スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

数字の怪

2006年09月04日(月)
日本にもあるロトくじと呼ばれる、数字あわせ式の宝くじが
イタリアにもあります。

イタリアでは、何か普通でないことが起こったり夢を見たりしたら、
LOTTO本を参考に、内容に関係のある数字を出してきて、
LOTTOをすると、当たる確率が高いといわれています。

丁度先月の1日、シチリア旅行を終え、
帰りの飛行機に乗る為にカターニア空港で出発を待っていると、
私たちの乗り場のゲート「17」番が、
出発20分前になっても、私たちの飛行機の前に出発するはずの
ナポリ行きの搭乗手続きをしていた。

ロンパが痺れを切らし「ちょっとタバコを吸ってくる」と
ロンと一緒に空港外へ出た瞬間、私たちの飛行機の搭乗案内が
すぐにロンパの携帯に電話したけれど、電源が切れている。。。

ま、タバコ一本だから5分くらいで帰ってくるだろうと余裕をこいていたら、
放送で、「●●便ヴェネチア行き最終案内です」と。。。

げげーーーーーー!何で二回目の案内が最終案内なの?
と思いつつ、慌てて搭乗ゲートへ行って説明すると、
地上係員のお姉さんが逆上して、
「なんでこんな時にタバコを吸いにいくんですか?
あと10分で出発予定時刻ですよ」と。

「つい5分前まで、ナポリ行きの搭乗手続きが1時間近く遅れいていたから、
こっちの方も遅れると思ったんです。」と言うと、
「遅れてません予定時間に出発できます。
あと5分以内にあなたが外へ出て呼びに行かないと、
飛行機は出発しますよ」と。


ガガーーーーーーーン。。。


とりあえず、荷物を母と甥、姪に預けて、
パスポートと切符だけ持って外へ出ると、
幸運なことに、すぐにロンパとロンの姿が見つかった。
急いで荷物検査を済ませ、搭乗ゲートにたどり着くと、
バスが出発する為にバックしていた。。。

ロンパがチケットも渡さず「ちょっと待ってくれーーー!!」と
搭乗ゲートを突っ走ってバスを追いかけていき、
地上係員が「ちょっとお客さーん」と追いかけてハチャメチャ。
運良くバスの運ちゃんも気づいてくれ、搭乗することができた。。


めちゃくちゃ白い目で見られながらも、
とりあえず飛行機に乗ることができて
ふ~。やれやれ。一安心。。。と思いきや、

いきなりパイロットのような人とか機内係員のお偉いさんやら
3人くらいに囲まれ、「ロンパさん(←ロンパの本名)ですか?」
と言いながら書類を見つめている



もしかして、罰金??


と思ったがそうではなく、
「いちおう規則なので確認しなくてはいけないのですが、
 飛行機内は禁煙です。トイレでもタバコは吸わないでください。
もし吸っているところを見つけた場合は、罰金を要求します」と。

「あーーーー。罰金じゃなくて良かったー」
と安心している私の横で、ロンパが
「そんなこと百も承知です。だからわざわざ外にまで出て
タバコを吸いに行ったんじゃないですか
と食って掛かってる。

おいおい。。。気持ちは分かるけどさー。
出発時間が遅れたのは君のせいなんだから、
この場は大人しく謝んなきゃダメでしょ。。。



そんなこんなの後、飛行機内でロンパとこんな話になった。

イタリアでは『17』は不吉な数。
私達がこの航空券を買う手続きが終わった日が6月17日17時だった。
縁起担ぎのロンパが、
「やっぱり買う日を一日ずらせばよかった」と言っていたのを思い出し、
「なんかこの飛行機やけに『17』がついてまわってない?」と
私が言うと、
ロンパが「確かに。。このチケットを買ったのが17日17時、搭乗ゲート17番、そして2006年8月1日=2+0+0+6+8+1は『17』
ぎぇーこの飛行機落ちない方がおかしいよ
と、でかい声で言ってるし。。。

ただでさえ出発を遅らせて添乗員に口答えしたのに、
そのうえ「落ちる」なんて縁起でもないことをでかい声で言うなんて、
めちゃくちゃ迷惑な客だ。

これ以上ロンパを騒がせると飛行機を降ろされかねないので、
気分を変えるために、「これはLOTTOをやれっていうことだよ。」と、他に出そうな数を探してみることに。
8月だから「8」と私が言うと、ロンパが
「安易過ぎる。。」と言いながら窓の外を見ると、
丁度飛行機が出発する滑走路の手前についたところだった。
滑走路番号「8」。
というわけで、日付の1も加え、「1・8・17」の数字が出てきた。

日本のはどういう仕組みか知りませんが、
イタリアのロトは、2つ当たりとか、3つ当たりとか選べるので、
必ずしも5つ数字が当たらなくても、そういう賭け方をしていれば
配当金が出るシステムらしい。
あと難しいところが、都市ごとに分かれているということ。
ある数字をフィレンツェに掛けたとして、その数字が別の都市、例えば、ヴェネチアで出たとしても、当たりにならない。

そこでわたしたちは、シチリアにいたので「パレルモ」に賭けることに決めた。

続きへどうぞ

【More・・・】

そこまで話していたものの、地上へ着くとやはりバタバタ。
家へ着いたら着いたで、バタバタ。。
結局LOTTOを買いにいっている暇はなかった。

一応次の抽選会の時にチェックしてみたものの、
この3つの数字は出ていなかった。









そして一ヵ月後。。
8月31日の抽選会で出たのだ。「8と17」がパレルモに!
もちろん買ってるわけがない。
でも、この数字を見て「あれからちょうど一ヶ月前だね」
といいつつも、次の抽選会で出ても1ヵ月後だった。
なんで1ヶ月になる1日前(1回前)に出たんだろう?
と思ったけど、あまり深く考えずにいたら。。。。

後日ロンパ曰く、新聞に載っていたようだが、
8月31日はダイアナ妃の命日。
8と31(日付)と17(不吉)、89(結婚)の数字が、
パレルモに出ていたと。
なぜパレルモかというと、プリンセスダイアナ、
パリ(事故があった場所)の両方とも『P』で始まる。
Pで始まる地名はLOTTOではパレルモだけ。
これに前もって気づいていた人たちがたくさんいて、
当たった人が大勢出たそうだ。

というわけで、私たちの予想した数字は、
たまたまここに引っかかっていただけらしい…・・・
でも、いくら数字を考え出しても、
賭けないと意味ないんですけどね。。。。
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:13 |  [イタリア]イタリア事情  | TB(0) | CM(10) | Top↑

コメント

うちはあんまりLOTTOはやらないけど(ことごとく当たらないので、もう止めました、涙)

ナポリは結構迷信好きな人が多いので、同じ夢を何度も見た→夢判断の本に載っている数字を確認→くじを購入ってやる人が多い。あと節目節目でやる、とかね。引越先の番地、日付とか。

春に見る夢は、
1ヶ月間、BARIにかけるそうですよ。知ってました?!


私、今年の春に同じ夢をずっと見ていて「これは・・」と夢を数字に解析、住んでいるヴェニスに賭けてみたけど、当たらず・・

でもっ!BARIでは同じ番号がバッチリ当たってたv-12
ダンナが「ああ、春の夢はBARIにかけるんだった・・」と。

あの時、思い出してBARIに賭けてたら・・・大当たりでしたわ、ウチ。

それ以来、もう買うのを止めたの。
縁がないかな、っと。
きっこ |  2006.09.04(月) 17:17 | URL |  【編集】
足し算して、『17』になってるのを発見しちゃったのはちょっと怖いね。

私のラッキーナンバーって、77と52なんだけど、結構LOTTO見てたら、各地で出てるよ。うふふ。

でも、うちも全然当たらないので、賭けるお金は食費に回しています。
(元祖!貧乏金なし。)
みつこ |  2006.09.05(火) 04:43 | URL |  【編集】
●きっこさん
あらー。残念。。。e-470
前一緒に働いてた人も、フィレンツェに遊びに行ってlottoをして大当たりした夢を見て、必死に数字を覚えておいて買いに行ったらしいのだけど、お店で「夢を見たらBARIに賭けるのよ」と言われてBARIに賭けたら、見事フィレンツェに出てたって。。。。もし私の身の上にこんなことになったら立ち直れなさそう。。。


●みつこさん
ほんと、ロンパが足し算しはじめた時は「そこまでないでしょ。。」と思ったのに、17になったのはビックリだった。

わが家もやめてから1年位経つよ。
もともとは私の禁煙から始まったんだけどね。タバコに使うお金をエナロットで賭け始めて、ビギナーズラックが何度か出てくれたおかげでタバコが止められた(笑)

最近は公園で四葉のクローバーを見つけたときは、買いに行こうかなーと思ってる
・・というのも、この前四葉を見つけた日に、たまたまテレホンカードを買いに行ったついでにスーペル エナロット(カタカナだと間が抜けてるね)をやったら10ユーロ当たったから♪
ろんま |  2006.09.05(火) 05:13 | URL |  【編集】
うちもやるけど、なかなか当たってくれない。同じお店で買い続けるのがいいとか言われて、ずっと同じお店で買ってるんだけど、一回買わなかったときに限って、皆さん1400ユーロ獲得だったって(涙)。
当たりたければ買わないといけないし、買っても当たらないし、悩むところ。うちも気が向いた土曜日は、買ってるけど。(ついでに買うスクラッチなら何度か当たってるけど、それほどの金額じゃないから、トントンって感じ。)
Riccia |  2006.09.05(火) 15:34 | URL |  【編集】
●RICCIAさん
同じ店といっても、相性があるみたいよ。
ロンパがヴェネチアで働いていた時、ヴェネチアのタバッキで買うと、いつも何かしら当たってたんだけど、ヴェネチアの仕事が終わって、別のところでやっても、まるっきり当たらなくなっちゃったの。
ロンパもムキになって、賭ける金額がどんどん増えてったんだけど、放っておいたらいつの間にかやめてた(笑)
ろんま |  2006.09.05(火) 17:37 | URL |  【編集】
楽しく読ませて頂きました。
ななえママの所から、飛んで参りました、ち~ままです。
イタリアに住んでいらっしゃるというだけで、羨ましい事この上無く、ついついカキコしてしまったんです。
イタリア旅行した時は本当に夢の様でした。何故かミラノには行かず、フィレンツェ、ヴェネツィア、ローマ。
美術館と教会見学三昧でした。

懐かしい・・・・今度は家族で行きたいが、いつになる事やら。

じゃっ又来ますね♪
ち~まま |  2006.09.06(水) 12:15 | URL |  【編集】
●ち~ままさん
こんにちは!
コメントありがとうございます♪
イタリアに住んでいる私にとっては、「日本に住んでいる人たち」をとても羨ましく思います(笑)
やはり『外国人』として暮らすより、観光したほうが楽しめますよ。
ちなみに私は、ローマにはまだ行ったことがありません。うちもロンを連れて行くには、もう数年待たなくては。。。と話しています。
イタリアは美術館や教会など素晴らしいですが、子供にとっては退屈な場所ばかりですもんね。
私達も美術館などによく行っていたのですが、ロンが生まれてからは、思いっきり遠のいてしまいました。強行突破で無理やり行ったとしても、集中できないから結局何見たのか覚えてないんですよね(笑)。
ろんま |  2006.09.06(水) 17:31 | URL |  【編集】
早速コメントしちゃいます。

仕事柄、イタリアは私の憧れなんですよ。今年の5月に福岡・門司に出来た結婚式場・・・その名も「アモーレヴォレ サンマルコ」・・・部分的なコーディネートを依頼され、楽しく仕事しましたよ。
因みに↓
http://www.sanmarco-moji.com/#
宣伝しちゃったね(///∇//)テレテレ

本モノのサンマルコ寺院と比べると・・・ですが、此処は水没の心配も無く良い様です。(〃´・ω・`)ゞえへへっ♪

美術館、教会は子供にとっては苦痛でしょうね。様は、京都や奈良な訳ですから・・・確かに・・・。
でもなぁ~アレだけの著名な作品をチープで見られるというのは、羨ましすぎです。
あ~行きたいよぉぉぉぉ~

今じゃ私のパスポートは韓国だらけ・・・当然旦那様の故郷へ里帰りの為です。とほほ・・・。

ち~まま |  2006.09.07(木) 11:25 | URL |  【編集】
こういう賭け事はハマっちゃうと、まずいよねぇ。小額をお遊び程度でやるならいいけどね・・・まぁ、こういう私みたいな「コモノ人間」は大金当たる可能性もないんだけど・・

ち~ままさんの書いてらしたサイト見てみたけど、すっご~い素敵ですね。
ロンマさん!DISH見てみて!
すんご~く美味しそうなお料理の数々。結婚式したいなぁ、そこで。もう結婚しちゃったけど(汗)
きっこ |  2006.09.08(金) 17:01 | URL |  【編集】
●ち~ままさん
すごいですねー。ここまで再現するなんて。。わざわざイタリアまで来なくても十分堪能できますね♪
・・というか、イタリアまで来て結婚式するより、断然サービスが整ってると思います。
楽しくお仕事できたというのが、写真からも伝わってきました。ここまで本格的だったら、やりがいありますよね。
私が住んでいるこの辺は、昔の貴族のお屋敷街なので、一般に開放されているお屋敷を見ることが出来ます。
この間、villa pisaniというお屋敷を見に行ったのですが、『すごい!』の一言。こんな近所にこんなものがあったなんて(あったことは知ってたのですが、中を見たことなかったのです)、とほんとにビックリしました。
きっと『Villa Pisani』で検索すると、外観くらいですが写真が見られると思いますよ。


●きっこさん
>DISH見てみて!
・・・って、ち~ままさんがインテリアのお仕事だから、きれいなお皿が使われてるのかと思いきや。。。やっぱりきっこさん。。食べ物だし…(笑)
でも、まじおいしそー。伊勢えび食べたいなー。。。

>結婚式したいなぁ、そこで。もう結婚しちゃったけど(汗)
しちゃったけどって、しかもしたばっかりなのに(笑)
でも私もそう思ったわ。うちはまだしてないからできるかなー。・・・って、本物のサンマルコ行ったほうが近いという…。。。


ろんま |  2006.09.08(金) 17:36 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。