スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Progetto B.U.S.

2006年02月22日(水)
昨日、週に一度1ヶ月に渡って幼稚園で行われていた
『Progetto B.U.S』という育児についての相談会の最終日に行ってきた。

小児科医、精神科医、カウンセラーなどの専門家を幼稚園に招き、
担任の先生も一緒に、3・4歳の子供を持つ両親たちと一緒に、
日頃の躾や育児への考え方や問題の解決法を話し合っていく場を持つことで、
起こりえる問題を事前に対処できるよう話し合って、
子供達を市と学校と両親が一体になって育てていくというのが
このプロジェクトの趣旨だ。

1997年から始まり、まだ試験的な段階で私が住んでいる町を中心に
近郊の町の幼稚園でも行われている。
それまで5歳以上の親を対称にやってみたりしたようだが、
結局5歳までいくと、修正するには遅すぎるということで、
3・4歳の子供の両親を対象にするようになった。

話は反れるが、入園に当たっての説明会のときプリントが配られた。
その内容は入園を不安がる子供に対しての対応の仕方だった。
例えば『行きたがらない子供に対し不安がるようなことを言わないとか』、
『両親が自信を持って『大丈夫』と子供に言ってあげれば、
子供もそういう気分になる』
『親が余計な心配(お友達ができるか、喧嘩しないか、
ご飯を食べられるか、おしっこができるかなど)をすると、
子供はそれを感じ不安になる』などなど、
特別プリントを配るほどの内容でもないように感じながら読んでいて、
「ンなこと当たり前じゃん。この紙を「ホウホウ。なるほどー」って参考にする人はいるのか?」と思ったが、
今回他の両親達の話を聞いてると、結構そういう感じだった。

話をB.U.Sに戻すが、結局そういった「甘やかされた子供たち」が、
小学校に入ると一昔前に比べ、はるかに学習能力が下がっている事実が浮かび上がった。
「親の楽」のために、いつまでたっても夜寝るときの「オムツ」をとらないとか、
 片づけが出来なかったり、集中力がない子供や、
「おしゃぶり」を4歳5歳になってもつけていたり、
『ベビーカー』に5歳くらいまで普通に乗っていたり。
街を歩いていると結構そういう場面に出くわして、ビックリするときがある。
そういった2・3歳の時期に終わらせるべきことが、遅れているせいで
十年前まで読み書きを教えていた小学校一年目は、
今現在「規則を守る」ことについてだけで、
一年費やさなくてはいけないくらいになってしまい、
読み書きをはじめるのは、二の次になってしまっているらしい。

だから「自立性を持ち、規則を守る」ことを、
小さいときに大人たちが協力し合って教えておけば、
その後の習得も身につきやすいということだ。

一応4回分のテーマは決まっていた。
・自主性と規律を守る
・食事
・就寝
・子供の攻撃性と対処
この4本の柱を軸に、

幼稚園の基本的な指導内容も添えて、 
1.子供は家族、同年代の友達、家族以外の大人と一緒に、
  多種多様な経験を経て、成長していく

2.「幼稚園に行くこと」は子供にとって楽しみであり、
  「喜んで友達におもちゃを貸す」「様々のことに興味を抱く」
  そして小さな簡単なことでも友達と力を合わせて一緒に
  やり遂げることによって得られる、喜びを分かち合う。

3.「規律を守る」については、毎日
  1遊びの時間
  2お片づけの時間
  3作業の時間 (工作や粘土、色を塗ったり貼ったり)
  4お話をしたり聞いたりする時間
  5お友達と一緒におやつを食べる時間
  6着替え(着衣、脱衣)
  7庭で遊ぶ時間
  8大部屋で一緒にお昼寝する時間
  9トイレの時間
 10お昼を食べる準備をする時間
 11ご飯を食べる時間
 12両親を待つ時間
 と、時間を区切って生活することによって得られる
 自主性、規則性、規律性を育てるプログラム作り。

これらのことを踏まえて、毎回話し合いが繰り広げられた。
基本趣旨もかなりしっかりしているし、来ていた4人のプロの
先生方もしっかりした説得力のある人ばかりだった。

実際一昨年この街に引っ越してきたとき、5・6歳くらいの子供達が
とても素直に大人と接している印象を受けたのは、
このプロジェクトの成果なのかなと、今書きながら思った。
【ヨーロッパ一行儀の悪いイタリアの子供たち】の汚名返上になるかな?

長くなったので、今日のところはこのプロジェクトの説明だけにしておく。
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   21:04 |  [イタリア]幼稚園事情  | TB(0) | CM(7) | Top↑

コメント

やっぱりろんまさんも変に思ってました?どう見ても小学生くらいの子がベビーカーに乗ってるの。こっちではよく見ますよね。これって小さなことだけど、後々に影響するのですね。
ロン君ももう3歳なので、そろそろベビーカー卒業かな?
Riccia |  2006.02.23(木) 00:11 | URL |  【編集】
初めまして。
以前ロンマさんにコメントをいただいた者です。
今はまだネットカフェ通いなのでロンマさんのブログを読破していないのですが、なによりなによりロンくんとにゃんこがかわい過ぎますね。
また遊びにきまーす。
satoko |  2006.02.23(木) 01:20 | URL |  【編集】
国によっていろいろですね。ドイツでは大きい幼児がベビーカーに乗ってるのは見たことないですが、ドイツの親は子供にあまりにも手をかけない、関心がなさ過ぎるのが問題です。食べ物も小さい頃から出来合いのを食べさせられ、テレビの前に放って置かれ、小学校に上がるまで怠ける癖をつけられているのがとても多いです。
そんな風だから子供の数が減っているのにも拘らず、学習能力はかなり低下しています。高校生のクセに、私よりドイツ語が書けないって何じゃ?
行儀が悪いのはドイツのガキも一緒です。但し、ドイツ人は子供と一緒の行動をあまりしないのでそれが表面にでてこないだけと思われます。
教育程度の低下は先進工業国家の典型的な特徴でしょうかね。
じゃじゃ |  2006.02.23(木) 05:32 | URL |  【編集】
Ricciaさん
うちは年明けを機にベビーカーは卒業しました。
メルカートにロンを連れて行くこともなくなったので、完璧卒業宣言?!
やっぱり「大人の楽」でメルカートには、ベビーカーで買い物に行ってました。。ハイ。。スミマセン
でも、幼稚園のお迎えにベビーカー持ってくるお母さんもいるんですよ。ビックリv-405

satokoさん
コメントありがとうございます。
私も修行の身のときは、休みの日はいつもインターネットカフェ通いでした。
先日いつも行っていたところの前を通ったらなくなっていて、何だか寂しい気分になりました。。。
又来てくださいね。





ろんま |  2006.02.23(木) 05:39 | URL |  【編集】
じゃじゃさん
そうですかー。
この話を聞いて、去年の夏に海に行ったとき、軒並みドイツ人の子供の迷子が続出していて、その夜、ご飯を食べに行ったときに、隣に座ったイタリア人家族が、ちょうど現地で知合ったドイツ人家族とヴァカンツァの行動を共にして、あまりの放任主義に困惑したと話していたのを思い出しました。
かまい過ぎるのも、放しすぎるのも
度がすぎてはいけないということですね。
ろんま |  2006.02.23(木) 07:13 | URL |  【編集】
なかなか訪問できず、ゴメンナサイ!そして、いつも温かなコメントや応援をアリガトウゴザイマス♪
規則を守る、簡単な教育に見えてなかなか難しい事なのでしょうかね。やはり小さいときに大人たちが協力し合って教えておく事が1番大事なんですよね。その子の為に。

ななえママ |  2006.02.23(木) 11:53 | URL |  【編集】
ななえママさん
そうですね。ここに書いてあることは、
一見「全く基本的なこと」ではありますが、生身の子供と大人との間の接し方によって、とても難しいことになってしまったりするようです。
我が家もぶつかり合いながらも、
お互いに少しづつ成長していっている感じです。

ろんま |  2006.02.23(木) 17:44 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。