スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

沖縄からの荷物

2007年01月03日(水)
年末も押し迫った頃、丁度クリスマス前に
沖縄に住んでいる親戚が送ってくれた荷物が届きました。

ウキウキしながら開けてみると、
山ほどいろんなものが出てきました♪
沖縄からの荷物


まずは沖縄そば
沖縄からの荷物3


それから「麩」。
麩チャンプルの作り方まで書いてくれてありました(感謝
沖縄からの荷物2


その他に、乾燥モズクや混ぜごはんの具などいろいろ
一つ一つ出すごとに「キャー
と喜んでる私の横でロンが、
「ロンには?・・どれ?・・これ?」
と、そわそわと自分への贈り物を探していました。

「これ全部、『みんなに』なんだよ」と説明してるそばでロンが
「あった~!!」
と大声を張り上げた。
何があったんだろう..と見てみると、これ。
沖縄からの荷物4

スッパイマンの甘梅一番という乾燥梅干し。
これ、私が子供の頃も大好きだった一品。
毎回夏休みに沖縄に行くたびに、
友人へのお土産としてもすごく喜ばれたんです。
自分自身へも大袋を2袋くらい買って帰り、
チビチビ食べていました。

なぜロンがこの梅干を知っているかというと、
2年前の帰省で沖縄へも行った際、
ロンと生まれた日が2週間違いの一番下の姪『サリ』は、
まだ2歳になるほんの数日前だったので、
このお菓子は『まだ早いだろう..』と
チビッコ二人には買わずに、
甥と姪に一袋づつお土産として買って帰ったのですが、
お兄ちゃんお姉ちゃんが食べているのを見れば、
そりゃ食べたくなりますよね。

二人が貰って食べてみると、
かなり気に入ってしまいました。

あまりにもチビッコ二人してたかりついてくるので、
甥も姪も悲鳴を上げていたくらい(笑)

チビッコ二人が怒られて静かになった頃、
姪がお風呂に入りに行ったとき、
私の後ろで「サリ!おいで」と
まるで道に迷ったジャングルの中で、
抜け道を見つけたようなキッパリとした頼もしい口調で
サリを呼んでいたので、
私も振り返ってみると、頼もしい口調とは裏腹に、
ロンの目はハラハラと心配気にお風呂場の方を見ながら
ガサゴソと何かやっていました。

手に持っているものを見たら、
「!!」
なんと、姪のスッパイマンの袋(爆)。
さすがにサリは、2歳にして兄姉妹間の掟を心得てるらしく、
『いいのかなぁ。。』
という感じで1歩下がって様子を見ていました。

私が「あぁ!!何やってんの それ姪のだからだめ!」
と言うと、ビックリしいのロンは飛び上がってビックリし、
「あ。ばれた?」と言わんばかりに、
上目遣いで目をパチパチさせながら私を見ました。

そのやり取りを聞いていた私の姉が、
「いいんじゃん?こんなに二人が欲しがってるのに、
その辺に置きっぱなしにしておく方が悪いんだから。」と。

まさしく『弱肉強食』(ちょっと違うけど..(笑))

私がチビッコ二人に
「んじゃ、食べていいって・・・・」という前に、
姉の言葉を既に聞いていたロンは、
サリに梅干を手渡しているところでした

それ以来、この「乾燥梅干」の袋を見るたびに
「サリ!おいで」という
頼もしいロンの声が響く今日この頃だったりします(笑)

これを教訓に、先日ベビーシッターにきてもらった際、
「この梅干は一日1個しか食べさせないので、
くれぐれも『欲しい』と言ってもあげないでください」と
釘をさしておいた。
そうでないと、ベビーシッターだということをいいことに、
いくらでも食べてしまっていたでしょう。
まったく油断も隙もありゃしません


楽天の甘梅一番スッパイマン
沖縄食品の沖縄美々


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   11:17 |  [育児日記]2007年<4歳>  | TB(0) | CM(8) | Top↑

コメント

ろんまさんのブログのファンでよく読んでいましたが、以前、変なヨーロッパ在住者の批判ブログ(これは、これでいいですが、おもしろいので)に賛成のろんまさんのコメントがあり、ちょっとがっかりしていました。本当のことを言うと。
どうか、ろんまさんは、ろんまさんの生き方で、素敵なブログを楽しみにしています。

私もろんまさんの近くのヴィネツィアのメストレに住んでいて、イタリアに7年目です。もしかしたら、どこかですれ違っているかもしでませんね。今年元気になれる素敵なブログを楽しみにしています。
まゆ |  2007.01.03(水) 23:01 | URL |  【編集】
いいね~!沖縄とか親戚に是非住んで欲しい場所だわぁ~。あ、北海道も大阪も九州も東北でもいいなぁ~。(相変わらず下心まるだしの意地汚いワタクシです。。)うちの親戚は皆、関東なので、遠い親戚があることにあこがれちゃうわ。

ろんくん、梅干が好きなんてやっぱり半分日本人だね。こうやって海外で生まれ、住んでいても、言語にしろ食生活にしろ、日本の文化をきちんと教えてあげるのはとてもすごいと思う。私も将来、見習いますっ!
きっこ |  2007.01.04(木) 19:55 | URL |  【編集】
●まゆさん

はじめまして!

>ろんまさんのブログのファンで

わぉ~e-415 
ノッケからとろけそうになりました(笑)


>変なヨーロッパ在住者の批判ブログ

(爆)たしかそれは「やっちゃん」さんて方のブログですね。
そういえば、最近見ませんね。。どこ行っちゃったんでしょう?!
うーん。あそこに書いてある文章を丸ごと賛成したわけではないにしても、とてもいいところをついていると思いましたし、
以前からロンパと「なぜ私達はイタリアにいるのか?」という話題になると、ほとんどやっちゃんさんと同意見だったんですよ。
実際、純真無垢でイタリアへやってきた私(ちょっと言いすぎですが・・)で、それまで人間関係に全くといって良いほど苦労しなかった私が、ロンパからの「君は人を信用しすぎるから危険だ」という忠告を、「今までこうやって来て、いい人たちに巡り合えたから大丈夫e-465」と言って聞き入れず、信頼していた人からどん底へ突き落とされてしまった状況からぬけだしかけている状況で読むと、とても納得できるブログでした。
「どん底」という表現をしましたが、私にとってどん底であっただけで、他の人にとっては違うとり方があったかもしれませんし、実際カウンセリングの先生から、もっと大変な状況の人の例も聞きましたが、大体『人に害を与える人』というのは、その人自身も何らんかの形で傷があったりトラウマがあったりするんですよね。そういう人が単なる被害妄想で攻撃を仕掛けてくると、本当にすごいものがあります。日本では全く味わったことのない攻撃でした。
まぁ、そういう経験てそう滅多にあるものではないですが、
『そういうこともあり得る』という例を耳にするだけでも、窮地に直面した時に、自分自身の対応が随分違ってくると思います。

そういう点で、やっちゃんさんのブログは批判の方が前面に出ているようだけれど、気をつけてねという『忠告』として読んでいましたし、コメントも書いたんですけど、何か変なこと書いてましたっけ?(←覚えていない..e-263

>ヴィネツィアのメストレに住んでいて、イタリアに7年目です。
>もしかしたら、どこかですれ違っているかもしでませんね。

ほんと!どこかですれ違ってるかもですねぇ。
こちらの方にいらっしゃるときは、是非遊びにきてください♪

>今年元気になれる素敵なブログを楽しみにしています。

どうもありがとうございます。『素敵なブログe-420』ってところが、キラキラ光って見えますe-420
これからもがんばって更新していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたしますe-271

ろんま |  2007.01.05(金) 08:47 | URL |  【編集】
●きっこさん

>うちの親戚は皆、関東なので、遠い親戚があることにあこがれちゃうわ。

そうだね。わかるわかる!
私も「田舎おじいちゃんとおばあちゃん=田んぼの中の一軒屋」
っていうのに憧れたなー。。


>ろんくん、梅干が好きなんてやっぱり半分日本人だね。

これ、梅干って言っても、結構甘いんだよ。
かなり癖になる味。今度来た時、食べてごらん。

年末から10日ほど食べていなくて、忘れてたみたいなのに、
この記事を書いたその日に、PCも見てないのに、
「ママ!梅干食べたいe-415」って言ってきた時は
ちょっとビックリしたわ(笑)


>こうやって海外で生まれ、住んでいても、
>言語にしろ食生活にしろ、日本の文化をきちんと
>教えてあげるのはとてもすごいと思う。

そうねぇ。。
きっこさんのコメント読んで思ったんだけど、
我が家って全然イタリア的じゃないなぁと。。
もちろん外へ出れば、イタリアの習慣にのっとって行動するけど、
家の中に入れば自分のテリトリーだから好き勝手出来るじゃん?
どちらかというと生活習慣自体、日本的なのかな?と感じた。
ロンパの前世は日本のお坊さんだったし。。
(↑しつこいって?でもかなり信憑性があるもんだから(爆))
ろんま |  2007.01.05(金) 09:13 | URL |  【編集】
沖縄に親戚がいるなんてステキ♪
しかも、やさしいねぇ、こんな風に荷物を送ってくれたりして!

ロンくん、2年前からこんなに頼もしかったのねぇ。ホレボレ♪
でも、お母さんであるろんまさんからしたら、コラーッ!って感じですね。
子供って、おもしろいね。
モカチーノ |  2007.01.06(土) 02:39 | URL |  【編集】
●モカチーノさん

>やさしいねぇ、こんな風に荷物を送ってくれたりして!

ありがたいことですよ。ホント。



>子供って、おもしろいね。

ホント。
怒る前に妙に感心しちゃったりしてね。。。(笑)

ろんま |  2007.01.08(月) 07:27 | URL |  【編集】
この記事読んだだけで、よだれが出てきてしまったわ、じゅるっ。

梅干好きの2歳って言うのも、しぶいねぇ。

そうそう、日曜日はテレビの石垣特集知らせてくれてありがとう。でも、携帯の音を切っていたから、見逃してしまった…お尻の西表のカヌーのところだけ偶然見れたけど…
こうやってテレビで特集されちゃうと、イタリア人観光客が増えちゃうのかな…そうなったら、やっぱり石垣に移住して、B&Bやっちゃおうかしら?
Riccia: |  2007.01.09(火) 17:39 | URL |  【編集】
●Ricciaさん

うーん。そう簡単には増えないと思うけど(笑)
遠いからねぇ...
それに日本人みたく、特集された場所へ「わーい♪」って行く人たちでもないし(笑)

近場でもキレイで安く常夏を満喫できる場所がたくさんあるからねぇ。
どちらかといえば、日本人受けするんじゃん?
ろんま |  2007.01.09(火) 22:56 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。