2008年02月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ご無沙汰しております。。。(02/26)




スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ご無沙汰しております。。。

2008年02月26日(火)
気がつけば、もう1ヶ月以上も更新してなかったんですねぇ。。

変なコメントメールが届くたびに削除はするようにしていたのですが、
それも登録を変更したのでそれすらしなくなったために、
かなり時間が空いたのも気づかず、
久しぶりにコメント削除のためにブログに来てみたら、
自分が書いた覚えのない記事が一番初めにあって一瞬びっくりしましたが、
よく見ると一ヶ月以上更新がなかった時に自動的に出てくるようなので、
そのときに1ヶ月も更新していないことに気づきました。

まぁ書けなかった理由は、相変わらず風邪をひいておりますけど、
それだけではなく、結構いろんなことでバタバタしておりました。
それについてもまた追って書いていこうと思ってはおりますが、
先日Ricciaさんにそう話したとき
『ところで昨年の『ヤマバナ』はいつ終わるの?』
と突っ込まれたので、まぁ、それも追々。。。。

そんな中、今日私は、
「外国人のお母さんのためのイタリア語講座」に行ってきました。
在伊9年になりますが、年々私のイタリア語が減退しております。
特に、インターネットでADSLを導入してからというもの、
TVをほとんど見なくなったためにイタリア語を聞かない。
家で話す言葉は、ロンパは家にほとんどいないため
絢大との日本語がほとんど。

近所の人や絢大の友達のママたちとも話しますが、
あまり代わり映えしない話題ばかりだし、
理解できない言葉があったとしても、
必要性を感じないとあえてそのまま通り過ぎる感じで過ごしていました。
本を読もうかとも考えたのですが、日本語の本ですら1ページ目で寝てしまうのに、
イタリア語なんて表紙を見ただけでげんなりしそうだし。。。

それでも私のイタリア語は日々退化していき、
イタリアに住んでいながら、普通にイタリア語で会話をするのが
かなり困難になってきたんです

最初は英語を習いに行こうかとも考えたのですが、
『2頭追うものは1頭も得ず』になり兼ねないので
そのまま過ごしていました。(もっと悪い?)


そんなときに、幼稚園の連絡ポケットに入っていたこの教室のチラシ。
昨年の9月から始まっているらしいけれど、
電話で聞いてみると随時受け付けだと言うので、
早速今日から行ってみました。

すると、今日は市の福祉の責任者と課の人が来て、
いろいろな援助や対応について説明しに来てくれるという日でした。

生活保護や住居保護、賃貸住居者への援助、保育園制度などなど。。

みんな必死に書き込んでいる姿を見つつ、
確かにこういう制度があることはすばらしいけど、
機能してなかったら意味がない。。。

彼らは誇らしげにこれらのことを「私達の国ではこういった支援をしています」
と説明していましたが、半分以下も機能していないってことを恥ずかしく思わないのかな~。
などと思いながら、私一人冷めた顔で聞いておりました。
実際、賃貸住居者への援助は今年受け付ける分は2006年分だそうで、1年遅れ。
それでもしてくれればいいのですが、申請してもほとんどが援助を受けられませんし。。


その場でそのことについて指摘したとしても、全く意味がないので
ただ黙って聞いていました。

実際あるママさんは、
『正式に労働許可を得て明細どおりのお給料をもらっているご主人と
3人の子供がいる一家は全く援助を得られず、
同じ給料をもらっていても給料を半分しか申請されていなくて子供も2人しかいない
他の家族は、それらの援助を受けていて前者の正式に働いている家族よりも
余裕のある生活を送っている』
と激怒していました。
根本的なことがしっかりしていないから、こういうことになるんですよね。

役所の人達は
「正式に申請されていない場合は、労働組合に言うべきです」と簡単に言うけれど、
藁にもすがる思いで実際働いている人たちの立場の弱さを理解してから言うべきだし。
・・だから労働組合があるといっても、民間の会社の役員の意識には
そこまで機能してないんですよね。
それは外国人だけでなく、イタリア人も同じような状況だったりするし。。

Stataleと呼ばれる『政府機関』が運営するお役所や病院、学校で働いている人たちは、
のうのうと気ままに病欠をとったり、ショーペロしたりで、
民間で働いている人達とは比べ物にならないくらい、
随分のんびりとした生活をしている感じ。
そんな優遇をされてても、もっと大変な思いをして働いている人の目の前で
平気で文句ばかり言っている彼らです。。

だから「労働組合に言うべき」なんてことが、当たり前のように言えるんでしょうね。
同じ市民なんだから、もう少し普通の市民の目線で見て欲しいものです。

あ~あ。気がついたらこんなに長く書いてました。
気がつかなかったら永遠に書き続けられるくらいキリがありません。

せっかく復活第一弾なので、ネガティブ思考はやめて(充分ネガティブになってる?)
ポジティブに行きましょう~♪

あ。そうそう。
肝心の授業の方は9月から始まってたはずなのに、
まだ『AVERE』をやっている段階で、いくらなんでも
あまりにも初歩過ぎて問題解くのも考えずにやっていたら
まんまと間違えてました(爆)
『うさぎとかめ』のウサギうさぺよ~んにならないよう、
謙虚に初歩からスタートすることにします。


スポンサーサイト

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:50 |  [育児日記]2008年<5歳>  | TB(0) | CM(11) | Top↑
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。