スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

「ぼく」と「わたし」と「あなた」

2006年02月20日(月)
日本ではほとんどの子供が自分のことを名前で呼ぶことから始まる。
両親が子供を名前で呼ぶのが普通だから覚えやすいのだろう。
大きくなるに連れて、名前から「ぼく」や「わたし」と
周りを見ながら覚えていく感じだろう。
例に漏れず、ロンも日本語で話すときは、自分のことを名前で呼ぶ。

イタリアでは、自分の子供を名前で呼ぶときはほんのわずかで、
「呼び寄せる」以外は、大体会話の中では「TU(キミ)」を使う。
最初は自分のことを「TU」と言うらしいが、すぐに間違いを指摘され、
小さいうちから「IO(イオ)」と言うようになる。
イタリア語で『私』『僕』など自分を指すときに、
男性でも女性でも『IO(イオ)(英語では『I』)』と言うのだが、
頭の固いロンは最近まで自分のことをイタリア語では「TU」と言っていたが、
幼稚園が始まりその使い方がやっと分かったらしく、
「IO」「IO」と嬉しそうに使っている。

そして昨日、私に自分を指差しながら『IO・・・「あたし」?』と言うので、
「お!すごい!そうそう。そうやって使うんだよ。
でも、ロンの場合は男の子だから「ぼく」だけど。」と説明すると、
自分を指差して「ぼく」といい、私を指差して「あたし」と言う。
「そうそう。ママが自分のことを言うときは『わたし』ね」と言うと、
ねえねえと言う感じでわたしのことを呼びながら、
「あたしー。みかんとってきてー」という。
私は「???それちがうなー。。。ママが言うときは「わたし」だけど、
ロンがママに言うときは「あなた」になるんだよ」というと、
「んじゃ。。あなた、みかんとってきてくーだーしゃい

なんかへんてこりんだなーと思いつつ、ふっと我に返って
「何でママがみかんを取りに行かなきゃいけないのよ。自分の方が近いくせに
というと、「あ。そっか」と言って素直に取りに行った。

しばらくしてからロンが来て
「ねーママー。あたし・・ちゃう。。あなた・・・ちゃう。。うーん。
なんだったっけ・・・あ。ぼくー!」と言ったときには、
その後に続くはずの言おうとしたことを忘れてしまっていた。

何度か同じようなことがあり、やっと今日になって
ちょっとはスムーズに出てくるようになったようだ。

日本にいれば自然と入ってくる言葉や使い方も、
基本的に母と子だけの会話ではやはり限りがある。

イタリア語ではあまり初対面の人同士でも友達言葉を使う場合が
ほとんどだったりするので、敬語の存在意識の違いと、
子供のうちは「まだ子供だから」で済むが、
ある程度の年になって敬語を使えないようでは可哀相なので、
新しい言葉や使い方を教えるときは、なるべく敬語を教えている。
やはり将来的に敬語を使う確率が絶対的に多いし、
あとから敬語を教え直すよりも、
親子の会話でも敬語を使うようにすれば、
自然と外でも余計なことを考えなくても、
抵抗なくスムーズに敬語で会話できるようになると思う。

かといって、普通の会話は敬語にする訳にはいかないので、
今のところ「お願いするとき」だけにしているが。


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   01:51 |  [絢大の成長記] 日本語  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。