スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

不幸を呼ぶズボン?

2006年07月15日(土)
ワールドカップ決勝戦当日、
ロンパはひそかな計画を企んでいた。

数年前、トレントに住んでいる時に買ったディーゼルの
チェックのズボンを履くたびに、何らかの不運に襲われていた。

決勝戦の勝利を確信していたロンパは、そのズボンを履けば、
一気に「PORTA FORTUNA(幸運を呼ぶ)ズボン」に早変わりする
と考え付き、決勝戦をそのズボンを履いてみることに決めていた。

普段ジーンズしかはかないロンパは、
唯一デザインが可愛いしくて生地も薄いので、
夏の暑い日でも履けるこのズボンをとても気に入っていた。

・・が、履くたびに何か嫌なことが起きていた。
トレントやサロでも、もう何があったか忘れてしまったけれど
年に一回このズボンを履いた日に限って、(←夏に履くたびに何かが起こるので、それ以降その年ははかないので、年に一度)
いやな目に遭っていたので、履くたびに
「もうはかない!」と言ってる割に、
次の年にちょっと履いてみると、またもや不運が襲う。

忘れもしない昨年は、免許をとって以来無事故無違反の
ロンパが、このズボンを履いた日に駐車場から出るときに
後ろに車がいるのを見逃して、バックして「ゴンッ」と
ぶつけてしまった。。

そして決勝戦当日。
近所のMさん宅集合だったため、荷物をかかえ到着する直前、
ガソリンが底をつきかけているサインが出た。私が
「もし優勝したら、『ブッブ-』ってやりに行くんでしょ?
こんな少なかったらガス欠になるかもしれないから、
給油してくれば?」
というと、不服そうなロンパは何も言わず少し考え、
私だけ荷物をMさん宅に運び、ロンパとロンはガソリンスタンドへ。


・・・が、いつまで経っても帰ってこない。。。。
8時から試合が始まるのに、もう7時を過ぎていた。
どうしたんだろうと携帯電話に電話をしてみると、のっけから
「もうおまえの言うことは絶対聞かないから!」と怒り爆発状態.

何のこっちゃか分からない私は「どうしたの?」と聞いても
「あとで話す。もう着いたから上に上がるし。
もう絶対聞かないから!!」と電話口で喚いている。

尋常でない怒り方に不安を感じながら待ってみたけど、
一向にマンションのベルがならないので、下に降りてみると、
ロンパがロンを抱っこして汗だくで向かっている途中だった。

「なにがあったの?」と聞いても無視。
「何か言ってくれなきゃわかんないんだけど?」というと、


なんだと思います??

長くなるので続きに書きます。。

【More・・・】

実は、
「・・・・ガソリンとディーゼルを間違えて入れた」だって



「それって私のせいなの?なんで?」と聞くと、
「こんな大事な決勝の前で、試合以外のことは考えられない状態
の時に、あーでもないこーでもないって横から言ってきて、
もしこれで給油に入れに行かずにガソリンが足りなくなった日にゃ-、
横でブリブリ文句言われるのを予想して、
無理やり仕方なくガソリンを入れに行ったから間違えた。」
だって。。。


知らんがな…・・・そんなの。
間違えたのはあなたでしょ?ってなもんですよね。


Mさんの旦那さんとお友達を引き連れて、また下に下りていった。
決勝戦間際にしてのこの騒動。かなり迷惑をかけました

国歌斉唱が始まり、試合直前まで出来る限りのことは
やってみたものの、全然無理。
手におえないので、明日の朝一で修理工場に持っていくことに。

そして試合開始。

みんなで下へ行ったときに「不幸のズボン」のことを話したらしく、
フランスの一点目ゴールを入れたときに、みんなから
「短パン貸してあげるから、頼むからそのズボン脱いでくれ~!」
と頼まれていたロンパ(笑)
それでも「前半は履いたままで様子見よう」といい、
結局最後まで脱がなかった。








何とかイタリアが優勝し、乾杯をした後、
私たちはみんなよりもあとに出発した。

荷物があったため、Mさんの旦那さんも一緒についてきてくれたのだが。。。。



車のエンジンがかからない。。。。


周りではお祝いのクラクションの嵐。
旗を振りかざした車が大喜びで走っている。
・・のに、私たちの車のエンジンはかからない

↓途方にくれながらも解決策を考えているロンパのしぐさを
 真似するロン。
03



いろいろ考えた結果、ロンパが次の日にまわすよりも
「今レッカーで取りにきてもらった方が、修理も早く終わる」
と言い出し、レッカー車を呼ぶことに。

30分くらいでレッカー車が着くということで、
外で待っていると、近所のトラックの運転手さんが
子供達を連れて出動する準備をしていた。
01

02


待っている間、旗を借りてロンと大きさを比べてみたりした
04


が、午前0時が近づくにつれ、ロンもかなり眠くなってきた。
05



思ったよりも早く、レッカー車が到着。
「何でこんな時に限って呼ばれるんだ」と
顔に書いてある『ITALIA』帽をかぶった不機嫌そうなおじさん
が降りてきた。
付き合って待っていてくれたMさんの旦那さんと
近所の男の子が手伝ってくれた。

ロンはレッカー車を見た途端、大張り切り♪
「ピピーーーッ」と口で言いながら誘導するロン
06


↓ちょっと不安気
07


↓安心して誘導を再開するロン
08



無事レッカー車を見送り、Mさんの旦那さんに送っていただくことに。。(ごめんなさいねぇ。。。


そのあとのことは、この間書きましたよね。

・・・・が、それで終わらないのです。
パレードを充分見終わって、帰途へつく途中、
前方で黄色いランプが点灯したトラックが見えた。

「・・?なんか見覚えがあるなー」と思った瞬間、ロンパに
「ねー!レッカー車ってこの街の修理工場に持っていくって
言ってなかったっけ?まさかあれじゃないよね?
05

後ろの部分には、通りがかりの若者達が次から次へと乗り込んで
旗をフリフリしているのが、辛うじてチラっと見えた。


ロンパもそのトラックを見て青ざめていた
近づくのを恐れつつ、恐る恐る見てみると。。。

09

人間だけでした。。。。
ホォー。。。
一度家に帰ったときに、短パンに履き替えていたから
良かったのでしょう(笑)

ちなみにこの噂のズボンはこれ↓
ズボン


ロンパは「もう見たくもない!燃やしてやる!」
と言っていましたが、私が
「ディーゼルのだし、かわいいから古着屋に売れるよ」と言うと、
「このズボンを売るって言うの?かなり性悪だなー
といわれました。

もしかしたら、他の人の手に渡ったら、それだけで
「幸運のズボンに変わるかもしれない」じゃないですかね
誰か欲しい方いらっしゃいますか


ちなみに今回の責任の件を話していて、私が
「私に責任があるとしたら、5%くらいのもんだよ」というと、
ロンパは「そんな少ない分けない!50/50だ!」
ということで、なんだか分かりませんが、
50%の責任を押し付けられました


↓応援クリックお願いします♪↓
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   11:01 |  [育児日記]2006年 7月  | TB(0) | CM(4) | Top↑

コメント

オトコというのは、生物学的に一つのことしか考えられないのだそうです。それから見れば聖徳太子は例外だったのです。そのアタマの容量を考えなかった、ろんまさんの失敗だとも言えますな。
うちのダンナもアタマの容積が大変小さいので(それともイタリア人だからか?)、結構苦労します。
ところで、「不幸のずぼん」ですが、霊能師の宜保愛子さんの本に、「おそば屋さんが新しく靴を買うのを止めた」話が載ってます。その靴を買うと、絶対に事故に遭う、と宜保さんが予言したそうです。それかもよ~
じゃじゃ |  2006.07.16(日) 20:24 | URL |  【編集】
じゃじゃさん!
私も、『オトコは、生物学的に一つのことしか考えられない』説、聞いたことあります。(うちの母親から。)

ろんまさん、大変だったねー。
私も、かなりドキドキしてしまいました。
マッチは、しきりに『もう、これにこりて、うちに来てくれなくなるぅー』とかなり、心配していました。『ろんの顔を見られる事ももうないのか…』と、かなりブルーになっていました。
一応、優勝したので、『4年後に縁起かついで、試合見にまた来てくれるよ、きっと。』と言っておきました。(笑)
みつこ |  2006.07.16(日) 22:31 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん

確かにそう言われてみれば、一つのことしか考えられないって分かるけれど、イタリア人のやり方自体複数のことを一変にやるという習慣がないですよね。


>うちのダンナもアタマの容積が大変小さいので結構苦労します。

でも旦那さんは長いことイタリア国外で住んでいるから、多分私が思うに、イタリア国内でずっと同じ街に住んでいる人より、要領はかなり大きいと思いますよ(笑)(視野が広いという面でも)

とりあえず、今回の件は私にも責任があったということで。。。(笑)


>その靴を買うと、絶対に事故に遭う、と宜保さんが予言したそうです。それかもよ~

ガガ-ンv-12
ズボンならいいのですが、車でないことを願います。。。
ろんま |  2006.07.17(月) 18:21 | URL |  【編集】
●みつこさん

こちらこそ、大変お世話になりましたv-435
4年後まで入室禁止?!(笑)
いやー.ホントにご迷惑をお掛けして、こっちが「不幸のズボンを履いてくるなんて、なんて迷惑な人たちe-262」と思われていないことを願いますe-470
こんどカタツムリパーティーしようねe-275
ろんま |  2006.07.17(月) 19:24 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。