[絢大の成長記] 日本語

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ロンと童謡(10/17)
  3. ミッフィ-のあいうえお(06/12)
  4. ロンとワカメ(06/01)
  5. ロンの替え歌(03/18)
  6. 「ぼく」と「わたし」と「あなた」(02/20)
  7. お気に入り絵本「せいかつえほん」(01/13)
  8. ブランコ(12/22)
次のページ




スポンサーサイト

--年--月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

ロンと童謡

2006年10月17日(火)
ロンは最近いちだんと歌を歌うことに凝っていて、
幼稚園で新しい唄を習うたびに、聞かせてくれます(笑)


そこで、先日土曜日日曜日の休みに、
一日中日本の童謡のCDをかけておいたのですが、
土曜日の夕方の買い物の帰りに、前に歌ったことがある何曲かを
鼻歌交じりに歌っていたロン。

・・・・でもちょっと変なんです(笑)。


  でーんでん むーしむし かーたつむりー♪
  おーまえの あーたまは どこにあるー♪
  つのだせ やりだせ おならーだせー♪

     ・
     ・
     ・
     ・
 「なんで『おなら』なのー?」と横から口を出すと、
 気持ちよさそうに歌っていたロンが不機嫌そうに
 「え?おならじゃないの?じゃ、なに」と。
 「『あたま』でしょ」と言うと、「そっか。」といって、
 続きを歌い始めたけど、今度は

  ♪でーんでん むーしむし かーたつむりー
   おーまえのおーならは どーこにある~
   つのだせ やりだせ あったまーだせー♪

・・・もういいや。。と放っておいて、
「んじゃ、『春が来た』歌おうか?」と言って、
一緒に歌っていたのだけどなんか違う音が聞こえてくる。

「ん?ちょっともう一回唄ってみて」と言うと、

  ♪さーるがきーた さーるがきーた どーこーにーきた~♪

さ。。。さるがきたって。。。。

もう、ひっくり返りそうになりながら道の真ん中で大笑いしていたら、
通行人の皆さんがすごく不思議そうな顔して見ていた。。


一文字違うだけで、なんだか全然違う歌になっちゃうのねぇ。。
と感心したりもして。。。


スポンサーサイト

  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   12:17 |  [絢大の成長記] 日本語  | TB(0) | CM(19) | Top↑

ミッフィ-のあいうえお

2006年06月12日(月)
随分間があいてしまいましたが、今でも楽しんで読んでいる
ぼくとわたしのせいかつえほんにつづいて、
ロンの最近のお気に入りの本は、この
ミッフィーのあいうえお
ミッフィ-のあいうえお1


最近ひらがなを勉強し始めたロン。
『う』を見ると、このカラフルな絵本の絵が頭に浮かぶらしく、

「うしさんのうー
と、大きな声で答えられるようになりました。

いろんな「あいうえお」の本を見せましたが、
この単純なつくりと、カラフルな色が覚えやすいようです。

それでも、一日抜けると忘れてますが。。。。
かなりの根気が必要です。

文字が読めない小さなお子さんでも、
この写真のように、カラフルな絵を見てるだけで
楽しめるかわいい絵本です。
プレゼントにも喜ばれますよね。
ミッフィ-のあいうえお2


その他の絵本えらびなら。。。
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   09:04 |  [絢大の成長記] 日本語  | TB(0) | CM(5) | Top↑

ロンとワカメ

2006年06月01日(木)
お待たせしました!(。。誰も待ってないって?)
ろんま復活!
本当は部屋とPCの掃除をしてから復活しようと、
固く誓ったのですが、書きたいことがたくさんあるし、
既に自分の日記として習慣化して書いているので、
書かないとなんだか落ち着かないんです。
(・・と言いつつ何日もほっぽらかしたりしますが。。)

ということで、この数日間であったことを少しづつ
書いていきたいと思います。
(写真ソフトもかろうじて復活したので休日三部作も終わらせねば。。)


先日の大風邪で、喉、鼻が全く機能していなかったある日、
ロンと晩御飯に和食をつくり、モリモリ食べる
食べ盛りのロンを横目に、ワカメスープを飲んでいた。

するとロンも「ロンもそれ食べたい!」という。
冷ます為にテーブルの端っこにおいてあったロンのお椀を渡すと
嬉しそうに食べ始め、「う~~~ん おいし
と、満面の笑み。

数週間前まで「ワカメ嫌い」と言っていたのに、
また嗜好が変わったらしい。
「おいしいよね。」と、私が言うと
ロン 「うん。ロンこれ好き~

私 「良かったね。それ『ワカメ』っていうんだよ。」
ロン 「・・・うん ロン、『バカメ』だーい好き

私 「え?違う違う。。ワ・カ・メ」
ロン 「??バ・カ・メ・・・でしょ?」
私 「ちがうよー。『わ』だよ『わ』
ロン 「?????????『ば』。。。『バカメ』・・・?」

どこが間違っているか分からないロンはだんだん自信を失いつつあった。

私 「・・・・・そうね。。あなたが正しいわ・・。。
    風邪が治ったらちゃんと教えてあげるね」

思いっきり鼻声だった為「わ」を発音できなかったろんまでした。
正しい日本語を教える為には、健康管理も必要ですね

↓「お帰り」「復活おめでとうクリック」お願いしまーす↓
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   19:19 |  [絢大の成長記] 日本語  | TB(0) | CM(12) | Top↑

ロンの替え歌

2006年03月18日(土)
ロンはよく(。。というかほとんど)歌詞を適当に自作してうたっている。

となりのトトロの『さんぽ』ロン版
あるこーあるこー あたしはでんき~
あるこうだいすけ~ どんどんいこう
さかみち~ とんでる~ くさあっぱら~
いっぽんあしで~ でこもこみっちみっちぃ~
くものすぬぅって~ ららら みっちぃ~

何度正しい歌詞を教えても、気が付くと結局上の歌詞で歌っている。
あまりにも気持ちよさそうに歌っているので、
最近はそのまま歌わせている。




  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   02:15 |  [絢大の成長記] 日本語  | TB(1) | CM(2) | Top↑

「ぼく」と「わたし」と「あなた」

2006年02月20日(月)
日本ではほとんどの子供が自分のことを名前で呼ぶことから始まる。
両親が子供を名前で呼ぶのが普通だから覚えやすいのだろう。
大きくなるに連れて、名前から「ぼく」や「わたし」と
周りを見ながら覚えていく感じだろう。
例に漏れず、ロンも日本語で話すときは、自分のことを名前で呼ぶ。

イタリアでは、自分の子供を名前で呼ぶときはほんのわずかで、
「呼び寄せる」以外は、大体会話の中では「TU(キミ)」を使う。
最初は自分のことを「TU」と言うらしいが、すぐに間違いを指摘され、
小さいうちから「IO(イオ)」と言うようになる。
イタリア語で『私』『僕』など自分を指すときに、
男性でも女性でも『IO(イオ)(英語では『I』)』と言うのだが、
頭の固いロンは最近まで自分のことをイタリア語では「TU」と言っていたが、
幼稚園が始まりその使い方がやっと分かったらしく、
「IO」「IO」と嬉しそうに使っている。

そして昨日、私に自分を指差しながら『IO・・・「あたし」?』と言うので、
「お!すごい!そうそう。そうやって使うんだよ。
でも、ロンの場合は男の子だから「ぼく」だけど。」と説明すると、
自分を指差して「ぼく」といい、私を指差して「あたし」と言う。
「そうそう。ママが自分のことを言うときは『わたし』ね」と言うと、
ねえねえと言う感じでわたしのことを呼びながら、
「あたしー。みかんとってきてー」という。
私は「???それちがうなー。。。ママが言うときは「わたし」だけど、
ロンがママに言うときは「あなた」になるんだよ」というと、
「んじゃ。。あなた、みかんとってきてくーだーしゃい

なんかへんてこりんだなーと思いつつ、ふっと我に返って
「何でママがみかんを取りに行かなきゃいけないのよ。自分の方が近いくせに
というと、「あ。そっか」と言って素直に取りに行った。

しばらくしてからロンが来て
「ねーママー。あたし・・ちゃう。。あなた・・・ちゃう。。うーん。
なんだったっけ・・・あ。ぼくー!」と言ったときには、
その後に続くはずの言おうとしたことを忘れてしまっていた。

何度か同じようなことがあり、やっと今日になって
ちょっとはスムーズに出てくるようになったようだ。

日本にいれば自然と入ってくる言葉や使い方も、
基本的に母と子だけの会話ではやはり限りがある。

イタリア語ではあまり初対面の人同士でも友達言葉を使う場合が
ほとんどだったりするので、敬語の存在意識の違いと、
子供のうちは「まだ子供だから」で済むが、
ある程度の年になって敬語を使えないようでは可哀相なので、
新しい言葉や使い方を教えるときは、なるべく敬語を教えている。
やはり将来的に敬語を使う確率が絶対的に多いし、
あとから敬語を教え直すよりも、
親子の会話でも敬語を使うようにすれば、
自然と外でも余計なことを考えなくても、
抵抗なくスムーズに敬語で会話できるようになると思う。

かといって、普通の会話は敬語にする訳にはいかないので、
今のところ「お願いするとき」だけにしているが。


  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   01:51 |  [絢大の成長記] 日本語  | TB(0) | CM(0) | Top↑

お気に入り絵本「せいかつえほん」

2006年01月13日(金)
ロンのダントツ一位のお気に入りの絵本は、左の枠にも書いたように、
ぼくとわたしのせいかつえほん(つちだよしはる さく/グランまま社)
ぼくとわたしのせいかつえほん

 
一昨年秋から4ヶ月間日本に帰ったとき、せっかく身についた日本語を
保つためと、新しい言葉を覚えるためにも、何冊か絵本を持って帰ってこようと
思いつつも、本屋に行くとたくさんありすぎて放心状態になってしまう。

そんなとき、ふとした拍子に手にとったのが、この本だった。
普段使い慣れているものや身近にあるものが、とてもやさしいタッチの絵と名前だけのシンプルなもの。
それでも、一冊で200個近くの絵と名前が収められている。

日本語をかじったロンパも「これは自分にもいい!」と喜んでいた。

約20cm角の比較的普通の絵本に比べて小さいし、
内容のわりに厚さも1cmくらいなので、持ち運びにも便利。
どこかで待たなくてはいけない時や、飛行機の中でも「これは?」と、始まると止まらない。
これはいい!と、勝手から1年以上経った今でも
『今日は静かにしてて欲しい』という時は、いつも持ち歩いている。
これは?


今日、たまたまスーパーで、同じような形式のイタリア語版をみつけた。探せば他にもありそうですね。
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   05:38 |  [絢大の成長記] 日本語  | CM(0) | Top↑

ブランコ

2005年12月22日(木)
今日、朝から病院へ検査結果を取りに行った。
長い道程を歩いて行ったが、「あとで公園行こうねー」とおだてながら、
なんとかちゃんと公園まで歩いて戻ってくることが出来た。

ロンをブランコにのせ、私も久しぶりにブランコに揺られてみた。
あまりにも久しぶりだったためか、平衡感覚が崩れたかのような錯覚に陥った。
ほんの一往復するだけで、目の前がクラクラ。。。それでも、しばらくすると慣れてきた。

ロンに一人で漕ぐやり方を見せていたその時、
「ママー。。おんりして(降りて)。。」とロンが神妙な顔つきと声で言うので、
「押して欲しいのかな?」と思いながらも「なんで?」と聞くと、
とても不安げな顔で「うーん。。ブランコ壊れちゃうから」

・・・・失礼な。誰のためにこんなにお肉が付いた身体になったと思ってるのぉー(怒)
  * * * 絵本が作れる『お仕立て券』で
            世界にひとつのオリジナル絵本が作れます
 * * *   



↓ 記事を気に入っていただけましたら、ポチッと応援↓

  バナー 人気ブログランキング
 ↑ オ ネ ガ イ シ マ ス ~★ ↓

   にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
【EDIT】   06:20 |  [絢大の成長記] 日本語  | CM(2) | Top↑
 | HOME |  NEXT

ブログ内検索

プロフィール

最近のコメント

メールフォーム

Skype & Music

ブロとも申請フォーム

「スポンジ・ボブ」の時計型ブログパーツ

ブックマーク

本屋さん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。