[育児日記]2006年 6月

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ロンも新車入手?!(06/28)
  3. 今度こそ新車購入?!(06/28)
  4. さようなら…フォルクス(06/26)
  5. W杯 イタリア戦(06/23)
  6. 就職テスト?! 試食会(06/22)
  7. だれと結婚したい?(追記しました)(06/16)
  8. マラティア休暇(06/14)
次のページ




スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ロンも新車入手?!

2006年06月28日(水)
じ・・じつは。ロンも新車入手しました!
新車というよりは中古車と言った方が正しいのですが。。。

最近一番仲のいいエフィーが、公園に三輪車に乗って登場する
ことが多くなった。
ロンに三輪車を買ってあげようと思っていた頃に、
丁度日本へ行って、日本で三輪車をもらったのですが、
ほとんど使わずに置いてきた為、もうしばらく待ってから
『ミニ自転車を買おう。』ということで落ち着いていた今日この頃。
そのことをエフィーのママに話すと、
「そういえばうちの隣のおじいちゃんに、
孫が使ってた三輪車いらないかって聞かれて、
既に他で2台ももらってたから断ったのよ。
まだあるか聞いてみて、もしあったらロンのためにもらってあげるね」と。

そして次の日。。。
エフィーのママが、「三輪車もらったよ。取りに来る?」と。
丁度ロンがぐずっていたので、「ロン!三輪車くれるって!」
というと、目の色が変わり素直についてきた。

↓これがその三輪車↓
bici1


かなり大喜びのロン。
毎日幼稚園の行き帰りに自転車置き場を見に行って
あるか確認している(笑)
これが来て以来、毎日幼稚園から帰るなり、
「三輪車で遊びたい!」と今まで遊んでいた
ボールやフリスビー、公園にも目もくれず、
マンションの通路でいったり来たり、
キコキコ三輪車を漕ぎまくっている。
bici2

bici3

bici4


最初は私の近くから離れなかったけれど、
慣れてくるとだんだん遠くへ。
bici5

bici7


3日もすれば自由自在に操り、バックも出来るようになりました。
bici6

こんなに喜ぶなら、早く買ってあげればよかった。。。
と思う今日この頃です。

ちなみにイタリア語で三輪車のことを
「Tricicro」といいますが、ロンの幼稚園では
「Bici Uova」と呼ぶそうです。
 『Bici』は『Bicicletta(自転車)』の略、
 『Uova』は『たまご』
 あわせて『自転車のたまご』だそうです。かわいいですね

↓『ロン!良かったね♪ポチッ』お願いしまーす!↓
スポンサーサイト

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:59 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(3) | Top↑

今度こそ新車購入?!

2006年06月28日(水)
。。というわけで、さようなら・・フォルクスと題をうった割に、
新車購入に至ったいきさつを語った記事になってしまった。
やはり時間があるときに少しづつチョコチョコ書いていると、
文章が繋がらなくて、余計に時間が掛かったりする割に、
支離滅裂な文章になってしまい、書きたかった主旨がずれてしまう。

昨日の記事にフォルクスとは5年間と書いたけれど、
正確には6年1ヶ月。
ロンパの前の車が「これ以上修理しても使えない」
状態だった為、可哀相に思った修理工場の人の叔父さんが
破格で売ってくれた。

買った当時で既に10年物だったので、通産16年走りつづけた。
私たちの年齢の約半分だ。
その割には、ほとんど故障も無く、本当によく走ってくれた。
それに、デザインも今でも充分通用する綺麗な形。
VW パッサート2

VW パッサート

VW パッサート3


ロンパと一緒に行動し始めた頃からのつきあい。
だから私たちが生活していた、スイス、ヴェンティミリア、
モンテカルロ、トレント、サロなどの思い出が全て詰まった車。
名残惜しい気持ちは大きいけれど、車の販売店のある
パドヴァまでもってくれるか、ハラハラドキドキ
それでもちゃんと最後の仕事は、頑張ってくれた。

無事販売店にたどり着き、既に奥には私たちの車になるべく、
新しい車が待っていた。

書類の手続きに数時間掛かった。
ナンバープレートが珍しいぞろ目だった為、販売員さんが
「うわ。。黒い車にこのナンバーはすごいね。cazxxo!」と
思わず言ってしまうくらいだった。

ちなみに、最後の「c」で始まる単語は、
イタリア語で有名な「パロラッチャ」。

下品な言葉や汚い言葉が、彼らにとって
ときには感嘆詞になったりする。
もちろん外国人の私たちが言うと、かなり引かれてしまうので
覚えても言わないように。。。
聞いていてもいいものではないので、
知り合った当初から、連発して言いつづけていたロンパを
あまり言わないよう、言うたびにつねって調教しました。

いくら辞書で調べても載ってないものが多く、
イタリアに来た当初、一緒に働いていたコックさんたちに、
「ねぇねぇ、○○○○ってどういうスペル?
辞書に載ってないんだけど」と聞くと、
フライパンをふっ飛ばしそうな勢いでビックリして、
「そんな言葉言っちゃダメだよー!」とアタフタしていた(爆)

話はそれましたが…長くなったので続きをどうぞ。。。
新しい車の写真つきです。



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   06:31 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(2) | Top↑

さようなら…フォルクス

2006年06月26日(月)
とうとう来てしまった…
昨年の詐欺まがいの新車購入しかけて以来、
ロンパは着実に自分の理想とする車を探しつづけていた。

当初の希望どおり日本車を第一候補とし、
最近では普通車でも荷台を広くとっているデザインなので、
引越しをしなくなった我が家には、
特別大きな荷台は必要ではなくなったので、
今までのステーションワゴンよりも、
普通車を中心として見てまわっていた。

ロンパが気に入ったのはホンダの一番新しい6人乗りの車。
・・・が、高い。。
そして第二候補に上がったのは、日産のNOTE。
いろんな工夫が施されていて、
荷台も必要に応じて広くすることが出来る。
ロンパも買う方向へと話が進んでいく。

が、私たちを立ち止まらせたのは、ここ最近のガソリンの値上がり。
その次に安いディーゼルも、5年前に比べたら需要が上がった為
値上がりして、ガソリンよりほんの気持ち安いくらいだ。
そこで「一番エコノミーなのは、ガス式」と情報が。
NOTEでもガス式に出来ないことでもないが、
ある程度大きな車の方がいいとロンパ。

「修理する必要もなく、安く長く維持できればいいんじゃない?」
という程度で、車に関しては、まったくお手上げの私。
そこでトヨタのカローラクラスを調べ始めた。
ガス式にするように作られていないので、
故障する頻度が高くなるとのこと。
しかも、フォルクスワーゲンのパッサートは1800ccだけど、
それ以上の大きさになると、
もちろん比例して保険料や税金も上がってくる。

普通車にしようと決めた割に、ガス式にするがために
大きな車にして、結局ガソリン代は節約できたとしても
その他の面で出費がかさんだら意味が無い。。。と、
いつまでも踏ん切りがつかない状態だった。

そんなある日、我が家の愛車フォルクスは、
この現状を察したのか、調子が悪くなってしまった。
いつもならはんにちでなおってかえってくるのに、
今回に限って入院。。しかも土日を挟んでいた。。

車が無くては仕事に行けないロンパは、
別の修理工場で貸し出してる車を乗るハメに。。
その車が、2人乗りのSmartだった。

週明け、車が戻ってきたが、ちゃんとした修理をすると
1000ユーロをゆうに超えてしまうし、その後も古い車なので、
どこかがおかしくなる確率大。
ということで臨時の修理だけして、
3日もつか3ヶ月もつか分からない状態で帰ってきた。

さすがの私も危機感を感じ、これ以上車を買うのを遅らせれば、
それなりのリスクが伴うので、
この際買ってしまったほうがいいのでは。。とロンパに言うと、
『それきた!!』とばかり、車屋さんに足を運ぶ回数が一気に増えた。

長くなるので、続きに書きます。
他愛の無い車購入日記なので、お時間がある方はどうぞ..




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   21:17 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(2) | Top↑

W杯 イタリア戦

2006年06月23日(金)
昨日は残念でしたねー。
イタリアでは、日本の試合の模様は有料放送だったため、
国営放送局では夜中にダイジェスト版のような感じで、
見ることが出来ました。

昨日のイタリアの試合ももし負けたら次の試合は
ブラジルと対戦としなければいけなかったため、
勝ってみんな胸をなでおろしていました。

今回のW杯が始まって、初めて昨日のイタリア戦が昼間の試合。
今までの2試合も私たちが住んでいる町の、一番中心である広場に、
Squeroと呼ばれるボート小屋というのか、
屋根つきのボート置き場に使われていた場所があり、
そこに特設特大スクリーンを設置してイタリア戦のときだけ
近所の人達が集まり、一緒に観戦していたことは聞いていたが、
昨日の昼間の試合で、丁度ロンを幼稚園に迎えに行った帰りに
見ることが出来た。
squero1


昨日の午前中は車の納車の為、ロンパは半日休みをとっていた。
私が思うにロンパの魂胆は、木曜日の朝に納車すれば、
仕事に行く前にゆっくりサッカー観戦ができると計算した上だろう。

あたらしい車にホクホク顔のロンパ。
が、ロンが幼稚園を終わるのは4時10分。試合開始は4時。
ロンを迎えに行って早く新しい車を見せてあげたいロンパだが、
試合も見たいらしく、かなり究極の選択(笑)。

そして昼寝に行く前にロンパが決断したのは「迎えに行く」。
・・・が、昼寝を終えて私が
「私が行ってこようか?この時間、みんなテレビみたいもんだから
慌てて車を擦っちゃったりしたら大変だし。」
と一言言い終わる前に
「そうだね。行ってきてくれる?」と、すでにテレビに釘付け。
。。。あんなに何時間も悩んで決断した割に、かなりあっさりしていた。

自転車で出ると、慌てて車を運転しているどころか、
がら-------んとしていて、町の中は空っぽ。
既にみんな、テレビの前にスタンバイしているらしい(爆)

幼稚園に着くとエレンのママが、
うちの主人は会社を2時で早退してきて、
Squeroで一番いい場所をとるために、
試合開始の40分前に家を出たのよ。。
とこぼしていた。

エフィーのママも、
「さっき旦那から電話があって、試合開始に合わせて
仕事を中断してわざわざSqueroの大スクリーンで見るために
帰ってくるんだって。」と溜息をついていた。。。
squero2


この二人が特別でなく、他にもそういう人が沢山いるらしい。
ロンパのお父さんも仕事を切り上げて早く帰ると数日前から
断言していたらしいし。。

サッカーをするのは好きだけど、
テレビ観戦は好きでないロンは、
「公園行こうよーーーーーーー」とうるさい。
仕方がないので連れて行くと、見事に誰もいない。
近所のマンションから、ゴールの時の歓声や
ゴールし損ねた時などの野次や叫び声が響いているだけだった。

試合が終わり、ちらほらSqueroから満足げに帰ってくる人達が
見え始めた。
ジュリーとママが公園に来て、ジュリーのママと話していると、
「5時に仕事を終えてバスに乗って帰ってきたんだけど、
だーーーーーれもいないのよ。車も走ってなかったんだから。」
と、興奮気味で話していた。

「試合を見るために、仕事を早退して帰ってきた人も結構いるみたいね」と言うと、
ため息をつきながら「だからこの国はこんななのよ。。。」
とつぶやいた(爆)

でも一つ感じたことは、仕事を投げ出しているわけでなく、
早く終わらせているようだ。
・・というのもこの2日間、うちのマンションの脇の道を
大規模なアスファルトの張替え作業をしていた。
午後3時を回ってふと見ると、まだシャベルでアスファルトを
敷きつめ始めたところだった。
「まだこの作業をしていたら、この人たちは試合見られないだろうなー。」と思っていたら、
午後4時を少し回った頃から、パタッと静かになった。
「あれ?音がしないなー」と思いベランダから見てみると、
見事に終わっていた!!!

えーーーーーーーー!?いつもだったら、
あの作業の状態だと、半日後か次の日に終わってたりするのに?!

やろうと思えば早くできるんだから、いつもこうだといいのに..
毎日とは言わないけど、週に1回くらいワールドカップをやったら、
イタリアも随分住みやすくなりそうと感じたのは私だけ?!

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   17:53 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(4) | Top↑

就職テスト?! 試食会

2006年06月22日(木)
6月18日の日曜日、ロンパの次の就職先のための試食会があった。
昨年中5回も職場を変わったロンパ。
出来ることなら、なるべく転職のリスクを背負いたくない。
ロンパは面接の時に
「自分の料理を気に入ってもらえるか、試食して欲しい」
と言ってこの食事会が実現した。

というのも今度のところは、お金持ちの友達同士で出資しあい、
レストランをオープンしようとしている。
一人のオーナーでさえ、合わなければ最悪なのに、
ここの場合は4人もオーナーの権利があることになる。
その時点でかなりのリスクを感じた・・・

でもロンパの印象は「大金持ちなのに、とても気さくな人々」と言っていた。
このオーナー達をよく知っているホール担当のマウロと
メニューを検討した上、
チケッテリアも兼ねるレストランということもあり、
前菜中心でプリモとセコンドを1品づつということに決め、
その前菜の中に、なぜかお寿司とイカの天ぷらも入っていた
ということで、必然的に私も手伝いに行くことになった。

ロンをベビーシッターに預けようとしたけれど、
この日に限って都合が悪かったらしく、
「もしどうしても他にいないようなら何とかするけど。。」と
いわれ、
いつもギリギリで頼んでも快く引き受けてもらっているので、
よっぽどのことだろうと思い、
唯一の休みをベビーシッターをさせるのは悪いと思いつつも、
Ricciaさんに聞いてみると、
「ダーリンが非常勤だから、家にいるよ。お互い様だからね
と、快く引き受けてくれた(大感謝

木曜日頃から買出しを始めた。
ロンパは仕事なので、買出しは私とホール担当のマウロで分担。

「自転車にこんなに沢山の荷物をぶら下げて乗るのは、
日本に住んでる頃以来だなー。。。」
・・なんて郷愁に馳せながらこいでいたのもつかの間、
金曜日、土曜日は下処理の準備でかなりヒーヒーいっていた。

何よりも私の大難関となったのは、お寿司。
自慢じゃないけれど、一度も作ったことが無い。
子供の頃、母が作っていた横で、
うちわでご飯を冷ます係りをした以来、
「お寿司はプロが作るもの」と勝手に決め、
寿司飯とは縁が無かった。

そこでインターネット検索で調べたところ、
おすし屋さんの女将さんが書いているブログを見つけた。
そこに、写真つきで丁寧に説明されている。
早速サイトを参考に書いてあるとおり作ってみたところ、
見事めちゃくちゃ美味しい寿司飯が出来ましたぁ!
米酢がなかったので、ワインビネガーと林檎酢を割って
作ってみたら(大事な昼食会なんだから冒険するなって?)、
何の違和感も無く、程よい風味の甘味が食欲を増進させます。
ロンパが味見をしたら、五合炊いた寿司飯をそのまま半分くらい
食べてしまうのではないかと思う勢いで食べていました。

これで準備万端!いざ出陣?!

ロンパから聞いていたものの、4人のメンバーの一人の所有の
大邸宅へ着いてビックリ。
かなりでかい。

インテリアもアジアンテイストで、
30年前に作られたものらしいが、
今のモードにピッタリあっているし、
おそらく数十年先でも通用するとても洒落たインテリア。

初めて会う人で、しかも旦那のオーナーになるであろう人の家を
バシバシ写真にとってブログに載せられないので、
写真はひろーーーーーーーーーいお庭だけです。
giardino

この真ん中らへんにある木の下で、テーブルをセッティングして
木陰で楽しく食事会となります。
これだけでも広いですが、この奥にこの5倍ほどの庭があります。

わたしたちが用意する場所は、ミニバス(スクールバスくらい)
が3台余裕で停められるガレージに設置されたガスコンロ。
そこいらの小さな調理場のレストランより立派なガス台でした。

しかしこの家、年に二回ほどしか使われていないそうです....
使わないのなら、私たちに貸して欲しいと思ったのですが、
光熱費と維持費だけで、今私たちの払っている
マンションの家賃をオーバーしそうな感じです。。。

・・・ということで、そろそろ本題の食事会へ。。
続きをどうぞ



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   12:30 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(3) | Top↑

だれと結婚したい?(追記しました)

2006年06月16日(金)
<6月14日>
今日の夕方、先に公園に出かけたロンパとロンを追いかけて、
公園にたどり着くと、ロンパを囲んでロンとエレンが
芝生にちょこんと座っていた。

ロンパが私に嬉しそうに、「ちょっと聞いてて」といい、
「Elen. Con chi vuoi sposare?エレン。誰と結婚したいの?」
とエレンに尋ねると、
「Con PAPA'(パパと)」
と恥ずかしそうに答えた。そしてロンのほうを向いて、
「E' tu?(ロンは?)」と聞くと、
ロンはエレンの恥ずかしそうな口調を真似しながら、
「Con papa'(パパと)」
と身体をクネクネさせながら言った。

ロンパを見ると、とても満足そうな笑顔を浮かべていた・・
いいのかい?その路線で。。。。

「だめだよロン!戻っておいで!」と思った方、もしくは
「いいんでない?元気に育てば」と思った方、
↓『ポチッ』とお願いします↓ 



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   08:33 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(2) | Top↑

マラティア休暇

2006年06月14日(水)
この頃3週間分の休みを消化しなくてはいけないため、
ロンパの休みが立て続けにある。

丁度私の具合が悪い時期、ロンパの職場がとても忙しかった為、
3週間休みナシで働いていた。
・・といっても、真ん中らへんで私の風邪が移ったらしく
2日間お休みを取った。

イタリアでは病気で仕事を休んだ場合のお給料は、
手続きさえすれば会社が払うのではなく、
INPS(Istituto Nazionale per la Previdenza Sociale
全国社会保障保険公社)から支払われます。

ロンパは今回15年近い就職生活の中で
このマラティア休暇というものを、初めて取りました。
コックの仕事は、定休日が決まっていないと、
大体の場合、風邪で休みをとったら、
その日が公休に差し替えられる場合が多いせいか、
とったことがなかったようです。

私がこの制度を知ったのは、トレントで働いていたとき。
ヘルニアを患って、しばらく休んだあと、
シェフに「医者にマラティア休暇証明書を書いてもらった?」
と聞いてきた。私が
「なんですか?それ。」と聞くと、
「休んだ日にち分のお給料が出るから、申請しないと損だよ。
詳しいことは旦那に聞きなさい」と言われたので、
早速ロンパに聞いたところ「知らない」とひとこと。

次の日シェフに「知らないそうです」と言うと、
シェフは「え?旦那ってイタリア人でしょ?
マラティア休暇を取ったことが無いイタリア人が
いるわけが無い!ちゃんと「マラティア休暇」って言った?」
と念を押された.
ちゃんと言ったというと「旦那、本当にイタリア人か?」と
真顔で聞かれた・・・・。



その後も風邪をひいてもマラティア休暇を取らなかったロンパ。
・・が、そのロンパが今回「マラティア休暇を取る!」
と宣言した。
どうも日頃からの仕事場のオーナーの態度があまりにも
粗雑な扱いをするため、ロンパの堪忍袋の緒が切れたらしい。

「いつも通り今週分の休みをあてるのは、別に問題ないけど、
 1週間半休みナシで働いてて、次の休みの話もしようとも
 しないし、都合のいいことだけ押し付けてくる
 あんなやつのために自分の休みを寝て過ごしたくない!」
と、お医者さんに証明書を書いてもらい、申請した。

ロンパが休んだ2日間の夜の営業は、
ロンパの代わりになる人が見つからず、
ホテルのオーナーに相談せずに、
勝手にレストランだけ休みにしたらしく、
ロンパが出勤してから、もともと険悪なムードだった
ホテル側のオーナーと、レストランのオーナーの間が
より一層すごい空気を発していたらしい。

レストランのオーナーは、粗雑なお使いをしていたのに、
ロンパに休まれると営業に響くことを再認識したらしく(おそッ)
猫なで声で「これ、美味しいから奥さんと一緒に味見してね」
と、結構いいスプマンテをくれた。。。(こわ。。。

その後も忙しい日は続き、やっと3週間後に休みが取れた。
そしてその後のお休みは、日曜日の午前中、月曜日の午前中、
水曜日の今日はパドヴァのS.Antonioの祝日の為、お休み。
ということで、向こうで勝手に決めたらしい。。。
・・どうでもいいけど、二日続けて午前中休みで
午後出勤をするくらいなら、丸1日休みをとったほうが
疲れが取れると考えつかないのだろうか…?

ロンパの再就職、うまく行きますように。。。。
↓『ポチッ』『ポチッ』『ポチッ』↓



  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   07:44 |  [育児日記]2006年 6月  | TB(0) | CM(5) | Top↑
 | HOME |  NEXT

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。