スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Pasta di sale(手作り天然粘土)

2006年02月05日(日)
久しぶりにブログ復活。
ここ1週間、みーさんとさっちゃんが家のトイレとお風呂場の工事が遅れたために、
日本から帰国してすぐに我が家に泊まりに来ていた。

前にもさっちゃんのすごさを書いたことがあるが、
3週間の日本生活で、少し日本語を話せるようになったのと、
理解出来るようになり、しかも少し落ち着きが出た?!
・・というより、聞き分けが良くなったというか、前ほどではなくなっていた。

が、ロンと一緒になると最初のうちは恥ずかしがっていたみたいだが、
次第に日が経つにつれ、時差ぼけも治りだんだんパワーアップ。
ロンが幼稚園に行ってる間は、絵本を読んだり一人で大人しくしているのだが、
ロンが帰ってくると大運動会がはじまる・・・

ということで、子供達も8時ごろからに寝てしまい、
夜には私もみーさんもぐったり。。
我が家に来た次の日の朝、疲れの為にみーさんが倒れてしまったりで、
私よりみーさんの方が堪えていたようだ。そんな毎日だった。

はじめは2・3日の予定だったが、イタリアの工事が予定通りに終わる訳がなく、
「せめて便器がつくまでは家にいて」と、遠慮するみーさんを引き止め、
私にとっては、結構楽しい共同生活だった。
(帰伊そうそう他人の家に子供と一緒に泊まらなくてはいけなくなった
みーさんは大変だっただろうが。。)

この数日間で自分の子供以外の子と一緒に過ごし、
いろいろ興味深い違いなどを見ることができた。
そして、どんな手を使っても走りつづけ飛び回る子供達を
どうにか静かにさせておく手段はないかと考えたところ、
幼稚園の初日に先生が作っていた「pasta di sale(塩の生地)」を
みようみまねで作ってみたところ、想像以上に効果があり、
しかもその時だけでなく、乾燥しないようビニールで包んで冷蔵庫に入れておけば
塩が保存料としての効果で、次の日もその次の日も使え、
結局1週間毎日30分から1時間はおとなく遊んでいた。

作り方は至って簡単。
300gの薄力粉、300gの塩、100ccほどの水を混ぜるだけで
天然粘土の出来上がり!
3歳くらいになれば食べ物とそうでないものを理解できるが、
2歳くらいの子供でも、これなら食べられるもので作ってあるので安心だし、
万一口に入れても塩っ辛いので、食べつづけると言うことにはならないはず。
もちろん、大人の監視のもとに遊ばせてくださいね。

イタリアの薄力粉は、日本の粉よりグルテンが多いらしく、
中力粉くらいの力があるため、日本の材料でやる場合は、
この分量だと柔らかすぎてしまう可能性があるので、
250gの薄力粉と50gの強力粉(もしくは薄力200、強力100)
くらいでやってみるといいかもしれません。(それか中力粉で)

↓真剣に作ってる最中のロン。何を作ってるのかな?
パスタ サーレで遊ぶロン


↓ロンの作品。「階段」だそうです。
ロン作「la scala(階段)」


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   11:24 |  [育児日記]2006年<3歳>  | TB(0) | CM(6) | Top↑

コメント

はじめまして☆
「猫ブログ」から来ました、ナイルといいます。実は去年11月に旅行で初めてイタリアに行きその魅力にハマってしまい、猫ブログで「イタリア」という文字を見つけてこのブログにおじゃましました。

我が家にもロビンという黒猫の男の子がいます(^_^)溺愛してます(笑)

ろんまさんはご結婚でイタリアに移住されたのでしょうか?私はイタリアに行った時は本当に感激して、「私絶対将来イタリアに住む~!」と思いました(笑)
ナイル |  2006.02.05(日) 03:00 | URL |  【編集】
おお、シュールな作品ですなあ。「千と千尋の神隠し」に出てくる川の神様が、洗ってもらう前に溶けてるシーンを思い出したのですが。確かに、階段にも見えないこと...ないかな。
ラッキーはどうしてましたか。
じゃじゃ |  2006.02.05(日) 08:35 | URL |  【編集】
ナイルさんはじめまして!
私は料理(お菓子)の勉強の為に、イタリアに来て同じレストランで働いていた主人と知合って結婚しました。
主人と知合ってなかったら、とっくに日本に帰ってましたし、主人も私と結婚しなかったら外国に行っていたという、夫婦揃ってイタリア嫌い?!です。
旅行で来ると、感動の嵐を与えてくれるイタリアですが、住むとなると別問題..だったりします。
特に最近、不景気すぎるくらい不景気なので、住むのであれば時期を見送った方が良さそうですよ。

じゃじゃさんへ
川の神様が溶けるシーン..確かに私も溶岩が溶けてるところでも作ってるのかと思いながら「何作ってるの?」と聞いたら、「かいだん」と言い切られたので、「あ。そうか。そう言われれば見えるかも」なんて思いました。

ラッキーは女好きなようで、ロンが幼稚園に行っている間は、3日目くらいから優雅にソファーに寝るようになりました。
さっちゃんは動物を虐待することはなく、とても可愛がるので、ちゃんと分かったようです。

ろんま |  2006.02.06(月) 01:19 | URL |  【編集】
>夫婦揃ってイタリア嫌い
>住むとなると別問題

ええぇっv-237v-12そ、そうですか…v-239まあ、旅行なんかじゃ良いとこしか見えませんもんねぇ。私以上にイタリアに ハマっていた家族にも忠告しておかなくては・・・。
ナイル |  2006.02.06(月) 03:04 | URL |  【編集】
ろん作の階段を見て、あーたんより
コメント
v-290「(笑いながら)へ~んなのっ、ピ~ッコロ」
ねね |  2006.02.06(月) 10:06 | URL |  【編集】
ナイルさん
夢をぶち壊してしまってすみません。。
でも、ほんと私たちだけでなく、最近みんなの口癖は「チャンスさえあれば、他の国にいつでも移れるよ。」と口々に言っています。
ご家族の方にも、「観光が一番」と伝えてあげてくださいねー。

ねね・あーたんへ。
ロンの初めての粘土作品なんだから、もう少し誉めてあげてよー。かわいそうに。
ろんま |  2006.02.06(月) 17:43 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。