スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Torcicollo(斜頚)

2006年11月28日(火)
先日首が回らなくなった症状を『Torcicollo』と聞いて
思い出したのですが、ロンが生後1ヶ月の検診の時、
Torcicollo(斜頚)と診断されました。

ロンが生まれたのは、予定日を2週間遅れたため、
かなり大きくなっていました。
お腹の中で大きくなりすぎて、
ずっと同じ体勢で動けずにいたため、
首がその状態で筋が延びきった状態で
固定されてしまったらしいのです。

↓いつも左側を向いて寝ていた生後2週間のロン。
ロン0ヶ月


ま、「固定」と言っても動かすことは出来ても、
寝ている方向がいつも一緒。
右を向かせようにも左側にしていた方が楽。という程度で、
インターネットで日本のサイトを見てみると、
日本では、少し前まではお医者さんも関与していたようですが、
今では「赤ちゃんの斜頚は自然に治る」ということが分かり、
特別治療していないらしいのですが、
イタリアではまだ「病気」とみなされているところがあるらしく、
主治医から大きな病院でエコー検査や、
専門の理学療法の先生(Fisioterapista)から診察を受けた方が
いいと薦められたので、言われるまま予約を入れました。

結局、軽い斜頚ということで毎日頭をゆっくり動かす体操を
理学療法の先生に教えてもらい、
この体操はやればやるほど良いと言われたので、
午前中と夕方の沐浴の前の最低一日2回は続けつつ、
それと同時に、週に一度Fisioterapistaに1時間治療を兼ねた
運動をしてもらうように言われました。

大きな病院はBresciaという街にあり、
私たちが住んでいた町(Barbarano di Salo)から
車で1時間弱のところで、バスを乗り継いで行けば、
2時間以上前に出かけないといけないくらい
かなりきつい場所にありました。
『週に一度』と聞いて、一瞬気が遠くなったのですが、
幸い「もし近所にFisioterapistaがいる診療所があれば、
そちらでも良いですよ」と言われ、探してみると偶然にも
我が家の目の前の建物が、Fisioterapistaの施設だったのです。

タバコ屋とパン屋と中規模のスーパーと老人ホームと
ホテルしかない小さな街に、Fisioterapistaの施設が
あるなんて、すごい偶然に感謝しました。

そこで半年間は毎週通い、首も据わって自分で動かせるように
なったので、2週間に1度のペースでした。

私たちが前に住んでいた場所は、妊娠してから引越した為、
全然知り合いがいない状態のまま、出産をしたので、
私自身が外部とのつながりがほとんどない状態だったうえ、
ロンパの仕事時間がとても苛酷で、(日本では珍しくないですが)
週一日の休み以外はまず会えない状態で、
ほとんど母子家庭状態だったため、
イタリア語を聞いたり話したりするチャンスがありませんでした。
(聞いても義母からの電話での罵声ばかり。。

私にとっても、ロンにとってもこの週に一度の診察は
外部の人と接触できるので、とてもいい気分転換になりました。

ロンも先生のことが大好きで、
「普通はここに連れてこられるとみんな大泣きするけど、
ロンは喜んでくれるから、ロンの診察の日がとても楽しみなのよ」
と言っていたくらいでした(笑)

結局一年間続け、首の筋のシコリがずいぶん柔らかくなり、
このまま普通の生活で振り向いたりする自然運動で
しこりはもっと消えていくだろうということで、
Fisioterapiaは終わりました。

体操が良かったのか、自然に治ったのかは分かりませんが、
今は問題なく右側を向いて寝ることが出来ています。


結構長くなりましたが、みつこさん曰く
「年寄りがなるTorcicollo」になった私の症状を知りたい方は
続きをどうぞ。

【More・・・】

先日、部屋の朝の暖房が切れ始めた頃、
「寒いなぁ」と思いながらジャムの記事を書いていると、
首のある一点がぎーんと痛みを感じたけれど、
記事を書き上げたら出かける予定だったので、
そのまま書きつづけていたら、痛みがどんどん広がっていった。

マフラーをぐるぐるに巻いて外へ出て、
用を済ませて家に戻った時には、既に首が右に曲げたまま
動かせない状態になっていました。

ちょっとでも『左に曲げてみようかな』と行動に移さず
考えただけでも、ギュイーーーーーーーーン
稲妻が走るかのような痛みと痺れに、思わず
「ひぃぃぃぃぃぃぃぃ」とか、
「お゛お゛お゛ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」とか、
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁぁぁ」とか、
「ぎぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇぇぇぇぇ
など、叫び声をあげずにはいられない痛みが走るのです。

寝違えたわけでもないのに、理由もわからないまま
とりあえず寝ていようとベッドに横になろうとしたのが運の尽き。。
横になれないのです。。。

横になろうとすると、どうしても首の筋が引っ張られ
そのたびに先ほどの叫び声をあげつつ、
元の姿勢に戻るに戻れない状態で、一人でもがきながら
結局、激痛を堪えながら寝っ転がって、
先日知人からもらった読みかけの女性週刊誌を
読み始めたのはいいけど、丁度読みさしだった場所が読者投稿欄。
面白い記事に思わず「ブブーーーーッ」っと
笑うたびに激痛が襲うので、お気に入りの記事だけど
「今は読むべきでない」と判断し、別の項目を読むことに。

そんなことをしてる間にロンパが帰ってきました。
ベッドで寝ている私を見て
「どうしたの?」と一瞬驚いたけど、
症状を説明すると「TORCICOLLO」だよと言って
向こうの部屋に行ってしまった。

ロンを迎えに行くためにセットしておいた
携帯の目覚ましが鳴り、
取りやすい枕の下に入れておいたのに、
寝っ転がった体勢から動くことが出来ない私は、
自分が向いている反対側にある携帯を取ろうとして激痛が走り、
「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ」と叫び声をあげると、
ロンパがビックリして飛んできた。

「何事?どうしたの?」と聞きつつも、
Torcicolloの痛みにもがいてる私を見て、
「大袈裟なっ」鼻で笑うロンパ。

「あまりの痛さに起き上がれないんだけど。。」と言うと、
「そーんなこと言って、ロンのお迎え行ってもらおうって魂胆だろう
と言うので、「お迎え行く為に起き上がろうとしてんじゃん!」
と言いながら自力で起きようとするたびに、首に痙攣が走り、
「げぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁぁぁ
と叫んでいる姿を見て、ただ事じゃないと察知したロンパ。(遅い

ロンパが起き上がるのを手伝おうと、
「はい。おばあちゃん。ゆっくり起き上がってねぇ」と言いながら
体を持ち上げようとするのが返って激痛を呼ぶので、
自分でどうにか起き上がらなくちゃダメだと言うと、
ロンパが「こうやって、こういう体勢で・・」と
起き上がるコツを披露してくれてるらしいが、
私の背後でやるもんだから見えない。。。

「『こうやって』ってどうやるの?。。後ろ振り向けないから
前に来てどうやるのか見せてよ」
と言いつつ、あまりの滑稽な私たちの姿に笑ってしまい、
笑うとまた激痛が走り、またもや
「お゛お゛お゛ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」、
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁぁぁ」、
「ぎぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇぇぇぇぇ
と叫び声をあげていると、自分が笑わせておいて、
「何やってんだよ。勝手にしろ」と言って
ロンを迎えに行ってしまった。。。

結局悲痛な叫び声をあげながら、自力で起き上がり、
ソファーに座ってロンたちの帰りを待った。

幼稚園から帰ってくる途中、ロンパからさんざん
「ママは具合が悪いから、お手伝いをして言うことを
ちゃんと聞くように。」と言われていたらしく、
帰ってくると、ロンは心配そうな顔で上着も靴も脱がずに私のところへ来た。
『ママ具合悪いの?ロンがお薬飲ませてあげるからね。
大丈夫だよ』と頼もしい言葉

ちゃんと薬を用意して、お水も飲ませてくれました。
でも、動くたびにどうしても激痛が走るので、
「お゛お゛お゛ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」、
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁぁぁ」、
「ぎぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇ゛ぇぇぇぇぇ
と、ビックリしいのロンは叫び声をあげるたびに飛び上がっていました(笑)

幸い、痛み止めの薬が効いたのと、
日本から持ってきた塗り薬「ラブ」のおかげで、
次の日から叫び声をあげなくても過ごせるようになりました。
今もまだ左側はゆっくりでないと向けませんが、だいぶ治りました。
でも昨日、用事があってヴェネチアへ行ったとき、
私にしては高めのヒールの靴を履いていて、
石畳にけつまずいて、足首が『ゴギッ★』といった上、
腰、首まで『コキコキ』となってまんまと捻挫しました。。。


普段は当たり前のように動かしている首が、
こんなに重要だったんだと再確認しました。
普段健康な私にとって、あの恐ろしい痛みは、
「もうこの先ずっと治らないかもしれない」と
不安の渦に巻き込むほど強烈でした。
(その割に1日で治ったんですけどね。。)

原因は寒さと湿気から来るそうです。
ヴェネト地方の霧の深い冬をなめてはいけないと知らされました。

冬にヴェネチアに行かれる方は、
マフラーで首をしっかりガードしてくださいね♪

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   20:59 |  [絢大の成長記] 怪我・病気  | TB(0) | CM(14) | Top↑

コメント

ありゃりゃあ~

相当ひどかったのね・・・大丈夫??
トルチコッロが老人に多い、とは知らなかった・・・
私も首はしょっちゅう痛くなるのだけど、なるほど、湿気と寒さからなんだ!今日なんか、首がごりごりする上に、頭まで痛くなってしまい、ろんまさんから貰ったつぼ膏を試すときが来た!という感じです。早速貼ってみよ!

足首も捻挫しちゃったの?大丈夫???
ベネツィアはヒールはきついやね。かなり歩くし、道も歩きにくいし・・おつかれさまでした!そしてお大事にネ!
きっこ |  2006.11.28(火) 22:22 | URL |  【編集】
●きっこさん

次の日からずいぶん良くなりました♪
一時はどうなるかと思いましたが。。。(笑)
痛みの出始めのとき、つぼ膏を貼ってみたんだけど、
効果があったのかないのか、Torcicolloには立ち打ちできず、
今回はラブのお世話になりました(笑)

捻挫っぽいけれど、今のところ特別痛みはありません。
いつもこれをやった数週間後に「なんか足首が痛いなー。。。」と
思うくらい、症状が出るのが遅いんですよねー。
数週間後に「なんか足首が痛いんだよねぇ・・」って言ってたら今回の捻挫が原因です(笑)



ろんま |  2006.11.29(水) 02:08 | URL |  【編集】
ロンくんやさし~い♪ 感動。(ウルウル)
ロンパは事の重大さに気づくのがちょっと遅いので、減点。

とにもかくにも、治ってよかったね~♪
VENETOの湿気と寒さは侮れないよね、本当に。
ワタシは肩こり持ちなんだけど、年が明けたらABANOへファンゴをしに行く予定。
本当は冬が来る前にするらしいんだけどね。
モカチーノ |  2006.11.29(水) 03:15 | URL |  【編集】
●モカチーノさん

おぉ!ファンゴ。。いいなぁ。。。e-420
ファンゴじゃなくても、温泉だけでも良いけど。。
冬前にやるって言うのは、やっぱり寒さ対策なのかね?

>ロンくんやさし~い♪ 感動。(ウルウル)

結構このときは感動したんだけど、その後ロンが
「ねぇママ-。ロンがねママの首が痛くなるように『グッ!』ってやったんだよ」と言った、まさしく『グッ』のときに、本当に私の首に激痛が走って、あまりの痛さにとっさに前のめりになった時、向かい合っていたロンの頭と私の頭が「ゴチーンv-360」。
ロンが涙目で「い・・痛いe-445」と言うもんだから、
「ママにイタタしようとしたから、罰が当たったんだよe-262」と怒られたロンでした(笑)
ろんま |  2006.11.29(水) 05:08 | URL |  【編集】
想像しただけでも強烈な痛みが私に移ります。

首はシンドイんです。寝違いでも最悪な日々を送らねばなりません。解る。解るよ。

今からも、気を付けて下さいね。

今私は肩凝りと、眼精疲労と、それらから来る頭痛で悩まされております。妊婦になって、更に痛みが酷くなったので、「針治療&あんま」をして貰っているんですよ。
針治療なんて妊婦がするもんじゃ!と、思われるんだけど、事前に妊婦だからって言うと、子宮を刺激するツボ(肩等にあるんだけど・・・)は外して施術して貰うんです。

やっぱ良いんですよ。
私には「針」が合うようです。

東洋医学の「針」なんて、イタリアには無いかな・・・?

ち~まま |  2006.11.29(水) 15:36 | URL |  【編集】
●ち~ままさん

針治療はイタリアにもあるようです。
もちろん中国や日本から入ってきた文化ですが、指圧とともにかなり注目されています。

普段は多少痛くても薬は飲まないのですが、今回に関しては
飲まずにはいられない状態で飲みましたが、針治療という手も合ったのですね。
整体などマッサージ系は昔から行っていたのですが、
針は今だにやったことがありません。
注射が苦手なもんで、どうも恐くて...(笑)。

妊娠するといろんなバランスが崩れるというか、変動するので、
そういった持病が悪化するケースがあるみたいですね。
ロンの友達のママさんも妊娠中で、眠くてたまらない時期だそうです。多分ち~ままさんも同じ頃なのでは?
ろんま |  2006.11.29(水) 17:41 | URL |  【編集】
ちょっと待て。3歳児の母親が「老人」とな?
寒さと湿気から来る痛みは若者にもよくあるみたいですね。ドイツに来たとき、首にボロ切れを(そう見えた)をぐるぐる巻きにしている人があまりにも多いのに驚きました。スカーフくらいにしろよな!と思いましたが、今では私もとっくりセーターは欠かせなくなりました。ヴェネトの気候はドイツと似ているような気がします。
じゃじゃ |  2006.11.30(木) 08:30 | URL |  【編集】
はぁ~い。お察しの通り、毎時毎分毎秒、睡魔と闘っていますよ。
もう眠たくて、眠たくてしょうがない。

どうにかしてくれぇ~って感じ。

我慢出来ない時は、仕事の合間を見て、PCの前でうつ伏せになって寝ていたりします。。。。


針は私も嫌いでした。
でも、数日すると嘘の様に痛みから開放されるんですよ。
癖になるかも・・・なんて思いつつも痛みの回避が出来るんならって、激痛になる前の段階で行くんです。
合う、合わないが有ると思いますので一概にも言えないけど、合ったならば最高の痛み回避法だと思いますねぇ~

イタリアにもあったのねぇ~良かった。あはっ
ち~まま |  2006.11.30(木) 10:55 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん

私もマフラーをぐるぐる巻き姿を不思議に思ったり「大袈裟な..」と思っていましたが、これからはマフラーを2枚くらいグルグルに巻きたくなるくらい恐ろしい痛みでした。

幸いロンパは昨年この痛みを肩に経験していて、
(本業が歯医者の)主治医に見せた時、主治医も経験したらしく
「俺もあるよ~。う○こ漏らすくらい痛いんだよなー」って言ってたらしいです(爆)

ドイツの冬は経験がありませんが、きっと湿気と寒さ的には似てると思います。
ろんま |  2006.11.30(木) 20:58 | URL |  【編集】
●ち~ままさん

>イタリアにもあったのねぇ~良かった。

う~ん。でもあんまり信用してないんですけど(笑)

日本で行っている整体の先生もハリ治療をするので、今度帰ったときにやってもらおうかなーと、毎回思うのですが、ハリは結構くせになると聞いたことがあり、癖になったとしてもイタリアで行く気しないし。。。と思い、やめてしまうんですよね。

とりあえず整体で充分楽になるので、それでいいかなと。

>もう眠たくて、眠たくてしょうがない。
私もその時期、ちょうど仕事をやめたときだったので、
ずーーーーっと寝てました(笑)。
ろんま |  2006.11.30(木) 21:45 | URL |  【編集】
ロンパの『はい。おばあちゃん。ゆっくり起き上がってねぇ』と言っている姿を想像するとかなりウケますね…(また、そうやって人の不幸をネタにキャッキャ、キャッキャ言ってると、怒られるかな…)

しかも、モカチーノさん『ABANO』オススメしちゃって…パドバでは『おじいちゃんおばあちゃんの楽園』として、有名なのですよ、あそこは…しかも、『いかほ』と姉妹都市。いかほって、温泉あるところですよね…もしかしたら、温泉にゆっくり入って身体の芯まで温まるのが、いいのかな。ろんまさんへのお土産は、バスクリンに決定ですか…?
みつこ |  2006.12.05(火) 07:25 | URL |  【編集】
●みつこさん
>そうやって人の不幸をネタにキャッキャ、キャッキャ言ってると、怒られるかな…

いやいや。。これには自分自身、情けなくて笑いが出たわ。
ロンパに「おばあちゃん.大丈夫?」って聞かれるたびに、笑っちゃって激痛が走ってのたまってたけど。。

しかしアバノがいかほと姉妹都市。。
「いかほ」ってはじめて聞いたなぁ。。。
ヴェローナに温泉があるらしいから、
来年の春にでも行こうと思ってるんだ♪

でもほんと、お風呂に入ったらずいぶん良くなったよ。
私は見てのとおりデリケートだから、自然の入浴剤でないと痒くなるのよねぇ。。
だから今は、岩塩と重曹を入れてあったまってる♪
あったまるよ~v-78
ろんま |  2006.12.06(水) 21:59 | URL |  【編集】
ごめん、またまた『今更コメ』…

上のロンの写真、サムもそっくりな写真ある…やっぱりどっか、似てるのかな。
みつこ |  2006.12.09(土) 20:40 | URL |  【編集】
●みつこさん

うん。似てるところがあると思う。
サム君を見てると、ロンの小さい頃がフラッシュバックするもんなー。
ラッキーがサム君を見るなり「フーーッe-262」って怒るのも、ラッキーもあの仕打ちがフラッシュバックするのかも(爆)
笑えるね。
いよいよ明日出発。こんなところからだけど、
『いってらっしゃーいe-463
ろんま |  2006.12.15(金) 08:56 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。