スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

Padovaの日本人補習校

2005年09月22日(木)
9月18日の日曜日、パドヴァの日本人補習校に初めて参加してみました。
比較的近くに住むロンと同じ年のさっちゃんとママのみーさんが、
前日から泊まりに来て一緒に行った。

ロンとさっちゃんはとても気が合うらしく、
二人で小犬のようにじゃれあって遊んでくれるので、
こちらとしてはありがたい。気が合わない子だと「ママーあそぼ」と来る。。

でも、反対に「見学」という形で今回参加するにあたり、
あまりの二人のはしゃぎぶりに「学校でこんなんしてたら、追い出されるよね。。。」とみーさんと心配していた。

出る時はあまり降っていなかったため傘を一本とロンのちび傘しか持っていかなかったのに、パドヴァの駅に着いた頃には雨が本降りになってしまい、結局みんなビシャビシャになってたどり着いた。

生徒の子供達は小学生以上しかいないので、最初はみんな一緒に作文を音読したり、書く練習をしたりしていた。

授業が始まっても、ロンとさっちゃんは大運動会のごとく、部屋という部屋を走り回って大騒ぎ。。。。
どうにか落ち着かせようと、お子さんが大きくなって読まなくなったと
寄付された日本語の絵本やビデオなどを学校の方で管理されていて、
そこから好きそうな絵本を持ってきては読んでみたり説明してみたり。
それでもすぐ飽きてしまってまたもや大運動会。
折り紙をしてみたり、絵を描いてみてもある程度はおとなしくしているものの、そんなに長くはもたない。

授業風景を見学する事すらままならないまま、お昼になりこれで少しは大人しくなると思ったけれども大間違い。。

これじゃ何も出来ないと、二人を放っといて代表の方や他のお母さん達と話をしていた。が、すぐにロンの「びえーーーーーー!」という大泣きの声。

あまりのすごい声にみんなですっ飛んでいったら、
どうもさっちゃんと絵本の取り合いをして負けてしまっただけらしい。
あまりの騒々しさに「お昼食べ終わった後に帰ります」と言おうかと思ったくらいだった。
しかし、言うタイミングを逃してしまい、お昼寝のタイミングまで逃してしまったため、結局最後まで大運動会が続いた。

「やっぱりお子さんが3歳未満では小さすぎますねー。」と言われるのを覚悟していたのですが、全くそんな事はなく嫌な顔一つせずに
「今がとても大事な時期なので出来るだけ頑張って通ってくださいね。授業内容ももう少し練っていきましょう」と言ってくださって、すごく感激した。

パドヴァは家からバスで一本で行け、月に一度だけなので、これからも続けていきたいと思います。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:07 |  [育児日記]2005年<2歳>  | TB(0) | CM(4) | Top↑

コメント

●3歳児が行ける学校
いいですね~。結構イタリアの学校制度っていいじゃん。こりゃますます子供付きになったらイタリアだな。
ドイツは不思議なことに、そういうところにお金を使わない主義らしいので、子供たちはちょっとかわいそうです。
じゃじゃ |  2005.09.23(金) 06:53 | URL |  【編集】
●3歳児から通える学校
いやいや。。この学校は、日本人のお母さんがたが、有志でやっている学校です。
一人代表の方が、教師の資格を持っていて、国語の他にも、希望者に算数を教えていました。

月に一度だけなので、自宅学習して結果をこの学校で発表する形をとっているそうです。
それでも、こういう場がないとダラダラしがちですし、同じように勉強してる子がいるというだけでも、子供達にとってもプラスになるんではという趣旨のようです。

ろんま |  2005.09.23(金) 21:36 | URL |  【編集】
はじめまして、ろんくんママさん。偶然ここにたどり着いたきっこです。私もパドヴァまでバス1本の圏内に住んでいます。結婚してまだ子供は居ないのですが(おまけにこちらに引っ越して間もないので、情報や日本人の知人もいなくて・・)子供の教育、特に日本語がおろそかにならないか、と心配していたので、この補修校の存在を知れて嬉しいです。なぁんて子供もいないのに、早すぎ?今後もお邪魔させてください
きっこ |  2006.03.18(土) 20:13 | URL |  【編集】
きっこさん
はじめまして!
近いですねー!パドヴァからどちら方向に行くかによってまた違ってきますが、
パドヴァもその周辺もヴェネツイアもヴィチェンツアもたくさんの日本人の方が住んでいることを、この補習校を通じて知りました。
私もこの辺に引越してきて1年半くらいなので、よく知らないのですが、せっかく近くなので、リンクに貼ってあるRicciaさんもご近所さんなので、またみんなで会えるといいですね。
ろんま |  2006.03.18(土) 23:27 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。