スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

9月11日

2005年09月12日(月)
今日は9月11日。4年前のあの出来事が昨日のことのように感じる。
私はその時トレントに住んでいました。
仕事が休みの日でテレビをつけたまま部屋の掃除をしていると
いきなり画面が変わりもくもく煙が立っているビルに、
もう一機の飛行機が突っ込もうとしていた。

最初は何が起こったのか分からず、
ただじっと画面にかじりついてみていました。

その後ロンパが仕事の休憩時間にかえってきて、
「なにかすごい事故が起こったみたい」とTVを指差してロンパもびっくり。

しばらくして、テロの可能性が強いと伝えられた。
他にも飛行機が乗っ取られて、友人が住んでいる
ピッツバーグ付近に墜落したらしいとの情報を聞き、
すぐにその友達の所に電話をした。

彼はあまりにもショックで声にならない様子だったけれど、
私達の電話にすごく喜んでくれた。
その後、ロンパのお兄さんにも連絡をし、無事を確かめ一息ついた。

それでも画面から流れてくる映像、ニュースは想像を絶するものだった。
あまりにもやり場の無い怒り、悲しみが襲った。。。

「つづきを読む」につづく。。。

【More・・・】

数日後、仕事に行くとビンラーデンと同じ宗派の洗い場の2人のマロッコ人がニコニコしていた。
私はあまりその件には触れたくなかったけれども、
シェフが「おまえらアメリカに何をやった!」
と言ったことから始まり、彼らはフライパンを叩きながら
ふざけ半分に私達をわざと怒らせるように
「ビンラーディンばんざーい」的なことを言っていた。

私は身近にこの件に関して喜んでいる人がいることにびっくりし、
「あんた。ほんとに喜んでるの?あんなに関係の無い一般市民が亡くなったんだよ?信じられない。さいてー。そんなやつだと思わなかった」と言うと、

そのマロッコ人は「そりゃ、関係の無い一般市民が亡くなったのは哀しことだけど、それでもアメリカ人はうちら宗徒にひどいことをした!!」と訴えてきたので、「日本人だって原爆落とされたよ。日本人もひどかったけど、いつまでも恨みつらみで戦争続けてても終らない。」というと、
「そりゃそうだけど。。。僕に怒らないでよ。僕、飛行機操縦できないし。」と、とんちんかんなことを言われたのでそれ以上言っても無理だと思い、止めておいた。
実際彼らは、犠牲になったアラブ人たちと同じように同じ宗派なだけで戦いを好まない人たち。彼らを非難しても始まらない。。。。
彼らも充分被害を被っている。ただ単に同じ宗教だというだけで、
街中から非難の目で見られているはず。それがどんなに辛いものか。
異国で外国人として生活している私にも分かるものがある。

あれから4年。その後もいろいろな国でテロがおき、
私達はテレビの画面が映し出す生々しい映像にかなり慣れてしまった。
それでも、どうしてもあの時の怒り、悲しみ、恐怖を忘れてはいけないと訴えた映画を、今日の昼間テレビでやっていた。
題名は「11 Settembre 2001」で、2002年にフランスで制作された11話からなるオムニバス形式の映画だった。
世界各国でこの日のこの瞬間過ごしていた人々の生活や、
その後どう影響を及ぼしたか、という物語が1話につき11分9秒で
作られているもので、とても興味深いものだった。

今日に限ってロンは昼寝を早く済ませてしまっていたので、
半分あきらめていたけれど、丁度よくロンパが休憩でかえってきて、
ロンとジェラートを食べに連れ出してくれたので、
最初の30分ほどはゆっくり見られた。
実際、あまりこういう映像はまだ2歳のロンには刺激が強すぎると思うので見せたくない。

それでも、ロンパが仕事に行った後も、ロンは静かに(?)自分一人で遊んでいてくれたので、最後まで見ることが出来た。

最後の「聖戦など存在しない」という言葉は私自身もいつも不思議に思っていた。
聖書を読んでいてもよく戦いの場面や、人が亡くなる場面が出てくる。
そういう事をやって良いのだろうか?
なんで神が「あいつらを殺せ」と命令するのだろう?と。神は皆の神のはず。
昔教会に行っていた時からの疑問だった。でも幸い私が行っていた教会の教えは「愚かな人は滅びてしまうだろうけれど、その人たちの分まで祈りましょう」と言うものだったから、まだ納得できていた。

あまり宗教的なことに踏み込みすぎると訳が分からなくなってくるのでこのくらいにしておくけれども、なによりも「戦い・戦争」をやってももっと憎しみが募って状況が悪くなるだけという事に気づいて欲しい。
ま、気づいているけど今更引き返せないのだろう。
この今の状況は、どのようにしたら良くなっていくのだろう。。。と思うたび気が遠くなる。
あまりにも人が傷つきすぎてしまった。そう簡単には元のようにはならない。。
私にはただ戦争の無い地球になって欲しいと願うことしか出来ない。

最後にテロで亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   07:11 |  [育児日記]2005年<2歳>  | TB(0) | CM(2) | Top↑

コメント

●∥部屋∥。・)BATU♪
ヽ(^o^*)ノおひさ~ろんまさん♪

あれから‥4年もたったんだね

今、日本では東京がテロのターゲットにされてるって噂が流れ、街中に警察官が立ってますよ
新宿・都庁の真ん前に住んでる所為かテロが起きた場合、被害を受けるのでは?なんて神経質になっちゃいます

どうしたらテロが無くなるかなぁ~

どうしたら仲良くなれるんだろうね‥

ホワイトバンドならぬブラックバンド運動でも起こしましょうか‥
BATU |  2005.09.12(月) 23:11 | URL |  【編集】
●ほんとですね。。。
イタリアも駅とかには、そこら中に警戒で周っていますね。きっとミラノとかローマとかの街はもっとすごいんでしょうが。

しかし、都庁の真ん前に住んでいるんですか?これまたすごいところ。。。いろんな意味で。
それだと、神経質になるのはうなずけます。
気をつけてくださいね。。。といったところで、何をどうすればいいのかって感じですしね。。。。

ともかく、どうにかなるといいのですが。。
ろんま |  2005.09.13(火) 07:33 | URL |  【編集】
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。