スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

マラティア休暇

2006年06月14日(水)
この頃3週間分の休みを消化しなくてはいけないため、
ロンパの休みが立て続けにある。

丁度私の具合が悪い時期、ロンパの職場がとても忙しかった為、
3週間休みナシで働いていた。
・・といっても、真ん中らへんで私の風邪が移ったらしく
2日間お休みを取った。

イタリアでは病気で仕事を休んだ場合のお給料は、
手続きさえすれば会社が払うのではなく、
INPS(Istituto Nazionale per la Previdenza Sociale
全国社会保障保険公社)から支払われます。

ロンパは今回15年近い就職生活の中で
このマラティア休暇というものを、初めて取りました。
コックの仕事は、定休日が決まっていないと、
大体の場合、風邪で休みをとったら、
その日が公休に差し替えられる場合が多いせいか、
とったことがなかったようです。

私がこの制度を知ったのは、トレントで働いていたとき。
ヘルニアを患って、しばらく休んだあと、
シェフに「医者にマラティア休暇証明書を書いてもらった?」
と聞いてきた。私が
「なんですか?それ。」と聞くと、
「休んだ日にち分のお給料が出るから、申請しないと損だよ。
詳しいことは旦那に聞きなさい」と言われたので、
早速ロンパに聞いたところ「知らない」とひとこと。

次の日シェフに「知らないそうです」と言うと、
シェフは「え?旦那ってイタリア人でしょ?
マラティア休暇を取ったことが無いイタリア人が
いるわけが無い!ちゃんと「マラティア休暇」って言った?」
と念を押された.
ちゃんと言ったというと「旦那、本当にイタリア人か?」と
真顔で聞かれた・・・・。



その後も風邪をひいてもマラティア休暇を取らなかったロンパ。
・・が、そのロンパが今回「マラティア休暇を取る!」
と宣言した。
どうも日頃からの仕事場のオーナーの態度があまりにも
粗雑な扱いをするため、ロンパの堪忍袋の緒が切れたらしい。

「いつも通り今週分の休みをあてるのは、別に問題ないけど、
 1週間半休みナシで働いてて、次の休みの話もしようとも
 しないし、都合のいいことだけ押し付けてくる
 あんなやつのために自分の休みを寝て過ごしたくない!」
と、お医者さんに証明書を書いてもらい、申請した。

ロンパが休んだ2日間の夜の営業は、
ロンパの代わりになる人が見つからず、
ホテルのオーナーに相談せずに、
勝手にレストランだけ休みにしたらしく、
ロンパが出勤してから、もともと険悪なムードだった
ホテル側のオーナーと、レストランのオーナーの間が
より一層すごい空気を発していたらしい。

レストランのオーナーは、粗雑なお使いをしていたのに、
ロンパに休まれると営業に響くことを再認識したらしく(おそッ)
猫なで声で「これ、美味しいから奥さんと一緒に味見してね」
と、結構いいスプマンテをくれた。。。(こわ。。。

その後も忙しい日は続き、やっと3週間後に休みが取れた。
そしてその後のお休みは、日曜日の午前中、月曜日の午前中、
水曜日の今日はパドヴァのS.Antonioの祝日の為、お休み。
ということで、向こうで勝手に決めたらしい。。。
・・どうでもいいけど、二日続けて午前中休みで
午後出勤をするくらいなら、丸1日休みをとったほうが
疲れが取れると考えつかないのだろうか…?

ロンパの再就職、うまく行きますように。。。。
↓『ポチッ』『ポチッ』『ポチッ』↓



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   07:44 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(5) | Top↑

コメント

旦那さんの再就職がうまく行きますように『ポチッ』『ポチッ』『ポチッ』していきまーす♪
ももも |  2006.06.15(木) 01:51 | URL |  【編集】
●もももさん

ありがとうございまーす!
まだ先行き不透明ですが、
一歩一歩がんばっていきたいものです。

『ポチッ』『ポチッ』『ポチッ』
ありがとうございますv-435
最近ランキングがかなり停滞気味です。
(記事書いてなかったから当たり前ですがね…)
体の調子も取り戻しつつある今日この頃。これからも頑張っていきたいと思いまーす!
ろんま |  2006.06.15(木) 06:07 | URL |  【編集】
イタリア人みんなが調理師さんたちくらい勤勉だったら、もっと国の経済も良くなるのに...
ドイツ人たちも今まではこの病気休暇を盛んに取ってましたが、この不景気、そういうことをしていると仕事にあぶれ、クビになったりするので、最近は病気休暇を取る人は少なくなってきたそうです。
私たちはフリーなので、病気=明日の米がない-悲しい生活です。
じゃじゃ |  2006.06.18(日) 00:25 | URL |  【編集】
イタリアってどこに行っても
こういう上下にいざこざがあるのね。。。
全部ではないだろうけど。
まぁ、日本にもあるけどこんなに
行く先々で同じ様な事を聞くなんて
ないわな~。

良いところとご縁が有りますように!

ぽちっぽちっぽちっ♪

(1個目、
”このサイトはアダルトサイトを含みます。”
というメッセージが出て、シャットアウトされちゃった。家のPC、小学生が見てはいけないなと思われるサイトをシャットアウトするためにこの間フィルターを掛けたの。=プロバイダのセキュリティーソフトに入ってた。)
ともも |  2006.06.18(日) 10:32 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん
>イタリア人みんなが調理師さんたちくらい勤勉だったら、
>もっと国の経済も良くなるのに...

私も時々そう思います。
でも他の職業の人たちも、勤勉な人は勤勉ですけどねー。
結局、上に行けば上に行くだけ、適当になるような気がします。
工場なんかで働いている人たちは、日給月給だったりするし、しかも最近では、正社員契約ではなく3ヶ月契約や最高1年契約だったりするので、まじめにやっていないと、契約更新してもらえなかったり。。でも、まじめにやってっても更新してもらえないときもあるんですけどねぇ....
少しでも景気が上がってくれると言いのですが。。


●ともも
アンドレア曰く「日本は何でもすぐにパーフェクトに近い状態でできることが当たり前だから、出来ないときに怒ったりストレスを感じたりするけど、反対に
イタリアは何事もすんなりいくことがないのが当たり前だから、たまにすんなりことが運んだときの喜びようったらないよね。」と。。どっちがいいのかね。。?
ろんま |  2006.06.19(月) 22:29 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。