スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

またもや2連休。

2005年11月13日(日)
この間の月曜日と火曜日、またロンパに2連休をもらってヴェローナとマントヴァの
間に住んでいる友達に会いに行った。
彼女は私がイタリアに来たとき同じ学校で、20人ほどの仲間達の中でイタリアに残った唯一の友達。
その彼女が今回ちょっと長い期間(ま、長くて半年ですが)日本に帰るので、
その前に家へ遊びに来る予定が忙しくて行けないという電話があり、
急遽私が行くことにした。

一面畑なので、春から夏にかけてもよりいっそうきれいなところです。
NOGARA Nebbia

続きもあります。

【More・・・】

ロンを妊娠した当時は引越しや検査で行けず、
生まれてからはもっと行けない状態になってしまったため、
彼女が頻繁に遊びに来てくれていたので、NOGARAには4年ぶりくらいだった。
辺りは見回すかぎり畑のこの地域を、何食わぬ顔で車の運転する彼女に何度となく、
「何を目印にして曲がり角だって分かるの?そこら辺に生えている木や花の種類で判断するとか?」と聞いたものだ。今回も思ったけれど、口にはしなかった。

ふとした会話の中で、私たちがもうイタリアに来て7年が経ったという話題になり、
二人して感慨深げに「7年か~・・・」とハモってしまった。
「私にとってこの7年は、なんだか3・年くらいにしか感じない」と言ったところ、
「それは短すぎるけど5年位かな~」と突っ込まれた。
でも考えてみると、ロンを妊娠してから今に至るこの4年弱は、本当にあっという間だった。

彼女と二人きりでゆっくり落ち着いて話すのは、本当に久しぶりだった。
何度もサロのアパートに来てくれたが、ロンが寝るまで話に集中できないし、
寝たあとだと眠くてボーっとしていた。
毎回マッサージをしてくれて、足の裏を踏んでもらったときに、
私にまで聞こえるくらいゴリゴリいってたのを思い出した。

今回も恒例のマッサージ大会をした。
『私はそんなにコってないから軽くでいいよ~』と言っていたのに、
いざやってもらうと腰の上の丁度 胃の裏辺り一体が体の中にシリコンか何かが
入っているかのような違和感を感じた。実際その上や下を押してもらうと指の感触があるのに、その一体はあまり感じない。
「なんかココ硬いよ」と言いながら、丁寧にマッサージしてもらったおかげで随分楽になった。

次の日も懐かしい話をしながら、使いかけのバッカラを使っちゃいたいからと、
バッカラマンテカートを一緒に作った。

帰りの電車の時間になり、駅まで送ってもらった時、またすぐ帰ってくると分かっていても、
彼女にしては今までにない長い帰省になるので、すごく切なくなった。
今まで別に半年くらい会わなかったり、電話もしなかったりしたのに、
今回は何だか違う気がする。

帰りの電車の中、ロンとロンパを思い出し、二人にお土産を買い忘れたことに気づいた。
前回のトレントでも、ロンパにはスクラッチくじを買っておいたのでそれを渡すと、
「何よりのお土産だ」と大喜びの姿を見たロンは、自分にも何かあると
私を希望のまなざしで見つめるもんだから、何も買っていないと言えず、
思わず、飲みかけのお水のボトルを「はい!これロンに!」
と胸をいためながら言って渡すと、「うわーーー!パパー見て!これロンに!」と
純粋に喜んでくれた。。。。。(ごめんね~。ろん!)

でも考えてみると今回は、お土産にとバッカラマンテカートをもらってきたので、それで充分だった。

 パドヴァまで迎えに来てもらい、中国食品店で買い物をして帰った。
やっぱり一日ぶりでもとても新鮮。
ロンも私がいなかった間に起こったことを、一生懸命自分の知っている日本語とイタリア語を駆使して伝えようとする。

ロンパはこの二日間かなり疲れたらしく、その日の夜は普段はまず寝ないソファーでテレビを見ながら寝入ってしまっていた。
翌日自分でも「昨日ソファーで寝ちゃったよ」とびっくりしていた。

このNOGARAも午前中は霧が深い。↓ちなみに白黒でなくカラー写真です
NOGARA nebbia1


同じ場所だけれど、これを撮ったのはお昼過ぎ。天気が良かったので朝と昼ではこんなに違います。
nogara sereno


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:28 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | CM(4) | Top↑

コメント

癒されるな~・・・。

良いね、ホントに羨ましい。

わたしゃ、図書館で
「センス・オブ・ワンダー/
レイチェル・カーソンの贈り物」
というDVDで上記の様な画像、
休日の午後を過ごそう。
と思ってた所、当たり前の様に
姫&友人にぶち壊されたわ。

ねね |  2006.05.21(日) 17:12 | URL |  【編集】
確かに姫が一緒じゃ、同じ風景も違うように見せるパワーがあるもんね。
ろんま |  2006.05.22(月) 01:35 | URL |  【編集】
こんな状態もあと2年すりゃ、
落ち着くんだろうなと今から
思う。(強い願望・・・)
小学校3年位って男の子も女の子も
なかったもんね。。。
(思い返せば、私が小3の頃、女の子をいじめる男の子の急所げりをして
泣かせてたなぁ。
男の子母から我が家母へ連絡が入り、
母から怒られ、父は大笑い・・・)

ま、2年後は別の悩みが出てきてる
事だろうけど。
女の子は、男の子に比べて
ませてるからね~。
今の内に、喧騒を味わっておこう。
と前向きに考える様にして
(昔はこんな風だったね~)
と懐かしく思い出す日のために
忘れないでおこうと。。。

って、今仕事帰りに
誰もいないままりん宅で
一人優雅にコーヒーブレイクしながら
PCしてるからそんな風に思えるんだろうけど。

ねね |  2006.05.23(火) 15:52 | URL |  【編集】
ねね
そうねー。『大きくなれば問題も大きくなる』ってよく言われるからねー。
姫はネネになんだね。
この間電話で、ままりんに「姫はお母さん似(ままりん似)だね。」って言ったら、「はぁ~?あなた何言ってるのよ!失礼しちゃうわねe-262あたしあんなんじゃなかったわよe-330」とかなり真剣に言ってた(爆)
「じゃあ、どんなんだったの?」って聞いたら「もっと静かな子供だったわe-420」と。
「・・ふーん。。じゃあ、私みたいだったんだー。私はお母さんにってこと?」といったら、「・・そうねー。。まあどっちかというとそうかもしれないけど、私あなたみたいにボケボケしてなかったけど」だって。ほんと一言多いんだよね。まったくe-262

ろんま |  2006.05.23(火) 18:07 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。