2006年04月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. チャネリング ~結果を聞いて(04/29)
  3. チャネリング2(ロンの友達と前世のこと)(04/29)
  4. チャネリング(04/22)
  5. Pranzo di Pasqua(04/20)
  6. 日本からの贈り物(04/18)
  7. 滲出性中耳炎の治療(04/16)
  8. 滲出性中耳炎の診察(04/16)
  9. Vacanza di Pasqua(復活祭連休)(04/15)
  10. ファッションショー2(04/14)
  11. ファッションショー1(04/12)
  12. メストレでお買い物(04/12)
  13. イタリア選(04/11)
  14. お義兄ちゃん夫妻との食事(04/10)
  15. 滞在許可証申請(04/07)
  16. 花祭り Noale in fiore その2(04/04)
  17. Noale in Fiori その1(04/03)
  18. 種蒔き(04/01)




スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

チャネリング ~結果を聞いて

2006年04月29日(土)
チャネリングの電話が終わり、受話器を置いたら、
一分もしないうちに携帯電話が鳴った。

「誰だろう?」と出てみると、普段仕事中はよっぽど
必要なとき以外は電話してこないロンパだった。

私「どうしたの?」
ロンパ「どうだった?結果。」
私「なんのこと?」

前日の夜、私がチャネリングに備えて質問を
まとめているのを横目に、ロンパが私に
「本当に当たるの?信用できないなー。。まー前世がいるという
説は、ある程度納得できないこともないけど。。
それが電話を通じて分かるってことがなんか信じられないなー」
と、ブツブツ言っていた。

私「別にいいよ。信じないなら私とロンのことだけ見てもらうし。
ロンパのことを聞いても教えないから。」
というと、慌てて「聞いてよ。ちゃんと教えてね」
とお願いされた。
その感じからして、仕事中に電話をかけてきてまで
結果を知りたいと思っていたとは想像もしなかったのだ。

私が「ロンパの前世はお坊さんだって」というと、
「・・・・・」と一瞬沈黙。
そして真面目な声で「分かった。チャオ」と電話を切った。
何が分かったんだろう?

午後の休憩で帰ってくると、ニヤニヤしながら結果を聞いてきた
一通り話すと、お義母さんの件で随分当たってる部分が
多いことで、かなり納得していた。
「・・ということは、僕がお坊さんてことも本当っぽくなる」と。

それからは何かというと「僕はお坊さんだったから
と言い逃れようとするので、
「お坊さんは謙虚でなきゃいけないんだよ」と諭している。

スポンサーサイト

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:10 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(5) | Top↑

チャネリング2(ロンの友達と前世のこと)

2006年04月29日(土)
なんだかんだ言って、いつの間にか前回の記事から
一週間も過ぎてしまいました。
このところの連休続きで、どうも落ち着かない状態です。

でも、週始めにロンが幼稚園からもらってきた「冬の作品集」を
公開しようと写真をUPしたのですが、何故か記事にUPできずに
今に至ります。。。

ということで、また今週末の3連休を前に記事を書いておこうと
PCの前に座りました。
簡潔に短く書こうと思っていても、いつもダラダラと長い
文章になってしまうんですよねー。
だから時間が掛かるからその分 回数が減ってしまう。。

チャネリングに続き、後編。。

そして最後の質問。
ロンの「ロンが悪いところばかり友達から影響されやすい」こと。

前にも書いたことがあるが、
ロンがさっちゃんから受ける影響は並みのものではない。
さっちゃんと一日遊んだだけで、「さっちゃん化現象」になり
話し方、泣き方、駄々のこね方などなど、
いいところは一つも貰わず
変なところすべてがさっちゃんになってしまう。。。
そして、それが抜けるまで1ヶ月を要する。

1ヶ月経つと「魔法」が解けるかのように、だんだん普通の
ロンが戻ってくる。。。
でも今回は、1週間ほど我が家に泊まっていたので、
魔法は1ヶ月では抜けきれず、2ヶ月以上経ってようやく最近
普通のロンになった。
この間「さっちゃん」の名前を聞いただけでも、
「さっちゃん化現象」は強くなってしまうので、
友人達からの協力も得て、どうにか名前を出さないように
してもらっていた。

そして、先週のこと。ようやくロンが普通に戻ってから
ほんの2日くらいのこと。
みーさん(さっちゃんママ)から、旦那さんとさっちゃんとで
実家に行っていたので、お土産を買ってきたので渡したいと
電話が来た。
みーさんは仕事の都合で先にこちらへ一人で戻ってきていて、
旦那さんとさっちゃんはまだ実家の方に残っているとのことで、
ゆっくり話せるし、うちに泊まってもらうことになった。

ペーストジェノベーゼと自家製赤ワインをお土産に
持ってきてくれ、ロンも大喜びでお出迎え。
そして、たくさん遊んでもらった。。
夜遅くまで話し込み、朝早く仕事へ出かけたあと、
ロンが起きてきて、すぐみーさんが行ってしまったのを聞くと、
かなり残念がっていた。…それだけかと思っていたら。。。。
なんと。また「さっちゃん現象」が始まった。。。。。

「さっちゃん現象」と呼んでいるけれど、
一応さっちゃんの名誉の為に言っておくと、
いつもそんなわがままを言っているわけではありません。
実際、前回うちに泊まっていたときも、ずいぶん落ち着いて、
大泣きしたのはほんの数えるくらい。
その大泣きが超ーーーーーーーーーーすごい。。
でも、それも一応ちゃんとした理由があったからだし、
「ここぞ」というときはある程度言うことを聞ける子です。
・・・が、ロンが真似すると、さっちゃんの大泣きするときの
状態が一日中ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーと
続くのです。。。。しかもそれが一ヶ月も。。。

そのキーキー声を聞いているだけでも、
気がおかしくなりそうなのですが、言うことも聞かなくなり、
他愛ないことでも、いちいち泣き叫ぶようになってしまう。
そして、わざわざわがままを言うのです。
本人は「ダメだ」と分かっているにもかかわらず。

もちろん人のせいにするばかりでなく、こちらの要因も考えました。
しつけが厳しすぎるのかなとか、ある程度のわがままを
許すべきなのかなとか。。。
でも、しつけは必要以上に厳しくしておらず、
最低限「これはダメ!」というものを断固として「NO」を
貫き通しているだけで、ある程度の抜け道は作っています。
わがままもその時々の「親の気分で」ではなく、
その状況に応じてわがままも許しています。
かえってイタリア人の親の方が「あれダメ、これダメ」ばかりで
聞いているこっちがストレスを感じるくらい。
だからロンが普通のときは、ちゃんとやっていいこと、
いけないこと、危険なことなどを理解した上で行動します。
ま、まだ3歳児なのでもちろん完璧ではないけれど、
ここまで「何でもあり」状態にはならないのです。

結局いろんな方法でなだめても、つけ上がるだけ。
最終的には、思いっきり叱るか、
泣かしつづけるかどちらかになってしまう。
いくら叱りたくなくても、神経がおかしくなってしまうくらい
なので、ついイライラしてしまい、1ヶ月以上もそのことで、
叱りつづけることになってしまう。
そんな無意味なことを続けたくないし、
このままこんな我がままな性格で固定されてしまうのも怖いし、
叱られ続けたせいで性格が歪んでしまっても困る。。
でもそんなことで、異国で知合った気の合う友人と
会えなくなるのも嫌だし。。

他の子からはほとんど影響を受けないのに、さっちゃんから
ここまで影響を受けるのは、霊的な何かがあるようにさえ
思えるほどだったため、方法を見つけるために
チャネリングの先生に聞いてみた。

・・が、特別そう言う霊的なものはないみたい。
しばらくロンが判断がつくようになるまで、
様子を見るしかないようだ。。
幸い今回はさっちゃんママだけだったので、この現象は
とりあえず2日間で終わった。。。(ホッ

そして、前からとても気になっていた「前世」を聞いてみた。
高校生くらいのとき、霊感が強いちょっと変わった友達に
「あんたの前世は江戸時代の若い女の子だよ。
失恋して川に飛び込んで自殺しちゃったって言ってる。。」
といわれて、なんと答えていいか分からなかったことがあるが、
結構その言葉が気になっていた。


続きに書きます。





  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   07:12 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(2) | Top↑

チャネリング

2006年04月22日(土)
もう一ヶ月近く経ってしまったけれど、
姉からの紹介で電話でチャネリングモニターをさせてもらった。
ずっと書きたかったが、ゆっくり落ち着いて書きたかったため
チャンスを待っていた。

チャネリングという言葉を聞いたのは初めてだったけれど、
予約日までにインターネットで調べて、どういったものなのかとか、
基礎知識だけは頭に入れて、当日に望んだ。

Super ENALOTTOというLOTOの巨額版のくじをやっているSISAL
が出している国際テレホンカードを使えば、5ユーロで125分くらい話せる。
(8種類ほどあり地域ごとに分かれているが、「ASIAカード」では
日本が入っておらず、『EUROPEA&U.S.A』か『GLOBAL』で
日本に繋がるので注意が必要)
郵便局で扱っているものもそのくらい話せるらしいが、
使えない近所の郵便局では、そのカードの存在すら知らない様子だった
いろいろな国際電話カードを使ったが、これが唯一今まで問題なく
掛けたいときに話ができる。

話を戻すが、早速チャネリングをやってくださる方にお電話
最初は少々緊張気味ながらも、聞きたいことをメモっておいたので、
早速順番に聞いていった。

我が家の問題は、
・ロンパの転職問題
・いつになったら落ち着くか
・私と姑とのこと
・ロンが悪いところばかり友達から影響されやすいこと
と、こんな感じ。

結果は続きをどうぞ





  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   10:55 |  [育児日記]2006年<3歳>  | TB(0) | CM(11) | Top↑

Pranzo di Pasqua

2006年04月20日(木)
この間の日曜日は復活祭の祝日だった。
ロンパの仕事が休みだったら、ヴィチェンツァのお義姉さんの
家に料理を作って持っていって、みんなで食べようという
話をしていたが、3日前になって「夜は仕事」と決まり、
家で私達家族だけ食べることになった。

ロンパが子ヤギの肉を食べようというので、
私達だけではどう考えても食べきれない。
そこで、Ricciaさんは日本へ帰国中なので、
旦那さんを誘ってみたところ、「OK」の返事。
他にも誘おうかとギリギリまで考えていたが、
この近所の知合いはみんな子供連れ。
ロンが中耳炎+蕁麻疹の状態では、
呼ぶわけにはいかないので控えておいた。

前々日に子ヤギ肉を買いに行き、いつも満員御礼のお肉屋さんは
いつもより続々とお客さんが入ってきていた。
やっとこ私の番になり「子ヤギ肉(Capretto)を半身ください」
というと、店の空気が一瞬にして凍りつき私は瞬時に
「ヤバ..場違い…やっぱりロンパに買いにきてもらうんだった」
と後悔した。
子ヤギ肉は復活祭の食事によく食べられるお肉の一つ。
それでも最近は羊肉(ラム)が一般的のようで、
待っている間もカプレットを買った人は一人もいなく、
みんなラム肉ばかりだった。

その日はVenerdi Santoと呼ばれ、イエスキリストが十字架に
掛けられて亡くなった日とされている。
しかも、偶然にも亡くなったといわれている時刻16時だった。
教会の鐘がそれを知らせても、特別店の中で祈りはじめる人も
おらず、しかもその日は魚しか食べてはいけない日のはずなのに、
肉屋さんの中は大繁盛。

ま、私のように復活祭用に買いに来た人もいるだろうが、
その日の青空市場で鶏の丸焼きとかお肉のグリルを
売っているお店は、相変わらず大賑わいだった。
もう焼けているお肉を買うということは、
その日のうちに食べるということだと思う。
そのくらい、イタリアは国としてはカトリックだけれど、
イタリア人はずいぶん教会離れしているみたいだ。
という感じで、普段あまりカトリック教を感じさせないが、
こういうときはすごい威圧感を発する。

お肉屋さんのお兄ちゃんが「この大きさでいい?」と
見せてくれたのがどう見ても大きかったので
「出来ればもう少し小さいのがいいんだけど。。」というと、
店主のおじさんに「あるよあるよー」と意味ありげに言われた。
確かに、子ヤギ肉が小さければ小さいほど産まれたばかりのもの。
だんだん罪悪感が襲ってきた。考えすぎかもしれないが、
「何でこのアジア人はカプレットを食べるんだろう?」的な
居心地の悪い異様な空気の中じっと待ち、
小さく切り分けてもらって急いで店を出てホッと一息ついた。
私自身、子供の頃教会へ通っていたので、仏教よりもキリスト教
の歴史を学んだので、そこらの若い子よりも知っていると
思うので、そんな肩身の狭い思いをする必要はないのだけど。。

そんなこんなで前日から下準備に取り掛かった。



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   20:53 |  [趣味]料理  | TB(0) | CM(2) | Top↑

日本からの贈り物

2006年04月18日(火)
ある日買い物に出ようとしたときに、郵便受けを見ると
不在届が入っていた。
「ずっと家にいたのに。。」と思いながら
不在票を見ると、ロンパ宛てになっていた。
こっちの郵便配達は、階段を登って来るどころか、
時間を無駄にしないためにベルさえ押さずに不在届を置いていく。
ここまで来たんだから、置いてってよと思うけど。。
しかもロンパ宛てだと「委任状」を持っていかないと
夫婦でも取りにいけない。。。まったく不便だ。

早速次の日、ロンパが郵便局までとりに行くと
(当たり前だが再送システムもない)
私の親友からだった。
前から「欲しいものある?」と聞かれていたが、
「今度こっちに来ることが決まったらでいいよ」と言っていたが、
きっと痺れを切らしたのだろう。
一応前から頼んであったダイソーDVDシリーズがどこにも
見つからず、家族はもちろんいろんな地方の友達に
「あったら買っておいて」と頼んでも見つからなかったものが、
やっとみつかったと言っていた。

箱を開けると、ロンの目の色が宝箱を開けたときのように輝いた
そこにはスポンジボブのポシェットとペンセット、
ひらがな練習帳、数字練習帳、のりもの塗り絵、ふりかけ、
わかめ、鰹節やうどんなどの食料品も、私にまでかわいい楽々パンツが入っていた。

家族で大喜び
ロンはとりこ状態だった
もとからのプレゼント


早速DVDを見はじめた。
前からのロンのお気に入りは、ダイソーDVDの新幹線シリーズと
ゴーゴーたからじまだった。
私が昨年、日本で見つけたときは、全部揃っていたのだけど、
『300円のDVD』って。。。と思うと、DVDレコーダーもないし、
一気に全てを買う気にはならず、一枚づつ買った。
が、イタリアに帰ってきて見せると大気に入り。
しかも想像してたより、ちゃんと出来ている。
それに気づいて、姉や友達に聞いたときには、
そのときには既に遅く、どこにも置いていなかった。。

私が買ったものは、九九のもの。
今回送ってくれたのは、足し算と数字。
ちょうど数字に興味を示し始めたところなので、
楽しそうに一緒に暗証している。
「なんで『ひらがな版』を買ってこなかったんだろうー
と悔やしくてならない。。





  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:26 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(4) | Top↑

滲出性中耳炎の治療

2006年04月16日(日)
滲出性中耳炎の為に処方された薬は
「AUGMENTIN BAMBINI」という抗生物質。
辞書で調べてもでていない為、ネットで調べてみると
大人用の錠剤はペニシリン系で、梅毒や淋病、皮膚の感染症、
扁桃腺・リンパ腺の炎症、膀胱炎などの症状の治療に使われる
ようで、結構強いものらしい。
子供用はガラス瓶の中に粉が入っており、分量の水を注ぎ入れ、
よく振って混ぜ、毎日2回12時間ごと食前に5mlづつ
飲ませるもの。冷蔵庫に保管している為、毎回食事の途中で
「あーーーーーーーー忘れたー
といいながらあげていたのが、結局最終日の今朝まで続いた。

本当は今朝で終わる予定が、3度ほど飛ばしてしまったので
明日いっぱいまで伸ばそうと思っていた矢先、
今日の昼過ぎに買い物に行こうと着替えをさせたら、
腿全体に赤い発疹が出ていた。
よくみるとお腹、背中にも出ている。
はしかが流行っているようなことを聞いていたので、
調べているところへロンパが帰ってきた。
ロンパはすぐに本を見ながら症状にあったものを探したが
見つからない。
そして出した答えは「抗生物質のせい」。
インターネットで調べてみると、
「スティーブンス・ジョンソン症候群」という抗生物質の
取りすぎで起こる症状が書いてあった。
もちろん確率的には低いけれど、その確率に的中してしまう
可能性も充分あるので、すぐに抗生物質を与えるのを辞めた。

つづく



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:07 |  [絢大の成長記] 怪我・病気  | TB(0) | CM(0) | Top↑

滲出性中耳炎の診察

2006年04月16日(日)
水疱瘡の時くらいから、私が言ったことをロンが何度も
聞き返す様子になった。
それは、その前からあったのであまり気にしていなかったが、
同時期頃からテレビを見ていると「聞こえない」と言い始めた。
今までと同じ音量だったのが、だんだん大きくなっていった。
おかしいなと思っていると、ある日突然顔が赤いなーと
おでこを触ると熱い。体温計で計ると38℃を超えていたりした。
本人はケロッとしていて次の日には熱が引く。
そして数日後にまた熱が出る。という繰り返しだった。

時期的に水疱瘡が終わりかけ、終わった時期だったため、
はじめは病気のせいにしていたが、ある夜目を覚ましたロンは
大泣きしなら「お耳が痛い」と訴える。
が、10分後には眠ってしまう。。ということは、
そんなに痛みはひどくないみたい。
次の日の朝「お耳痛い?」と聞くと『痛くない』とロン。
「昨日の夜は痛かったの?どっちが痛かった?」と聞くと
「うん。痛かった。こっちのお耳」と前日の夜中に痛いといった
同じ右側の耳を指差した。

数日前の熱も気になっていたので、PCで調べてみると、
痛くならない中耳炎「滲出性中耳炎」もあるということが分かった。
早速担当の小児科医のところへ行き、総合病院での検査の為の
書類を書いてもらった。
2週間後に検査だけ予約が取れたが、
耳鼻科の専門医の診察の予約が1ヵ月後。
同じ日にしようとすると1ヵ月後だった為、
とりあえず検査だけ予約し、
早急に診察が必要ならば小児科医に「救急手配」をしてもらおう
ということになった。

つづく




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:58 |  [絢大の成長記] 怪我・病気  | TB(0) | CM(8) | Top↑

Vacanza di Pasqua(復活祭連休)

2006年04月15日(土)
昨日木曜日から、ロンが1週間の復活祭連休に入った。
水曜日の夕方、幼稚園に迎えに行くと、
ワゴンにプレゼントが用意されていて、
帰る子に担任の先生からプレゼントを手渡されていた。
ロンの帰り支度をして、お昼寝用の毛布と枕、お手拭タオルと
前掛けをたたみながらロンに、
「先生に『Tanti Auguri! Buona Pasqua!』って言おうか?」
というと、普段なら恥ずかしがって「いや」というのだが、
どうやらそれを言わないとプレゼントをもらえないと思ったのか、
蚊が鳴くような声で「Tanti Auguri. Buona Pasqua」と言うと、
担任のベッティーは他の子が言ったときとは違う表情をし、
「わあ!ロンが良いパスクワを!って言ってくれた!」という
顔をして喜んでくれた。
そして、ミニ卵型チョコレートとひよこの絵が入ったカゴと、
紙で作ったお花の中に卵から割れて出てきたひよこ入ったものを
ロンに手渡した。
わたしが「わー。かわいい!ロンが作ったの?・・そんなわけないか」
とひとり言のようにイタリア語で言うと、ベッティが
「何でそんな分けないの?彼らが作ったのよ」と。
私が「えーほんと!?すごーい!ロンほんとに作ったの?」と
聞くと、「当たり前じゃん」という得意げな顔でうんと頷いた。
それを大事そうに手に、家に帰った。

regalo per la Pasqua

↓粘土で作った殻から出たひよこ入り紙のお花
手作り卵入りお花

↓ひよこ入り籠の中身のチョコレート
中身

↓ポエム
poesia


ポエムの訳は続きに書きます。



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   05:37 |  [イタリア]幼稚園事情  | TB(0) | CM(0) | Top↑

ファッションショー2

2006年04月14日(金)
先週火曜日の買い物に引き続き、
木曜日に再度滞在許可証の申請をした後、
昼過ぎに終わったものの「LE BARCHE」は昼休みがなく、
一日中開いているし、ロンとロンパの評判が予想以上に
良かったので、先日ふるいに掛けて買わなかったものを
どうしても忘れられず、もう一度「H&M」へ向かった。

HM2

ズボン

とタンクトップの色違いと、靴下3足組み。

結局、前回買うのを断念したものを買った。
ズボンはちょうど良いサイズのものがなく、
あと2着しか残っていないうち、ギリギリあう位かなーと
思いながら、どうにも気に入りすぎて買うことに決めた。
結局はちょっとブカブカくらいでちょうど良かった。
ロン3



が2日しか経ってないのに、店内の品物がずいぶん春らしくなった。
そしてまた私の「これもいい!あれもいい!」と始まったが、
今回はぐっと堪えて、上記のものだけにした。
・・・が、また数日後、この店に戻ってくることになった。

続きに書きます




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   00:09 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(4) | Top↑

ファッションショー1

2006年04月12日(水)
メストレから帰り、ロンを迎えに行ったあと、わざとらしく
「あれ?それなんだろう?」と
H&Mの袋を指差すと、
「え?なにこれー」とワクワク顔で袋を開けて、悲鳴をあげた。

重くなるので、続きに写真を載せます。




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   22:29 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(9) | Top↑

メストレでお買い物

2006年04月12日(水)
先週の火曜日、滞在許可証の申請でボツになったため、
予定より早く終わったのでヴェネチアかメストレに散歩がてら
買い物に行こうと思い、先にバスが来た方に行くことにして
バス停で待っていると、メストレ行きが来た。

メストレには昨年の8月、ヴァカンツアで見事にほとんどの店が
閉まっているときに、家族みんなで車で来たことがある程度
だったので、変なところでは降りずに終点のPiazza Barcheで
降りた。
そこには『Le Barche』というちょっとしたデパートが建っている。
le barche

その中に、かわいくて安いH&Mというスウェーデンの子供服屋が
入ったと前にみーさんから聞いていたので、早速見に行った。
店に入ってビックリ
シンプルでかわいいし、想像していたよりもはるかに安かった。
一回りして気がつくと、私の腕には10枚ほどの子供服が掛かっていた。
「これ全部買っていったら、多分ロンパ卒倒しちゃうなー」と
思いながらふるいに掛け、どうにかTシャツ2枚セットと
タンクトップ、夏用の帽子と七分丈にもなるズボンに絞った。
HM3

HM

これ全部で36ユーロくらいだった。
日本でなら、これくらい普通かもしれないけれど、
イタリアだと普通にこれだけ買っても、
余裕で100ユーロは超えてしまう。

周りにいたお母さん達を見ると、「子供何人いるの?」と
聞きたくなるくらい、みんな山盛り買っていた。
どうやらこの店に来るには、かなりの決意と100ユーロ札を
握って来る必要があるらしい。。
レジを待っている間に電話の問合せで、
「ボローニャからの行き方を教えてください」というのもあった
このH&Mは子供服だけでなく、若い子向け、婦人服もある。
メンズがあるのかは知らないが、多分あると思う。
メストレは子供服、婦人服で、ボローニャにオープンしたのは
若い子向けのお店らしく、電話口のママさんは店員さんに
「子供服を待ってたのにー」とぼやいていたらしい。

久しぶりに満足行く買い物が出来てウキウキしながら外に出ると
メルカートが出ていた。聞くと毎日出ているらしい。
一列は八百屋さん。もう一列は魚屋さんが並んでいた。
mercato pesce

あまりの豪快さに、ジーっと眺めていると、
「これどう?5ユーロにしてあげる!」と声を掛けられた。
「なにこれ?」と聞くと「Pesce Colombo!」
……聞いたことがない。という顔をしていたのか、
「エイの仲間よ」と言いながらエイが泳ぐ真似までしてくれた。
既にぶつ切りになった白身魚を見ながら、一度は断ったものの
好奇心に後押しされ「どうやって食べるの?」と聞いてみると、
「グリル焼き!・・それか、オーブン焼きも美味しいわよ。
フライパンで焼いてもいいしー..うーん。。スープにしてもOK」
....なんでもありらしい。
丁度次の日は遅れながらも、ロンパの誕生日を祝おうと
思っていた日だったので、その魚を買った。
その他、特売の野菜も買い、ホクホク顔で帰途についた。
今回の買い物で、「メストレは何もない」と思い込んでいたのが
見事に打ち砕かれて、新しい発見が出来た。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:25 |  [育児日記]2006年<3歳>  | TB(0) | CM(4) | Top↑

イタリア選

2006年04月11日(火)
いやー。今回のイタリア選挙の結果は正直言ってビックリした。
右派が強いことはある程度想定して6:4くらいだと思っていたが、
ここまで粘るとは。。
右派に票を出した人の頭の中身を見てみたい。
まあ、あるていど予想はついたけど、ここまでとは..

選挙日直前になって、バナナの叩き売りのように
「家に対する固定資産税廃止やら、ゴミの課税廃止etc..」
なんて言ったところで、そう変わりゃしない・・と思っていたが。
恐るべしイタリア人。頭の中どうなっちゃってるんだろう?
そんなこと信じられます?普通。。。
選挙日から1週間きったのに、イキナリそんな政策出されても。
しかも口を開けば、左派の悪口ばかり。
他人の劣ることを言うよりことほど、自分が情けなくなるという
ことが分からない民族なのでしょうか?

とりあえずは左派がギリギリで勝ったようだが、
ここまで頭が固い人たちがいるイタリアにいる自信がなくなった。。
開票経過を見ながら、昨晩ロンパと真剣に私達の今後を考えた。
ベルルスコーニが勝ったら、どこに行こうかと
ロンパは断然日本がいいと言っていたが

.....そう言っていたロンパも選挙前のある日、家に帰るなり
「今ラジオで選挙演説を聞いたんだけど・・」と興奮した様子。

それは「NO EURO」という名の右派の政党の話だったようで、
「その名前だけで嘘臭い」と私が言うと、
「嘘臭いとはなんだ!この話を聞けば考えが変わるよ」
といいながら話はじめた。

長くなるので、続きに書きます。




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   22:36 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(1) | CM(9) | Top↑

お義兄ちゃん夫妻との食事

2006年04月10日(月)
本当は滞在許可証を取りに行ったあと、
メストレに買い物に行った記事を書きたかったのですが、
写真ソフトがうまく動いてくれず、写真アップが出来ない為、
前後しますが前から書こうと用意しておいた
お義兄ちゃん夫婦がきたときの食事の事を書きます。

ロンパが二日連休を取り、お兄ちゃん夫婦を迎える支度をした。
が、
「お昼ご飯を食べてからそっちにむかう」と言っていて、
ヴェネチアを出るときに電話が来るはずらしいが、
相変わらずいつまでたっても来る気配がない。
朝からの雨で早めに来るかなと思っていると、午後から青空が顔を出した。
「今日は夜10時ごろ来ればいい方なんじゃない?」と私が言うと、
ロンパも「・・・うーん」と、
そう思いながらもお兄ちゃんを信じたい様子。

結局奥さんがしっかりしているからか、午後6時頃電話があった
思ったより早くちょうど夕飯時に着いた。





  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   07:43 |  [趣味]料理  | TB(0) | CM(8) | Top↑

滞在許可証申請

2006年04月07日(金)
昨日やっと滞在許可証の更新の申請に重い腰を上げた。
・・といっても昨日で二度目。今週の火曜日に一度申請に行ったが、
見事に書類が足りなく帰ることになった。

事前に問合せをして、必要書類が書いた紙をFAXして貰っていたので、
その紙を突き出して「ここに書いてあるもの全部あります!」と
強気で言ったのだが、どうやらそのFAXしてもらった紙自体が、
「外国人用の滞在許可証申請」のものであって、
「イタリア人と結婚した外国人用」ではなかったため、
必要書類が違っていたらしい
仕方なく引き返し、昨日書類を揃えて暴風雨の中行って来た。

もともと誰もが滞在許可証申請ほど嫌なものはない。
そのためにイタリア国籍を取得してしまう人もいたりするらしい。
Margheraという街にある警察署は、兼ねてからひどい噂を聞いていた。
ヴェネチアは外国人留学生が多いため、かなりいつも混雑しているとのこと。
重い腰が上がらなかったのも、あの2年前のVicenzaでの悪夢があったためで、
それがあったが為に有効期限を見過ごしてしまったようなものであり、
うんざりしていた。
でも申請をしないと、当然のことながらイタリアにいられない。
別にそのこと自体はどうでもいいのだけど、あとあと不便になるので、
やっておいた方がいい。(・・というか、やらなくちゃいけないのだけど)

・・が着いてみると、待っている人は多いけれど、
「混雑」という感じではなく、一目で整頓されている印象だった。
建物に入る前に小さな小屋で書類チェックを受ける。
そこで揃っていない場合は、揃えて後日申請に来る。
揃っている場合は、滞在許可証の種類によって色別された番号札を渡され、
中に入って自分の番号が電光掲示板に点くまで待つというシステムだった。

私が一度目に行った時は、建物に入る前の書類チェックでボツになった。
それでもいい方だ。5年前のパドヴァや、2年前のヴィチェンツアでは、
窓口まで行くのに5時間くらい並んで待たされて、「やっと出来る」
と思ったらボツになり、書類をそろえて後日また5時間くらい待たされる..
という状態だった。
しかも番号札がないもんだから、並んでないとダメだし、
番号札があっても、電光掲示板がないため、
警察官がガラス戸の向こうから叫んでる割には全然聞こえてこない為、
後ろにいると聞き逃して後に飛ばされてしまう。
そのため、押し合いへしあい状態だった
しかも申請にきた外国人に対する警察官の態度は、
虫けらを扱うようなひどいものだった。

その偉そうにしている警察官達の仕事振りとくれば、
ガラス戸越しに嫌でも見えてしまうのだが、
この外国人課は警察署の左遷場かで、他の仕事が出来ないが為に
ここに配属になったかと思わせるくらい、効率の悪い仕事をしていて、
眼を覆いたくなるくらいひどい。
仕事が出来ない人に限って、ギャーギャー偉そうに振舞ったり、
「自分は仕事してるんだ!」と偉そうにしている人間ばかりだった。
ロンパが質問をしようと何度も呼んでるのに聞こえないふりして、
顔を上げた瞬間に「すみませーん」と言いながら『こっち見て』
という意味を込めて手を振ったら、「警察官に手を振るとは何事だ!」と
訳の分からないことで怒られた・・・

その点マルゲーラの警察署はそこら辺はちゃんとしていたので、
余計な混雑はなく比較的静かで、待合室もトイレもドリンクや
おやつ系の自販機も揃っていたし、『人間に対する対応』だった。





  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   18:12 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(10) | Top↑

花祭り Noale in fiore その2

2006年04月04日(火)
今年で27回目を迎えるNoaleの花祭りは、想像以上に大きかった。
ノアーレの中心にある広場まで延びた道路の両端に、所狭しと
植木の露店が続き、様々な種類の草花やハーブ、植木が売られていた。
torre

Noale mercato

木

Couvolvdus

coleonema

papavero a fiore gigante


細かいお店の写真は続きをどうぞ




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   03:06 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(3) | Top↑

Noale in Fiori その1

2006年04月03日(月)
昨日近所のNoaleという街で、今年で27回目のお花のお祭りがあった。
この辺の街の中で一番好きな町だし、ロンも充分楽しめるところなので、
前日まで体の不調だったが、当日の朝なんとか大丈夫そうなので、
ロンと一緒に行くことにした。
私の住んでる町からの20kmほど、車で20分くらいのところだが、
バスの直通が無いため、一度ヴェネチアに出て乗り換えることにした。
ロンも念願のバスに乗れるとあって、大張り切り!
午後ロンパと合流し、一緒に帰る予定を立て、早めに昼ご飯を食べて出発した。

順調にヴェネチアまで着くと、曇っていた空から太陽が出てきた。
このままヴェネチア散歩をしたいという思いがふとよぎったが、
このお祭りは年に一度。ヴェネチアだったらいつでも来れると
思い直し、バスを待った。

今回始めてヴェネチアの島とイタリア本土を結ぶ長い橋の間に
大砲を2つ並べた記念碑があるのを見つけた。
大砲


あんなに張り切っていたわりに、1台目のバスに乗ってすぐに
寝てしまったロンは、2台目のバスでは目を皿のようにして
窓の外を眺めていた。
そうしているうちにメストレの町に入ると、だんだんバスが混んできた。
お祭り目当ての若者たちや、お年寄りで満員状態だ。

久しぶりに住んでいる町以外に出たので、いまどきパンク系の子達を見て、
「やっぱりちょっと大きな街の若者は違うなー」などと興味深く観察していた。
しばらくしてロンもそろそろ飽きてきたのと、人ごみの暑さで
「まーだー?」と不服顔で聞いてくる。
「もうすぐ着くよ。ほらあと3KMって書いてある」と標識を見ながらなだめていると、
バスが停車しエンジンも止まり、前後のドアが開いた。
これは『終点』を表す意味なのだが、どう見てもお祭りがあるような場所には見えず、
それより街の「ま」の字もなく、どう見ても郊外だった。
周りの乗車客もキョトンとしている。
ある一人の若者が運転手さんに「何で止まってるんですか?」と
尋ねにいくと、「今日はフェスタだからここが終点」だという。

その瞬間バス中で「おいおい。冗談だろー!」とブーイングが起こった。
不服ながらもどうにもならないことなので、
みんな口々にブリブリ怒りながら歩き出した。
私もバスで行くのは初めてだったため、3kmと標識に書いてあったとしても、
あまり当てに出来ないので、どのくらい歩けばチェントロまでつくか
想像もつかないまま、とりあえずロンと歩き出した。すると同じバスから
降りた女性が「大丈夫?あなた達チェントロまで歩くつもり?」
と聞いてくる。
「そう言っても歩くしかないから。。遠いの?」と聞き返すと、
「うん。。歩くとなると結構遠いよ。しかも子供連れでどうやって
この道を歩くって言うの?」という。見るとチェントロまで伸びているらしい
その道は歩道がない全くの車道。
植込みがあるので歩けないことはないが、ロンを連れては結構無理がある。
バスを利用する人というのは、まず第一に免許を持ってない人。
中学生くらいの若者、お年寄り、そして外国人の子供連れ。
でもこの日は渋滞を考えてバスにしたイタリア人もたくさん乗っていた。
せめて歩道が確保してある場所で降ろすべきだ。
こんな歩道もないすごい勢いで走り抜ける車道の端30cmくらいの幅を、
どうやって小さな子供と並んで歩けというのだろう?
それ以前に予定を変更したなら、停留所に張り紙を貼るか、
もしくは運転手が乗るときに一言説明するべきだ。
そんなこと、わざわざ考えなくても思い浮かぶはずだ
Noaleまでの道


途方に暮れながらも、車がすごい勢いでビュンビュン通り過ぎるのを横目に、
歩き出して10分ほど経つと、携帯電話が鳴った。
午後遅くなるはずだったロンパが、早めに終わって既にNoaleに着いたという。
が、迎えに来てもらうにも全く目印のない車道を歩いていた私達。
辛うじて大きな運送会社らしいものを見つけ、その会社名を言った。
しばらくしてまた電話が来て「その会社は2箇所別々の方向にあるから
どっちか分からない」という。ちょうど横に入る道の名前が書いてある標識があり、
それを言って電話を切り、黙々と歩いた。
ロンは不機嫌。歌を歌っても「歌わないで!」と怒ってる。
「もうすぐパパ来るよ」となだめながら歩いていたが、
2km弱くらい歩いただろうか。さすがにロンが泣き出した

ちょうど大きな靴屋さんに入るための車もUターン出来るくらいの
スペースがあったので、いい目印だしそこでロンパを待つことにした。
電話をして靴屋さんの名前を言うと、「今向かってるから」と言ったと同時に
「あ。靴屋発見。そこにいるの?。。あーいたいた。」といいながら
ブチッと電話が切れた。するとロンパの車が見え、到着。。。
そこから渋滞の中駐車場を探すハメになる。
バスを通さなくするのであれば、ある程度駐車場の整備をするべきなのに、
当たり前だがやっていない。駐車場として確保してある場所は、
町から1kmちかく離れたスポーツ施設の駐車場だけだった。
時間がもったいないので、先に私だけ降り露店を見始めることにした。

するとロンパから電話がありフェスタの入り口の信号で待っているという。
戻ってみてもいない..。電話しても出ない
「もう最悪じゃ。。。」と思いつつ、チェントロの方向に戻った。
ロンパはかなりせっかちなタイプなので、はぐれるとイライラ倍増。
最近ではこっちにまでそのイライラが移ってしまう。
しかもただでさえ、とんでもないところでバスを降ろされ、
とんでもない道を3歳の子供と歩かされたもんだから、怒り爆発
この鬱憤を一気にロンパにぶつけることとなった。

何度も電話で「どこにいる?」と不機嫌な声。
そんな事聞かれてもこの街には一度しか来たことがないし、
すごい人ごみ、植木屋さんの露店がただ並んでいるだけだ。
最初に私が「分からないから、中心の塔で待ち合わせよう」と言ったのに、
「車がUターンする信号に来い!」と言って電話を切る。
そんな抽象的な言い方されても、車が通れて信号さえあれば
どこでも当てはまってしまう。
訳がわからないなりにも、塔に着いて「ここで待ってる」といえば、
向こうから来るだろうと思い、塔を目指して人ごみをくぐりながら歩いた。
数回の電話の後、結局塔で待ち合わせることになった。

塔を目の前にすると信号があった。「もしかしてこの信号?」と思いつつ、
キョロキョロ周りを見ながら歩いてイライラ声のロンパから電話。
ロンパ「今どこ?」
私「信号のところだけど」
ロンパ「自分で塔に来いって言っておいて、何で信号なんだ!」
私「別に信号で待ってるわけでなくて、目印を言っただけ

信号からほんの50mもないところに塔があった。
塔の真下で不満げなロンパとロンが待っていた。
顔を合わせるなり「こんなに近いのだったら(信号と塔)、
どこからでも見える塔を目印にするべきじゃない!
信号なんてどこにでもあるものを言うから訳がわからなくなる」と私。
ロンパは「こんな小さい街で信号って言えばこれしかないだろう?」と言い合い
周りの人たちもビックリして見ている。
ロンは私達の言い合いしていた目の前で売られている風船に興味を示しつつも、
「いつ欲しいって言おうか」と考えているような顔でジーっと見ていた。
一通り言い合いを終え「ロンと約束したから」と風船を買いに。

ロンが選んだのは、鼻を押すとプヒプヒ鳴るスクービー・ドゥの
犬のビニール風船。
人ごみの中大事に抱えて歩いていた。
家に帰るとラッキーに紹介してから、ご飯をあげ散歩をさせ
嬉しそうに連れまわしていた。
名前はRicciaさんとこと同じ名前の「キリン」だそうです。
Scooby Dooの犬とロン


踏んだり蹴ったりのお出かけ。。
お気に入りの街での春のお祭りで、
こんな嫌な思い出が出来てしまったのがちょっと残念だった。

つくづくこの国は車がないと動けないことを痛感した。
でも最近は車があっても、パドヴァのような少し大きな町になると
交通規制で平日でも『今日はナンバープレートが偶数、
明日は奇数の車はチェントロを通れる』とか、
『休日は中心地は車での通行禁止、もしくは、一台に4人乗っていれば通ってもいい』
というような訳のわからない規制を作るわりには
バス運行割増など車の替わりになる交通機関は用意しない。
(しかも休日なので、平日の半分くらいの本数しかない)
日本のように日曜日でも店が営業しているわけではないので、
働く人は少ないけれども、ロンパのように日曜日でも働く仕事もあるということすら考えていない。
(かといって警察の人の個人車輌とかは、
偶数だろうが奇数だろうが規制に関係なく走ってたりする
私がこういうことに怒るたびに、ロンパが「だからいつも、
いつまでもこんな国にいたって変わりゃしないから出ようって言ってるのに」という。。。

散々愚痴を書いたので、その2はお祭りの様子を紹介しますね

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   17:12 |  [育児日記]2006年 4月  | TB(0) | CM(4) | Top↑

種蒔き

2006年04月01日(土)
3月12日も小春日和のいい天気だった為、ロンといっしょに種蒔きをした。
ちょっと早いかな~と思いつつ、とりあえずバジリコ ジュノヴェーゼと
オクラだけ試しに植えてみた。
ロンと種蒔き3月12日


この2週間ほど、また寒くて曇りや雨の日が続いていた為、
全然期待せずに何気なくビニールテントの中を見ると、
ぴょっこりバジルの芽が出ていた
これだったら大丈夫と早速他の種も蒔いた。
蒔いたのは昨年に引き続き、プチトマトと青シソと赤シソ、
それに加えて、今年はサンマルツァーノ種のトマトも植えてみた。
ついでに3年前からのイタリアンパセリも何故か成長しないので、
一応種をまいた。(全部食べ物。。。)
今年は枝豆は却下。昨年場所を取った割に収穫が今ひとつだったため、
今年はオクラに挑戦。

種植え用の小さなプラスティックの容器を、昨年の秋の大掃除で
少しだけ残して捨ててしまった為、納豆作りに使っているスーパーで
マッシュルームが入っている入れ物に種を蒔いて、
夜はまだ冷え込むときがあるので、ビニールテントに入れた。
種蒔き3月30日


蒔いたのはこの種。
種

昨年種1個につき一本できるプチトマトを、何も知らずに
一袋全部一つの長いプランターに植えて、元気に育ってくれたのは
ありがたかったが株分けするハメになって、そのせいで発育が遅れ
えらい事になってしまったため、今年からほんの少しづつ植えるようにした。
イタリアンパセリは、3年前からのもの。バジリコも昨年のもの。
イタリアでは、庭で家庭菜園をするところが多いので、
ある程度種もたくさん入っているらしい。
ベランダガーデニングくらいじゃ使い切るまで何年掛かるか。。
もしイタリアの種が欲しいという方がいらっしゃったら、お分けしますよ。
左のメールフォームからメールを送ってくださいねー
うちの母が家庭菜園が趣味の知合いの為に、いつも
「イタリア土産は野菜の種を持ってきて」と言うくらいなので、
結構日本でも育つようですね。

あ。そうそう。昨年のいちごが復活しました!
今年の寒気で結構生き残りが少なかったのですが、
いちごは比較的寒さに強く、(たしか)1ヵ月半くらい0℃くらいの
状況におかないと、翌年実が出来ないらしいので、
ビニールテントにもいれないで野ざらし状態でほっぽらかしておいたのですが、
1月のあまりの寒さにさすがに放っておけず、
ビニールをかけておいたのを取ったら、花が咲いていました
もう虫も飛んでいるので、受粉をわざわざしなくても大丈夫だと思います..
ちゃんと実がなったらまた写真載せますね!
いちご


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:18 |  [趣味]ベランダガーデニング  | TB(0) | CM(4) | Top↑
 | HOME | 

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。