スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

自然公園散策

2006年05月23日(火)
2週間ほど前、珍しくロンパが日曜日休みになった。
こうなると何をしようか考えてしまう。
その割には、すでに金曜日。
結局近くで動物がいるアグリツーリズモにご飯を食べに行こう
ということになり、予約の電話をしたところ、昼は満席。
仕方なく夜の予約を入れることに。

予約を入れたときに見所を聞いたら、近くに自然公園があると
いっていたので、当日お昼を早めに終わらせ、
アグリツーリズモの近くの町Badoere(バドエーレ)に向かった.

Badoereの町から車で10分ほどで自然公園『OASI CERVARA』。
入場料(1.5ユーロ)を払った際、貰ったカエル写真が表紙の
パンフレットを見たロンは、目を輝かせて「カエルいるの?」
「カエルみたい!早く見せて!」と入場する前から大騒ぎ。
「静かにしないと逃げちゃうよ。」と言っても聞かないので
「うるさくしてるとへびが出てくるよ」と言うと、
顔を硬直させてピタッと静かになり、「・・へび?いるの?」
思ったよりも効果が大きすぎ、へびが怖いために歩けなくなってしまった。。。

そんな困った状況の中、一羽の白鳥がスイ------っと
泳いできたかと思ったら、ペタペタと陸地を歩き出した。
そのおかげでロンの気が紛れたのかようやく歩きはじめた。
ロンと白鳥


続きをどうぞ

【More・・・】

入り口に大きな水車。
水車


水車小屋の中にも入れるようになっており、
水力で粉を挽いていた時のまま、展示してありました。
水車の中


昔、わらぶき小屋に船を保管してたらしく、
この中に小船が保管されていました。
わらぶき小屋


これは昔ながらの、川の流れを利用した魚取り装置。
魚取り装置1


これが説明図↓(わかります?)
魚取り装置


このかやぶき小屋の中には、この辺に住んでいる動物の剥製が
飾られていました。
かやぶき小屋


野鳥観察小屋(?)も設置されてて、野鳥観察が出来ます。
虫除けスプレーは必需品ですね。。
ロン野鳥観察


ロン地図の前で確認。
この辺でこういう動物が住んでいるということを説明した地図
ロン地図の前で


この地図の先はこんな感じの小道。
程よく歩きやすく整備されていたので、
子供連れの家族でにぎわっていました。
小道


にぎわってるのはいいのですが、肝心の野生動物は
逃げてしまうと思うんだけど。。。
と思いつつふと目についたもの。最初は枯葉の山かと思って
特に気にしていなかったのですが、不自然にあちこちに
積み重なっていて、よく見ると穴がある。。何かの巣みたい。

私「これってさー。何かの巣なのかなー?」
ロンパ「そうじゃない?そうでなきゃこんなところに
    枯葉を山積みに放置しないでしょ」
私「うーん。ここはイタリアだからねー。ありがちじゃない?」
ロンパ「・・・・・・・・・」
巣?

何の巣なんでしょうね?

さほど大きくない公園内でも、ロンは疲れたらしく
「へびが怖い」だの「カエルがいない」だの「ふくろうは?」
とか、「キツネもいるんでしょ?どこ?」と言いながら
結局言いたいことは「抱っこ!」。
ロンパが「出口まで歩いたらポテトチップ買ってあげる!」
の一言で、目標が出来たらしく大人しく歩き出した。。。
まったく『自然を楽しむ』のかけらもありゃしない。。。
ロンパとロン


いるはずの動物達に会えなかったのは残念だけど、
ほとんどの動物が夜行性だから仕方がない。
7-8月は夜も開いているという。
久し振りに自然の中を歩いて、きれいな空気が吸えたのは良かった。
ここを歩いて、前住んでいたサロを思い出した。
大家さん家の裏の山は自然がまだそのまま残っている。
毎年今頃、参加者を募って野草狩りに行く。
私が住んでいたときは「妊娠中+新生児のロン」で、
とても険しい山道を歩ける状態ではなかったのでパスしたけれど、
引越してきてロンも充分歩けるようになった昨年、
電話して聞いてみたところ、「今年はやらないのよ」と。
そこでもう一度、先日電話してみると、答えは
「今年も特別 その企画はしてないけど、
もし行きたいなら一緒に行ってもいいよ」と言ってくれた。
わーい!念願の野草摘み!
でも、早くしないと時期が終わっちゃう。。
彼女との時間があって現実化したらまたお伝えしますねー。

『ロンよくぞ最後まで歩いた!』
↓と、ポチっと応援ありがとうございます↓

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:18 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | TB(0) | CM(8) | Top↑

コメント

こんちゃ!
なんか良いっすねぇ~自然公園。
空気が綺麗そうで気分もリフレッシュ!
で、そちらではカエルは希少動物?(笑)
うちの家は周りに田んぼも多く、おまけに真ん前に川が流れているので夏場はアマガエルやらウシガエルの大合唱(笑)
雨が降った次の日には道路でカエルがペッシャンコになってることも多いっす( ̄ー ̄;
ロンちゃん、見に来る?(おぃ)(笑)
あ、そうそう、ろんまさん、風邪早く治ると良いね♪
無理せずボチボチいきましょう(*^-^*)
ソラ♪ |  2006.05.23(火) 14:37 | URL |  【編集】
ロン君かえるが好きなの?近所の川原で、ゲロゲロないてるよ!最近はホタルも出てきてとってもいい感じ。
昨日も夜中の12時まで散歩してました。
Riccia |  2006.05.23(火) 16:03 | URL |  【編集】
うわ~。すごい自然・・・。
いいね~。
しかしロン、相変わらずの怖がり慎重ぶり、笑ってしまった。

最近、家でも、
さくらんぼが言うことを聞かなくなると
「虫が出てくるよ・・・」
とか
「寝てたら横にお化けが座ってるよ」
というと、途端に顔色が変わるよ。

で、余談だけど
大根や姫の場合。
先日、何だったか忘れたけど
とんでもなく憎たらしい事を言ったので

「そんなことばっかり言っていたら
お風呂に入ってる時、白い顔をしたおじいさんが、窓からのぞきに来るよ」

と言ったら、2人とも同時に目が泳ぎ

「・・・・こわっ!!」

と、めちゃめちゃ怖がって、お風呂に
入れなくなってしまった。。。
姫はまだしも、大根。
ったく、小学校高学年にもなって。。。

普段だったら、それぞれ勝手に入るのに
その日は、大根が

「ひめっ!はよ、入るぞっ!」

と、一緒にお風呂へ入ろうと
偉そうに言ってたので

「怖いんでしょ?」

と、ほくそ笑みながら言うと

「・・・ちょっとな・・・」

と照れ笑いしてました。

そんな大根は私と同じ背(って事は、
ロンマとも同じ)になったよ。
体重もまったく同じ。。。
でも、唯一違うのは、足の長さ、お尻の位置、靴のサイズ(只今、25,5cm)
これだけは、越されました。
(長文失礼!)
ねね |  2006.05.23(火) 16:11 | URL |  【編集】
ソラ♪さん
いらっしゃーい!
まだ日本も自然がたくさん残ってるんですねーv-47
ロンが聞いたら「ママ。行こ♪」と手を引っ張り始めるでしょう。。

>風邪早く治ると良いね♪
ありがとうございます。。
今朝お医者さんにいったら、すごい重病人扱いされて数種類の抗生物質と「今月中に総合病院で検査をしてきてください」といわれました。。。
単なる風邪ではないみたいです。。。

Ricciaさん
そうなんだー。知らなかった。
蛍もいるの?あの汚い川に??
しかし夜中の12時は散歩できないなー。

ねね
ぎょえーーーー。。でかくなったねー。
すごいなー。小学生でそんなに大きいんだー。すごーい。
でも怖がりは相変わらずなのねv-218
まー。私も『お風呂ネタ』と『夜寝てるときネタ』は弱いけど。。。


ろんま |  2006.05.23(火) 18:26 | URL |  【編集】
すごい自然ですね、見ているだけで心が洗われます。
動物くんに遭遇できなかったのは残念でしょうが、自然の中でロン君も楽しかったことでしょうね。

カエルといえば、先日、うちの4本足の息子が異常に騒いでいるので、庭にでると、手のひらくらいの大きいガマガエルが・・よくよく見ると背中には小さな子供のカエル。母カエルは体調が悪そうな上、うちの息子の口撃にびっくりして、身動きでも出来ず、傍目から見ても「ゼイゼイ」とっても辛そう。そんな母にしっかりしがみついている子ガエル。

私は小さい頃から、カエルや芋虫を手で触って遊んできた自然児なので、カエルをつかむことを躊躇している旦那の代わりに、遠巻きに吠える息子を払いのけ、近くの野原に放してあげました。男らしい私です。

カエルの親子愛にちょっと感動した出来事でした。
きっこ |  2006.05.23(火) 18:37 | URL |  【編集】
きっこさん
そうですねー。
でも、また続けて書く予定ですが、
この後アグリツーリズモで動物を見ることが出来たので、とりあえず満足したようです。
カエルはまだ見たことないのですがね..
私も昔はカエル収集に明け暮れてました。
今はでかいのはちょっと怖いんですけどね。。
でもなんか好きなんですよねー。カエルって。ロンの部屋にカエルグッズがたくさんあるので、余計ロンが本物のカエルを見たがるのかもしれませんね。
親子カエルかわいいですね。
お母さんの具合が良くなるといいのですが。。

結局女が強いんですよね。
家もサソリが出たとき、へっぴり腰で退治しようとしていたロンパを「そんなことしてたら逃げられちゃう」と、ほうきで掃いて、外でバシバシ叩いて退治した私を感動の眼差しで見てたロンパを思い出しました。
ろんま |  2006.05.24(水) 19:00 | URL |  【編集】
ロン君、蛇は嫌だよね~。フォー母も蛇もトカゲも嫌い。子供の頃、蛇が蛙を飲み込むの見ちゃってから、ますます嫌いに。

自然が一杯の公園でのお散歩いいですね。
白鳥も間近で見ると、こんなに大きいですね。ロン君、近くでも平気で、勇気ありますね。v-218
フォー母 |  2006.05.25(木) 01:30 | URL |  【編集】
フォー母さん

うわ。。かなりグロテスクですね。。
蛇がカエルを飲み込むのを見たら、
ロンもかなりショックを受けるでしょう。。

ロンは1歳になる前から、前に住んでいたところの近くの湖でカモと白鳥の餌付けをしてたので、多分慣れてるんでしょうね。白鳥とかカモを見ると「ママ!パンちょうだい」って聞くくらいです。
最近では水を汚してしまうので、あげなくなってから随分経つんですけどね。
ろんま |  2006.05.26(金) 01:21 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。