スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ロンと食用かたつむり

2006年06月05日(月)
先日の気管支炎を患っていたとき、無性に魚が食べたくなった。
が「魚を買うのは金曜日の青空マーケットで」と暗黙の了解の
我が家では、大人しく金曜日になるのを待っていた。

金曜日は祝日。
いつも早起きのロンだけど、この日は私を起こしに来たのは
10時半。(・・おいおい。。寝すぎ。。)
ロンが「パパも起っきしてるよ」の言葉で「え?」と
びっくりして目覚めた。
ロンパが身支度をして仕事に出かけたのも気づかないくらい
爆睡していた。

ロンを連れて外へ買い物へ出ると、いつもの3倍くらいの人出だった。
いつもどおり卵を買って、魚屋さんを見に行くと、
いつもより2軒ほど出ている魚屋さんが少ない。
そのため、ほとんどの魚屋さんの台の上は空っぽ。。。
「あーーーー。。今日に限って遅く起きちゃったもんだから..」
渋々残っているお魚を眺めて、カレイと小鯛4匹、
そしてこの時期から出始めるベネチア特産ちびカタツムリ?!
が目に入った。
ロンに「ほら。カタツムリがいっぱいいるよ」と言って抱き上げて、
箱の中を覗いたロンはカタツムリの虜になってしまった。。。

ロンが「カタツムリ欲しい~」とあまりにもせがむので、
1kgと魚を買って帰った。

元気のいいカタツムリをお皿に3匹置いてロンに持っていくと

ロン「わあ~カタツムリ!」
と嬉しそうに見つめるロン。興味津々の顔をパチリ
lumachini11


・・が、次の瞬間おもむろにカタツムリ一つ摘み上げると、
ロン「おいしそ~食べていい?」
といいながら、『あ~~ん』と口に入れようとしたので、
ビックリしてカメラを落としそうになりました。

ツノが出た状態のカタツムリが、
ロンの口に吸い込まれそうだった場面は
かなりのシャッターチャンスだったのですが、
あまりの予想外のことで撮るどころではありませんでした。。。
(修行が足りませんな。。)

気を取り直して、スポンジボブのペットの
カタツムリ「キャリー」を思い出したらしく、
「お腹すいたって。」というので、お水をあげるように言うと、
スプーンでお水をあげて喜んでいた。
lumachini12


その間、私はカタツムリの調理準備。
これはイタリア語でLumachine di mare(ルマキーネ ディ マーレ)
海で採れるカタツムリで大きさは女の人の人差し指の爪くらい。(1つだとlumachinaルマキーナ)。
このヴェネチア地方では、「Bovoletti」と呼ばれています。

調理法は続きへどうぞ
カタツムリが苦手な方は、お勧めしませんよ。

【More・・・】

まず何度も水を変えて、よく水洗いしてお鍋に入れます。
かたつむり1


蓋をして1時間程日光の下へ置いておきます。
これは空の中に入ってしまったカタツムリが、暑さのために
出てきたところを狙う為です。上の写真を覚えておいてください。
lumachini2






そして2時間ほど経った後、沸騰したお湯を用意しつつ
蓋を開けて見ると。。。
lumachini3

出てきてます。出てきてます。。。

ここがちょっと切なくなるのですが、
ここで一気に沸騰したお湯を鍋の中に入れます。
lumachini5

これはカタツムリが殻の外へ出ている間にお湯を入れることで、
中に隠れることなく、食べるときに取り易くする為。

塩を入れ火にかけ、沸騰してくると同時にアクが出るので、
お玉で掬い取り、15分から20分茹でます。
lumachini6


この時点で、さっきお湯を入れたときの罪悪感は、
美味しそうな香りによって薄れてきます。

茹で上がったらザルにあけ、
火にかけたフライパンにオリーブオイルとニンニクのみじん切り
もしくは潰したものを入れ、香りを充分に移す。
lumachini7


ニンニクがキツネ色になる手前でパセリのみじん切りを入れる。
lumachini8


そして茹であがったBovoetiを入れ、オイルを絡ませながら炒め
塩コショウで味を調えて出来上がり!
lumachini

ここに普通は唐辛子も入りますが、ロンも食べるので入れませんでした。

魚屋のおじさんは、最後にトマトの果肉のみじん切り
(種を抜いたもの)を入れるとおいしいよといっていましたが、
あいにく切らしていたので入れられませんでした。

これを爪楊枝でスルッと取り出して食べます。
lumachini10


ここで、先ほどの手順で沸騰したお湯を入れないで、
お水からグツグツ炊くと、カタツムリは殻の中に入り込んで
爪楊枝でもとれにくくなってしまう。
昨年初めて買ったときに、お店のおばちゃんに作り方を
教えてもらったにもかかわらず、
その部分をよく聞いてなかった為に失敗してしまった。
その日、たまたまRiccia家に食事に呼ばれたので、
『失敗しちゃったけど..』と持っていったら、
二人ともとても喜んでくれ、Ricciaさんのダーリンは
「女の人はほとんど気持ち悪がって食べないけど、
君たち二人とこうやって美味しさを分かち合って
食べられることがすごく嬉しい!」
と、とても感動していました

確かにいくら美味しいものでも「気色悪い」という人の前では
食べづらいですよね。。(笑)

     ◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆


ところで、ロンはといえば。。。

しばらく経って、お皿のかたつむりの様子を見に来ると、
「あ?!1個いない! ママ!2個しかいない!どこいった?」
と聞くので、「あ.バレタ。。。」と思いつつ、
「一匹、殻に穴が開いてたからお料理しちゃった」と言うと、
クルッと調理台の方を振り返り、既に調理されお皿に盛られた
カタツムリたちを見るなり、頭を抱えて「あ~~~!!」っと
悲痛な叫びをあげた。

・・可哀相なことしちゃったなー。。やっぱり
3匹とっておくべきだったかなー

と思った瞬間、
ロン「これロンのー ロン全部食べるよ。
   ママもパパも食べちゃダメー
私「・・・・・あ。。食べるんかい。。。」

ロンの食欲はペット化したカタツムリすら
問題にならないようです。。。

ロンの食欲に乾杯
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:11 |  [趣味]料理  | TB(0) | CM(9) | Top↑

コメント

e-263さすが...料理人のムスコは...
カタツムリの刺身はないんですよね。これを見てたら、昔タニシを獲って佃煮にしたのを思い出しました。こういう小型のカタツムリなら、佃煮もおいしそうですね。
小学生の時、テレビでおフランスの料理をやっていて、エスカルゴを紹介してました。次の日、田んぼでカタツムリを山のようにとって帰り、母に
「エスカルゴしてえ~」
とねだって叱られたことがあります。私も、カタツムリは気持ち悪くなく食べられますよ~
じゃじゃ |  2006.06.05(月) 22:16 | URL |  【編集】
あー、私もメルカートで買ったよ!私もネタにしようと思って、写真までとったのに、先を越されてしまったわ。
私はやっぱり殺すのが忍びなくって、うちではダーリンが作ってくれました。
私がおいしそうに食べる姿を見ては、喜んでくれています。こんなにおいしいのに、食べない人がいるなんて、もったいないですよね!
Riccia |  2006.06.05(月) 23:02 | URL |  【編集】
お久しぶりです♪
コレ、SAGRAで食べたことあります!
美味しいですよね。でも、自分でつくったことはないので、是非TRYしたいと思います。
ロンくんのカタツムリをみつめる眼差しがカワイイですね~。
mochaccino |  2006.06.06(火) 01:24 | URL |  【編集】
じゃじゃさん

(爆)すごいですねー!
小学生が「エスカルゴして~」って、かなり渋いですe-267
やっぱりフランスのエスカルゴと、日本のカタツムリは違うんでしょうかね?
ヴェローナの方はそこら辺の畑や田んぼのカタツムリ食べるんですけどね。(大きさは小さいものですが)

確かに佃煮に向くかもしれませんが、
身を出して煮るんですよね?
多分爪楊枝で出してる時点で食べてしまって、煮る分がでないと思います。。。

結構癖になって、ロンパと今で話ながらも、「ちょっと待って」と言ってキッチンに何かを取りに行ったついでに、一つ食べ始めると止まらなくなり、無心で食べているもんだからつい時間を忘れ、あまりに静かなキッチンを異様に思ったロンパが見に来て怒られる..。ということが何度もありました(笑)
最後には、ダイニングに座って食べりゃいいのに、二人して作業台に向かって立ったまま無心で食べていました…
かなり「無」の状態になれます(笑)。
ろんま |  2006.06.06(火) 07:55 | URL |  【編集】
Ricciaさん

あらー。ごめんごめん。
昨年写真を撮ったのに、載せるタイミングを逃してしまったもんだから、今年こそはと、忘れないうちに記事書いちゃったのよねー。
ま、別にまったく同じ人達が読んでる訳ではないと思うし、ダブってもいいんでない?
ダーリンの笑顔が忘れられないよ。
今回食べながら「次回はいっぱい買って、持っていこう」と思ってところだったのよ。


●mochaccinoさん
こんにちはー!
サグラにもよく出てますよね。
このやみつきになる美味しさは、是非
家でチャレンジしてくださいね!

このお風邪のおかげで、お会いするタイミングを逃してしまい残念です。
随分復活したので、近々お会いしましょうね!




ろんま |  2006.06.06(火) 08:06 | URL |  【編集】
かたつむりくんですねぇ・・

私、大好きだったんですが、ニューカレドニアで、エスカルゴ食べてから、エスカルゴ離れしてしまいました。フランス領なので、料理にかなり期待し、エスカルゴを注文しましたが、出てきたのは、大人の拳骨はゆうにありそうな「大エスカルゴ」・・お味は、大きいだけに?大味・・
小さい方が味も凝縮、美味しいですよね!
きっこ |  2006.06.07(水) 21:48 | URL |  【編集】
きっこさん

ゲ・・ゲンコツ?!
こわ。。。
すごい大きさですね。。。e-263
多分私でも遠のいちゃうと思います..

ちびちびかたつむりは、爪楊枝で取るのが面倒ですが、またそれも美味しさのうちなのかなーと思いました(笑)
ろんま |  2006.06.08(木) 00:02 | URL |  【編集】
そうなんですよ、大袈裟ではなく、本当に「拳骨くらいの大きさ」の巨大かたつむりくんが「ドン、ドン、ドンッ」って大皿に6個ものってきたんです・・・(唖然)v-12

あのかたつむりで殴られたらv-217(殴らないって・・・大体そんなこと思うのは私だけ?)ひとたまりもありませんよ。あれは凶器になりますよ。v-42

でも、しっかり食べたんですけどね、私。
きっこ |  2006.06.08(木) 19:41 | URL |  【編集】
きっこさん

ぎょえーーv-11
6個もですか…(言葉を失ってしまう)

すごーい。まあ、カタツムリで殴られることはそう滅多に無いかも知れないですが、木の上からおっこってくる可能性はありますよね。。?!
かなり危険ですv-70v-100
ろんま |  2006.06.10(土) 07:10 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。