スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Ferrara散策 その1

2006年07月19日(水)
日曜日に、エミリア・ロマーニャ地方のFerraraという街で、
ロンパの好きなグループの無料コンサートがあるということで、
少し早めに家を出て、フェッラーラ散策を。

コンサートが行われるのは、町の中心の広場。
フェッラーラの有名な広場というと、
エステンセ城がある広場。

ロンパは
「数年前も行ったことあるけど、そんなお城あったかなー?」
と言っていたので、存在感のない小さなものを想像していた。

家から車でおよそ1時間くらいでフェッラーラの街に到着。
駐車場に車を停め、下調べに噂のエステンセ城の広場を見に行った。

丁度機材を運び込んで、取り付け作業をしていた。
ferrara 00


んで、お城は??









ferrara 02


・・・すごいでかいんですけど。。。
どうやったら『記憶にない』っていえるんだろう?
広場より大きなお城は、存在感がありすぎて
視界に入らなかったのでしょうかね(笑)

中へ入る為のつり橋(?)からの眺め。
ferrara 03


お城の中庭へ
ferrara 04


井戸が二つある中庭。
ここにツーリスト インフォメーションもあるので、
近郊の地図をもらいに行きました。
ferrara 05


サヴォナローラやエステ家の人々が何百年も前に
ここでたたずんでいたのかと思うととても不思議な気分。
ferrara 06


ferrara 09


↓ロンも井戸をバックに大砲の弾のモニュメント(多分)に
 座ってたたずんでみました。
ferrara 08


↓外へ出て、またコンサートの準備を見始めたロン。
しばらく動きませんでした。
ferrara 11


続きをどうぞ

【More・・・】

広場からお城の裏に行くと、サヴォナローラの像も。
ferrara 12


右の方へ行くと、時計台が見えました。
ferrara 14


よく見ると時計台の横の建物には、景観を損ねないよう配慮した
マクドナルドがありました。
ferrara 15


その横に、ロマネスクとゴシック様式が混合された
ドォーモ カッテドラーレがどっしりとした構え。
ferrara 13


中は、本堂と入り口の間に前室が設けてある造りで、
その奥の本堂は天井が高く、どっしりとした重圧感。

もっと見所があるのですが、なにせ3歳児のロンは、
1歳の時よりもたちが悪く、一つの場所から動くのに
3倍以上の時間が掛かるため、公園へ行くことに。

公園へ行くまでの道も、綺麗に手入れされている昔ながらの
建物と石畳の道が風情がありました。
ferrara 16


しばらく行くと、ポー川の写真展が開かれていたので
寄って見ることに。
ferrara 18


その隣には、ディアマンティ宮殿と呼ばれている国立絵画館。
ピラミッドがくっついているようなとても珍しい壁で、
日の光にキラキラ光ってとても綺麗だったので写真を撮り、
公園でガイドブックを見ていて、この特徴的な壁から
ディアマンティ宮殿と呼ばれていると知りました。
ferrara 19


美術館は閉まっていましたが、中庭は解放されていました。
ferrara 21


公園へ行くために、とおりを曲がる時にあった建物。
ferrara 20


何の建物か見ませんでしたが、これも普通の建物にしては
子供が座っている像があるとても珍しい造りになっていました。
ferrara 22


こういった何世紀も前の状態で、街そのものが存在している
ところにきたのは久し振りで、とても新鮮な一日でした。

ferrara散策 その2に続きます。


※ちなみに写真をクリックすると、少し大きく見ることが出来ます。

※もうすぐブログ訪問者20000をカウントします♪
 明日20日で1周年を迎えることも祝って、
 20000をカウントしてくださった方に、なにか粗品(笑)をと
 考えています。カウントした方はコメント、もしくはメールを
 書いてくださいね!


↓応援クリックお願いします♪↓
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:15 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | TB(0) | CM(8) | Top↑

コメント

初めまして。98~01年までローマに住んでいました。今17歳で、4月からブラジルに留学中です。
イタリア(特にローマ)の建物が大好きでした。普通のマンションでもすごく綺麗で、まっすぐシンプルすぎな日本のビルとは違う!!
ブラジルの留学ブログを書いていますが、ローマの思い出がたまに出てきたりします。((雑談ばかり;笑
ローマ、絶対また行きたいです。
みどり |  2006.07.19(水) 23:05 | URL |  【編集】
お邪魔しま~す♪
フェッラーラ、きれいな町ですよね。何度か行ったけど、何年か前に12月頃行った時は教会の傍の広場いっぱいにメルカートが出てておもしろかったですよ。
↓ラッキーちゃん、キレイになってよかったね♪
私は猫好きなので、ウチに犬がいなければ是非是非預かりたかったけど。。。ろんまさんがシチリアから帰ってきて、「ラッキーちゃんはウチの犬のお腹の中です」ってことになってたら大変だしね。
シチリアの旅、ろんまさんもロンくんも楽しんできてくださいね~!
mochaccino |  2006.07.20(木) 00:56 | URL |  【編集】
●みどりさん

はじめまして!
小学校高学年と中学生活はローマだったんですか?(←子供がいるにもかかわらず、最近の編成でまだ理解できていないろんまですe-330
私はいろんなところに行ってる割に、ローマに行ったことはないのですが、2000年に一度、ローマ旅行計画がボツになって以来、ロンが6歳以上になったら行こうと話しています。とてもきれいな街のようですね。『行ったことない』というと、目を真ん丸くしながら『すごい綺麗なところだから、絶対行かないと!』って言われます(笑)
イタリアの町並みは日本にはないものですよね。私も初めて見たとき、感動のあまり涙が出ました。
ローマに来る時は是非ベネチアにも足をのばしてください。ロンと会いに行きます(笑)


●mochaccinoさん
なるほどー。あの広場でいろんなイベントが催されるんですね。
私たちも是非12月に行けたら行ってみたいです。

『ラッキーがお腹の中』って(爆)
ワンちゃんたちが、ラッキーの猫パンチで引っかき傷だらけになっちゃうかも(笑)
なんだか間際になってバタバタする、いつものパターンをやってる割には、PCに向かってたりしてます。。
今日の夜、みんなが到着するので
これから買出しやら準備に取り掛かるとします。。。。
ろんま |  2006.07.20(木) 17:26 | URL |  【編集】
ローマにいたのは小学校3年~6年までです。小6の途中で帰国しました。
ローマは天国行く前に絶対行くべきです!!
バチカン、コロッセオ、スペイン階段…ぜんぶ大好きで何回も行きました。
今でも何も資料を見ずに絵をかくことが出来ます(ぇ)
小学校3年生だったガキが、ローマ遺跡に惚れました。。。
あ、ブラジルも素晴らしいところなので、ぜひ来てくださいね★
みどり |  2006.07.20(木) 21:44 | URL |  【編集】
おぉフェッラーラ良い感じの街ですね。
お城好きな自分はいつか行ってみたくなりました。
フェッラーラ散策その2楽しみに待ってまーす。
kemu |  2006.07.20(木) 22:26 | URL |  【編集】
●みどりさん
あら。。私の計算はかなりずれていましたね。。e-351


>小学校3年生だったガキが、ローマ遺跡に惚れました。。。

日本の小学生は教科書でしか見られない遺跡や美術品を実際に見ることが出来て感動することは、とても素晴らしいことですよね。
丁度いまこちらへ遊びにきている姪っ子と同じ年(今小学3年生)の時なのですね。
彼女の目に、どのようにイタリアが映っているのでしょうか?
何かを得て日本へ帰ることができるよう、いろんなものを見せたいと思っています。


●kemuさん
kemuさんごめんなさいねーe-466v-435

せっかく楽しみにしてくださっているのに、約束通り記事がアップできてないですぅ~e-330

しかも前にいちごのムースのレシピもそのままになっている。。。e-263
ごめんなさい。。。e-445
とりあえずFerraraの記事は、旅行前までにあげるようにするつもりでいます!

Ferraraの街は、久し振りに「イタリアに住んでるんだなぁ~」と思わせてくれた、古い町並みがとてもきれいな街でした。
是非いってみてくださいねー。

ところでお城好きというと「サン マリノ」は、もう行かれました?
あそこもちょっと体力がいりますが、とてもいいお城でしたよe-497
ろんま |  2006.07.23(日) 02:54 | URL |  【編集】
>イタリアの町並みは日本にはないものですよね。私も初めて見たとき、感動のあまり涙が出ました。

う~ん。(感慨深く
私は本と写真でしか見たことが無いけど
これを読んで涙が出たのは何故??
(苦笑

やはり血が繋がってると感性が
文字からでも身体に染み込むのかもと
感じた。大げさ?笑
ねね |  2006.07.27(木) 10:39 | URL |  【編集】
●ねね

そうかー。。。
子供達も何かしらを感じて、日本へ帰ってくれていたらいいのだけど。。。
次回はねねが来れるといいね。
日本人恐怖症になったロンパも「ねね」と「さく」は歓迎するって言ってる(笑)
ろんま |  2006.08.12(土) 05:52 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。