スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Ricciaさんとこの引越し

2005年11月14日(月)
予防接種に行こうと玄関を開けた瞬間携帯が鳴った。
出てみると泣きそうな声のRicciaさんが「引越しの準備が終わらないのぉ~」
ちょうどその日はロンパは夜だけの仕事だったので、ロンを置いて
手伝いにいける旨を言って電話を切った。

お昼ご飯を食べ、早速行ってみると「・・・・ほんとだぁ。終わってないね。」
「うん。ほんと明日までに出来るかどうか心配になっちゃってね」とRicciaさん。
「へ?明日?明日引越しだったっけ?…いや。これ無理でしょ。。」なんて会話をしながら、
早速荷造りを始めた。
Ricciaさんのダーリンも帰ってきて、一生懸命やっているようだけれど、
どうも現実逃避したいらしく懐かしい品物が出てくるたびに、嬉しそうに私たちに見せに来た。
何の悪気もなく私がポロッと「この状態って引越しの一週間前だよね~」と
ダーリンさんに言うと、かなりショックを受けていた。私も物を捨てられない性質なので、
もちろん気持ちはわかる。だからその言葉が出たんだけど。。

ある程度目途がついたようなので、まだ荷造りが残っているのを心配ながらも
次の日もロンパが夜出勤のため新居の掃除の約束をして帰った。
これがまだ序の口だったことも知らずに。。。。

続きへ。。

比較.comの引越し一括見積もり!【無料】





【More・・・】

次の日、Ricciaさんに迎えに来てもらい、一緒に新居へ行ってみると。。。
「・・・・・・めちゃくちゃ作業中だけど?終わるの?」
Ricciaさん「うーん。とりあえず引越し荷物を入れる奥の部屋は終わるはずなんだけど・・」
作業をしている人に「どこか終わっていて掃除できる部屋はありますか?」
作業人「ない。…もうすぐ終わるよ。」
私たちはとりあえず外に足りないものの買い物に行くことにした。

随分時間をつぶして戻ってみて聞いてみると、「終わってるよ」と。
「あ~。よかったよかった。」とせっせと二人で準備を始めるも
「あ。まだだった。もう少しで終わるから」と。。そんなこんなしていると、
ダーリンさんから電話で「荷物を積み込んで向かっている」とのこと。「ガガーーーン。」
「一つでも部屋を空けないと!」と何とか終わらせてもらったものの、
最後の扉がまだ届いていないからつけられないとのこと。
この時点で私の頭はくらくらしてきた。
結局、各部屋の扉は引越し業者のトラックと一緒に来た。

Ricciaさんが「奥の部屋だけ急いでつけてもらえませんか?」と聞くと、
「うーん。。奥じゃなくて洗面所のをつけてから昼休みをとって、それから奥をつけるのは?」と。
それを横で聞いていた私は「この状態で昼ご飯行くんかい?」と思っていた。

向こう側で作業していたもう一人の人が、引越しやさんのトラックを見て
「今日引越し?」と冗談のつもりだろうが冗談にならないことを言っていた。
この時点でかなり気が遠くなってきていた。

結局強行突破で扉無しで家具を運び込むことになった。
引越しやさんは4人がかりで、かなり手馴れた手際の良い仕事振りで
人ごとながら救われた気分だった。

マイペースに仕事を進める作業員さんたちは、しゃれのつもりか何なのか
「マイウェイ」を口笛で吹いていた。

結局作業がここまで終わっていないので、私が出来ることもなく帰ることにした。
疲れきった様子を見たロンパに「大変だった?」と聞かれ、
「何にもしてない。イタリア人の仕事のやり方を見てるだけで気分的に疲れた。。」と答えた。
Ricciaさんはこんな調子で一年以上この家の完成を待っていて、いまだに終わっていない。
こうなったら開き直るしかないらしい。下手に文句を言って、
適当にされたら貯まったものじゃないし。。
新築の家を建てている他の友人達も、口をそろえて同じことを言っていた。
この日ほんの一部だけだが垣間見た私は、「絶対新築の家なんか建てない」と思ったのでした。
(もちろん新築ほどいいものはないですが、その前に私の体がもつかどうか。)
私は、イタリアの一部しか見たことがなかったのだろうかと思う今日この頃。
前日のRicciaさんが言っていた、「いつ引越しできるか分からなかったから、どこまで準備したら良いか検討がつかなかった」と言っていたのが納得できた。

60社以上の引越会社へ無料で一括見積もり!




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   03:02 |  [育児日記]2005年<2歳>  | CM(5) | Top↑

コメント

●世界は一緒
それはドイツもまったく同じです。「イタリアだから」ではありませ~ん。
がんばってくださいね~
じゃじゃ |  2005.11.14(月) 07:50 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん
そうなんですか?ドイツも?
いや~。。ドイツの方がマシっぽいけど。。?
ま、ドイツに関しては全然知らないので、
何もいえませんが、とりあえずどこでも
神経を先に切っておいて、見ないようにするのが
一番のようですね。
ろんま |  2005.11.14(月) 09:46 | URL |  【編集】
●∥部屋∥。・)BATU♪


ヾ(^-^*)おひさ~ 仕事が忙しく来れませんでした

今日は久々に早く帰って来るなり 居眠りしちゃった

(/0 ̄) ふぁ~ねむい

これから過去Blog読ませていただきますねw
BATU |  2005.11.15(火) 00:14 | URL |  【編集】
●∥部屋∥。・)BATU♪


ノヽ口 ーヾ(^▽^*)

ロンマさんはイタリアの【BATU` e i suoi amici 】って絵本をしってますか?

ぜひ、ロンちゃんに見せてあげて下さいな♪

詳しくは11月18日のBATUのBlogを見て下さいなw
BATU |  2005.11.18(金) 02:18 | URL |  【編集】
●BATUさん
随分遅くなってしまってごめんなさい。
おつかれさまで~す。

絵本。。。どこかで聞いたことがあるような・・・
って感じなんですが、探してみますねー。
日本語版もあるのかな?
ろんま |  2005.11.18(金) 09:12 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。