怒っていた理由は、私達が行くという連絡がなかったから。
Ziaの身の回りのことを全てやっているリタ。

Ziaがいない家の掃除をしたり、空気の入れ替えをしたり
数回しか会ったことがないけれど、彼女のしっかりした人柄を見越して、
ロンパに「彼女に連絡を入れないと」と再三言っていたのに、
「マンマが電話するって言ってたから」という言葉を信じたのが間違いだった。
 姑は何が不満なのか知らないけど、いつもリタの悪口ばかり言っていた。
(・・・というか、彼女が悪口を言わない人は存在する?ってくらいだけど

だからといって彼女自身も「行く前には連絡入れないと」
と言っていたので、「電話番号を教えておいて」というと、
「あなた達からしなくても私がしておくから」と言っていた。
行く本人達が連絡をいれた方が良いに決まっているのに、
変なの・・・と思いつつも、「彼らのやり方なのだろう」と
任せておいたのに、まんまと入れていなかった。
やっぱりここは、人を信じるより自分で実行した方が早い。

幸いリタは思ったことをはっきり口にするけれど、
さっぱりした性格なので、あとに長引かない。

「あなた達が来るのは問題ないけれど、
 どうしてZiaを連れて帰ってきたの?
 Ziaは24時間体制で看護が必要な身だから、
 一人に出来ないこと知ってるわよね?」と。。。。。。

・・・・え?一人に出来ない?
知らないよぉ。。
だ~~~~~~~れもそんな事言ってませんでしたケド。。。

私達が想像していたZiaは、昨年の夏に会ったZiaのまま。
ご飯を用意しておいてくれ、身の回りのことは全て出来ていたので、
このバカンスの当初の予定は、買い物やご飯の支度は私達が用意して、
ご飯は一緒にZiaと食べるけど、午前中、午後と山に散歩に行ったりし、
遠出しても夕飯までには帰って来て、夜は一緒に過ごす。。
くらいのつもりでいました。

リタのその言葉で、私達のバカンス計画はガラガラと音を立てて
崩れていった。。。

「リタは何でも大袈裟に物を言う人だから、ちょっとくらいなら大丈夫だよ」
とロンパ。
でも、いくら療養所に入った7月から毎日のように電話がかかってきて
「家に帰りたい」とZIAが言っていたからといって、
連れて帰ってきたのは私達。
もしものことがあったら、一大事だ。
とりあえず様子を見ようということにして、
その時点で既に夕食の時間になっていたので、ご飯を食べ早めに寝ることに。。

寝る時点になるとZiaが「私、絢大と一緒に寝たい。」と。
結構人見知りの絢大。
一度悪い印象が頭に入ると、徹底的に拒否する性格なので、
「とりあえず初日で、夜お手洗いに行きたくなった時に一人で行けないから」
という理由をくっつけて、絢大はロンパと寝て
私がZIAのベッドで一緒に寝ることになった。


         


夜中爆睡してると、ガラガラガッシャーーーーーーーーン
と派手な音がして目が覚めた。
真っ暗闇の中でベッドの右側で誰かがいる気配がして電気をつけてみると
Ziaが「あぁ・・。大変大変
落ちた電気スタンドを拾っていた(笑)

「Ziaどうしたの?転んだの?」と聞くと、
「まだ家に帰ってきたという感覚がないから療養所と勘違いしてたわ。
 ごめんね。起こしちゃって。。トイレに行ってくるから寝てなさい」
と。

その言葉に安心して寝に入ると数時間後、
ドスン!!という音とともに、
「ろんま~~~~~~~~!助けて~~~~~~」と
また真っ暗闇の中から悲痛な叫びが聞こえてきた。

電気をつけると、Ziaがベッドの横で倒れていた。
急いで飛び起きて「ちょっとどうしたの?」と聞くと、
「トイレに行こうとしたら滑って、ベッドから落ちたのよ」と。。。

一晩でこの2つのことが起こった時点で、
やっぱり絢大と一緒に寝なくて良かったと胸をなでおろしました
私ですらビックリしたし、怖い思いをしたんだから(笑)

あまりにもビックリしたため、目が覚めてしまい、
そのまま起きてることに。。。

Ziaが朝一で家の目の前にあるちいさな野菜畑からサラダを取りに。

取りに行く時に「私が行くよ」と声を掛けたけれど、
「大丈夫大丈夫♪」と、畑に入るのが嬉しそうだったZiaを
それ以上引き止めずにドアの外から様子を見ていたとき、
絢大が「ママ~。ちょっと来て」と呼ぶのを
「今Ziaが畑にいるから目が離せないし、ちょっと待って」
と言ったにもかかわらず、『どうしても』と言うし、
3階のリタがテラスからZiaに話しかけていたので、
ちょっと目を放した隙の出来事でした。

上から転んだ様子を目の当たりにしてビックリしたリタが
すっ飛んで降りてき、私と絢大も『ドスン』という音がして
ドアの外に急いでいくと、
朝霧でぬれた石畳に滑って転んだらしい。

ほんの数センチの差で石の段差に当たらずに済んでいたけれど、
もし転び損ねて頭を打ったり、段差の角で腰を打ったとしたら、
確実に骨折していた。

結局私達は、Ziaと24時間一緒にいるべきと判断。


かわいそうだったのが絢大。
絢大が私を呼んだのも、山に来て以来ずっとZiaに付きっきりだった
私の気を引こうとしたんでしょう。
4歳にしては変にすごく責任感が強いので、
『Ziaが転んだ時に自分がママのことを呼ばなかったら。。』
と、思ってしまったみたい。。
その時からしばらくZiaに近づこうとしなくなってしまった絢大。

山登りを楽しみにしていたし、ずっと家の中ではかわいそうだけれど、
「さっきみたいに転んじゃった時に、誰もいなかったら
一人で立ち上がれないから、一緒にいてあげようね」と説明すると、
我慢しなきゃいけないことがたくさんあるけど、
素直に「うん!Ziaがまたイタタしちゃったら大変だから!」
と言ってくれたことに感謝

その時点から、私はZiaリーナ担当。ロンパは絢大担当に
絢大はZiaがどこかに置き忘れた杖を見つける担当なりました(笑)

ここから、私達のバカンスが始まりました。



続く。。。
(え?今からバカンスが始まったの~って?(笑))

なんか要領よくまとまらない文章になってしまって読みずらいですねぇ。。


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:32 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | TB(0) | CM(8) | Top↑

コメント

●な、長すぎる・・・
うぅ~。。。
いつ更新されるか解らないネット小説を読んでいる気分。(読んだことないけど)
NO.60位まで続くのかしら。
描写が細かくて、頭にある限りの想像力をかきたてられ、すごく面白いんだけど、進むのが遅い&長・・・。
ホント、年越しペースかもねぇ。

毎度の事ながら、何処へ行くにも荷物がいっぱいなのね・・・。

ロンパの呆れ顔の横で、
「おほほほほ~」
と目をパチパチさせながら、ろんまが笑ってるのが
頭に浮かぶわ。。。

ねね |  2007.09.20(木) 11:11 | URL |  【編集】
ひぃ~
大変だったねぇ。

ziaの面倒を見るのはわかっていたとはいえ、四六時中見ていないといけないならちょっときっついねぇ。
でもZIAは一所懸命自立してやろうと努力しているだけに、なんか放っておけないしね~。

ケンタ、えらいね。やっぱケンちゃんって聞き分けいいよね。子供ってきっと納得すればちゃんと聞けるのかもしれないけど、なかなか難しいものね。
イタリア人の子に限っては皆無のような気もするし。。
きっこ |  2007.09.20(木) 21:02 | URL |  【編集】
●やっぱり?
●ねねへ


>いつ更新されるか解らないネット小説を読んでいる気分。(読んだことないけど)

ぶぶぶ~。
すっごいやだね~。それ。
そんな思いさせてたのかと反省しました。e-466

>NO.60位まで続くのかしら。

続かない続かない。
でも、山バナをカウンセリングで話したら、
途中で脱線しながらも3時間以上話してたからね~。



>描写が細かくて、頭にある限りの想像力をかきたてられ、すごく面白いんだけど、進むのが遅い&長・・・。

はいはい。もう少し簡潔にしますよ。。
描写の細かさはちょっとねねモードだね(笑)


>ホント、年越しペースかもねぇ。

このバカンスでは、読む人にとってはどうでもいいことかもしれないけど、わたしにとっては最初が肝心だったから、ここまで書いただけだし、あとはほとんど写真だけになるから安心してね~♪


>毎度の事ながら、何処へ行くにも荷物がいっぱいなのね・・・。

うるさい。


>ロンパの呆れ顔の横で、「おほほほほ~」
>と目をパチパチさせながら、ろんまが笑ってるのが
>頭に浮かぶわ。。。

全くそのとおりです。。。e-263

ろんま |  2007.09.22(土) 16:50 | URL |  【編集】
●きっこさん

>ひぃ~大変だったねぇ。

人が聞くと大変だったように感じるみたいだけど、
私自身は苦には思わなかったんだよね。
多分それはZiaの人柄がそう思わせたんだと思う。
これが姑だったら・・・・・・・キャ~~~~~~~ッv-12


>ziaの面倒を見るのはわかっていたとはいえ、四六時中見ていないといけないならちょっときっついねぇ。

予想外だったから、最初は戸惑ったよね。やっぱり。


>でもZIAは一所懸命自立してやろうと努力しているだけに、なんか放っておけないしね~。

なんてったって、止まってない人だから。。。
「なんでも一人で出来る」って思ってるだけに、
放っておけないんだよね。


>ケンタ、えらいね。やっぱケンちゃんって聞き分けいいよね。子供ってきっと納得すればちゃんと聞けるのかもしれないけど、なかなか難しいものね。

いや~~~~~~~~~。
か~~な~~~り大変だったけど、
それなりに絢大も我慢してるんだと思うと
あんまり怒れないからね~。
でも、せっかく普段はいい子に出来るのに、
ZIAに悪い印象になっちゃうのがかわいそうでね。
Ziaから「あなたたちちゃんと躾しないと!」って
何度言われたことか。。。
状況を説明したら、分かってくれたけど。。


>イタリア人の子に限っては皆無のような気もするし。。

全くね。。
親が最初から放棄してるもんね。
でも『イタリア人の子』って一概に言えないというか。。
山の子供達はやっぱりそれなりに自然の厳しさや危険と隣り合わせに暮らしてるから、聞き分けがいいんだよね。
やんちゃだけど、ちゃんと親の言うことは聞ける。。
これって普通なのに、この辺ではそういう子を
「Molto Bravo(a)」って呼ぶのよね~。

クラスが変わって、先生が絢大のことを褒めちぎるわけよ。
褒められた絢大は、
いたずらやワガママをやるのが普通と思っちゃうらしく、
このところ、また面倒な状態になってるけど。。
ろんま |  2007.09.22(土) 17:05 | URL |  【編集】
>はいはい。もう少し簡潔にしますよ。。
>描写の細かさはちょっとねねモードだね(笑)

うるさいっ!
まったく・・・・ブログ上で姉妹喧嘩。。。苦笑

やっぱり一応姉という事で、私が折れますか。

母に話したら、今後ろで大笑いしてるわ。

ねね |  2007.09.25(火) 16:21 | URL |  【編集】
ようやくコメントできる時間が出来たわ。

そして、もうそろそろ山バナ(山バナナってなんだろ?って思ったのは私だけ?)更新されているかなって思っていたら、まだされてないし…日本から帰ってくる頃(3週間後)には終ってるかな?そのうち、ケンタ君からも、駄目だしされたりして(爆)

大変なバカンスになったみたいね。これが滞在が長期になった理由かな?

でも、双方の親と離れて暮らしていると、お年寄りと接する機会がないから、ケンタ君にとって勉強になっただろうね。
Riccia |  2007.09.28(金) 17:24 | URL |  【編集】
●ねね

>やっぱり一応姉という事で、私が折れますか。

ほんとは図星だから何にもいえないんでしょ(笑)


>母に話したら、今後ろで大笑いしてるわ。

やっぱり図星だからだ♪(笑)
ろんま |  2007.09.30(日) 02:07 | URL |  【編集】
●Ricciaさん

>ようやくコメントできる時間が出来たわ。

出発前でバタバタだろうね♪

>そして、もうそろそろ山バナ(山バナナってなんだろ?って思ったのは私だけ?)更新されているかなって思っていたら、まだされてないし…

ずびばぜ~~~~~~~~~ん。。。(なぜか鼻声)
なんだかせわしなくて。。。


>日本から帰ってくる頃(3週間後)には終ってるかな?

お約束は出来ませんな~。
今頃飛行機の中だろうから、
多分このコメも3週間後に読むんだろうね(笑)


>そのうち、ケンタ君からも、駄目だしされたりして(爆)

反抗期らしく、なんでも駄目ダシの毎日ですよ。。


>大変なバカンスになったみたいね。これが滞在が長期になった理由かな?

そうなの。


>でも、双方の親と離れて暮らしていると、
>お年寄りと接する機会がないから、
>ケンタ君にとって勉強になっただろうね。

やっぱり家族以外の人と一緒に生活することって
大切だよね。
まー、なんでもOKでやりたい放題のやらせっぱなし系は意味ないけど、ziaは躾や人間関係を大切にする人だから、とてもプラスになったと思う。

とりあえずさっきも電話で話したけど、ここからも
e-237いってらっしゃ~~~~~~い♪e-463
ろんま |  2007.09.30(日) 02:14 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。