スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

滞在許可証申請

2006年04月07日(金)
昨日やっと滞在許可証の更新の申請に重い腰を上げた。
・・といっても昨日で二度目。今週の火曜日に一度申請に行ったが、
見事に書類が足りなく帰ることになった。

事前に問合せをして、必要書類が書いた紙をFAXして貰っていたので、
その紙を突き出して「ここに書いてあるもの全部あります!」と
強気で言ったのだが、どうやらそのFAXしてもらった紙自体が、
「外国人用の滞在許可証申請」のものであって、
「イタリア人と結婚した外国人用」ではなかったため、
必要書類が違っていたらしい
仕方なく引き返し、昨日書類を揃えて暴風雨の中行って来た。

もともと誰もが滞在許可証申請ほど嫌なものはない。
そのためにイタリア国籍を取得してしまう人もいたりするらしい。
Margheraという街にある警察署は、兼ねてからひどい噂を聞いていた。
ヴェネチアは外国人留学生が多いため、かなりいつも混雑しているとのこと。
重い腰が上がらなかったのも、あの2年前のVicenzaでの悪夢があったためで、
それがあったが為に有効期限を見過ごしてしまったようなものであり、
うんざりしていた。
でも申請をしないと、当然のことながらイタリアにいられない。
別にそのこと自体はどうでもいいのだけど、あとあと不便になるので、
やっておいた方がいい。(・・というか、やらなくちゃいけないのだけど)

・・が着いてみると、待っている人は多いけれど、
「混雑」という感じではなく、一目で整頓されている印象だった。
建物に入る前に小さな小屋で書類チェックを受ける。
そこで揃っていない場合は、揃えて後日申請に来る。
揃っている場合は、滞在許可証の種類によって色別された番号札を渡され、
中に入って自分の番号が電光掲示板に点くまで待つというシステムだった。

私が一度目に行った時は、建物に入る前の書類チェックでボツになった。
それでもいい方だ。5年前のパドヴァや、2年前のヴィチェンツアでは、
窓口まで行くのに5時間くらい並んで待たされて、「やっと出来る」
と思ったらボツになり、書類をそろえて後日また5時間くらい待たされる..
という状態だった。
しかも番号札がないもんだから、並んでないとダメだし、
番号札があっても、電光掲示板がないため、
警察官がガラス戸の向こうから叫んでる割には全然聞こえてこない為、
後ろにいると聞き逃して後に飛ばされてしまう。
そのため、押し合いへしあい状態だった
しかも申請にきた外国人に対する警察官の態度は、
虫けらを扱うようなひどいものだった。

その偉そうにしている警察官達の仕事振りとくれば、
ガラス戸越しに嫌でも見えてしまうのだが、
この外国人課は警察署の左遷場かで、他の仕事が出来ないが為に
ここに配属になったかと思わせるくらい、効率の悪い仕事をしていて、
眼を覆いたくなるくらいひどい。
仕事が出来ない人に限って、ギャーギャー偉そうに振舞ったり、
「自分は仕事してるんだ!」と偉そうにしている人間ばかりだった。
ロンパが質問をしようと何度も呼んでるのに聞こえないふりして、
顔を上げた瞬間に「すみませーん」と言いながら『こっち見て』
という意味を込めて手を振ったら、「警察官に手を振るとは何事だ!」と
訳の分からないことで怒られた・・・

その点マルゲーラの警察署はそこら辺はちゃんとしていたので、
余計な混雑はなく比較的静かで、待合室もトイレもドリンクや
おやつ系の自販機も揃っていたし、『人間に対する対応』だった。


【More・・・】

私が言われた6番窓口を探しながらある扉の前でウロウロしていると、
何処かの国のお兄ちゃんが「ここでいいんだよ。」と私と同じ色の
紙を見せてくれた。
電光掲示板の表示してある数字は、自分の番号より20以上も前だった。
するとすぐに8番くらい飛ばされて、あと12番目という状況になった。
まだヴィチェンツアでの経験があったため、安心できずに
「どこかで座るより、この扉の前にいた方がいいかも」と、
ボーっと立っていると、見慣れた顔が目の前を通って扉の中に入っていった。

「・・?あれ?」と一瞬訳がわからなかったが、すぐに
弁護士をしているみーさんの旦那さんだと分かった。
外国人の滞在許可証の申請に関する仕事をしていると聞いたことがあった。
今さらながら警察署に問い合わせるより、みーさんの旦那さんに聞いた方が
よっぽど正しい答えが返ってきただろうと思った。
しかもみーさんと先日1時間にわたって電話で話していたにもかかわらず、
そのことについては全く頭をかすめなかった。

旦那さんが部屋から出てきて挨拶したが、
「あー!チャオチャオ!ごめん。ちょっと待ってね。ちょっと待ってね」と
忙しそうにバタバタしていた。
少し落ち着いて『あとは呼ばれるだけ』というところで、
ゆっくり話ができる余裕が出来た。
近況報告やら世間話をしながら待っていたが、みーさんは次の申請で
「carta di soggiorno(アメリカのグリーンカードのようなもの)」
を取る予定といっていた。
私も申請するに当たって考えたが、警察署に問合せをした時点で
「毎年5年おきに写真の交換と、必要書類の提出があるため、
手間は滞在許可証とあまり変わらないですよ」と言われた。
しかも滞在許可証なら期限内であれば、市役所で更新できるようになり、
そのほうが楽なので、滞在許可証を申請することにしたが、
その説明のあと、間違った書類をFAXしてきたこともあり、
みーさんの旦那さんに必要書類を聞いてみると、
「ちょっと待ってね」と言って、1分もしないうちに申請書と、
必要書類の書いてある紙を貰ってきてくれた。
そしてみーさんの旦那さんは呼ばれて、部屋の中へ入っていった。

そこに書いてある必要書類を読んでいると、やはり滞在許可証よりも
必要書類がたくさんあるので、今日の申請では無理だった。
そんなことを考えている間に、やっと建物に入って3時間半後、
私の番になり入ると、
窓口にはデル・ピエロ似の賢そうな顔の警察官が座っていた。

申請書類を出していくつかの質問に答えると、
「この住所に警察官が確認に行くかもしれませんよ」という。
私は「はい。構いませんが、来る前に知らせてくれるのですか?
そうでないと主人は仕事でほとんど家にいないので。」というと、
デル ピエロの目が点になった。
何でこんな顔するんだろう?と思っていると、笑いをこらえながら
「事前に知らせませんよ。
そうしたら抜き打ちコントロールの意味がないじゃないですか」
・・・確かにそうだ。
このコントロールの趣旨は、偽装結婚でない確認の為だから、
事前に知らせたら意味がない。。。
あまりに待ち疲れて、思いっきりすっとぼけた質問をしてしまった....

スットボケついでにいろいろ質問しようと、
「前回ヴィチェンツアでは2年間しか有効期間をくれませんでしたが、
今回は5年になりますか?」と聞くと「はい。5年間の有効期間です」と聞いて安心。
「carta di soggiornoは、5年ごとに更新が必要だと聞きましたが?」
と聞くと「..それによって異なります。でも、あなたの場合、
今回の申請で5年の滞在許可証が切れたあと、
次の申請で無期限の滞在許可証になりますよ」と教えてくれた。
この件に関しては、この人が5年後に窓口にいたら信用できるが、
それはそのときにならないと分からない。
まあどっちにしろ市役所で更新できるので、便利は便利だが。

そんなこんなで、何とか申請し終わった。
こんなゆっくり普通の調子で質問も出来た申請は初めてだった。
しかも、向こうもこちらに敬語を使うだなんて!
当たり前のことなのに、今まで怒鳴り合い、罵声を飛ばされつづけた経験上、
ビックリだった。これで、2ヶ月後無事に滞在許可証を手にできれば、
マルゲーラの警察署に拍手を贈りたい。
(こういういいことを他の県でも見習えばいいのに。。)
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:12 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(10) | Top↑

コメント

なーんか。
ちょっと申請。どころじゃない感じ。
毎度、大変そうだね。。。

ご苦労さん!

ロン、おっきくなったねー!
びっくりしたわ。

我が家の次女「さくっと」も
PCを見に来て
「うぁ~♪ロンだー!このおもちゃ、なに?(バリバリ関西弁っす)」
と聞いていたよ。
(オレンジの犬?)

ねね |  2006.04.07(金) 18:31 | URL |  【編集】
マルゲーラのQUESTURAもサービスがアップしたんだ!3年前はひどかったのに...
で、Carta di Soggiornoは期限がないって聞いたよ。現に、私の友人はPermessoの期限が残っていたにも関わらず、警察の人の気の代わらないうちにということで申請したら、永久版をもらったそうです。
私も気の変らないうちに行って永久版をもらわないといけないけど、QUESTURAのあの雰囲気を思い出すと腰が上がらない...
Riccia |  2006.04.07(金) 21:29 | URL |  【編集】
5年も申請いかなくていいなんてウラヤマシ~。私は学生の身なんで毎年です・・・。しかも毎回一ヶ月くらい短くなっていくし。( ノД`)ぁぅ
kemu |  2006.04.09(日) 01:42 | URL |  【編集】
どこも大変ですね。私も1年待つのはあたりまえだと言われて待ち続けその間に子供も生まれちゃったというのに、先日行ったらどうやら書類一式なくされたみたいなんです(涙)私の名前のファイルが見つからないと。お腹が大きかったときに早く出せ~と言っておけばよかったかなと思います。
riso5 |  2006.04.09(日) 05:39 | URL |  【編集】
riso5さん
ありゃりゃ。。。なくされちゃったなんて。。ひどいですよね。向こうのミスは当たり前のように「もう一度やりなおして」って簡単に言うくせに、こっちの書類が足りなかったりだと、すごい言い方でつき返してきたり。私も前回、向こうのミスで名前が違ってたのに、「パドヴァで発行したのが既に間違ってたんじゃないか?」って言われて、そのときちょうど前のコピーを持っていたから、「いいえ。あなた方が間違えてます」って言ったのに、何故かやり直す段階になって指紋を取られました。向こうが間違ってたくせに、何で指紋取られなきゃいけないんじゃー!とブチ切れ。。しかもその時は小さいロンを連れて行ってたから大変でした。。

kemuさん
そうですよねー。学生だと1年ごとなんですよね。私が最後に学生申請したときは出るか分からないけど、出たとしても半年しか出ないといわれました。
結局偽造パスポートの疑いを掛けられe-263東京のイタリア大使館や、ミラノ領事館やらいろいろ調べたらしく、「本物の日本人」とわかったときには半年経ってました。。。

Ricciaさん
まあ、carta di soggiornoでも、なんでもいいわ。
これから期限さえ忘れなければ、市役所でもできるし、今度の申請で無期限になるし。永久版といわれると、永久にこの国から出られない気がするから、かえってこっちのほうが気が楽だわ。
ロンパも「申請受け付けてくれたの?なーんだ。」と残念がってた。期限切れで受け付けてくれなかったら、イタリアから出られるもんだから。。
・・・ま、出ようと思えば出られるんだけどね。。

ねね。
そうなの。まー今回はスムーズに大きな問題はなく行ってるんだけど。
癒し系だと思った「さく」は「みーpart2」の道をまっしぐらだね。
あーあ。早く帰りたいなー。。
ろんま |  2006.04.09(日) 17:43 | URL |  【編集】
●はじめまして
はじめましてBlogBoxというブログ検索エンジン・ランキングサイトの運営スタッフでございます。
現在、Blogboxではベータ版のためブログ登録者様が非常に少ない状態になっております。
当サイトのランキングに参加するとあなたのブログがサムネイル画像付きで紹介されます。
よろしければ参加してあなたのブログを紹介してみませんか?
ご検討よろしくお願いいたします。

■BlogBox
ブログの検索エンジン・ランキングサイト
http://blogbox.jp/
BlogBox |  2006.04.09(日) 21:10 | URL |  【編集】
やっぱりドイツにいる間にイタリアのパスポートもらっといた方がいいかなー。申請すると割りとすぐもらえるみたいなんです。
イタリアに行ってからそういうので苦労するの、ヤダナー。
ドイツでは永久ヴィザをもらってるので、おそらく外国人局はもう行く必要はないのではと思います。
恐るべし、イタリア。
じゃじゃ |  2006.04.10(月) 01:02 | URL |  【編集】
じゃじゃさん
そうですねー。でも二重国籍がバレルと日本の国籍を剥奪されるようなこと聞いたことありますけど。。イタリア在住6年以上で、今回わたしが取らなかったカルタ ディ ソジョルノが取れますし、結婚後何年かで無期限の滞在許可が下りますからねー。
でもほんと、この要領の悪さに関してはいい方法を投書とか手紙で送るとか、どうにかならないものかと真剣に考えましたよ。徐々にですが、改善されてきているようです。

Blog Boxさま
お誘いありがとうございます。
今のところ他のランキングを含めて検討中ですので、もしそちらに登録させていただくことになりましたら、その時は宜しくお願いいたします。

ろんま |  2006.04.10(月) 06:22 | URL |  【編集】
そうそう、昨日ウーパーちゃんと話しててわかったんだけど、市役所での取り扱いは6月までのお試しだそうです。だからこの後はまたマルゲーラでの手続き。
今の時期はみんな市役所で手続きしているものだから、ろんまさんが、Questuraに行った時には空いていて、対応も良かったのよ...また"通常"に戻ったら、あの悪夢のような状態が戻ってくるに違いない...
Riccia |  2006.04.10(月) 23:17 | URL |  【編集】
なるほどねー。
このままそうすればいいのに。
ろんま |  2006.04.11(火) 05:29 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。