スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

滲出性中耳炎のその後 1

2006年06月16日(金)
4月に書いた滲出性の診察から2ヶ月がすぎた。

体調不調やらでリアルタイムで記事に出来ませんでしたが、
先月の中頃にひどい風邪をひいた時、また「お耳痛い」と
言い出したので、主治医に連れて行き、
もう一度検査をしたい旨を伝え、
総合病院での検査の為の書類を書いてもらい、
今回は私たちが住んでいる町の総合病院で検査をした際、
「アレルギー性鼻炎から来ている可能性があるので抗生物質はやめて、
アレルギー治療と毎日のちょっとした訓練していく形の
治療法をやってみましょう」

ということで、処方された薬がアレルギー用のシロップと
OTOVENTという風船、それに前からの治療で使っていた点鼻薬。

お医者さんに前回の抗生物質と点鼻薬の治療で湿疹が出た旨を話すと、
抗生物質からではなく、この点鼻薬の可能性が強いとのこと。
今回のお医者さんからは、「8日以上続けてやらないように」と
注意があった。

さて。このシロップはこういうもの↓
25mlづつ1日1回。
ARAIRUS


そしてOTOVENT。
一日3回。一回につき右、左の鼻を交互に3回づつ。
OTOVENT2


OTOVENT


この風船の膨らませ方は、片方の鼻を指でおさえ、
もう片方の鼻から風船をつけたプラスチックの口に、
勢いよく(強すぎてもいけない)吹いて、
風船をグレープフルーツくらいの大きさまで膨らませ、
今度は口も開けず、もう片方の鼻もふさいだまま
少しづつ空気を戻していく方法。

最初見たとき「こんなことできるの?」と思ったが、
膨らまなくても最初は「よし」として、
毎日続けていくうちに、出来るようになりました
(ちなみに、鼻の悪い私はいまだに出来ません
OTOVENT#


OTOVENT4


お医者さんからこの治療法の説明を受け、
「とりあえずこの治療法で3ヶ月続けて、様子を見ましょう。」
と言われたとき、ロンパと私の顔に不信感があったのでしょう。
すぐに私たちの顔色を読み取って
「これでダメな場合は、手術をしなくてはいけなくなるかもしれませんよ」
と脅されました。。

私が不思議に思ったのは、私が小さい頃中耳炎を患っていたとき、
鼻を思いっきりかんではいけないと言われていました。
それが、この治療法はまったくその反対で
鼻から思いっきり空気を出すことで、鼓膜に圧力を掛けるというやり方。
これで鼻をかむ力をつけるのが、本来の目的のようです。
もちろん、この風船を膨らませている最中に
耳を痛がるようであれば即座に中止。
様子を見ながら少しづつ1日3回ペースに
持っていくことが大事とも説明されました。

実際この治療法を始めて一ヶ月。
風船をやるためには、鼻の中を綺麗にしなくては
ちゃんと膨らまないので、それだけでも随分効果があるような気がします。

イタリアでは、日本のようにズルズルと『鼻をすする』ことは、
あまり好ましくない行為とされています。
人前で鼻をすするくらいなら、鼻をかむのが当たり前。

イタリア人はよく普通に話をしていて、
おもむろにティッシュを出したかと思ったら、
「ブブーーーーーーーーーーーーーッ!!
とまるでラッパがなったかと思うほどの勢いで鼻をかみます。
最初はあまりの突拍子の無さに目が点になっていましたが、
これも、鼻水をすすると耳の鼓膜に留まり、
中耳炎の原因になるということからのようです。
だから「出てくるものは、その場で出す」のが大切なようです。

ところ変われば、治療法も変わるんですね。
鼻の高さが違うからかなーと思うのは私だけでしょうか?

私と同じようにそう思った方
↓ポチっしてください(笑)↓
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:05 |  [絢大の成長記] 怪我・病気  | TB(0) | CM(6) | Top↑

コメント

久しぶり~!長いこと見てない間にロン君ずい分お兄ちゃんになったね~(゚゚)
びっくりだよ。何か大変な事になってるけど・・・!?そう言えば私も小学生の頃中耳炎患ってなが~いこと耳鼻科通いしたのを思い出すわ~。そこのドクターが超恐いおっさんでさー子供心に切なかったなあ。。。ところで、DVDの準備が出来ました。もう、ママのお家へ送ってもいいのかな?連絡はついてる?確か六月中だよね。それでよければ住所を教えて
下さい。メールしたけど変事が無いので
ブログへ送ります。ヨロピク(^O^)
中ポン |  2006.06.16(金) 23:10 | URL |  【編集】
へぇ~♪(ぽちっぽちっぽちっ)

しかし、正反対っていうのも
すごいね。

たった今、私の横で姫が
ずるっと鼻をすすったので
「こらっ!鼻はかみなさいっ
イタリアじゃ、鼻はすぐその場でかむ!すすったらだめよ」
と言った瞬間、さくらんぼが箱ティッシュを取りに来て
「はいっ!」と渡していました。
ともも |  2006.06.18(日) 10:36 | URL |  【編集】
お久しぶりです!
日本から友人が来ているので、すっかりご無沙汰しちゃいました~!

処変われば、治療法も変わる・・不思議ですよね。
「鼻風船」とは・・・すごい治療ですねぇ、オドロキましたわ。
ロンくんに効果があることを願って、
ポチッと。
きっこ |  2006.06.19(月) 15:02 | URL |  【編集】
●中ポン

ごめんごめん。。
この週末バタバタしてたもんだから..
これからメール書きまーすv-3
みんな子供の頃に耳の病気とか鼻の病気は一度はするみたいだから、こういう話をすると、結構思い出すみたいね。
私も診療室の薄暗さとか臭いまで思い出した。。。


●ともも
そうねー。私もアンドレアによく「鼻をかみなさいe-262」って言われたわ。
鼻をすすってても、結局かむまでは出てくるもんだから、早くかんじゃった方がスッキリするんだよねー。


きっこさん
おひさでーす!
私もこの週末忙しくて、このブログに来るのも久し振りのような気が。。。
この忙しさに負けて、また喉を腫らしてるろんまです....

来月の夏休みの間、スイミングに通わせたいのだけど、この調子だと無理かな-とおもいつつ、お医者さんと相談してみようと思っています。
ポチっとありがとうございましたーe-266!!

ろんま |  2006.06.19(月) 21:42 | URL |  【編集】
私もそう思いました。
ぽちっぽちっぽちっ!
ももも |  2006.06.22(木) 01:54 | URL |  【編集】
●もももさん

いつもありがとうございまーす!
久々に超大作(←大袈裟)を書いていたら、朝5時半になってしまったぁー。。。
また今度、お邪魔しますねー!
ろんま |  2006.06.22(木) 12:33 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。