スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

イタリアのADSL2 契約の注意点 (+追記)

2006年10月28日(土)
先日、契約中ではない会社からの勧誘の電話があったと書いたけれど、
その次の日、また他の会社から電話があった。

いつもなら勧誘電話はかなり訛りのきついお姉さんなのだけど、
このときはお兄ちゃんだった。(以降お兄)
お兄「インフォ○○ですが、ADSLはお使いですか?」と。
私「あ。結構です。間に合ってるので。。。」
と、そそくさと切ろうとしたら、電話の向こうで
お兄「しにょーーーーーーーらぁぁぁぁ。。」と叫んでる。。。

何事かと思った私は「何でしょうか?」と尋ねると

お兄「どうして、僕の話も聞かずにきろうとするんですかぁ??」
と、大袈裟に言っている。

私「だって勧誘でしょ。今ので充分だし、別の会社に切り替えようとして1ヶ月以上ADSL使えなくなる方が困るから」

お兄「うちはそーんな長い間使えないことはありません!せいぜい2日。」

私「2日?そんなの信用できると思う?昨日勧誘があった○○2は
 2週間て言ってたけど」

お兄「あー。そんなのダメダメ。うちのほうが全然安いしやることが早いですよ。」と。

私「とりあえず今は必要ないから、2・3ヵ月後にもう一度電話してくれたら、考え直すかもしれないから」
というと、

お兄「そんなの遅すぎるぅぅぅ
何事も大袈裟なお兄ちゃんだ。

・・・というわけで、お兄ちゃんの口車に乗せられて(笑)説明を聞くハメに。。。

説明を聞いてみると、やっぱりお得。
「契約してください!」ってしつこくいわれる中、

私「他の会社と見比べてから、主人と相談して決めるので時間をちょうだい。」

お兄「失礼ですが、一つ質問してもいいですか?あなたはどちらの方?」

私「日本人です。」

お兄「あーーーーーーー。なるほどー!こういったエレクトロニクスの件に関しては、あなた方日本人は最先端だから、イタリアのシステムに疑い深いんですねー!」と。

私「そうそう。日本には「石橋を叩いて渡る」ってことわざがあるの知ってる?
  騙されないように、念には念を入れないとね」

お兄「知ってる知ってる♪(←かなり調子がいい)」
(電話のあとで、イタリアにおいて「騙しやすい外国人ナンバーワンは日本人」であるので、全然説得力なかったなーと思ったりして。。。(笑))



結局、数日後にもう一度電話をくれるというアポを入れた。


続きへどうぞ
(クーリングオフの手続きの仕方も書いてあります)
  ↑結局契約したんかいって?(笑)

【More・・・】

ロンパに話すと結構乗り気。
他の会社と比べても、一番安いみたい。

というわけで契約する方向に決め、あとは契約中の会社の
契約書を読み直してから・・・なんて思っていたら、
約束の電話がかかってきてしまった。

急いでロンパに渡して、断るように言ってもらうつもりが
ロンパ「今から仕事に出なくちゃいけないから、話してる暇ないし、
  うちの嫁と決めてくれる?」と。。。。おいおい。。
ロンパがそういうのであれば、肯定的と考えるのが普通。

お兄「旦那さんもああ言ってることだし、契約しちゃいましょ♪」

私「ちょっと時間がなくて、契約書を読んでないからまた明日かけてくれる?」

お兄「大丈夫!うちでちゃんとするんで、とりあえず契約しちゃいましょ。」と。

私「本当?向こう会社の解約手続きまでお宅でやってくれるの?」

お兄「はい。とりあえず契約書を送ってくれればこちらでやります。。」



うーーん。。。。ホントかいな...
でも、今使っているASDLは、丁度1年が過ぎたところ。
私の記憶では、最初の2ヶ月が無料になったということで、
最低1年は契約をはずせないことは知っていたけれど、
それ以降は大丈夫。。と思っていたので、
口頭による契約をすることに。

ドキュメント番号が必要で、
「CARTA D'IDENTITA(イタリアの身分証明書)」か「免許証番号」を聞かれた。

契約自体に不安があったため、運転免許証は出したくなかったので、
イタリアの身分証明書にしようと思ったが、期限が切れている(笑)

私「あのね。運転免許はなくて、期限が切れてる身分証明書しか
  ないんだけどいい?」と聞くと(爆)

お兄「・・・・いいですとりあえずそれを書いておきましょう


そして、滞りなく契約手続きが終わり、
最終的にサイン入りの契約書をFAXで送れば終わり。というところまで来た。

お兄「この契約書は、今から48時間以内に送ってくださいね」

私「48時間?なんでそんなに短いの?もしそれをオーバーしたら?
 イタリアは、お客さんに対してかなり短い時間しか与えないのね。」

お兄「・・・・オーバーしたらサービスが受けられません」

私「それだけ?んじゃ、サービスを受けたくなったら契約書を送ればいいの?」

お兄「・・・・・・いや・・・。とりあえず、FAXが送らないと
   契約違反になりますので、早めに送ってください」

私「分かりました48時間以内かは保証できませんが。」

お兄「早めに送ってくださいね(懇願)」

私「はいはい。。分かりました」

そして、電話を切って10分後、また電話が鳴りお兄ちゃんからだった。

お兄「あのぉ。。。2つだけ聞き忘れたことがありまして。。」

私「はい。何でしょう」

お兄「一つは、旦那さんの名前と連絡先。。。。そしてもうひとつは、
   寿司のレシピを教えてください♪」

私「寿司のレシピ?お宅の会社はローマにあるんでしょ?寿司レストランならいっぱいあるでしょ」

というと、
お兄「ミラノです」(そんなにムッとしなくても。。)

私「あ。ミラノなの?ミラノもいっぱいあるから、レストランで聞けばいいよ」とアドバイス。

おちょくりながらもうるさい客に対して、うまくかわしながら
とても快く応対してくれたお兄ちゃんでした(笑)
この時思ったのですが、イタリアの勧誘の場合、
電話の向こうで仏頂面をしているのが目に見えるようなお姉ちゃんより
こういった機転の利く男の子の方が向いてるんではないかと思いました。


でも、会社がミラノと聞いてちょっと不安を感じた私。。。
その後別の女の人から契約の確認の電話が来た際、
私「もう一度確認しますが、もともと契約してある会社との
  解約手続きはお宅でやってくださるんですね?」と聞くと、

「え?聞いてない。。。」と言いたげな声で
か細く「・・はい。。」と返事したのが気になった。

電話を切って早速、契約中の会社から送られてきた契約書を見てみると、
書いてありました!!

「この契約1年間有効。その後、契約は1年単位で自動的に契約更新されます。
 契約を解除する際は、契約期限から2ヶ月前に「契約解除申請」をすること。
 それ以外の時期、方法であった場合、私どもはお客様に対して
 契約期間分の代金を請求できる権利があります。」
と。。。。。
ガガーーーーーーーーーーーーン。
うちが契約したのが昨年の9月末。
丁度1年が過ぎた直後なので、今、他の会社と契約したら
1年間今の会社と新しい会社に2重払いしなくてはいけない

・・・というわけで、次の日早速クーリングオフ手続きを。
参考までにどんな手続きをしたのか書いておきます。

1.とりあえずお客様サービスセンターに連絡し、必要事項を聞く。

2.契約者氏名、契約番号、日時、電話番号などを記載し
  契約を取り消す文章を書き、
  契約時のドキュメント(私の場合は期限切れの身分証明書(笑))
  のコピーといっしょにFAXで送信。

3.FAXで送った書類を封筒へ入れ、受け取り確認はがき付き郵便
 (Raccomandata con Ricevuta di Ritorno)で、契約先に送る。

これでOK。
この受取り確認はがきが、今日届きました。
1週間で全てが済んだなんて、ちょっと奇跡的ですが、
とりあえず、何か言われた時用に、書類はしばらくの間とっておくことにします。

みなさんも気をつけてくださいね~


△△▲▲△△▲▲△△▲▲△△▲▲△△▲▲△△▲▲△△▲▲△△▲▲

ここまでが昨日までの記事。。

今日電話が鳴り、ロンが出たあと私に渡したので聞いてみると、
キャンセルしたはずの会社からで、しかも自動音声で
「手続きが終了しました。今日から私どものお客様です」
なんて声が。。。
急いで切って、そのままお客様センターへ電話してみた。

すると「キャンセル手続きはただいま行われています。
モデムが届くはずですが、それを受取らずに送り返していただければ、
キャンセル手続きが終了します」と。。。。。

なーーーーーーんで、こんなややこしいんだろう。。
キャンセルしたのは契約の次の日の午前中なんだから、
契約した午後7時から次の日の午前中までにモデムを送ったとは
思えない。
それだったら、キャンセル書類と同時に全てを止めればいいのに。
こういうややこしいことしてるから、必要な作業まで手が回らず
客を待たせることになるのになぁ...訳わかんないなー。(ブツブツ。。)

この間注文したろんぱの仕事用のズボンも、
届いたのはいいけどサイズが小さかった為送り返し、
サイズ換えのついでに、注文枚数を1枚のところ2枚に変更したら、
「全部で3回配送業者が来ます」と。なんで3回?と思いますよね。
1回目は、返品用のズボンを取りに来る為。
2回目は、新しい注文分のズボン1本を届ける為。
3回目は、交換分のズボンを届ける為。




どう思います?
こうやる理由は、単に伝票を「返品用」「交換用」「注文用」と
分けなくてはいけない為だけらしい・・・
そんな訳の分からない時間とお金の無駄遣いをやってる間に、
他の仕事やサービスができるだろうに。。
と、いろんな場面で思うんですよねぇ...

ただでさえ3回も来られるのはややこしいのに、
こちらの配送業者は不在の場合
「明日の午前中家にいるので、持ってきてください♪」と言って
持ってきてくれるわけがない。
急いでる場合は、わざわざ車で30分くらいのところまで
取りに行かなくてはいけなかったりする。
(郵便局の配送の場合はもっとひどくて、時間がないと家にいるのに
ベルを鳴らさず不在届を入れておいたり。。。)

このズボンの交換手続きをして3週間くらい経ってますが、
今のところ交換用のズボンが一本届いただけ。
「このズボンが届いた次の日くらいに続けてくるかなー?」
なんて思った私が甘かった。。。

いつになったら届くんだろう...早くしないと時間がないんだけどなぁ...
(↑イタリアの場合このようにブツブツと願うしか策がないんですよ(笑))

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:59 |  [育児日記] 2006年10月  | TB(0) | CM(7) | Top↑

コメント

おおっ!いい事聞いた~。
ウチも、『変えよっか、どうしよっか?』と話しているところなので、参考になりました…

でも、ウチ、隣町なのに回線の関係で、『安いサービス圏外』って、どこの会社でも言われるんですけど…v-356 だから、結局テ○コム イタリ○なんですけど… サービスはまあまあかなぁ~。

『石橋をたたいて渡る』って、ことわざまで出してきてるそんな必死なろんまさんも、ウケますね~。ちなみに、石橋は訳すと『ブリジストン』ですか?それは英語か。ぶぶぶ。
みつこ |  2006.10.28(土) 00:02 | URL |  【編集】
●みつこさん
ほ~~。。。なるほどー。
タイヤの「ブリジストン」って創業者の石橋氏の苗字を英訳したことから来てるんだ-!すごーーーい!かなりビックリしたよ。
へぇー。。。全然気づかなかったなー。。。。(←めちゃ感動してる私)


話しを戻して。。。
きっとうちが契約してる会社だけでなく、他の会社も同じような契約書を作ってるはずよ。
客を取られないようにする前に、客が離れない努力をしてよe-262
って思うよね。
今回の業者のウリは「senza canone! senza tele○○○」だったのよ。しかも、電話代は市内市外ともにタダ。
月ぎめ料金払えば、ADSLも使い放題なの。
結構魅力でしょ。
家はほとんど電話を使わないけど、それでもどう考えても、安くつくのよ。
ちなみにこの業者がうちの街で一番早く[senza canone]を繋いだから、希望があるかもよ♪
でも、解約時の2ヶ月前にoffertaがあるか不安だったりする。。
うちの場合2ヶ月前となると7月末だからヴァカンツア気分真っ盛り♪じゃん。

ろんま |  2006.10.28(土) 07:16 | URL |  【編集】
うちもADSLを入れようかどうか検討中。わが町にもFAST○Bがきたって言うし。
それより、お金がもらえるとなると作業が早いよね。うちの会社の人はラインなしのADSLを注文したにもかかわらず、届いたモデムはラインつき。なのに、毎回請求されるのはラインなしのADSL料金。クレームを出し続けて、一年後にようやく、正しいモデムが着いたのよ。
この調子だと、ズボンは一年後かな?もう一本注文しといたほうがよかったりして(笑)
Riccia |  2006.11.01(水) 00:50 | URL |  【編集】
ADSL導入を検討中なので参考になりました~。

今回の勧誘(機転の良い)お兄さんの業者は、「senza canone! senza tele○○○」、電話代は市内市外ともにタダ・・・・って書いてあったけど、本当なのかな??(石橋を叩いてあまり渡らないタイプの私ですが(危険)・・・これには疑い度100%)

・・・というのも、知り合いが同じフレーズで謳っていた、某ADSL業者と契約をして最初の6ヵ月はその通りで事は進んだらしいのですが、その後、契約とは反して「tele○○○」とのダブル請求をされるようになったそう…。納得がいかないので業者に電話した所、「あ~、方針が変わったんですよ。」の一言だったらしい。
その後は抗議の電話をしても、拉致が開かずの状況らしい。(結局今は払ってるみたいです。)

こんな話を聞くと、ADSL導入がますます遅れていってしまう私です…。(でもこのまま普通回線は接続が遅すぎてイライラするので精神的に良くないです(笑))
ろんまさんの現業者は今の所問題なしですか?
ヴェルデ |  2006.11.02(木) 01:55 | URL |  【編集】
●Ricciaさん
そっか。やっとFAST○○B来たんだ。
いろいろ問題があるもんね~。
そういえば、まだ来るはずのモデムは到着してないわ。
も・ち・ろ・んズボンも。。。。e-263


●ヴェルデさん
そうなんだー。ふーん。
そういえば、契約書に「契約内容はこちらの都合により変更する場合があります」っていうのも入ってた。
今のところうちのは大丈夫だけど。
もしかしたら「senza canone」のやつは、そうやってるのかもね。
そうでないと、Tele○○●が大人しくしてるわけないもんね。
なんで特別な対策とかサービスとかしないのかな?って思ってたけど、それが魂胆だったりして。。。ゲゲーーーーー。ほんと国全体がマフィア的だよね。。全て上のほうでは繋がってるという。。。
あくまでも私の考えだけど。。。
ところで、それどこの会社?
ろんま |  2006.11.02(木) 07:00 | URL |  【編集】
「ユー〇リア」とかっていう業者。
結構、新しい業者らしいよ。

マフィアとの繋がり説…なんとなく納得。
イヤになるねぇ、本当に。
ヴェルデ |  2006.11.02(木) 21:08 | URL |  【編集】
●ヴェルデさん

へー。聞いたことないけど。大きな町しかまだないんだろうね(笑)

イタリア人自体が『マフィア魂』を持ってるのかと思うよね。
ろんま |  2006.11.03(金) 06:10 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。