2006年06月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 最近のラッキー(06/29)
  3. ロンも新車入手?!(06/28)
  4. 今度こそ新車購入?!(06/28)
  5. さようなら…フォルクス(06/26)
  6. W杯 イタリア戦(06/23)
  7. 就職テスト?! 試食会(06/22)
  8. 滲出性中耳炎のその後 1(06/16)
  9. だれと結婚したい?(追記しました)(06/16)
  10. マラティア休暇(06/14)
  11. ろんま家とワールドカップ(06/13)
  12. ミッフィ-のあいうえお(06/12)
  13. アグリツーリズモ(06/10)
  14. 5月7日日曜日(06/08)
  15. Medico di base(06/06)
  16. ロンと食用かたつむり(06/05)
  17. ロンとワカメ(06/01)




スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

最近のラッキー

2006年06月29日(木)
ここ2週間くらい雨が降らず、暑い日が続いている。
「昨日雨が降る」といっていたのだけど、
午前中大粒の雨が降り出したので、
急いで洗濯物を取り込んだら、取り込み終わったと同時に
雨もやんだ。。。

この暑さをさすがのラッキーも感じるらしい(笑)
最近、玄関を出たマンションの階段が涼しいことを知った
ラッキーは、ロンが寝たあとゴミ出しに行く準備をしている
私と一緒に、ラッキーもスタンバイする。

↓そわそわウロウロするラッキー
ラッキー玄関1

ラッキー玄関2


↓ドアをちょっと開けてみようとするラッキー
ラッキー玄関3



ここまで書いていてふと思ったんですが、
こういうことって普通の猫にとっては、
普通の行動なんですよね。。。。。。。。

いつも寝ているラッキーは、
まるでジャングルで珍しい動物に遭遇したかのごとく、

そこら辺にいるだけで「あ!ラッキーがいる!」

歩いているだけで「あ!ラッキーが歩いてる!」

ちょっと「ミャー」と細い声で鳴いたら、
「どうしたの?ラッキー」と家族揃って見に行くくらい、
珍しいことなんですよねー。。。。


ま、それはいいとして。。。
結局ゴミの日ではない時は、出るチャンスも無く、
玄関のドアの前でフテ寝です。
ラッキー玄関4


でも、ラッキーはちゃんと知っています。
ロンパが帰ってくるときがチャンスだってことを。

ベランダで外を見ていて、ロンパの鍵の鈴の音を聞くと
またもや玄関でスタンバイ。
ロンパが入ってくると、足にスリスリしておべっかを使い、
外に出させてもらうのです。

外に出られたラッキーにとって、大冒険が始まる(←大袈裟)。
ラッキー廊下2


ラッキー廊下1


1階から4階まで慎重に遊ぶラッキー(笑)。
さすがに夜中の12時になると、
ほとんど帰ってくる人がいないので、のびのびラッキー。

でもたまーに人が帰ってくると、あまりの驚きに家を間違えて、
他人の家のドアをガリガリやって入ろうとするので、
気が抜けません。。。。

この日は誰も帰ってこないでのんびりできたので、
廊下で寝っ転がって涼むラッキー。
ラッキー廊下3


ほんの30分くらいなのですが、
とても満足げな顔をして帰ってくるラッキーです。
でも、あまり毎日やっていると慣れてしまって、
ロンの三輪車の如くだんだん行動範囲が広くなっていって
しまうので、1週間に2度ほどにしています。

首輪をしていないので、
もし1階の玄関ホールで誰かに見つかったら、
野良猫が侵入したのかと思って、
外に出されてしまう可能性があるので、
そこら辺を気をつけなければなりません。。。
名前と電話番号つきの首輪が欲しいんですけどねぇ。。
イタリアに売ってるのかなー?
どなたか知ってます?
スポンサーサイト

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:15 |  [ねんねこラッキーの生活]  | TB(0) | CM(10) | Top↑

ロンも新車入手?!

2006年06月28日(水)
じ・・じつは。ロンも新車入手しました!
新車というよりは中古車と言った方が正しいのですが。。。

最近一番仲のいいエフィーが、公園に三輪車に乗って登場する
ことが多くなった。
ロンに三輪車を買ってあげようと思っていた頃に、
丁度日本へ行って、日本で三輪車をもらったのですが、
ほとんど使わずに置いてきた為、もうしばらく待ってから
『ミニ自転車を買おう。』ということで落ち着いていた今日この頃。
そのことをエフィーのママに話すと、
「そういえばうちの隣のおじいちゃんに、
孫が使ってた三輪車いらないかって聞かれて、
既に他で2台ももらってたから断ったのよ。
まだあるか聞いてみて、もしあったらロンのためにもらってあげるね」と。

そして次の日。。。
エフィーのママが、「三輪車もらったよ。取りに来る?」と。
丁度ロンがぐずっていたので、「ロン!三輪車くれるって!」
というと、目の色が変わり素直についてきた。

↓これがその三輪車↓
bici1


かなり大喜びのロン。
毎日幼稚園の行き帰りに自転車置き場を見に行って
あるか確認している(笑)
これが来て以来、毎日幼稚園から帰るなり、
「三輪車で遊びたい!」と今まで遊んでいた
ボールやフリスビー、公園にも目もくれず、
マンションの通路でいったり来たり、
キコキコ三輪車を漕ぎまくっている。
bici2

bici3

bici4


最初は私の近くから離れなかったけれど、
慣れてくるとだんだん遠くへ。
bici5

bici7


3日もすれば自由自在に操り、バックも出来るようになりました。
bici6

こんなに喜ぶなら、早く買ってあげればよかった。。。
と思う今日この頃です。

ちなみにイタリア語で三輪車のことを
「Tricicro」といいますが、ロンの幼稚園では
「Bici Uova」と呼ぶそうです。
 『Bici』は『Bicicletta(自転車)』の略、
 『Uova』は『たまご』
 あわせて『自転車のたまご』だそうです。かわいいですね

↓『ロン!良かったね♪ポチッ』お願いしまーす!↓
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:59 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(3) | Top↑

今度こそ新車購入?!

2006年06月28日(水)
。。というわけで、さようなら・・フォルクスと題をうった割に、
新車購入に至ったいきさつを語った記事になってしまった。
やはり時間があるときに少しづつチョコチョコ書いていると、
文章が繋がらなくて、余計に時間が掛かったりする割に、
支離滅裂な文章になってしまい、書きたかった主旨がずれてしまう。

昨日の記事にフォルクスとは5年間と書いたけれど、
正確には6年1ヶ月。
ロンパの前の車が「これ以上修理しても使えない」
状態だった為、可哀相に思った修理工場の人の叔父さんが
破格で売ってくれた。

買った当時で既に10年物だったので、通産16年走りつづけた。
私たちの年齢の約半分だ。
その割には、ほとんど故障も無く、本当によく走ってくれた。
それに、デザインも今でも充分通用する綺麗な形。
VW パッサート2

VW パッサート

VW パッサート3


ロンパと一緒に行動し始めた頃からのつきあい。
だから私たちが生活していた、スイス、ヴェンティミリア、
モンテカルロ、トレント、サロなどの思い出が全て詰まった車。
名残惜しい気持ちは大きいけれど、車の販売店のある
パドヴァまでもってくれるか、ハラハラドキドキ
それでもちゃんと最後の仕事は、頑張ってくれた。

無事販売店にたどり着き、既に奥には私たちの車になるべく、
新しい車が待っていた。

書類の手続きに数時間掛かった。
ナンバープレートが珍しいぞろ目だった為、販売員さんが
「うわ。。黒い車にこのナンバーはすごいね。cazxxo!」と
思わず言ってしまうくらいだった。

ちなみに、最後の「c」で始まる単語は、
イタリア語で有名な「パロラッチャ」。

下品な言葉や汚い言葉が、彼らにとって
ときには感嘆詞になったりする。
もちろん外国人の私たちが言うと、かなり引かれてしまうので
覚えても言わないように。。。
聞いていてもいいものではないので、
知り合った当初から、連発して言いつづけていたロンパを
あまり言わないよう、言うたびにつねって調教しました。

いくら辞書で調べても載ってないものが多く、
イタリアに来た当初、一緒に働いていたコックさんたちに、
「ねぇねぇ、○○○○ってどういうスペル?
辞書に載ってないんだけど」と聞くと、
フライパンをふっ飛ばしそうな勢いでビックリして、
「そんな言葉言っちゃダメだよー!」とアタフタしていた(爆)

話はそれましたが…長くなったので続きをどうぞ。。。
新しい車の写真つきです。



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   06:31 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(2) | Top↑

さようなら…フォルクス

2006年06月26日(月)
とうとう来てしまった…
昨年の詐欺まがいの新車購入しかけて以来、
ロンパは着実に自分の理想とする車を探しつづけていた。

当初の希望どおり日本車を第一候補とし、
最近では普通車でも荷台を広くとっているデザインなので、
引越しをしなくなった我が家には、
特別大きな荷台は必要ではなくなったので、
今までのステーションワゴンよりも、
普通車を中心として見てまわっていた。

ロンパが気に入ったのはホンダの一番新しい6人乗りの車。
・・・が、高い。。
そして第二候補に上がったのは、日産のNOTE。
いろんな工夫が施されていて、
荷台も必要に応じて広くすることが出来る。
ロンパも買う方向へと話が進んでいく。

が、私たちを立ち止まらせたのは、ここ最近のガソリンの値上がり。
その次に安いディーゼルも、5年前に比べたら需要が上がった為
値上がりして、ガソリンよりほんの気持ち安いくらいだ。
そこで「一番エコノミーなのは、ガス式」と情報が。
NOTEでもガス式に出来ないことでもないが、
ある程度大きな車の方がいいとロンパ。

「修理する必要もなく、安く長く維持できればいいんじゃない?」
という程度で、車に関しては、まったくお手上げの私。
そこでトヨタのカローラクラスを調べ始めた。
ガス式にするように作られていないので、
故障する頻度が高くなるとのこと。
しかも、フォルクスワーゲンのパッサートは1800ccだけど、
それ以上の大きさになると、
もちろん比例して保険料や税金も上がってくる。

普通車にしようと決めた割に、ガス式にするがために
大きな車にして、結局ガソリン代は節約できたとしても
その他の面で出費がかさんだら意味が無い。。。と、
いつまでも踏ん切りがつかない状態だった。

そんなある日、我が家の愛車フォルクスは、
この現状を察したのか、調子が悪くなってしまった。
いつもならはんにちでなおってかえってくるのに、
今回に限って入院。。しかも土日を挟んでいた。。

車が無くては仕事に行けないロンパは、
別の修理工場で貸し出してる車を乗るハメに。。
その車が、2人乗りのSmartだった。

週明け、車が戻ってきたが、ちゃんとした修理をすると
1000ユーロをゆうに超えてしまうし、その後も古い車なので、
どこかがおかしくなる確率大。
ということで臨時の修理だけして、
3日もつか3ヶ月もつか分からない状態で帰ってきた。

さすがの私も危機感を感じ、これ以上車を買うのを遅らせれば、
それなりのリスクが伴うので、
この際買ってしまったほうがいいのでは。。とロンパに言うと、
『それきた!!』とばかり、車屋さんに足を運ぶ回数が一気に増えた。

長くなるので、続きに書きます。
他愛の無い車購入日記なので、お時間がある方はどうぞ..




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   21:17 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(2) | Top↑

W杯 イタリア戦

2006年06月23日(金)
昨日は残念でしたねー。
イタリアでは、日本の試合の模様は有料放送だったため、
国営放送局では夜中にダイジェスト版のような感じで、
見ることが出来ました。

昨日のイタリアの試合ももし負けたら次の試合は
ブラジルと対戦としなければいけなかったため、
勝ってみんな胸をなでおろしていました。

今回のW杯が始まって、初めて昨日のイタリア戦が昼間の試合。
今までの2試合も私たちが住んでいる町の、一番中心である広場に、
Squeroと呼ばれるボート小屋というのか、
屋根つきのボート置き場に使われていた場所があり、
そこに特設特大スクリーンを設置してイタリア戦のときだけ
近所の人達が集まり、一緒に観戦していたことは聞いていたが、
昨日の昼間の試合で、丁度ロンを幼稚園に迎えに行った帰りに
見ることが出来た。
squero1


昨日の午前中は車の納車の為、ロンパは半日休みをとっていた。
私が思うにロンパの魂胆は、木曜日の朝に納車すれば、
仕事に行く前にゆっくりサッカー観戦ができると計算した上だろう。

あたらしい車にホクホク顔のロンパ。
が、ロンが幼稚園を終わるのは4時10分。試合開始は4時。
ロンを迎えに行って早く新しい車を見せてあげたいロンパだが、
試合も見たいらしく、かなり究極の選択(笑)。

そして昼寝に行く前にロンパが決断したのは「迎えに行く」。
・・・が、昼寝を終えて私が
「私が行ってこようか?この時間、みんなテレビみたいもんだから
慌てて車を擦っちゃったりしたら大変だし。」
と一言言い終わる前に
「そうだね。行ってきてくれる?」と、すでにテレビに釘付け。
。。。あんなに何時間も悩んで決断した割に、かなりあっさりしていた。

自転車で出ると、慌てて車を運転しているどころか、
がら-------んとしていて、町の中は空っぽ。
既にみんな、テレビの前にスタンバイしているらしい(爆)

幼稚園に着くとエレンのママが、
うちの主人は会社を2時で早退してきて、
Squeroで一番いい場所をとるために、
試合開始の40分前に家を出たのよ。。
とこぼしていた。

エフィーのママも、
「さっき旦那から電話があって、試合開始に合わせて
仕事を中断してわざわざSqueroの大スクリーンで見るために
帰ってくるんだって。」と溜息をついていた。。。
squero2


この二人が特別でなく、他にもそういう人が沢山いるらしい。
ロンパのお父さんも仕事を切り上げて早く帰ると数日前から
断言していたらしいし。。

サッカーをするのは好きだけど、
テレビ観戦は好きでないロンは、
「公園行こうよーーーーーーー」とうるさい。
仕方がないので連れて行くと、見事に誰もいない。
近所のマンションから、ゴールの時の歓声や
ゴールし損ねた時などの野次や叫び声が響いているだけだった。

試合が終わり、ちらほらSqueroから満足げに帰ってくる人達が
見え始めた。
ジュリーとママが公園に来て、ジュリーのママと話していると、
「5時に仕事を終えてバスに乗って帰ってきたんだけど、
だーーーーーれもいないのよ。車も走ってなかったんだから。」
と、興奮気味で話していた。

「試合を見るために、仕事を早退して帰ってきた人も結構いるみたいね」と言うと、
ため息をつきながら「だからこの国はこんななのよ。。。」
とつぶやいた(爆)

でも一つ感じたことは、仕事を投げ出しているわけでなく、
早く終わらせているようだ。
・・というのもこの2日間、うちのマンションの脇の道を
大規模なアスファルトの張替え作業をしていた。
午後3時を回ってふと見ると、まだシャベルでアスファルトを
敷きつめ始めたところだった。
「まだこの作業をしていたら、この人たちは試合見られないだろうなー。」と思っていたら、
午後4時を少し回った頃から、パタッと静かになった。
「あれ?音がしないなー」と思いベランダから見てみると、
見事に終わっていた!!!

えーーーーーーーー!?いつもだったら、
あの作業の状態だと、半日後か次の日に終わってたりするのに?!

やろうと思えば早くできるんだから、いつもこうだといいのに..
毎日とは言わないけど、週に1回くらいワールドカップをやったら、
イタリアも随分住みやすくなりそうと感じたのは私だけ?!

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   17:53 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(4) | Top↑

就職テスト?! 試食会

2006年06月22日(木)
6月18日の日曜日、ロンパの次の就職先のための試食会があった。
昨年中5回も職場を変わったロンパ。
出来ることなら、なるべく転職のリスクを背負いたくない。
ロンパは面接の時に
「自分の料理を気に入ってもらえるか、試食して欲しい」
と言ってこの食事会が実現した。

というのも今度のところは、お金持ちの友達同士で出資しあい、
レストランをオープンしようとしている。
一人のオーナーでさえ、合わなければ最悪なのに、
ここの場合は4人もオーナーの権利があることになる。
その時点でかなりのリスクを感じた・・・

でもロンパの印象は「大金持ちなのに、とても気さくな人々」と言っていた。
このオーナー達をよく知っているホール担当のマウロと
メニューを検討した上、
チケッテリアも兼ねるレストランということもあり、
前菜中心でプリモとセコンドを1品づつということに決め、
その前菜の中に、なぜかお寿司とイカの天ぷらも入っていた
ということで、必然的に私も手伝いに行くことになった。

ロンをベビーシッターに預けようとしたけれど、
この日に限って都合が悪かったらしく、
「もしどうしても他にいないようなら何とかするけど。。」と
いわれ、
いつもギリギリで頼んでも快く引き受けてもらっているので、
よっぽどのことだろうと思い、
唯一の休みをベビーシッターをさせるのは悪いと思いつつも、
Ricciaさんに聞いてみると、
「ダーリンが非常勤だから、家にいるよ。お互い様だからね
と、快く引き受けてくれた(大感謝

木曜日頃から買出しを始めた。
ロンパは仕事なので、買出しは私とホール担当のマウロで分担。

「自転車にこんなに沢山の荷物をぶら下げて乗るのは、
日本に住んでる頃以来だなー。。。」
・・なんて郷愁に馳せながらこいでいたのもつかの間、
金曜日、土曜日は下処理の準備でかなりヒーヒーいっていた。

何よりも私の大難関となったのは、お寿司。
自慢じゃないけれど、一度も作ったことが無い。
子供の頃、母が作っていた横で、
うちわでご飯を冷ます係りをした以来、
「お寿司はプロが作るもの」と勝手に決め、
寿司飯とは縁が無かった。

そこでインターネット検索で調べたところ、
おすし屋さんの女将さんが書いているブログを見つけた。
そこに、写真つきで丁寧に説明されている。
早速サイトを参考に書いてあるとおり作ってみたところ、
見事めちゃくちゃ美味しい寿司飯が出来ましたぁ!
米酢がなかったので、ワインビネガーと林檎酢を割って
作ってみたら(大事な昼食会なんだから冒険するなって?)、
何の違和感も無く、程よい風味の甘味が食欲を増進させます。
ロンパが味見をしたら、五合炊いた寿司飯をそのまま半分くらい
食べてしまうのではないかと思う勢いで食べていました。

これで準備万端!いざ出陣?!

ロンパから聞いていたものの、4人のメンバーの一人の所有の
大邸宅へ着いてビックリ。
かなりでかい。

インテリアもアジアンテイストで、
30年前に作られたものらしいが、
今のモードにピッタリあっているし、
おそらく数十年先でも通用するとても洒落たインテリア。

初めて会う人で、しかも旦那のオーナーになるであろう人の家を
バシバシ写真にとってブログに載せられないので、
写真はひろーーーーーーーーーいお庭だけです。
giardino

この真ん中らへんにある木の下で、テーブルをセッティングして
木陰で楽しく食事会となります。
これだけでも広いですが、この奥にこの5倍ほどの庭があります。

わたしたちが用意する場所は、ミニバス(スクールバスくらい)
が3台余裕で停められるガレージに設置されたガスコンロ。
そこいらの小さな調理場のレストランより立派なガス台でした。

しかしこの家、年に二回ほどしか使われていないそうです....
使わないのなら、私たちに貸して欲しいと思ったのですが、
光熱費と維持費だけで、今私たちの払っている
マンションの家賃をオーバーしそうな感じです。。。

・・・ということで、そろそろ本題の食事会へ。。
続きをどうぞ



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   12:30 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(3) | Top↑

滲出性中耳炎のその後 1

2006年06月16日(金)
4月に書いた滲出性の診察から2ヶ月がすぎた。

体調不調やらでリアルタイムで記事に出来ませんでしたが、
先月の中頃にひどい風邪をひいた時、また「お耳痛い」と
言い出したので、主治医に連れて行き、
もう一度検査をしたい旨を伝え、
総合病院での検査の為の書類を書いてもらい、
今回は私たちが住んでいる町の総合病院で検査をした際、
「アレルギー性鼻炎から来ている可能性があるので抗生物質はやめて、
アレルギー治療と毎日のちょっとした訓練していく形の
治療法をやってみましょう」

ということで、処方された薬がアレルギー用のシロップと
OTOVENTという風船、それに前からの治療で使っていた点鼻薬。

お医者さんに前回の抗生物質と点鼻薬の治療で湿疹が出た旨を話すと、
抗生物質からではなく、この点鼻薬の可能性が強いとのこと。
今回のお医者さんからは、「8日以上続けてやらないように」と
注意があった。

さて。このシロップはこういうもの↓
25mlづつ1日1回。
ARAIRUS


そしてOTOVENT。
一日3回。一回につき右、左の鼻を交互に3回づつ。
OTOVENT2


OTOVENT


この風船の膨らませ方は、片方の鼻を指でおさえ、
もう片方の鼻から風船をつけたプラスチックの口に、
勢いよく(強すぎてもいけない)吹いて、
風船をグレープフルーツくらいの大きさまで膨らませ、
今度は口も開けず、もう片方の鼻もふさいだまま
少しづつ空気を戻していく方法。

最初見たとき「こんなことできるの?」と思ったが、
膨らまなくても最初は「よし」として、
毎日続けていくうちに、出来るようになりました
(ちなみに、鼻の悪い私はいまだに出来ません
OTOVENT#


OTOVENT4


お医者さんからこの治療法の説明を受け、
「とりあえずこの治療法で3ヶ月続けて、様子を見ましょう。」
と言われたとき、ロンパと私の顔に不信感があったのでしょう。
すぐに私たちの顔色を読み取って
「これでダメな場合は、手術をしなくてはいけなくなるかもしれませんよ」
と脅されました。。

私が不思議に思ったのは、私が小さい頃中耳炎を患っていたとき、
鼻を思いっきりかんではいけないと言われていました。
それが、この治療法はまったくその反対で
鼻から思いっきり空気を出すことで、鼓膜に圧力を掛けるというやり方。
これで鼻をかむ力をつけるのが、本来の目的のようです。
もちろん、この風船を膨らませている最中に
耳を痛がるようであれば即座に中止。
様子を見ながら少しづつ1日3回ペースに
持っていくことが大事とも説明されました。

実際この治療法を始めて一ヶ月。
風船をやるためには、鼻の中を綺麗にしなくては
ちゃんと膨らまないので、それだけでも随分効果があるような気がします。

イタリアでは、日本のようにズルズルと『鼻をすする』ことは、
あまり好ましくない行為とされています。
人前で鼻をすするくらいなら、鼻をかむのが当たり前。

イタリア人はよく普通に話をしていて、
おもむろにティッシュを出したかと思ったら、
「ブブーーーーーーーーーーーーーッ!!
とまるでラッパがなったかと思うほどの勢いで鼻をかみます。
最初はあまりの突拍子の無さに目が点になっていましたが、
これも、鼻水をすすると耳の鼓膜に留まり、
中耳炎の原因になるということからのようです。
だから「出てくるものは、その場で出す」のが大切なようです。

ところ変われば、治療法も変わるんですね。
鼻の高さが違うからかなーと思うのは私だけでしょうか?

私と同じようにそう思った方
↓ポチっしてください(笑)↓
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:05 |  [絢大の成長記] 怪我・病気  | TB(0) | CM(6) | Top↑

だれと結婚したい?(追記しました)

2006年06月16日(金)
<6月14日>
今日の夕方、先に公園に出かけたロンパとロンを追いかけて、
公園にたどり着くと、ロンパを囲んでロンとエレンが
芝生にちょこんと座っていた。

ロンパが私に嬉しそうに、「ちょっと聞いてて」といい、
「Elen. Con chi vuoi sposare?エレン。誰と結婚したいの?」
とエレンに尋ねると、
「Con PAPA'(パパと)」
と恥ずかしそうに答えた。そしてロンのほうを向いて、
「E' tu?(ロンは?)」と聞くと、
ロンはエレンの恥ずかしそうな口調を真似しながら、
「Con papa'(パパと)」
と身体をクネクネさせながら言った。

ロンパを見ると、とても満足そうな笑顔を浮かべていた・・
いいのかい?その路線で。。。。

「だめだよロン!戻っておいで!」と思った方、もしくは
「いいんでない?元気に育てば」と思った方、
↓『ポチッ』とお願いします↓ 



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:33 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(2) | Top↑

マラティア休暇

2006年06月14日(水)
この頃3週間分の休みを消化しなくてはいけないため、
ロンパの休みが立て続けにある。

丁度私の具合が悪い時期、ロンパの職場がとても忙しかった為、
3週間休みナシで働いていた。
・・といっても、真ん中らへんで私の風邪が移ったらしく
2日間お休みを取った。

イタリアでは病気で仕事を休んだ場合のお給料は、
手続きさえすれば会社が払うのではなく、
INPS(Istituto Nazionale per la Previdenza Sociale
全国社会保障保険公社)から支払われます。

ロンパは今回15年近い就職生活の中で
このマラティア休暇というものを、初めて取りました。
コックの仕事は、定休日が決まっていないと、
大体の場合、風邪で休みをとったら、
その日が公休に差し替えられる場合が多いせいか、
とったことがなかったようです。

私がこの制度を知ったのは、トレントで働いていたとき。
ヘルニアを患って、しばらく休んだあと、
シェフに「医者にマラティア休暇証明書を書いてもらった?」
と聞いてきた。私が
「なんですか?それ。」と聞くと、
「休んだ日にち分のお給料が出るから、申請しないと損だよ。
詳しいことは旦那に聞きなさい」と言われたので、
早速ロンパに聞いたところ「知らない」とひとこと。

次の日シェフに「知らないそうです」と言うと、
シェフは「え?旦那ってイタリア人でしょ?
マラティア休暇を取ったことが無いイタリア人が
いるわけが無い!ちゃんと「マラティア休暇」って言った?」
と念を押された.
ちゃんと言ったというと「旦那、本当にイタリア人か?」と
真顔で聞かれた・・・・。



その後も風邪をひいてもマラティア休暇を取らなかったロンパ。
・・が、そのロンパが今回「マラティア休暇を取る!」
と宣言した。
どうも日頃からの仕事場のオーナーの態度があまりにも
粗雑な扱いをするため、ロンパの堪忍袋の緒が切れたらしい。

「いつも通り今週分の休みをあてるのは、別に問題ないけど、
 1週間半休みナシで働いてて、次の休みの話もしようとも
 しないし、都合のいいことだけ押し付けてくる
 あんなやつのために自分の休みを寝て過ごしたくない!」
と、お医者さんに証明書を書いてもらい、申請した。

ロンパが休んだ2日間の夜の営業は、
ロンパの代わりになる人が見つからず、
ホテルのオーナーに相談せずに、
勝手にレストランだけ休みにしたらしく、
ロンパが出勤してから、もともと険悪なムードだった
ホテル側のオーナーと、レストランのオーナーの間が
より一層すごい空気を発していたらしい。

レストランのオーナーは、粗雑なお使いをしていたのに、
ロンパに休まれると営業に響くことを再認識したらしく(おそッ)
猫なで声で「これ、美味しいから奥さんと一緒に味見してね」
と、結構いいスプマンテをくれた。。。(こわ。。。

その後も忙しい日は続き、やっと3週間後に休みが取れた。
そしてその後のお休みは、日曜日の午前中、月曜日の午前中、
水曜日の今日はパドヴァのS.Antonioの祝日の為、お休み。
ということで、向こうで勝手に決めたらしい。。。
・・どうでもいいけど、二日続けて午前中休みで
午後出勤をするくらいなら、丸1日休みをとったほうが
疲れが取れると考えつかないのだろうか…?

ロンパの再就職、うまく行きますように。。。。
↓『ポチッ』『ポチッ』『ポチッ』↓



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   07:44 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(5) | Top↑

ろんま家とワールドカップ

2006年06月13日(火)
私は特別サッカー好きというわけではありませんが、
何度かサッカー場に試合を見に行ったことはあります。

ワールドカップを観始めたのは、前々回の8年前のフランス戦。
仕事場の同僚が大騒ぎしていて、営業中だというのに、
忽然といなくなってしまったりしていたので、
『どこ行っちゃったんだろう・・』と不思議に思いながら、
先に仕事を終えた私が事務所に行くと、
みんながテレビに群がって白熱観戦中。
その時『おまえも見ろ!』と、強制的に観させられたのですが、
何気なく見ていたら、結構おもしろい。

そんな訳で、ワールドカップは4年前の日本韓国戦も
イタリアの国営放送で放送されていたので、
毎日チェックして、妊婦であるにもかかわらず、
かなり一生懸命応援していました

ちなみに今年のイタリアでは、イタリア戦以外のほとんどの
試合の模様は、有料放送になってしまったため、
生中継では見られません。。。(残念

昨日の日本戦は夜中の12時頃から、
かなり短縮されていましたが、国営放送で放送され、
先ほど観終わりました。
日本勢はかなり頑張っていたのに、とても残念です。


ところで、ロンパはイタリア人の例外にもれず、サッカー好き。
最近は、昔ほど熱狂的ではないけれど、
ワールドカップとなると、やはり話が変わってくるらしい。
それでも「今年のイタリアはすぐにダメになるだろう」と
予想している。(ロンパだけでなく、みんなそう言ってますが)

そんな中トトカルチョのワールドカップ版(なのか知らないが)の
SNAIというサイトで掛け率などを調べた上で、
そのサイトで購入できるらしいが、
店頭でも発見することもできるシステムらしい。

第一回戦が始まる前日、普段PCに触ろうともしないロンパが、
ジーっとPCとにらめっこ。どうやら決まったらしく、私に
「これ掛けてもいい?」としつこく聞いてくる。

最近ではナンバーズのような、番号あわせ宝くじも
買わなくなっていたので、「たまにはいいよ」と言ってみた。

ルールはよく解からないが、とりあえず日本とオーストラリアは
引き分けると予想したらしい。

生中継のラジオを聞きながら、仕事の打ち合わせの
準備をしていたロンパ。
日本が先制点を取ったとき、大喜びで知らせに来た。

仕事の打ち合わせをしている最中でも、
ラジオはかすかに聞こえるくらいの音でついていた。

私がロンを迎えに行っている間にどのような結果になったかを、
ホール担当の人が説明してくれている最中、
オーストラリアが1点入れた。

ロンパは「日本には申し訳ないけど、うちらにとってはこれで
掛けが当たったから、いい結果になったよ」と大喜び。。
おいおい。。いくらほとんど終わったからといっても、
今は仕事の話中なんですけど。。。

ホール担当の人が帰ったあと、ラジオを引き続き聞いていると…
オーストラリア2点目。。。
ロンパの落胆振りは目に浮かぶでしょう。。

そして駄目押しのような3点目。
ここまでくると諦めきれるようで、
吹っ切れた様子で仕事に出かけていきました。。

ちなみに、イギリスで売られているウイリアムヒルという、
SNAIのイギリス版のサイトには、勝ち率、配当が高い為、
そちらにお客さんをとられてしまう可能性があるため、
イタリアからのアクセスが出来なくなっています。

テレビでも、このサイトのことを「詐欺」「インチキ」的な
イメージを与えるような表現で、
『このイギリスのサイトにはアクセスしないように』
と促しているらしい。
イギリスに住んでいたロンパは、このサイトのことを
よく知っていて
「イタリアのものより歴史があるし、よっぽど信頼できるのに、
こういう表現を使うなんて」とかなり怒っていました。

ま、なにはともあれ、どうでもいいけど、
このところの車の不調で、買い替えを余儀なく
考えさせられている為、少しでも足しになる様、
どうにかロンパが掛けた試合が、
一つでも当たってくれますように。。

☆皆さんもご一緒に!☆
↓『当たりますようにポチッ』↓

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:13 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(0) | Top↑

ミッフィ-のあいうえお

2006年06月12日(月)
随分間があいてしまいましたが、今でも楽しんで読んでいる
ぼくとわたしのせいかつえほんにつづいて、
ロンの最近のお気に入りの本は、この
ミッフィーのあいうえお
ミッフィ-のあいうえお1


最近ひらがなを勉強し始めたロン。
『う』を見ると、このカラフルな絵本の絵が頭に浮かぶらしく、

「うしさんのうー
と、大きな声で答えられるようになりました。

いろんな「あいうえお」の本を見せましたが、
この単純なつくりと、カラフルな色が覚えやすいようです。

それでも、一日抜けると忘れてますが。。。。
かなりの根気が必要です。

文字が読めない小さなお子さんでも、
この写真のように、カラフルな絵を見てるだけで
楽しめるかわいい絵本です。
プレゼントにも喜ばれますよね。
ミッフィ-のあいうえお2


その他の絵本えらびなら。。。
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:04 |  [絢大の成長記] 日本語  | TB(0) | CM(5) | Top↑

アグリツーリズモ

2006年06月10日(土)
5月7日の第3段目。。。やっと終わります..

アンティーク市の後、いよいよアグリツーリズモへ。

BadoereからNoaleの方面へ走り、たしか信号を超え、
その次のロトンダを左へ真っ直ぐ標識どおりに行くと、
左側にあります。
(うる覚えの為「そこら辺」くらいの感覚で、詳しくはお店に問い合わせてください。)

Agriturismo DA PINO TESO
Via Bosco,32 MORGANO di BADOERE
TEL.0422/739182
営業:金曜日、土曜日の夜、日曜日の昼食、夕食
aguriturismo badoere10


今、店の名刺を見ていて知ったのですが、
白アスパラガスや、野菜、果物も売っているそうです。
果物の中には、梨(日本の)も書いてありました。。

この店のスペチャリタは、茹でアスパラガスゆで卵添え、
アスパラスープ、お肉のグリルでした。
(写真なしデース。ごめんなさーい

私たちがこのアグリツーリズモに決めたのは、
ロンに動物を見せてあげようという話から発展しました。
最初はピクニックをしながら、Fattoria(農場)見学を
したかったのですが、どこもグループ単位でしか受付けておらず
最終的に、動物のいるアグリツーリズモはないかと聞いて、
地元の人が薦めてくれたここに電話したところ、
日曜日の昼は満席です。と。。。。
でも「満席」と聞くと行きたくなりますよね。
・・・ということで夕食の予約を取って、自然散策
アンティーク見学をして、ご飯を食べに行く形にしました。

ロンは自然公園で、ハエ以外の虫や動物を見られなかった為(笑)
早く行きたくてウズウズ。

動物達との対面は続きをどうぞ





  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:37 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | TB(0) | CM(2) | Top↑

5月7日日曜日

2006年06月08日(木)
医者つながりで続けて書きたいところですが、
やっと3連休が終わり、ホッとしたところで、
昨日今日とロンパが、2日間のマラティア休暇以外で
3週間ぶりのお休みだった為、バタバタ。
今日はこれからロンの幼稚園のミニ発表会に行くので、
約一ヶ月前の話になってしまいましたが、
前から止まったままになっている、ある日曜日に
自然散策の後のことを写真を織り交ぜて書きます。

約一ヶ月前の話になってしまいましたが、自然公園散策の後
Badoereの町へ行き、第一日曜日だったので、骨董市を見学した。
Badoere 骨董市1

Badoere 骨董市4

Badoere 骨董市6



道路を挟んで円形になっている建物で囲まれたピアッツァ。
そこに所狭しと、アンティーク商たちが品物を並べています。
Badoere 骨董市2


↓こんなアンティークなカンカンも。
Badoere 骨董市3


↓ヴィトンのアタッシュケースやさんも。
この一番上のは、1950年代ので1300ユーロだそうです。
Badoere 骨董市7


↓こんなレトロな三輪車も。
Badoere 骨董市9


↓ロンが見つけてしまった。。。
Badoere 骨董市5


↓乗り心地を試したいロン。
Badoere 骨董市8

この三輪車からロンを離すのに、20分ほど掛かりました

ピアッツアにあるオステリアでアペリティーボ。
内装がとてもシンプルだけど工夫されていて、
とてもいい雰囲気のお店でした。
Badoere 骨董市11


↓たたずむロン
Badoere 骨董市10


そして掘り出し物発見!
続く




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   01:04 |  [育児日記]おでかけ・イベント  | TB(0) | CM(3) | Top↑

Medico di base

2006年06月06日(火)
イタリアの医療制度は日本と随分違います。

まずMedico di baseという形で、比較的近所のお医者さんを
主治医(ホームドクター)として割り当てられ、
救急のとき以外に病院へ行く場合、例えば検査とか専門医の検診などは、
全てこの主治医にリチェッタを書いてもらい、
病院での診察の為の予約をする。という流れ。
通常の診察の予約は2週間から1ヶ月待ち。
レントゲンとかそういった機器類は3ヶ月待ちなんてこともザラ.

ある日病院で脳腫瘍の検査をするため、
予約の日程を決めている中高年の女の人が、受付の人に
「1年後でなければとれません」と言われ、
『一年後では遅すぎます』と言うと、
「では、検査料を支払えば、3ヵ月後に予約を取れますよ」と。

最近では随分変わってきましたが、イタリアの医療は、
国が負担している為、出産費用も入院費用も全てただでした。
もちろん負担金は病気にもよりますが、
個人で病院に支払う額というのは、日本に比べて随分少ないです。
が、税金として医療費は既に支払済みなので、結局同じことなのですがね。。
しかしある程度の支払いをすれば(大体100ユーロから500ユーロ程)
優先的に検査が受けられるというシステムは、
いかにもイタリアらしいですよね。

みんなが検査のために20ユーロ支払えば、平等に検査が受けられるのに。
しかも、脳腫瘍なんて一刻を争う病気。
それを聞いてなんだか恐くなりました。

ちなみに小児科も同じで、専属の小児科医がいて、
その先生を通して、全ての検査や薬の処方が行われています。
(小児科医のことを書き始めると終わらないので、今日はやめておくことにします)

今回この街での主治医を割り当てられてビックリしたのは、
その先生の本職は「歯医者」さん。

歯医者さんが風邪の治療するの?
と、なんだか不に落ちない気持ちの中、
ロンパが何度か診察してもらう度にとても嬉しそうに帰ってきて
その先生の特徴的なローマ訛りで症状を説明していました。

ロンパはその先生をかなり気に入っていたようなので、
ちょっと風邪をひくと「歯医者行ってくれば?」と
冗談にならない冗談を言っていました。

前に住んでいたサロの主治医の先生は、
妊娠していたのでよくお世話になりましたが、
今のところに引越してきて今回の風邪をこじらすまで、
一度も会ったことがありませんでした。


何度か処方箋が必要で、主治医のところに行くたびに休み。
大体私が行くときは、ずるずる引っ張って
次の日から休みになるという金曜日がほとんどだったせいか(?)
行くたびに「金曜日はお休みします」という張り紙が
ドアに張られており、

「。。。また3連休取ってる。。」とブツブツ怒りながら、
毎回代わりの医者のところまで行くハメになるのです。

そして今回。
「今日いなかったら、よっぽど縁がないんだよ」
と言いながら家を出て、主治医のところに向かった。
マンションの一室にある診療所。

マンションの入り口を入り、
朦朧としながらエレベーターを待っていると、
なにやら男の人と女の人が話しながら階段を下りてくるのが聞こえた。
「・・・まさか、主治医でお出かけするんではないよな…」
なんて思っているとエレベーターが来たので乗り込みながらも、
どんな人か見てみようかと思いつつ、
そこまで体力をもちあわせていなかったため、
「そんな事あるわけないか…十室以上あるマンションで。。」
と言い聞かせ、ドアを閉めるときに聞こえてきた会話が、

「どうせ誰もこないし。。。。」







嫌な予感。。。




エレベーターが止まって、主治医のところのベルを鳴らす。

「・・・・・・・・」

もう一回
「・・・・・・・・・」

看板を見ると名前のところだけ残して、
歯医者の部分がガムテープが貼られて消されている。

「・・・これ?うちの主治医だよな…」
だんだん不安になってきた。

電話番号が書いてあったので、携帯から電話をしてみると
「トゥルルル・・・・・」中で鳴っている。

帰ろうかと思ったが、かなりしんどい状態だった為、
ロンパに電話をして、いつもの代わりの医者へ行くと伝えた。
そこでロンパと落ち合い、
待っている間ロンパが主治医のところへ電話をしてみると、
秘書が出て「具合が悪くなって、今朝帰りました」と言われた。


幸いロンパが何度か見てもらったお医者さんの方がすいていた。
一緒に入っていってロンパが説明すると、その医者が

「今日は彼(主治医)の代わりは僕ではないですよ。」と。

ロンパ「たった今、具合が悪くなったので帰ったそうです。
   秘書の方から先生に見てもらうように言われたのですが」

医者「いや。今日は僕の当番じゃないから診察しません(キッパリ)」

ロンパ「診察しないってどういうことですか?病人を目の前にして医者がそういうこと言っていいのですか?」

医者「そういう問題でなくて、今日は僕の当番ではないし、
   あなた方の主治医でもない僕が、なぜ診察しなくては
   いけないんですか?」

ロンパ「じゃあ今朝病気になって帰ってしまった
    主治医の代わりに誰が診察してくれるんですか?」

医者「僕じゃあないのは確かです。もう一人別室に先生がいるので、彼女に診てもらってください。」

ロンパ「(ブチッ)はあ~?こんな具合悪い病人を、
  あんなに20人近く待ってる列に並べというのですか?
  この病人を1時間以上待合室で待たせるんですか?

このやり取りを聞いていて、余計具合が悪くなってきた私は
ロンパに「もういいよ。帰ろう・・」とか細い声で言うと、
ロンパはもっと逆上して
「何が帰ろうだ!彼は医者なんだから診察しなくちゃいけない義務がある!!診察するまでここから出ないぞ!
とかなり燃え上がっていた。

医者もロンパの様子と私の声を聞いて、
診察せざるを得ないと感じたらしく、

「それでは仕方がないので、
 私の好意で診察してあげましょう
 私の好意ですからね。本当は診察しないんですよ。
 特別にしてあげます
と言って、私に座るように促した。

私の近くまで来ると、呼吸の仕方などから
「ハッ」と顔色が変わって、
さっきまで診察しようともしなかったのに、
いきなり動きが機敏になり、喉の奥を見て
「うわー。。こりゃひどい。。痛いねー。痛いでしょ。
(ロンパを診て)彼女、とても具合悪いですよ」と。。。
おいおい。。だから来てんじゃん。。


彼のあまりの態度の変わり方から、自分が病人なんだと悟って、
イタリアの薬でラリッても、ちゃんと飲まなくちゃダメだなと、
真面目に飲んだんですがね。




そして後日。。。
医者から「主治医と話し合って、検査をしに行ってください」
と言われていたので、今回は充分に電話確認をして、いざ出陣。

ここまでくると「意地でも主治医に会ってやる!」
と意気込んで、初めて主治医に会うことが出来ました

高級時計カタログ雑誌と、高級お色気雑誌(どんなんじゃって?)
が積まれておいてある待合室で待っていると、
また「歯医者さんで大丈夫なのかな~」という不安が。。。

ここまででも充分長くなってしまいましたが、
この先は続きに書きます。



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:08 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(5) | Top↑

ロンと食用かたつむり

2006年06月05日(月)
先日の気管支炎を患っていたとき、無性に魚が食べたくなった。
が「魚を買うのは金曜日の青空マーケットで」と暗黙の了解の
我が家では、大人しく金曜日になるのを待っていた。

金曜日は祝日。
いつも早起きのロンだけど、この日は私を起こしに来たのは
10時半。(・・おいおい。。寝すぎ。。)
ロンが「パパも起っきしてるよ」の言葉で「え?」と
びっくりして目覚めた。
ロンパが身支度をして仕事に出かけたのも気づかないくらい
爆睡していた。

ロンを連れて外へ買い物へ出ると、いつもの3倍くらいの人出だった。
いつもどおり卵を買って、魚屋さんを見に行くと、
いつもより2軒ほど出ている魚屋さんが少ない。
そのため、ほとんどの魚屋さんの台の上は空っぽ。。。
「あーーーー。。今日に限って遅く起きちゃったもんだから..」
渋々残っているお魚を眺めて、カレイと小鯛4匹、
そしてこの時期から出始めるベネチア特産ちびカタツムリ?!
が目に入った。
ロンに「ほら。カタツムリがいっぱいいるよ」と言って抱き上げて、
箱の中を覗いたロンはカタツムリの虜になってしまった。。。

ロンが「カタツムリ欲しい~」とあまりにもせがむので、
1kgと魚を買って帰った。

元気のいいカタツムリをお皿に3匹置いてロンに持っていくと

ロン「わあ~カタツムリ!」
と嬉しそうに見つめるロン。興味津々の顔をパチリ
lumachini11


・・が、次の瞬間おもむろにカタツムリ一つ摘み上げると、
ロン「おいしそ~食べていい?」
といいながら、『あ~~ん』と口に入れようとしたので、
ビックリしてカメラを落としそうになりました。

ツノが出た状態のカタツムリが、
ロンの口に吸い込まれそうだった場面は
かなりのシャッターチャンスだったのですが、
あまりの予想外のことで撮るどころではありませんでした。。。
(修行が足りませんな。。)

気を取り直して、スポンジボブのペットの
カタツムリ「キャリー」を思い出したらしく、
「お腹すいたって。」というので、お水をあげるように言うと、
スプーンでお水をあげて喜んでいた。
lumachini12


その間、私はカタツムリの調理準備。
これはイタリア語でLumachine di mare(ルマキーネ ディ マーレ)
海で採れるカタツムリで大きさは女の人の人差し指の爪くらい。(1つだとlumachinaルマキーナ)。
このヴェネチア地方では、「Bovoletti」と呼ばれています。

調理法は続きへどうぞ
カタツムリが苦手な方は、お勧めしませんよ。



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:11 |  [趣味]料理  | TB(0) | CM(9) | Top↑

ロンとワカメ

2006年06月01日(木)
お待たせしました!(。。誰も待ってないって?)
ろんま復活!
本当は部屋とPCの掃除をしてから復活しようと、
固く誓ったのですが、書きたいことがたくさんあるし、
既に自分の日記として習慣化して書いているので、
書かないとなんだか落ち着かないんです。
(・・と言いつつ何日もほっぽらかしたりしますが。。)

ということで、この数日間であったことを少しづつ
書いていきたいと思います。
(写真ソフトもかろうじて復活したので休日三部作も終わらせねば。。)


先日の大風邪で、喉、鼻が全く機能していなかったある日、
ロンと晩御飯に和食をつくり、モリモリ食べる
食べ盛りのロンを横目に、ワカメスープを飲んでいた。

するとロンも「ロンもそれ食べたい!」という。
冷ます為にテーブルの端っこにおいてあったロンのお椀を渡すと
嬉しそうに食べ始め、「う~~~ん おいし
と、満面の笑み。

数週間前まで「ワカメ嫌い」と言っていたのに、
また嗜好が変わったらしい。
「おいしいよね。」と、私が言うと
ロン 「うん。ロンこれ好き~

私 「良かったね。それ『ワカメ』っていうんだよ。」
ロン 「・・・うん ロン、『バカメ』だーい好き

私 「え?違う違う。。ワ・カ・メ」
ロン 「??バ・カ・メ・・・でしょ?」
私 「ちがうよー。『わ』だよ『わ』
ロン 「?????????『ば』。。。『バカメ』・・・?」

どこが間違っているか分からないロンはだんだん自信を失いつつあった。

私 「・・・・・そうね。。あなたが正しいわ・・。。
    風邪が治ったらちゃんと教えてあげるね」

思いっきり鼻声だった為「わ」を発音できなかったろんまでした。
正しい日本語を教える為には、健康管理も必要ですね

↓「お帰り」「復活おめでとうクリック」お願いしまーす↓
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:19 |  [絢大の成長記] 日本語  | TB(0) | CM(12) | Top↑
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。