2007年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 絢大のイタリア語 4歳3ヶ月(04/26)
  3. 復活♪(04/26)
  4. コメントのお返事(04/21)
  5. 懇談会(04/18)
  6. 誰も知らない(04/16)
  7. 困るなぁ・・・。。(04/13)
  8. Bullismo1(04/13)
  9. Festa del'PAPA' 父の日(04/11)
  10. インフルエンザとろんまの悩み(04/06)




スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

絢大のイタリア語 4歳3ヶ月

2007年04月26日(木)
久々に絢大のイタリア語進行状況を。。

昨日お休みだったロンパと絢大が、
「いかに早くたくさんの物の名前を言う遊び(?)」をしていたとき、
ロンが
「La sedia(椅子)、la tavola(食卓), il divano(ソファー),la pianta(植木), il telefono(電話),il libro(本)・・・・」と、
ちゃんとL'articoloと呼ばれる冠詞がつけられてるんですねー。
しかもあってるし。。
もちろん母音や複数形の変化もピッタシカンカン
これ全部耳から覚えてるんですよ。

私ですら今だに分からなくなるときがあると言うのに。。(それ遅すぎって?)
改めて子供の脳はすごいなぁと感心した瞬間でした。


この記事を書いていて思い出したのですが、
先日幼稚園で貸し出ししている本を借りてきて読んでいたとき、
全く読む気力がなかったというのも手伝って、
イタリア語の文章の朗読は『朗読』といえないほどすごい状態でした(笑)
すると絢大の一言。

絢大「ママこのご本を読むの、あんまり得意じゃないでしょ?」

「・・そんなことないよ。まぁ、日本語の方が読みやすいけど」

「えー。全然読めてないよー。幼稚園の先生はもっと上手やで」
   (↑なぜかたまに関西弁になる絢大(爆))


「・・・あのねぇ 学校の先生と比べたら
    先生が上手なのは当たり前でしょ。プロなんだから」

「そうかな~。先生はこうやって読むんだよ。○○▼▼××」

と、本のフレーズをスラスラとイタリア語で暗唱しはじめた。
しかも「この牛さんが葉っぱ食べたんだねぇ♪」
などと日本語での解説付き。。。

『おいおい。自分で読めるなら読んでくれ。。』
と言いたかったデス。。




そしてこの間、絢大の大好きなエレンが家へ遊びに来たとき、
絢大が私に日本語で話しかけているのを
エレンが不思議そうに横で見ていて、しばらくして一言。
「ねぇ。どうして家ではそんなしゃべり方するの?
 学校ではすごく上手に私たちみたいに話してるじゃない。
 その話し方をしてる絢大は、なんだか別の子みたい。。。
 普通にしゃべって。お願い
ってちょっと寂し気でした(笑)。
それについての絢大の答えは、
「僕はママとは日本語で話すんだ~♪」



絢大自身、自分が二ヶ国語を話すことができることを
意識し始めてきたみたいで、
『嫌なやつ』的な言動が多発してる今日この頃(笑)
嫌味のないバイリンガルに育って欲しいものです。
スポンサーサイト

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   22:46 |  [絢大の成長記] イタリア語  | TB(0) | CM(8) | Top↑

復活♪

2007年04月26日(木)
とりあえず3日前くらいから復活しました♪
まだゆっくりでしか方向転換が出来ませんが(笑)、
とりあえず普通の生活が出来るようになりました。

しかし貧血と一言で言っても、寝ている以外何も出来ませんでした。
こんなにも身体にとって重要なんだなと痛感。

お医者さんに往診に来てもらい、
血圧が最高で90以下という極度の低血圧状態と。
薬を出してもらったのがいいけど、
ロンパが薬局で聞いてきた分量が「飲んでもいい最高量」だったため、
ただでさえ薬に弱い私が、治りたい一心で言われた分量を飲んだら、
まんまと飲む前より具合が悪くなってしまいました。。

火曜日にあまりの歩き方の遅さに
「ありんこと歩いてるみたい
とブツブツ言うロンパの付き添いの元、お医者さんへ行くと、
お医者さんはロンパに
「そりゃ具合悪くなるわよ。そのまま2週間飲ませ続けてたら殺人犯になってたかもよ」と。。

検査をする為の処方箋(・・のようなもの?)を出してもらい、
昨日が祝日だった為、今朝血液の採血などをしてきました
ちなみに採血と尿検査で36ユーロ。たっか~い
しかも、せっかくわざわざ書いてもらいに行った処方箋は、
「これでやると処方箋代で10ユーロ割増しになるから捨てていいわよ」と。。。
ロンパの休みの日の午前中を費やしてせっかくもらいに行ったのに。。
やっぱりこの国はどんな風に動いているか何年住んでも理解できない。

先日いつものごとく、ロンパのイタリアアレルギーの発作が出たとき、
ロンパとこんな話をしていた。

「オランダに移住するにしても、僕はユーロ圏の国出身だから必要ないけど、
それ以外の外国人は入国のために、言葉のテストとオランダの一般常識テストを受けなくちゃいけないんだよなぁ。。
しかも、それに受かっても数年後にどのくらいオランダという国を理解したかというもうちょっと高度な言葉と法律を加えた一般常識テストがあるらしい。」
と。

「ふーん。もしそんなことイタリアでやったら、
   イタリア人ですら落第しそうだよね。」

ロンパ「そうだよ。こんなに法律がコロコロ変わってちゃ、
   知ろうという気にもならなくなる。。
   ま、それが生活の明暗を分ける鍵にもなるんだけど。。。
   ・・・・くそ~!こんな国から脱出したい!」

と、アレルギーを悪化させてしまいました(笑)

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:41 |  [育児日記]2007年<4歳>  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメントのお返事

2007年04月21日(土)
皆さんコメントを書いてくださいましてアリガトウございます。

またもや頭がグルグル回っている状態になっていて、
今回はちょっと長引いているため、
昨日お医者さんに問診をしてもらい、
極度の低血圧状態と診断されました。

治り次第お返事しますね。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   20:31 |  [育児日記]2007年<4歳>  | TB(0) | CM(3) | Top↑

懇談会

2007年04月18日(水)
フランの家で遊んだ数日後、
幼稚園の懇談会がありました。

毎日幼稚園に行くたびに、先生に聞こうと思ってた件。
「子供たちは食事中、ちゃんと食事をしているのか?」ということ。

12月のこの期間、絢大との食事の時間が苦痛でならなくなってしまいました。
というのも、それまで食べ始めたらモリモリ食べ
10分もかからず食べ終わってくれてたので、
食事の後片付けもスムーズでした。
(↑ある意味このほうが珍しいタイプだとは思いますが・・)

が、ある日突然食卓におもちゃを持ってきたり、
それまでもりもり食べていたものを「これキラーイ」と
言って食べなくなり、「何で食べないの?」という問いにも
話を逸らしたり、全く食べなくなった時期がありました。
その後すぐに風邪をひき、ご飯を食べないまま高熱が続いたため、
いつも手足が冷たく顔も真っ白でかなりつらい状態になり、
ビタミン剤を飲まなければならない状態にまでなったのですが、
幸い日本行きにまぎれて、それについては最近随分良くなりましたが、
12月のこうなる前に一度聞かないとと思っていたのでした。

懇談会が始まり、家で子供を見てくれる人がいない親たち数人が
子供も一緒に始まるのを待っていました(私も含めて)。
メンバーを見てみると、すごいメンバーでした
これでちゃんと話し合い・・どころか、
話を聞くことが出来るのか・・と、何気に心配になりつつも、
親がいるので大丈夫だろうと思っていたけど、そうはいかなかった。

まず、担任の先生が
『懇談会が始まる前に声を大にして言っておきたいことがあります
この声に教室内に緊張が走った。

「食事中の行儀の悪さが目立ちます
いくら学校で食事中のマナーを教えて、
ある程度理解して出来るようになっても、
晩御飯や土日の家庭での食事によって、元に戻る傾向があります。
あなた方の息子、娘さんたちの躾を幼稚園に依存しすぎなんではないでしょうか?躾は学校と家庭と一緒にやっていかないと成り立ちません!」と。
先生はかなり怒り気味。
親たちの反応もうなづいて聞く人や固まっている人、
「そんなこといわれても、じっとしていられないのはどうすれば?」と
質問する人までさまざま。
(ちなみの↑の質問の回答は「座らせるんです」でした(笑))

※ここで一言付け足しておきますが、
 日本で絢大を保育園に預けていたのですが、
 先生の対応の違いにビックリ
 日本の先生って優しいんですよね。
 「○○しようね~♪」ってNHKの『お母さんといっしょ』の
 お姉さんみたいな感じでいつも子供たちと話しているけれど、
 イタリアの先生たちはかなり『素』です(笑)。
 子供たちを怒るときもかなり迫力があるけれど(先生にもよるけど)
 このぐらいしないと、イタリアの子供たちには通用しないのでしょう。
 でも子供たちにとって大好きな先生であることには変わりありません

そのことからまたBullismoの話になり、
先生をしているらしいマティのお母さんが
「先日中学校に一時間だけ教えに行くことになり行ったのですが、
集中どころか座っていられる生徒が半分くらいしかいなかったのです。
まるで動物園状態。授業どころか話すら出来ない状態でした。
我が家は2人子供がいますが、上の子は大きくて今更注意しても聞く耳を持ちません。この子が小さいときは「大きくなれば理解できるようになる」と思って何も言わずに育てましたが、今になってそれが間違いだったと気づきました。・・もう遅いけど。
だから下の子にはちゃんと説明し、理解させるようにしています」と。
この言葉に共感。
他の親たちも分かりやすい例に「あ・そうか」って理解を示していました。
アニーのママは相変わらず
「そうかしらー。こんな4歳の子に言って何が分かるの?」と言ってたけど。。。


そんなことを話している最中も例のアニーが、
わざと扉を「バターーーーーーーーーーン!!」と思いっきり閉めて
大人たちの気をひこうとしていました。
もちろんママは何もしない。言わない。
もちろん担任の先生は
「私たちは話し合いをしているのよ。聞こえなくなるからやめなさい
とドスの聞いた声で一喝すると、とりあえずやめるものの
また親同士の気がまとまり始めたところで「バターーーーーン」の繰り返し。
全然集中できないし。。
っていうか、親たちの気がやっと話し合いの方に集中しはじめ
盛り上がってきたところでやるので、
自分が仲間に入れないというのを感じ取っているのでしょう。
(これは『いつも自分が中心でいなければ嫌』的な感じで、
 大人の中で好きなことをさせてもらって育った子がやる典型的なパターンだそうです。)

おとなしくパズルをしたり絵本を読んでいた子供たちも
だんだん集中力がなくなってきてザワザワしてきた。


長くなるので続きに書きます。




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:45 |  [イタリア]幼稚園事情  | TB(0) | CM(5) | Top↑

誰も知らない

2007年04月16日(月)
今日は変な時間に寝てしまったので、夜中の1時頃目がさめ、
TVを見ていたロンパのところへ行くと、
珍しく日本の映画がやっていました。

普段イタリアで放送される日本映画といえば、
小津安二郎監督映画作品がほとんどで、
最近のものはMTVでホラー特集をやるときに、
日本のホラー映画がやっているくらいだったのに、
今夜は、カンヌ映画祭でも最年少主演男優賞を取ったと話題になり
2004年に公開された『誰も知らない』
がやっていた。

ロンパもちょうどチャンネルを変えて見つけたところだったらしく、
見た瞬間頭によぎったものの、主演男優賞どころか、
映画の題名すら分からないまま、
CMも入らなかったので最後まで見入った。

興味深く見たのですが、かなりカルチャーショックを受けました。。
日本の生活の無機質さや、その中での小さな人々の
あたたかさと冷たさ、孤独さなどが映画の端々に感じ取れ、
見終わったあと複雑な感覚と眠気の中書いています。

これはあまりにも極端な物語なので
なんと言ったらいいのか。。。とインターネットで調べてみると、
事実に基づいて作られたと映画を見た後に知り、
もっとショック。。

もう明け方になり眠さ絶頂なので、
中途半端ですがこの辺で。。。



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   12:47 |  [育児日記]2007年<4歳>  | TB(0) | CM(3) | Top↑

困るなぁ・・・。。

2007年04月13日(金)
なんだかニュースでミラノの中華街(?)が、
えらい暴動になってました。

どうやら、お店への荷物の上げ下ろしのために駐車禁止スペースに
いつもひっきりなしに駐車しているため罰金を科したらなのか、
暴動が起こったらしい。

その暴動が「え?そんな理由でこんなすごい暴動に発展するんかい?」
ってくらい過激。
たまたまその辺に駐車してた車もひっくり返されてしまって、
車の持ち主がインタビューでぶつけどころのない怒りを
どうすればいいのかというような面持ちで答えてました。

やばいっしょ。これ。
彼らなりに鬱憤がたまってたんだろうけど。
いくら中華街(一種の?)とはいえ、
外国なんだからそりゃやりすぎのような気が。。
余計風当たりが強くなっちゃうよ。


このニュースを見ながら私が、
どうせ日本人と中国人の見分けがつかないこの辺の無知な人たちから、
「Cinese Di Me○○○」という言葉が飛んできそうな予感がよぎり、
別に言われても今更どうってことはないけど、
やっぱり悪い意味でのこういう言葉は聞かないに越したことがないので、
「あーあ。明日は外に出るのは控えようっと」と呟くと、
「白いTシャツに日本の国旗書いて歩けば?」とロンパ。

でもちょっと前から、
結構若いこの間で日本の国旗のついた服が結構流行ってるので、
あんまり意味がなさそうだし。。。

国旗ハチマキでも作ろうかなぁ。。(笑)



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:47 |  [イタリア]イタリア事情  | TB(0) | CM(11) | Top↑

Bullismo1

2007年04月13日(金)
昨年の12月に書きかけのまま置いてあったものを掘り返してきました。

信号 信号 信号 信号 12月の記事 ここから 信号 信号 信号 信号 信号 信号
最近イタリアのニュースでよく耳にする言葉「BULLISMO」。
辞書には載ってないのですが、
日本語に訳すとすると「青少年非行」とでもいうのでしょうか。

青少年が起こす事件がちょっと前多発して、
この言葉が最近よくあちこちで聞かれるようになったのか、
私がこの言葉の意味を知ったから耳に入ってくるのかは不明ですが、
とにかく、イタリアで深刻な問題になりつつあるようです。

数週間前に今年のはじめに参加した「Progetto B.U.S」の続編で
4・5歳の子供を持つ両親を対象にした、専門家との話し合いがありました。

私が参加した回では「子供の感受性」がテーマで、
参加した親を3人で一組のグループにして、
グループごとに「喜」「怒」「哀」「恐怖」のテーマを割り振られ、
そのテーマに沿って実際にあった出来事と、それについて
子供がその時点でどう感じたか。大人はどう対処したか。
ということを話し合うものでした。

「こういった場面に遭遇して、子供がどう感じ、大人がどう
対処したか」ということを、落ち着いて分析してみると、
いろいろなことが分かってきました。
普段何気なく通り過ぎていることでも、子供の視点から
考えることによって、いろいろな可能性や純粋さを感じました。
こういった子供への理解が、
「Bullismo」を減少する術だと話す小児精神科医。


そしてその数日後のある日。
エレンとアニーとロンで、フランの家に遊びに行ったとき、
エレンのママはその時点でいなかったのですが、
アニーのママも買い物を済ませてから合流というので、
一足先に子供達と一緒にフランのママの車で行くことに。
4人仲良くじゃれて遊んでいたのもつかの間。
アニーがフランのおもちゃを全部独り占めし始めた。

独り占めするだけならまだしも、それをあちこちにブン投げるわ
踏みつけるわで「一体どうしちゃったの?」と聞いても、
続けるアニー。

フランのママが片っ端から片付けながら、
「実は前回もこんな感じだったのよねぇ。。早くママ来ないかしら。。」と困った様子。

アニーのママが到着し、落ち着くかと思ったのに全然。。。
5分おきにフラン、エレン、ロンの3人が代わる代わる、もしくは
3人一緒にアニーの行動をアニーのママに言いつけに来て、
どうにか止めさせるようにお願いしに来ていた。

でも聞いていると、アニーのママの答えはピントがずれている。

その1.
フランの部屋の本棚から、全ての本を床に投げ落としたとき。

大人からも子供からも非難を浴びてひねくれるアニー。
それでも自分を正当化しようとして、結局謝りも片付けもしないで、
結局他の3人の子供達とフランのママと私が片付けていた。。。


その2.
フランのママが『皆のおやつ』として一つのお皿に盛ったお菓子を
アニーがお皿ごと全部持ってフランの部屋へ行ってしまった。

それについての答えが、
「別に全部独り占めして食べようとしているわけでなくて、
フランの部屋にあるキッチンセットのお鍋に入れたりして遊びたいからよ」と。

・・・え?そうなの?・・って感じるの私だけでしょうか?
食べ過ぎてお腹が痛くなるのは、こっちには関係ないことだけど、
皆で仲良く食べることを教えるべきでは??


その3.
フランの人形をアニーが横取りして持って行ってしまい、
さすがに全て取られまくっていたフランも我慢がならなかったらしく、
取り返しに行くと、それをまた取り返そうとしたアニーが
フランの髪の毛を思いっきり引っ張って泣かしてしまったとき、

アニーのママはずーっと
「これはフランのだから、あなたのではないのよ。返しなさい!」
と怒っている。私が横から
「泣いちゃったのは髪の毛を引っ張ったからだと思うよ」
と言っても聞こえてないのかなんなのか。。という感じ。
アニーのママが人形をぶん取り、フランに渡した時に、
フランのママも
「人形で泣いたんじゃなくて、髪を引っ張られたから泣いたのよ」
と言っても、それについて謝るよう促したりすることはなかった。


そんなアニーのママが
「ロンは聞き分けがいいわね。どうやったらあんなに聞き分けの
いい子になるの?まぁ、もともとの性格もあるだろうけど。。
うちの子は『さそり座』だから、(皮肉っぽく)いい性格してるのよ」と言う。

フランのママが
「子供に「いい性格」「悪い性格」というのは存在しないんじゃない?」と。
私も同感と言った。
アニーのママは「そうかしら。。」といいつつも、
アニーが周りから冷ややかな目をされるようなことをしても、
「まだ子供だから。。。」というのが口癖。
なぜこういう行動をするのか?と全く考えない様子です。


信号 信号 信号 信号 信号  12月の記事 ここまで  信号 信号 信号 信号 信号


その後3ヶ月。状況は変わってません。
・・というか、先日の絢大もこんな感じになってたんです。
私が怪獣に変身するまでは。。。
(ま、変身するまでに、そんなに時間はかかりませんでしたけどね。。)

この件は『懇談会』<に続きます。
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   07:44 |  [イタリア]幼稚園事情  | TB(0) | CM(4) | Top↑

Festa del'PAPA' 父の日

2007年04月11日(水)
絢大もやっと風邪が治って長いお休みが終わり、
今日から幼稚園に復帰しました。

復活祭が終わったところで、
一ヶ月前の父の日のことを書くのもなんですが。。。

父の日の前の週に私には、幼稚園からの帰り道に絢大が毎日
「今日はパパの車描いた♪」とか、
「信号描いた♪」と言っていたのですが、
パパが「今日は何したの?」と聞いても、
「・・・・・べ・・別に。。。」って。

それを聞いていた私が、
「あれ?父の日のために毎日何か作ってるんでしょ?」
と言うと、「あーー!ママ言っちゃだめ!」ってすごい剣幕。

私と絢大の日本語での会話でも、ロンパは何かを察知したらしく、
「わかった♪先生にパパには内緒って言われてるんでしょ~」
とつつかれていました。

そして、父の日の当日。
いそいそと誇らしげに持って帰ってきたのがこれ↓。
父の日07


これはDisco orarioというもので、
イタリアの(数少ない)公共の駐車場は、
『30分のみ駐車OK』とか、時間制限があるところがあります。
そういうときにこの数字が描いた円盤を、
駐車を始めた時間に合わせて見えるように置いておくというもの。

帰り際に、担任の先生に「父の日のポエムは覚えてる?」と聞かれ、
お友達と一緒に暗唱。
OKが出たので帰路につけました

続きをどうぞ






  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:40 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | TB(1) | CM(4) | Top↑

インフルエンザとろんまの悩み

2007年04月06日(金)
いやー。今回のインフルエンザには恐れ入りました。
絢大が先々週の週末から様子がおかしくなり、
私も同時期に同じような症状だったため、
そうそうと薬を買い込んで家にこもっていたのですが、
全然治らない。。。

絢大の食欲は◎。昼間は咳があるものの元気。
夜になると38.5℃を超える熱が毎晩続きました。。

これだけ食欲があれば大丈夫かなと
それほど心配はしていなかったのですが、
熱が出始めて4日過ぎた頃から、咳がいや~な咳になって
咳止めシロップを飲んでもぜんぜん効かず、苦しそう。
次の日小児科にて抗生物質の薬を出してもらい、
それからすぐに快方に向かい、今は我が家で一番元気です。

問題は私。
日本から帰ってきていいことも
あまりいいことでないことも学んできた絢大。

そのうえ、イタリアの幼稚園の友達が恋しかったのか、
幼稚園に行き始めたらすぐに
『まねまね大王の絢大』がまたもや復活。。。
絢大のまねは、普通のまねとちょっと違う。
ある共通した何かを持っている子たちの
話し方、声、身体の動かし方、目の動かし方、身の置き方まで、
真似してるその子自体になってしまうのだ。

もともとは幼稚園の友達の真似はほとんどしなかったのに、
今回はすごい。。
しかも、絢大が仲良くなる友達たちは、
担任の先生すら「精神科へ連れて行ってください」と言うほど
すごい子達ばかり。
性質が悪いことにその子たちに共通していることは、
一人っ子で大人の中で甘やかされてわがままに育った
「怖いもの無し」状態。
いくら大人が怒っても、全然怖がらないのだ。
むしろ怒っているのを見て喜んでいる感じ。

その子達から、よくないことばかり学んできて、
この休み中、絢大が動くたびに悪さをする感じというのか、
一日中怒りっぱなしの日が何日も続いていました。
私も風邪を引いて絢大と同じ症状だったので、
かなりこの状態には参ってしまった。

いくらこの時期の子がそういう風になるとわかっていても、
やりすぎと言うか。。。
なんでそこまで似る必要があるのか分からない。。。というか。。
実際この問題を抱えてから1年以上になるし。。

それでも、なんとか間違っていることを分からせるために
いろんな方法で接しても、全然歯が立たない。
しまいには、絢大が治ってホッとした直後に、
パワー切れでぶっ倒れてしまった。

ロンパも家に2人も風邪引きがいるのでうつってしまい、
「具合悪い・・」と言いながら仕事から帰ってきて、
せっかく次の日は半日休みが取れたというのに、
私の方が寝込んでしまったもんだから
ベビーシッターと買い物をする羽目になってしまったから可哀想。。。

私もどうにか歩こうとするんだけど、
ベッドから起き上がるのも精一杯。
立ち上がろうとすると、目が回って倒れてしまうので危険極まりない。
どうにかロンパの手を借りて、
ソファーにたどり着くも、座っていられないくらいクラクラ状態。
鉄分サプリを3日飲み続け、今は随分良くなったけれど、
あのときの状態は、今考えても想像できないくらいです。


ロンパと絢大の行動について話し合ったとき、
「父親の存在が必要なんじゃない?君がいくら父親代わりで怒っても、
父親と母親は違うって4歳児だって分かってるだろうし」とロンパ。

確かに日本から帰ってきてから、
仕事で出ずっぱりのロンパと会う時間が1日1時間ほどでほとんどなく、
帰ってきてから2週間後で、父の日の次の日3月20日(火)に、
「日本から帰ってきて丸一日お父さんと一緒に過ごしていないから」
という理由で幼稚園を休ませたくらい。
その後もこの風邪で休むまで同じような状態でした。

「そうなのかなぁ。。」という疑問と
「そうかもしれない」という考えが頭の中で行ったり来たり。。

私の体調が悪くなったのを見て、少しはマシになった絢大。
今週はじめには幼稚園に復活できるほど元気になったものの、
週中からパスクア休暇に突入するため、
せっかく理解し始めたところで3日間幼稚園に戻して、
パスクア休暇の1週間を『ロンマVS絢大の戦い週間』にするくらいなら、
家にいた方がいいと幼稚園をお休みしたまま
パスクア休暇に昨日から突入。
どうなることやら。。。

今日は毎年なんとなく厳粛な気持ちになるヴェネルディ・サント。
キリストの受難に比べたら、私の悩みなんて比べものにならないので、
厳かに過ごしてみます。。。

日本の方たちは、あまり関係ないと思いますが、
「BUONA PASQUA!!」


P.S.同じ悩みを持ってる方、経験がある方へ
  どうやって切り抜けたか。どのような経過だったかを
  教えていただけると幸いです。
  宜しくお願いいたします。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   15:51 |  [絢大の成長記] 怪我・病気  | TB(0) | CM(5) | Top↑
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。