スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ロンパの休み

2006年05月04日(木)
ロンパの毎週1日半とれる休みの曜日は決まっていない。
いつも前日か良くて2日前に決まる。
何をするにも予定が立てられない。

今週の休みに関しては「いつもこっちが○○日、休んでいいか?」
と聞いていた為、いい加減毎回聞くのにもうんざりしたロンパは
今週は特別な予定もなかったため、
向こうから言ってくるのを待つことにした。

メーデーの前日の夜、ロンパがいつもより少し早く10時半頃帰ってきた。
ロンパはいつもどおりシャワーを浴び寛いでテレビをみていて、
私は次の日の花祭りに備えて、天気予報チェックをしていた。

すると午前0時半頃、突然ロンパの携帯のメッセージの
呼び出し音が鳴った。
「?こんな時間に誰だ?」と不審に思いながらメッセージを開けると、
見る見る表情が変わった。
レストランのオーナーからだった。

「ごめん。言い忘れてたけど、明日の午前中休んでいいよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回の記事で「感謝の気持ちを忘れない」と書いたところで
何なんですが、これはないと思いません?
せっかくたまに早く帰ってきたけど、
次の日が休みだと思って過ごすのと、仕事だと思って過ごす
時間は気分的にも随分変わってくる。
次の日が普通の日であったら、ロンパは
「こういう休みのもらい方はしたくない」と
仕事に行ったと思いますが、次の日は祝日。
ロンもいるし、うちの街で花祭りもあるということで、
100歩譲って、午前中の休みをとることにしました。


そして次の日。 
5時半からの仕事に備え、花祭りが混む時間帯を避けて、
お昼を早めに食べ、仕事に行く前に少し休憩をとれる様、
イタリア人のお昼寝の時間である午後1時半ごろ花祭りへ
出掛けようとまさに玄関を出ようとした瞬間。
また携帯のメッセージ音。

『今度は一体なんだ?』と見るとオーナーからで、
「もしよかったら、今夜も休んでいいよ。」

おいおい。。こんな休みってあります?
こういった方法をとるのであれば、せめて最初から一日休みだと
言えばいいのに。。まったく何も考えていない。
夜仕事に行かなくてはいけないのと、1日休みというのでは、
一日の計画が変わってくる。
ロンパだって午後から仕事があると思ったら、
丸一日休みよりリラックスできないと思うし。
それに普段休みの日は、携帯を持ち歩かないロンパなので、
一歩間違っていたら、一日休みが台無しになるところだった。

これを見てロンパは
「明日の午前中も半日休みをくれるのであれば、今夜休む。
それが分かるには今夜の0時を待たなくちゃいけない?」と
嫌味交じりで電話したところ、
「ごめんごめん。。いいよ。明日の午前中も休んで」と。
オーナーの仕事のやり方を聞いてる限りでも計画性がないけれど、
この件で計画性のなさが、浮き彫りになった。
お金さえあれば経営者になれる仕組みが、不思議でならない。
経営者達がこんなんだから、イタリアがどんどん不況になるんだ
と思わずにいられないほどだ。

イタリア人オーナーのやりにくいところは、
「給料を払っているんだから、自分の言うことを聞け」的なやり方。
ロンパの今のオーナーも、例に漏れずそういう感じ。
それに、この人は
「これだけ給料を払うところは他に見つからないだろうから、
何をしても辞めないだろう」と変に信じ込んでいるらしい。
根本的なところから歪んでいる。


・・と、まあこんな感じで、
ロンパがメッセージを受取った瞬間
「こんなことだったらパドヴァに行った方がお祭り自体大きいし
一日中楽しめたのに。。」という事で、
とりあえず午後1時半に花祭りに出かけたのですが、
ざーっと花祭りを見てから、パドヴァへ出掛けたのでした。

そのときの様子は2回に分けて書きます。

「ロンパに早くいい職場が見つかりますように
と願ってくださる方。
↓ポチっとお願いしまーす!↓

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:48 |  [育児日記]2006年 5月  | TB(0) | CM(4) | Top↑

コメント

こういうのこそ、
今時の女子高生風に
『超~むかつく』
だね・・・!!
e-262

人のことをなんだと思ってるんだっ!
それ以外に言葉が見つからないよ。

休みの前、気分の持ち方。
午前中だけ休み、気分の持ち方。

上記、二つだけでも
かなり変わってくるよね。
なのに、何段階で変更してくる訳?

はぁー
あまりにむかついたので、
ランキング、3周分
ポチポチ踏んできました!!


これも、将来へと続く道なの?
辛いなー。

みんな、身体、大事にね!
ねね |  2006.05.04(木) 18:59 | URL |  【編集】
ねね

やっぱり分かってくれた?
この腹立たしさ。

>これも、将来へと続く道なの?
>辛いなー。
うん。でも、昨日あたりに話してたんだけど、次のところが決まったときの心意気というか、仕事への考え方、責任者としてのあり方が、随分しっかりしたなーと思った。
なんかしらプラスに置き換えるようにしないと、気が持たないよ。。

ポチポチありがとねー。
やっぱ順位が上がるとうれしくて、
「書くぞー!」ってパワーが出てくる。 




ろんま |  2006.05.04(木) 19:31 | URL |  【編集】
そうだねー。

私の身の上でも
この所、色々考えさせられる事が
多いんだけど。

目立たない所だからこそ、努力する、
『不言実行』
は、日本だからこそ
解ってもらえるのかな??
と思うね。
こういう日記を読むと。

アピールの国、イタリアーノには
気が付いて貰えない気がする。

そんなこともないのかな?

だとすれば、絶対に見てくれる人は
見てくれてる。と思うなぁ。
(最近した、私の実感。)

生きる。って、
そういう与えられた苦難、困難、使命に立ち向かって、いちだんずつ
階段を上って行き、人間のレベルを
上げていく。
事なのかなと。。。
(うわ・・・!自分で書きながら
宗教じみてきてる!と思ってしまった!)

お宅の、お坊さんにもよろしくね。


修行僧より。

ねね |  2006.05.05(金) 13:30 | URL |  【編集】
ねね

>アピールの国、イタリアーノには
>気が付いて貰えない気がする。

基本的にはそうだね。ある程度意思表示しないと理解できないみたい。

>だとすれば、絶対に見てくれる人は
>見てくれてる。と思うなぁ。

もちろんそういう人がいないわけではないけど、絶対数が少ない。
そのうえ、それを理解出来る人はだいたい普通の人だから、「あなた。すごいわね」とか「えらいわね」とか言ってくれるけど、結局素通りになっちゃうんだよね。

でもイタリアで、そういうことがなかったわけではないよ。
イタリアに来たてのときは、
言葉が話せなかったからか、
相手が必要以上に解しようとしてくれてたのか、すごく助けてもらったし。
みんなすごく大事にしてくれた。
そういえば、ロンパと一緒になってから変わったなー。。。なんでだろう?
ま、もちろん言葉の理解力が増えたことで周囲の空気も読める余裕が出来るようになったのもあるけど。。。
でもなー。。リミニやアオスタ、パドヴァの人たちは、今思ってもすごくいい人たちで助けてくれた。
お義母さんパワーで人を見る目が歪んじゃったのかなー?人のせいにしてるわけではないけど、そのくらいネガティブを背負っているひとだからね。。
こんなに近寄りたくないと思った人は初めてだよ。
ろんま |  2006.05.05(金) 20:49 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。