スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

IKEAでの収穫

2005年10月16日(日)
一応最初に書いておきますが、私はIKEAの何者でもありません。
ただイタリアの家具はとても素晴らしいけれど、高い。
前にも書いたかもしれませんが、鏡一つとっても100ユーロは当たり前。
ちょっとした棚も500ユーロとか1000ユーロ。
これは最低金額なので、普通の家具となればもっとお高いのは当然。
いいメーカーのものなんて、目も当てられません。。
(ちなみにイタリア人の平均月収は1000~1200ユーロ)
そんなの一気に買ってたらすぐに破産です。
しかもそんなに高かったら、
「ちょっとした隙間にこういう感じの棚が欲しいなー」なんてうっかり考えられません。
「もうこれ飽きたから、色塗り替えようかなー」なんてことも出来ません。
しかも、その隙間や部屋の感じに合う物を見つけるのがかなり困難。
結局は特注で作ってもらうことに。。。
すると、いつ出来上がるか分かりません。
「今やってる。もうすぐ。もうすぐ...ちょっと忙しくてねー」
なんていいながら、余裕で1年は過ぎてしまうでしょう。
それでもゼロが5~6個並んでる請求書は
商品がつくと同時にちゃんと持ってきてくれれます。
『遅れたから』なんて値引きがあるわけがないし。

実際IKEAの宣伝文句に「あなた方、家具の納品まで待ち疲れてませんか?」
というのがあった。

 私たちが引越ししたのは去年の9月。家具を見に行き始めたのが6月半ば。
普通に日本の感覚だったら「全然余裕~」って感じですよね。
家具屋さんで「いつ引越しですか?」と聞かれて、
「あー。まだまだ先ですよ。8月終わりか9月の始め」と私が言うと、
「それでは遅い!早く決めないと引越しの日までに届きませんよ」と。
どうも、8月は一ヶ月間バカンスのため全てが止まっているので
1ヶ月と数えないらしい。それでも、まだ1ヵ月半もあるのに。。遅いらしい。

続きにつづく。。

【More・・・】

イタリアでは、大体一つの家具屋さんで決めてしまうらしく、
ちゃんと部屋のデザイナーが「この家具をここにおいて、ベッドはここに..」と言う風に図面を書いてくれるらしいが、
私たちは4箇所の店から買ったので、全部バラバラ。

でも、全部お店に見本として置いてあったものだったので、
定価よりも安く質も合成木ではなく、
全て本物の木を使っているものや革張りなど良いものが見つかった。

実際、一つに付き10万以上出さなければいけないものを、カタログ一つで
「この棚くらいの大きさでデザインがこの写真どおりで、色はあの色です」と、店に展示してある家具を見ながら想像を巡らせて、
「はい。これ下さい」とは言えない。
実際現物を見て納得してから買いたかった。

ということで、IKEAは私たちが補充分として保留にしていたものを
とても良心的に、しかもサイズもぴったりの物を何日も
家具屋さんをハシゴせずに見つけることが出来た。

まずは鏡。一度近所のIKEAのイタリア版であるMODAというところで
やっと気に入るものを見つけて買ったのに、
置いておいたところも悪かったのだけれどぐずったロンが倒して割ってしまったので、今回のIKEAオープンを待ち望んでいた。

カタログを見ているときからこの鏡は気に入っていたけれど、
ロンパは実物を見てあまり気に入らずボツになりかけたのを
最後の最後で勢いで買うことになった。

その割にはとても下のタンスとぴったり。
しかも、部屋がこの鏡をつけただけでガラッと雰囲気が変わった。
ちょっと雑誌に出てきそうですよねー。
鏡


あと雑誌入れと絵を飾る額。シルバーでまとめました。(たまたまだけど)
この東海道五十三次の絵は、
4年前に初めてロンパと日本に帰ったときに買ったもの。
やあーーーーーーっと額に治まることが出来ました。
この雑誌入れも、床に置くものだと掃除のときに邪魔だったり、
ロンがバラバラにしたりで結局片付かないので、
このタイプでスッキリ。

しかも「これあそこにお片づけして」とロンに頼むと、
面白がって喜んで片付けに行ってくれる。
雑誌入れ

ちなみに下にあるやしの木は前に住んでいたアパートの庭に出ていたもの。
本当はもっと大きいはずなのですが、丁度引越しの半年程前に
「そろそろ鉢に植え替えようかなー」と思っていた次の日に見たら、
隣に住んでいたおじさんが持っていってしまっていた。。。
彼は丁度引越しの最中だった。(考えることはみんな同じ?!)
なので、それを見たときはかなりショックでしたが、
思った以上にその夏に残っていた根っこから大きくなってくれたので、
それを掘り返してもらって来ました。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:08 |  [育児日記]2005年<2歳>  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。