スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

火事のその後

2005年10月19日(水)
その後、3日が過ぎだいぶ平常を取り戻してきました。
やはり日曜日や月曜日はたまたま通った通行人が、
焼け跡を見て思わず声を出さずに入られないようで、結構にぎやかでした。

日曜日はロンの具合が悪いうえに、掃除をしなければいけなかったので
外には出ませんでしたが、月曜日に買い物へ行くので外に出て、
あらためてこれで済んでよかった。。と思いました。
近所の人も口を揃えて、もう少し遅かったら全焼ってこともあり得た。。
と話しています。

長くなるので「続きを読む」に書きます。




【More・・・】

ロンパが電話したとき私がテラスから下を見ると、
もう炎が上に上がってきていました。
あの時点で最初の通報だったと知ったとき、
前に海でおぼれた人のために呼んだ救急車が呼んでから30分後に着いたのを
目の当たりにした私は、「絶対無理だ!逃げないと」と思いました。

 でも、私が想像していたよりもはるかに早く、5分後には消防車は到着、
迅速で手際の良い対応で見る見るうちに火は消えていきました。
すぐに はしご車も到着して、逃げ遅れた人たちも無事救出され、
 普段イタリア人を信用していない私ですが、この大変な状況の中でも、
心配する住民の質問に丁寧に分かりやすく答えてくれ、
彼らの仕事ぶりを見ていて「これで大丈夫だ」と安心でき、
さすがヨーロッパで1番2番の質の良さと言われている
イタリアのレスキュー隊だと思いました。

これが役所なんかだと「今忙しい!」とか
「自分だけこんなにたくさんの仕事を抱えている」ようなことをことを
言ってるだけで仕事をしない人や、ただ単に効率が悪い仕事の仕方を
変えようともしない人たちとは大違いだ。

 火事の原因は、まだはっきりしていないようですが、
電球が原因の可能性が強いとのこと。
このアパートは下がお店や事務所があり、
実質2階部分からアパートになっています。
道路からお店までの間が丁度屋根つきの通路になっており、その屋根のところにあった外灯から出火したとのこと。
屋根といてもその屋根の真上はアパートの住居になっていたため、
私がとっさの判断で火に一番近い居間の雨戸を閉めに行ったときには
すごい熱を感じました。
普段この雨戸は全部締め切らず、下だけ少し空けた状態にしてあります。
それを閉めようと行ったら、その日に限って閉め忘れていたらしく全開..
これで気づいてなかったら、熱と消火剤の温度差でベランダの戸ガラスが
割れていたかも。。と後から思いました。

 せっかくロンが寒くないように持って出た数々の洋服を着ようとしなかった
ロンの調子は随分良くなり、まだ本調子までは行かないまでも
元気になりました。
でも外から帰るたびに「Fuoco(火)こわい」と言って、家に帰りたがりません。なるべく火を見せないように、
ベビーカーを火とは反対側に向けておいたので、
火自体はほとんどといって見ていないのですが、
近所の人たちのおびえた様子や緊迫した状況を感じたのでしょう。
修復作業が終わって、こげた臭いやススがなくなれば徐々に取り戻すだろうと思っています。

文章でいくら説明しても「百聞は一見にしかず」というので写真を載せます。
↓一番被害がひどかった2階のこの間亡くなったNINOおじいさんのアパート。
火事2


火事1


↓これは家のテラスからNINOおじいさんちのテラス
火事3






  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   17:50 |  [育児日記]2005年<2歳>  | TB(0) | CM(6) | Top↑

コメント

●これは...
危機一髪でしたよ。夜更かしの効用ですね!早起きは三文の徳といいますが、夜更かしのおかげで早く気がついたのですから。
おじいさんがいなくなった後の火事だったのは不幸中の幸いでした。
ラッキーはショックから立ち直りましたか。
ロン君が、「火は怖い」ことを覚えたのはよかったかも。毎年、ドイツでも子供の火遊びで大変なことが起こってますし、最近はフランスでも火遊びでアパートが焼けて10人もの人が亡くなりましたからね。
子供に「火で遊んではいけない」ことを教えるのは結構難しいのだそうです。
じゃじゃ |  2005.10.19(水) 20:49 | URL |  【編集】
●グーグルから来てみれば・・・。
『圧力鍋 イタリア』で検索したら、トップにこのブログが来てましたので、寄ってみました・・・。

・・・なんか、大変だったみたいですねぇ。
御怪我をされた方がおられなかったようで、何よりです。
実は先日、私の職場で23トンの荷物をクレーンで吊ってる最中にワイヤーをかける部分がずれて落っこちまして・・・。

危険は結構身近にあるもんだと思いました。

で、圧力鍋なのですが、『ラゴスティーニ』じゃない凄くいいイタリア製の物がある、というのを以前、雑誌で読んだのを思い出して。
で、『ラゴスティーニ』じゃないのは憶えてるのですが、名前が思い出せなくて・・・(笑)
その雑誌にtext書いてたカメラマンの方は玄米おにぎりマニアのアメリカ在住の人でして、『イタリア製の圧力鍋がいい』と友人から聞いてて、イタリア取材のついでに取材先の雑誌社の人に買い物に付き合って貰って見つけたとか。
その買い物に付き合ったイタリア人曰く『うちのおかあさんも、ラゴスティーニよりいいって言ってた』というから間違いないと思われます(笑)

・・・確か『パラゾーニ』だったと思うんですが、グーグルで検索しても出てこない・・・。
第一腰椎圧迫骨折 |  2005.10.20(木) 22:15 | URL |  【編集】
●じゃじゃさん
ほんと。前日は9時には寝ていたのに、
そのおかげでその日は夜遅くまで
起きていられたのでした。
もし寝ていたら絶対気づかないか、
音が聞こえていても起きてまで、
見に行ってなかったと思うとぞっとします。

最近のフランスの相次いで起こった
フランスの火事のニュースを見たとき、
ロンパと「もしここが火事が起こったら非常階段無いのにどうやって逃げるの?」と話していたところでした。こっちの設計って非常階段やハシゴ、非常ベルすらないのだな‐と、あらためて思いました。

ラッキーは、もう既に普通に戻りいつもどおりずっと寝ています。
ロンは外に出るときや外から帰るときは必ず
「Fuocoこわい」と言っています。
いくら「火事こわいの?」と日本語で聞きなおしても、
「火」の部分は「Fuoco」とイタリア語になります。
きっと近所の人たちが言っていたのを聞いていて
頭から離れないのでしょう。
ロンの熱はいまいち大丈夫かなと外に買い物に行くと帰ると熱が出たり下痢になったり。
でも、元気にしているので今のところお医者さんには行っていませんが..
ろんま |  2005.10.21(金) 22:22 | URL |  【編集】
●第一腰椎圧迫骨折 さんへ
コメントありがとうございました。
本当にこういうことっていきなり起こるし、
いくら自分が気をつけていても防ぎようが無い場合もあるので、日頃からの訓練や準備がこういうときに現れますね。
 日本はそういう点で、避難訓練が盛んに行われているので、私もある程度落ち着いて対応できたと思っています。
ところで圧力釜ですが、昨日RICCIAさんが持っている圧力釜をネットで見つけたといっていたので、
探してのっけておきますね。
参考にしてみてください。
ろんま |  2005.10.21(金) 22:28 | URL |  【編集】
聞いた状況より写真で見るとずっとすごいことになってますね。掃除がひとおり済んだということだし、ぜひともお待ちしています。
tommy |  2005.10.22(土) 07:16 | URL |  【編集】
●tommyさん
はーい。とりあえず済んでなくても伺いまーす!
ろんま |  2005.10.23(日) 09:17 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。