スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ある日の公園での出来事

2007年05月21日(月)
先日のある出来事。

先週末の高熱のあと、しばらく不安定な時期を過ごしている今日この頃。
先週中ごろ、幼稚園のあといろんなママさんたちが珍しく
「今日、公園に行こう」と話していた。
「もちろん絢大も来るでしょ?」と言う問いに、
絢大の体調の様子でチョット考え込んでみたものの、
それを聞いた絢大は行く気満々になっている。

行く気満々の割りに真っ白な顔をしている絢大を見て、
あまり気が進まなかったものの、
とりあえずちょっと顔を出す程度。。ということで話をつけた。

そんな感じの不安定な状態で公園に行くと、
すでに公園では、幼稚園の同じクラスの子達5・6人(皆女の子)
がじゃれあって遊んでいた。

その中に絢大が入り、一緒に遊び始めてからしばらくすると、
絢大の蹴ったボールが勢いよく公園の外に飛び出した為、
私が拾いに行って戻ると、
絢大が飛び掛る勢いである女の子に対して怒ってる。
慌てて子供たちのところへ戻り、
事の成り行きを聞いてみるとこうだった。


長くなるのでお時間がある方は続きをどうぞ。

【More・・・】


ボールを勢いよく蹴って外に出してしまった絢大に対して、
その女の子は「Bravo Kenta」と言ったらしい。
『Bravo』という言葉は、日本でも使われるように褒めるときの言葉。
皮肉を言ったと受取った絢大はつかみかかって怒り始めたというわけ。

理由はどうあれ、掴みかかって怒るのはよくないことを言い聞かせ、
あまり子供の間の喧嘩に入り込むことを好まないけれど、
普段絢大がここまで怒ることは滅多にない。
とりあえず二人を落ち着かせるために絢大は興奮状態だったため、
状況を詳しく女の子の方にエフィーママと聞いてみると、

女の子「絢大がボールを公園の外に蹴ったから『Bravo Kenta』
    って言ったら怒り出したの。」

エフィーママ「絢大はそれを皮肉だと思ったんじゃない?
       そんなつもりで言ったんじゃないんでしょ?」

女の子「うん。そうよ。皮肉じゃないわ。
    私、絢大が蹴って外に出したからそう言っただけ」

・・・・・皮肉以外なんだって言うんだ。。。
と思いつつも、私自身も冷静になる必要があったため、
続けて話を聞いていると、

女の子「絢大はいつも幼稚園でみんなを怒らすのよ。ふざけすぎたりしてみんなに迷惑がられてるし。。。」

とこうだ。
はっきり言って、これらの言葉はすべて彼女が先生や友達から言われている言葉。

私「それあなたがみんなに言われている言葉なんじゃないの?」

女の子「彼(絢大)はね、すごくいたずらばっかりするのよ」

とまだ続ける。
私の怒りがフツフツと煮えたぎり始めたものの、
絢大は他の子達と遊び始めたので、
そう言ってその女の子も遊びに行ってしまった。

腑に落ちない状態で、どうするべきか考えていると、
女の子のお母さんが
「ごめん。何があったの?ちょっとすぐに来られなかったから様子を聞かせて」と。

この話を言うと
「彼女は皮肉で言ったんじゃないわ。だって絢大のこと大好きなんだから、
そんな嫌われるような言い方をするはずがないわ。」と。

そうかなぁ。。。
ボールの件は1000歩譲って「皮肉でない」と出来たとしても、
そのあとの言葉はどう考えても、嫌な気分を与えるもの以外の何でもない。
『悪気はない』で済ませられることなのかしら?


実は彼女は幼稚園のクラスの問題児。
あまりにも言うことを聞かないため、担任二人にも手に負えず
「寝てきなさい!」と小さい子供たちの中で昼寝をさせたことが何度もあるらしい。
もちろんそれだけでなく、
口の利き方や行動が『大人と対等』なため、
余計先生たちを怒らすらしい。
先生たちだけでなく、子供たちに対しても同じ。
彼女は自分のことを「お姫様」と思いこでるのか、
何をしても許されると思っているらしい。

この時期、親と先生の個人面談をしているのだけど、
先日その子のお母さんが面談に行く為、
その間我が家で絢大と遊ばせていた。
面談から帰ってきたお母さんが担任たちから言われたことで
かなり落ち込んで帰ってきたのだ。

それまで彼女のお母さんとは結構気が合うので、いろんな話をしていた。
そのため、その子がこういう態度になるのかという理由も
ずいぶん理解できていたため、私自身寛容に受け入れていたし、
助けられることは助けてきた。
(それを言っても、お母さんはあんまり理解してないみたいだけど)

・・・が、今回のことで見る目が変わってしまった。
両親が今の状態をどうにかしようとしなければ、
せっかく頭の回転の速い賢い子なのに、
彼女はこのまま性格が形成されて大きくなってしまう。
今回の自分が言われている言葉をそのまま絢大に置き換えていったのも、
考えてみれば彼女の中での不安の表れなのでは。。
このまま大きくなってしまうのであれば、
私自身いろんなイタリア人のタイプを見てきた経験上、
彼女は自分でも気づかないうちに簡単に人を陥れる、
とても危険なタイプになりそう。
絢大にとってはマイナスになるのではと心配になってきた。


一晩考えても釈然としないので、
次の日エフィーママともう一度この件について話してみようと思ったけれど、
あいにく留守だったため、いまだ悶々としている状態。
(まぁ、これについてだけを考えてるわけではないのですけどね(笑))


まだ4歳なのに、そんな心配をして。。。って思います?
親バカかなー。。。。


友達関係については子ども自身が楽しく過ごせればいいので、
本人さえよければそれでいいし、
そこから自分で理解し判断していくことがたくさんあると思うので、
私たちが入り込むつもりは全然ないけれど、
ロンパですらその子のことが、必要以上に嫌いなのでずっと前から、
「もう一緒に遊ばせるな。絢大に悪影響を与えるだけだ」と
自分の経験も踏まえて言い切るのです。

今回の件は絢大自身、
体調がよくないために感情的になっていた部分もあるけれど、
今後について考えるべきことなのだという気づきになる出来事だったような気がします。


・・・考えすぎかな?!

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:10 |  [育児日記]2007年<4歳>  | TB(0) | CM(8) | Top↑

コメント

●難しいですね
いやー、難しいというか、デリケートな内容というか・・・。私の中高時代の友人たちも、全員お母さんなので、よくそういうお話をメールで書いてくるのですが、なにぶん私も子供の教育未経験者であり、未熟者でもあるため、判断がつきにくいです。

今回絢大くんが怒ってしまったのは、たぶん「BRAVO」という皮肉を言われたからだけではないという気がします。その程度の皮肉って、日常茶飯事ではないですか、イタリアでは・・・。たぶんこの女の子のことが苦手なのか、、嫌いなのか、あるいはろんまさんがおっしゃっているように体調が悪くて怒りっぽくなっていたのか。

うそをつくというのが少し気になりますが・・・。できればつきあわせたくないですよね。

>友達関係については子ども自身が楽しく過ごせればいいので、
本人さえよければそれでいいし、 そこから自分で理解し判断していくことがたくさんあると思う。

私はこの意見に賛成です。もう少し様子を見てみたらどうですか?絢大くんは何て言っています?
macorom |  2007.05.21(月) 19:26 | URL |  【編集】
これって、前に出ていたアニーって子かな?
難しいよね。子供同士の問題だから、親が入りすぎるのもどうかだけど、将来この子に悪影響を及ぼすと分かっていて放っておくのも気が引けちゃうし。
子供に無関心な親、または子供だから言っても分からないっていう考えの親、イタリアに多いよね。子供はちゃんと説明すれば分かるのに。今はまだ4歳だから軌道修正が可能だから、早く親御さんたちがこの重大さに気づいてくれるといいね。

とりあえず、けんた君がOKだったら、このまま遊ばせる、けんた君が嫌がればまたなにか考える(もしくはその時点で、その子のお母さんに報告する)とかって言うのはどうかしら?
Riccia |  2007.05.22(火) 00:10 | URL |  【編集】
●macoromさん

>いやー、難しいというか、デリケートな内容というか・・・。

そうですね。


>その程度の皮肉って、日常茶飯事ではないですか、イタリアでは・・・。
ろんまさんがおっしゃっているように体調が悪くて怒りっぽくなっていたのか。

たぶん体調が悪かったのが、あんなに怒った原因のひとつだと思いますが、イタリアではこの手の皮肉はその辺にゴロゴロしてますけど、ロンパは自分はもっとブラックな皮肉を言うくせに(笑)、この手の皮肉を人に言われるとぶちきれる傾向が。。v-12
今回の様子を見てて、血は争えないなぁ。。。なんて思ったり(笑)


>うそをつくというのが少し気になりますが・・・。できればつきあわせたくないですよね。

うそをつくのは彼女なりのメッセージだと思うんです。
ママの言うことも先生の言うことも聞かないのに、
私が言うと半分以上はちゃんと聞けるんです。
(『大好きな絢大のママ』だからかもしれませんけど(笑))
出来ないわけでなく、本人次第の部分が大きい。
つき合わせたくないけど、無理に引き離しても逆効果になるでしょうしね。


>もう少し様子を見てみたらどうですか?絢大くんは何て言っています?

本人はいろいろちょっかい出されたり、食事中に大声でベラベラ横で話されたりするのが嫌なようですが、友達としては大好きなようです。

嫌な事をされたら先生に助けを呼びに行ったり、
『Non si fa cosi.(こういうことはしちゃダメ)』などと言うように
前から教えたんですけど、
最近どういうわけか『良い子』に目覚めた絢大は、
これを実行しているようで、
そういうことがまたその子を刺激してるのかも。

どっちにしてもデリケートな問題ですよね。
ろんま |  2007.05.22(火) 16:29 | URL |  【編集】
>これって、前に出ていたアニーって子かな?

違うよ。アニーはもう問題外だし(笑)
アニーだと思う人がいるだろうと思って、
最後に『アニーじゃありません』て書こうと思ってたけど忘れてた。


>子供に無関心な親、または子供だから言っても分からないっていう考えの親、イタリアに多いよね。

『言って分かる』って一言で言うほど簡単なものでないから、
そこまで粘れないんだよね。『子供の天下』でワガママでいた時間が長ければ長いほど、言って理解できるようになるまでに時間がかかるし。
「子供だから」って親は殆どでしょ。


>早く親御さんたちがこの重大さに気づいてくれるといいね。

そう願ってる。


>とりあえず、けんた君がOKだったら、このまま遊ばせる、けんた君が嫌がればまたなにか考える(もしくはその時点で、その子のお母さんに報告する)とかって言うのはどうかしら?

とりあえず嫌なことをされたときの防衛策だけ教えておいて、
絢大がそれでよければいいとは思うけど、
毎日帰ってくるたびに「○○が××したe-262」って怒ってる(笑)

とりあえず、今週は担任の先生たちと個人面談があるので、
そのときにどういう状況か詳しく聞いてみて、対策を考えてみようと思う。
ろんま |  2007.05.22(火) 16:39 | URL |  【編集】
う~ん、なんともデリケートな話しよね。
子育てについての意見も百通りあるだろうし・・
子供の居ない私が「こうすればいいのに」とも言えないし。

でも、私だったらこの女の子のような子ともつき合わせるかな、あ、本人が嫌ってない場合だけど。嫌いなら別に無理やり引き合わせる必要もないとは思うけどね、ケンタくんが「遊ぶには楽しい」と思っているようだから・・・・

というのも、「この子は悪影響」と避けていくのは一見、子供にとって、よいことのようだけど、カレの将来、気が合わないとか自分とやり方が違う人との付き合いを一生避けて生きていくわけにも行かないでしょう?お友達が間違えた事をしたら、それは違うと思う事、自分の意見も持つ事も大切なんじゃないかなと思うわけ。危険な場合を除き、自分が親だったらそういう分別を付けれる、自分の意見を持てる子供になって欲しいと思うかな~。ま、難しいけどね。実際、言うのとするのでは違うから、聞き流してくださ~い!
きっこ |  2007.05.22(火) 19:36 | URL |  【編集】
●きっこさん

>でも、私だったらこの女の子のような子ともつき合わせるかな、あ、本人が嫌ってない場合だけど。

そうね。私もそう思って今まで何も言わずに来たんだけどね。


>「この子は悪影響」と避けていくのは一見、子供にとって、よいことのようだけど、カレの将来、気が合わないとか自分とやり方が違う人との付き合いを一生避けて生きていくわけにも行かないでしょう?

そう。私もそう思う。
友達づきあいばっかりは自分が嫌だと感じなければ、
いくら親に言われても納得いかないからね。
どういう友達を作っていくか。。ということを、彼自身考えられるようになればいいと前々から担任の先生とも話してるんだけど。。。。


>お友達が間違えた事をしたら、それは違うと思う事、自分の意見も持つ事も大切なんじゃないかなと思うわけ。

でもね。あまりにも幼稚園の一部の他の子達が「やっちゃいけないこと」を平然とやってるもんだから、「何で自分は我慢してるのに、彼らはやってもいいの?」ってことになるわけなのよ。
そういう点で、私もどこまで「やっちゃだめ」なことの範囲を決めるかが考えものでね。。。
私自身、我慢してるのを見ててもかわいそうだけど、将来の絢大のことを考えたら、今から教えておくべきだと思うんだけど。
まぁ、この土地から一生出ないのであれば、このままでいいかなとは思ったりするんだけど、そういう可能性は低いと思うから特にね。


>危険な場合を除き、自分が親だったらそういう分別を付けれる、自分の意見を持てる子供になって欲しいと思うかな~。ま、難しいけどね。

絢大が2歳くらいから、もう少ししたら分別がつくようになるかなぁ~と思ってたけど、なんか年々酷くなっていってる様な気がするのは、気のせいなのかなーe-277
ろんま |  2007.05.24(木) 05:56 | URL |  【編集】
分別のないジジババがうじゃうじゃしてますからねえ...
じゃじゃ |  2007.05.25(金) 02:07 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん

分別のない若者もかなり増えてきましたし。。。。e-263
ろんま |  2007.05.25(金) 04:14 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。