スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ソラさんとBATUさんからのコメントを読んで思った事。

2005年12月09日(金)
ソラさんからのコメントをたくさんの人に読んでいただきたいとおもい、こちらに載せさせていただきました。

ここから
[子供の笑顔は宝物。それを守らないと。]
病院で注射一本打つだけでも親は子供の痛みを心配します。
一人の親としてこういう事件を耳にする度、
犠牲になった子供のおびえ、痛み、悲しみといったものが心に
溢れてきて胸が詰まる。
そんな事件が立て続けに起こるなんて・・・・
事件の連鎖から生じる危機感が変に作用しないかとの危惧もあるよ。
このままじゃ迂闊に子供に声を掛けられないし、近付けもしない。
一人歩く子供の後ろなんて下手に歩けやしない。
本当は他人の子供にも目配りしてあげないといけないんだけど、
逆に子供から目を逸らしたり遠ざかったりしてしまいそう。
疑心暗鬼が渦巻く世の中に大人がどう対処していくか?
難しいけど、国単位とまではいかなくとも少なくとも地域単位で
真剣に考えないといけないね。

ここまで

まったくそうですね。
ここで真剣に今後の事を考えていかないと、
子供が助けを必要としているのにむやみに声をかけられなかったが為に
起きてしまう事故だって有り得る。
それに、大人が周りをそういう警戒の目で見ていると、
子供達も必然的にそうなる。

イタリアもまず他人を信用しない人たちばかり。
でも他の国と陸で繋がっていて、
しかもヨーロッパの中ではとても立地的に恵まれている国だけに、
数世紀にわたっての外からの侵略者達から自分の国を守るため、
自然とそういう形になってしまうのは理解できる。

日本は島国なだけに、既に孤立している。
イタリアで生活してみて日本の特殊さを感じるようになった。
そんな状態で、日本の良い所であった「人との信頼関係」が
無くなってしまったら。。。と思うととても冷たい国になってしまう。。。
まあ、無くなるとまではいかなくても、
「一声運動」的な「思いやり」のつもりが、
別の意味で受け止められてしまったり、それを利用したり。。

悪い事を考えはじめればきりがないが、
そういったことを念頭において対処していかなくてはいけないとなると、
とてもデリケートな問題ですよね。



BATUさんのコメントから思ったこと。
少し前は若い子がおかしい状態でしたね。
Sが関西から近所に引っ越してきた。。。とは、とても複雑ですね。

いくら反省しているとはいうものの、
信じてあげたいけれどやった事を考えるとそう簡単には。。。
やっぱり未成年でも、ちゃんと罪を償うための期間があるべきだと思います。
そうしないと、やったことがやったことだし、
「将来更生するから」という理由で刑が軽く済んでしまったら、
犠牲者も家族ももちろん納得いかないし、
今回みたいに近所に引っ越してきたら、
やっぱりある程度罪を償った時間を持たないと、
いくら「更生した」と言っても周りが信用しきれないと思うので、
そういう目で見てしまうと思う。。

すると、本人も後ろめたい気持ちが残ってたりして、
反省していても結局周りがそういう態度だと普通の生活も出来ず、
孤立してしまい「犯罪を繰り返してしまう」という事になりかねないとも思うのですが。。
何年か刑務所に入ったからって、やった罪が消せるわけではないのですけど。。

それに、未成年なら何でもありになっちゃう。
ま、そこら辺は少し法律も変わって逮捕できるようになったようですが。。
でも、もう出てきてるんですよね。。。

若い子のいわゆる「キレル」ということは、
やっぱりあり程度日本の社会にも問題があると思います。
その件に関しては、長くなりそうなので次に書きます。



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:51 |  [育児日記]2005年<2歳>  | CM(3) | Top↑

コメント

●がは!(゚◇゚)
全文掲載されるとは・・・恐縮です。
社会にも問題があるってのは同感。
防犯の目的でいろんな対策を行ってるんだけど、
肝心の「そういう人を作らないように」って話が全く
出てこないんよね~
σ(^-^)らが子供の頃や、まして両親の子供の頃には
子供がさらわれるってのはお金目当てだったんだよな。
今や欲求解消みたいなもんでしょ?
精神的な部分で何かが狂ってきた要因はどっかにあると思う。
なんとなくなんだけど、この問題に関しては諸外国の例を
当てはめようとしても無駄な気がする。
日本固有の問題として解決策を模索していかないとダメかなと。
解決のヒントは日本の過去にありそうに思うんよねぇ~。
また、何が原因かってのは、
なんかさぁ~科学の進化って「楽」ってものを追求しすぎたんじゃないかなと思う。
それも、自然を犠牲にするという代償を伴ってね。
で、目に付く自然破壊や肌で感じる地球温暖化を招いたわけだけど、
もしかしたら人も同じように壊れていってんじゃないだろうか?
なんかふとそんなことを考えた。
ソラ♪ |  2005.12.09(金) 20:08 | URL |  【編集】
●∥部屋∥。・)BATU♪
{{(>_<)}} ブルブル...寒いよ~

東京に今年初めて?の雪が降ってきましたぁ!!

ガスストーブとホットカーペット・・・それでも寒い!!
BATU |  2005.12.11(日) 21:04 | URL |  【編集】
ソラさん。
あら?多すぎました?全文掲載。。
でも、どこを切るのももったいない気がして。

ところでそうですね。たしかに私達(多分同世代ですよね?)が子供の頃は、お金目当てがほとんどで、ちょっと変わってる系は「口避け女(めちゃ怖かった)」とか、「赤いマントのおばさん」とか。でも、それは迷信にしか過ぎなかったし、そういう人が街にいたとしても、ただ驚かすことを楽しんでるだけで、殺人まではいかなかったですよね。

私も思うのは、楽なもの便利なものが溢れすぎて、外に出れば好きなものがすぐ何の苦労も無く手に入るので、刺激が無くなってしまった。そういうことも、ひとつの原因であるような。。
もし、そういうものがすぐに手に入らず、自分の手でどうにかしなくてはいけない状況であったら、頭を使うし手先も使い、時間も使う。そこで完成した時に達成感を感じることが出来る。
まあ、それが積み重なって今があるのでしょうが。。(書いていて分からなくなってきた)

でも、日本に帰るたびに時間の動きの速さが違うので、しばらくぶりに帰るとちょっと戸惑います。この間帰った時も、「こんなんで、みんな大丈夫なのかな?」と心配になりました。
ろんま |  2005.12.12(月) 04:30 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。