スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ラッキーが家に来た日

2005年07月25日(月)
この際なので、ラッキーがうちに来た時の話を。。
5ヶ月くらいだった子猫のラッキーが家に来たきっかけは、
ロンパが一緒に働いていた女の子が3日間旅行に行かなくてはいけなくて、
その間預かって欲しいとのことだった。

彼女もたまたま食べに行ったレストランの駐車場に捨てられて
子供達にいじめられていた子猫のラッキーを見つけ、
可哀相になり下宿の身なのに連れてかえり、
獣医さんのところで飼い猫にするための予防注射をしてもらい、
飼いはじめたところだったのです。

ラッキーの名前の由来は、その獣医さんに「くろねこは幸運を招くんだよ」
と言われてその彼女がラッキーと命名したのでした。
(うちらは、幸運をもたらすんでなくて、彼が拾ってもらえて幸運だったんだ。といつも言っている。)

そして、うちに来た日がなんと前に飼っていた
くろねこ「べーにゃん」の10回忌の次の日だったのです。
ベーにゃんが死んでしまった時は、
「もうぜーったい猫は飼わない!」と、決心したものです。。。
でも、10年一区切りといいますよね。
その時点でなんとなく運命を感じたのでした。

そして家に来た時、飼い主の彼女はしきりに
「この子すごく臆病だから大丈夫かしら?すごく震えてるし。。」と、
心配しながら置いていった10分後には、
しっかりソファーで寝ていました。。。
(普通コントロールしに臭いかぎに部屋ひとまわり位するんじゃないの?)

その当時住んでいた借アパートは、家具も全部大家さんのものとあって、「猫を飼うなんてとんでもない!もし、傷でもつけた日にゃー、弁償しなきゃいけない」と、パパが飼いたいとずっと言っていたのですが、
そう言ってあきらめさせていたのです。(そのときロンはお腹の中)

その後彼女が「あと2日ほど延長してもいい?」と聞いてきて
「実は下宿先のアパートでは飼い切れないんだけど・・・と言ってきたのです。

まあ、3日間見ていてあまりにも子猫にしてはおとなしいので、
そんないたずらはしないし赤ちゃんが生まれても大丈夫だろうという事で
結局引き取ることになったのです。

引っ越ししてから1年近く経ちますが、
近所の人にこの間「ロンがうちの猫をいじめて大変。。」
と話したところ、
「え?猫飼ってるの?ぜんぜん鳴かないし静かな猫ねー」と、
びっくりしていました。

確かに、うちを2ヶ月留守にして、
一日2回ご飯とトイレをきれいにしてもらう人にきてもらってて、
一人でずーーーーっといても何の問題もなかったのは、
今考えるとすごいなーと思う。

普通の猫だとすぐ怒るし、ふてくされるとか暴れるとか、
ぎゃーぎゃ鳴き叫ぶだろうに(ベーにゃんはそういう子だった)、
私達が帰ってきたら一応玄関まで来たのか、
たまたま通りかかったのか分からないけど、
「あ。帰ってきた?」という顔でお出迎えだった。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   22:21 |  [ねんねこラッキーの生活]  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。