スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ジダンのインタビュー

2006年07月13日(木)
フランスの放送局で行われた、ジダンのインタビューを見ました。

本当に腹が立ちますよね。。イタリア人のパロラッチャ。
言っている本人は、意味もあまり考えずポロッと口から
出たりするようですが、言われる側は「ムカ~~~

今まで何度と数え切れないくらいのパロラッチャを
イタリア人からいただきましたが、
(調理場の中は特に言葉が悪いんでね。。。)
本当に腹が立ち、そして屈辱的だった言葉は、
ジダンと同じようなことを仕事中に言われた時でした。

ほとんどイタリア語を話せない状態にもかかわらず、
無謀にもデザートを一人で任されるようになった直後は、
タイミングやオーダー票が読めず(字が汚すぎて)
サービスもままならない状態だった日が続き、
あるときセコンドをしていたロンパが、セコンドが出たあとに
オーダー票を持ってきてくれるようになり、
やっと流れをつかめスムーズにいくようになったある日、
調理場で一番長く勤めていた人がどうやら失敗続きだったようで、
彼が冷凍庫に物を取りにきたときに私のことを見つけ、
「今日に限ってこいつのサービスがうまくいってやがる。
Figlia di PuXXXna(売春婦の娘)!!」と言われたのです。
あまりに唐突なことだったので、私はビックリして彼を見ると
「Oh,scusa(あ。ごめん)」と、口だけの謝りを言い、
去っていった。

うまくいかなくて言われるならまだしも、
うまくいってる事に対して、この言葉はあまりにもひどすぎる。

考えないようにしようと思いつつも、あまりの悔しさに
ポロポロ涙が止まらないなりに営業を続けましたが、
営業の方も一段落つき、ヘルプにきてくれた女の子が
「いいから落ち着いて座ってて!」と言ってくれ、
しばらく落ち着かせようと思っても、
思えば思うほど怒りが込み上げてきました。

シェフやオーナーが、何があったのか聞きにきましたが、
それを言った本人はレストランにとってかなりの大黒柱。

私は彼と会った瞬間から今の今までそう感じたことは一度もなく、
いくら料理がうまくても人間的にどうしても信用できない人なのですが、
レストランにとっては「とても信頼できる人+いい人」
というラベルが張ってあるような存在だったので、
私がままならないイタリア語でこの話をしたとしても、
「信じない」または「聞き違い」で済まされ、
なだめられて終わりにされてしまう。。と思い、
「誰が言ったかは言いませんが、こういうことを
一緒に働いている人間に向かっていえる人がいるところでは、
働きたくありませんので、明日からパスティッチェリアで働かせてください」
と伝え、早急に代わりの人を探すようお願いしました。

あの時はまだ若かったし(笑)、イタリア語もままならず
言い返すなんてとんでもない状態だったのですが、
もし今言われていたら、胸ぐら掴んでいたかもしれません

このジダンの一件で、イタリア人がパロラッチャに対しての
認識を考え直してくれるといいのですが。。。。
今日のニュースを聞く限りでは、
あんまり大きく取り上げておらず、
ジダンの言葉に対するコメントもしていませんでしたが。。。


↓応援クリックお願いします↓
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   11:04 |  [育児日記]2006年 7月  | TB(0) | CM(2) | Top↑

コメント

その言葉、確かにイタリア人は良く使いますね。うちのダンナも、私と話してていやなヤツのことになると言ったりしてますが、但し、本人に向かっては言わないそうです。
でも、殆ど故事かことわざみたいですね。
さっきラジオニュースでジダンがマッテラッツォは罰せられるべきだ、と言ったと報道してますが、それもバカバカしい...それなら、彼が何と言ったかをはっきり後悔するべきです。それがイヤなら、男らしく黙ってろ、とも言いたくなります。
でも、仕事中にそんな事言われたらハラ立ちますよね!私もこれを読んでてむかむかしました。きっと、私も胸倉引っつかんで脅すだろうな。ドイツ人も似たようなことをするので、経験はしてます。親のお陰で口悪く育ったので、あまり困りませんでしたが。
じゃじゃ |  2006.07.13(木) 15:47 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん
そうですね。言った本人は「言っていない」とか言っているみたいだし、どっちの言い分がどうとか、今さら罰するとか、そういう問題でもないような。。。
とりあえず耳障りなパロラッチャが聞こえなくなるようになればいいなと思う今日この頃です。

仕事中の言われた件は、腹立ちましたけど、今日思い出したのですが、確かそれがきっかけでロンパと話をするようになったような気がします。実際、イタリア人の中で、私にパロラッチャを言った人の名前を話したのは、ロンパだけだったような気がします。。。
ひょんなことから。。。ですねー。
でも、これがきっかけでストレスに弱い私が、体の調子を悪くしたのも事実ですが。。。e-263
ろんま |  2006.07.14(金) 06:56 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。